【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

日産

日産

日産 シルフィの評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?

車検費用、買取査定相場、燃費、維持費 日産 シルフィは、2012年に「ブルーバード シルフィ」の後継車種としてデビューしました。その「ブルーバード シルフィ」も、往年の名車「ブルーバード」の後継モデルとして2000年に登場し、2代にわたっ...
2018.07.08
日産

日産 セドリックの評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?

車検費用、買取査定相場、燃費、維持費 日産 セドリックは、当時ライセンス生産が行われていた「日産 オースチンA50ケンブリッジ」の実質的な後継車として、1960年に初代が発売されました。 「グロリア」とは姉妹車の関係にあり、タクシー...
2018.07.08
日産

日産 グロリアの評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?

車検費用、買取査定相場、燃費、維持費 日産 グロリアは、スカイラインの派生モデルとして1959年に誕生しました。4代目からはセドリックと姉妹車となり、この2つを併せて「セド・グロ」と呼ばれるなど、日本のセダンの歴史に名を残す名車です。 ...
2018.07.08
日産

【大阪モーターショー追伸】2018年注目のクルマをご紹介!日産自動車編

昨年9月までの時点において、日本国内の全6工場で生産した21車種の完成検査段階で、無資格の検査員が検査を行っていたことが発覚した日産自動車。 乗用車など38車種・総合計約116万台のリコールを出したことにより、逆風が吹き荒れた...
2018.07.08
日産

日産 ラフェスタ(NISSAN LAFESTA)の評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?

車検費用、買取査定相場、燃費、維持費 日産 ラフェスタは、カルロス・ゴーンの新体制の下で発売された5ナンバーサイズのコンパクトなボディに3列シートを備えるミニバンです。 今回は、前期型が「SHIFT_open feeling(開放感...
2018.07.08
日産

日産 デュアリス(NISSAN DUALIS)の評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?

車検費用、買取査定相場、燃費、維持費 日産 デュアリスは、日産の欧州戦略車種として位置付けられ、欧州市場主導で開発が行われたクロスオーバーSUVです。 発売当初、生産は英国日産自動車製造会社(NMUK)のサンダーランド工場で行われ、...
2018.07.08
日産

日産 ブルーバードシルフィ(NISSAN BLUEBIED SYLPHY)の評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?

車検費用、買取査定相場、燃費、維持費 日産 ブルーバードシルフィは、生産を終了した「ブルーバード」の位置を補完するため、「サニー」をベースに、内外装を高級に仕立てて2000年に登場しました。初代の商業的な成功は経営再建を進める当時の日産を...
2018.07.08
日産

日産 プレサージュ(NISSAN PRESAGE)の評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?

車検費用、買取査定相場、燃費、維持費 日産 プレサージュは、ルネッサのコンポーネンツを活用した3列シートミニバンとして、1998年に登場しました。その車名は、「予感」を意味するフランス語に由来しており、姉妹車としてバサラが販売されています...
2018.07.08
日産

日産 シーマ(NISSAN CIMA)の評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?

車検費用、買取査定相場、燃費、維持費 日産 シーマは、日本におけるハイソカ-ブームの到来とともに誕生し、その後トヨタ セルシオの対抗馬となった車です。当初はセドリックの派生モデルだったものが、インフィニティQ45と車種統合し、プレジデント...
2018.07.08
日産

日産 ティーダ(NISSAN TIIDA)の評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?

車検費用、買取査定相場、燃費、維持費 日産 ティーダは、「パルサー」「サニー」の実質的後継車として2004年に誕生しました。5ナンバーサイズいっぱいのボディに、ホイールベースを2,600mmまで広げることで、高級車並みの室内空間を確保しま...
2018.07.08
タイトルとURLをコピーしました