【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

激安中古ベンツに気を付けろ!【ベンツ/AMGを買う】

AMG
この記事は約7分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

高級車であるメルセデス・ベンツでも、できるだけ廉価に購入したいと願うのがユーザーの常。

しかし、そんなユーザー心理につけこんで、粗悪な問題車両を売り切り御免の精神で売ってのける、悪徳業者も存在している

最近では、ネットオークションなどの個人売買も増え、車両やメンテナンス事情に明るくないユーザーが、自己責任と言う名の下に、貧乏くじをひくケースも少なくない。

絶妙にタイミングがマッチし、優良な車両を格安で購入できるラッキーなケースもあるだろう。しかしながら、「良いモノは高い」「悪いモノは安い」…というのが市場の概ねというところ。

激安中古ベンツには、激安成りの理由がある事が多いと考えておいた方が得策だ。

もしもあなたが、ネットや中古車販売店で、「激安中古ベンツ」を見つけたとしよう。

そんな時は手放しで購入に走らず、営業担当者にとって「禁断の質問」とも言えるチェックポイントを投げかけ、しっかりと吟味して欲しい。

この記事を書いた人
J.C .Y

車が大好きすぎて当サイト管理人になるも、知識量半端ない参加ライター陣の情報量に一人ビビッている。ベンツ・AMGマニア、現在はG63AMG所有。

J.C .Yをフォローする

まさか「事故車」ではありませんよね?

事故車=修理車は、激安車両の最たる原因となるものだ。

正規ディーラーの認定中古車に事故車は含まれない。大手買取チェーン店の取扱車では、事故車を取り扱わないか、事故車を伏せるような事はしない。

しかし、一般の中古車販売店では、事故車の事実を伏せるケースもあれば、大手買取チェーンでは、ごく稀に事故車の事実を見逃してしまうケースもあるようだ。

事故車の40%は、何らかのトラブルを起こして修理が必要になると言われている。事故車を購入してしまうと、修理費用がかかるという、実質的な損害を受ける可能性が高い。

そればかりか、事故車は「縁起が悪い」と考える人も多く、事故車という事実が、何となく釈然としない、「嫌な走行感」を生む事もあるだろう。

事故車を分かっていて激安車両を購入する場合は良いが、事故車と知っていたら、そもそも購入検討にすら至らない人も多い。

中古ベンツを購入する場合、どんなケースでも、「まさか事故車ではありませんよね?」…という質問を、予めしっかりと投げかけるべきなのだ。

また、事故車の見極めには知識や経験が必要であるが、基本的なチェック項目だけは知っておいて欲しい。

ボンネットを開けた時、フェンダーを留めているネジに回された形跡があれば、NGだと考えて良いだろう。

まさか「冠水車」ではありませんよね?

ゲリラ豪雨などによる、一昔前には考えられない水害により、一般住宅地が水浸しになる事象が、あちらこちらで起こっている。

そんなエリアに居合わせた自動車は、「冠水車」としてメンテナンス歴がある事があるが、事故車と比べてなかなか表に出てこないのが実情だ。

販売店の営業マンも、どんなに修理履歴があっても、「事故車ではありません」と堂々と言い切る事ができる。完全に冠水した車なら逃れようもないケースでも、冠水しそうになった車は、その事実が隠ぺいされるケースもあるだろう。

いくらシートにクリーニングの跡が無くとも、足回り付近が完全に水に浸かっていたならば、下回りがさび付く可能性も高い。

もしも激安な中古ベンツを見つけたならば、「まさか、冠水車じゃありませんよね?冠水しそうになっていないですよね?」…と、必ず聞いて欲しい。

特に、東日本大震災の後に津波被害のあった車両が「偽装冠水車」として市場に多数出回ったことが有名だが、2018年の西日本豪雨被害でも多数の冠水車が発生したことから、今後市場にこっそりと出回る危険性については、重々気を付けたい。

西日本豪雨による被害で「偽装冠水車両」が流通する危険性
皆様もご存じのように、今回、突然の記録的豪雨が西日本を襲いったことで、岡山県や広島県を中心に大規模な水害が発生して多数の死者が発生するに至りました。まずはお亡くなりになった方へご冥福をお祈りするとともに、遺族の方々や怪我をされた方、家屋等の...

まさか「並行輸入車」ではありませんよね?

最近の中古車売買市場は、中古車販売店で実物を見るに限らず、ネット上の写真だけで購入を決定するケースもある。そんな時、激安車両の要因が、並行輸入車であるから…というケースも少なくない。

並行輸入中古車の何が悪いのか?

まず挙げられるのは、「信頼性の欠如」だ。海外で販売された新車の並行輸入車ならば、その性能に一定の担保は見込めるだろう。しかし中古の並行輸入車は、その経緯が完全にブラックボックスなのだ。特に走行距離には信頼がおけず、高い確率で操作されていると思った方が無難だ。

また、ナンバープレートの設置場所が、日本向け自動車の形状と異なる事から、ネットで写真操作がされている車両を購入してしまった場合、海外用のナンバー装着場所に、日本用のナンバーを装着するという、不格好な事態に陥る事もある。

さらに、マニュアルなどが外国語でしか存在せず、非常に不便を強いられる事もあるだろう。

激安の中古ベンツを見つけたならば、「まさか、並行輸入車ではありませんよね?」…と、必ず聞いて欲しい。

まさか「カラーチェンジ車」ではありませんよね?

人気のある車体カラーは、長年「白」や「黒」が不動の地位を誇っている。そこで、中古ベンツを販売する際に、白や黒に塗装をし直して販売している車両も見受けられるのだ。

カラーチェンジをしてくれてラッキーだと思う事なかれ。純正ではない塗装は、それだけで車両価値が下がるのだ。

もしもその車を売却する場合、低査定になる事は免れないだろう。

一見、素人目には分からない全塗装車でも、プロの目から見ると、一目瞭然だ。中には、走行中の車を見ただけで、カラーチェンジの事実が見抜かれる粗悪なものもある。

納得して購入したものなら良いのだが、知らずに購入して貧乏くじを引く事だけは、避けて欲しいものだ。

最近ではネットで車を選び、納車まで実物を見られないケースも増えてきた。つまり、カラーチェンジ車は、素人では把握しきれない事もあるのだ。

もしもネットで激安な中古ベンツを見つけたならば…「まさか、カラーチェンジ車ではありませんよね?」…と、しっかり聞いてみて欲しい。

まさか「雹害車」ではありませんよね?

前述の水害車と同じく、仮に修理履歴があっても事故車ではないため、その事実が表に出にくいのが「雹(ひょう)害車」である。

雹害車のダメージは、ボンネットやルーフなどに、無数の小さな凹みがある事で確認できるが、ボンネットだけ板金をして、ルーフは手つかずの中古車も多く見受けられる。

ネット上での車両写真で、上からのアングルが掲載されるケースが少ない事もあり、雹害車と知らずに購入してしまう事もあるだろう。

販売店の営業担当者も、「事故車ではありません」…と、堂々とPRできる事から、なかなか表出しない災害車なのだ。

もしもあなたが激安な中古ベンツを見つけたならば…「まさか、雹害車ではありませんよね?」…と、しっかり聞いてみて欲しい。

まさか「レンタアップ車」ではありませんよね?

中古ベンツの中には、役目を終えたレンタカーが商品として販売されているケースもある。レンタカーは、利用者が乗車時に大切に扱わない傾向がある事から、グレード・走行距離・年式と対比して、中古車両の価格が廉価になる傾向があるようだ。

もちろん、レンタカーだったからと言って、必ずしも粗悪な訳ではない。手入れ不足の個人オーナー車よりも、プロの整備士の目が常に施されていたレンタアップ車が、より優良なケースも少なくない。

しかし、不特定多数の人間が乗車した車を、感覚的に嫌悪するユーザーもいるだろう。そういう理由から、レンタアップ車という事実が表出しない事もある。

レンタアップ車という車歴には、受け取り側によってメリットにもデメリットにもなるのだ。

もしもあなたが激安な中古ベンツを見つけたならば…「まさか、レンタアップ車ではありませんよね?」…と、しっかり聞いてみて欲しい。

まさか「保証」に制限はありませんよね?

中古ベンツの多くには、正規非正規に関わらず、販売店などの認定中古車としての保証期限が設けられている。しかし、「保証付き」と謳っていても、細かい制限が設けられている事がある。

1年間保証と言われて購入しても、保証の範囲がエンジンやブレーキやハンドルと言った、走行に直接かかわる箇所だけで、エアコンやナビゲーションなどが保証外だったというケースは多い。

また、保証の条件として、走行距離が定められている事もあり、規定以上に走っている場合、走行に直接かかわる箇所でも保証が利かない事もあるのだ。

もしも激安の中古車を見つけ、「保証がついているので安心です」…と言われた場合には、「まさか保証に制限はありませんよね?」…と、しっかり聞いてみて欲しい。

まさか「自殺に使われた車」ではありませんよね?

非常にレアなケースではあるが、「自殺に使われた車」が、中古車として出回る事もある。

事故車でもなく、修理車でもなく、災害車でもないが、ただ安いからと言って、喜んでそんな車を選ぶ人は少ないだろう。

売る側(オーナーやその家族など)は、早く手放したいあまりに、安い査定であってもすぐに売却するだろう。買う側(店舗)は、その事実を知らない場合もあるだろうし、知っていたとしても、事故車や修理車のように公表する義務は無いのだ。

もしも激安な中古ベンツを見つけた場合、「…まさか、自殺に使われた車ではないですよね?」…と、しっかり聞いてみて欲しい。

激安な車には、それなりの理由がある事が多い。ユーザー側がその事実を確かめなければ、故意か故意じゃないかはさておき、その理由を知らされないで貧乏籤を引いてしまう事もあるだろう。

あなたがそんな被害者にならないために、激安な中古ベンツを見つけた際は、しっかりと、これら禁断の質問を、営業担当者に投げかけて欲しいものだ。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

AMG メルセデス・ベンツ
J.C .Yをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較