【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

ベンツ/AMGが最も高く売れるのはいつ?【売却最適時機】

AMG
この記事は約9分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

世の中には…「なんだ、そんな簡単な事だったのか」…という、裏技とも言えない知識と行動が、驚くような好結果を生む事がある。

そしてそれは、中古ベンツの買取市場にも存在している。売却する時期・時季・時機に配慮をするという事だ。

「いつ売るのか?」というタイミングだけで、もう一声の5万円・10万円程度のさじ加減査定は、簡単にアップするだろう。

もしも多様なタイミングが合致すれば、一気に数十万円もの差が付く事さえあり得る。高価査定を導きたいベンツオーナーは、このちょっとした時機を見逃さない事だ。

この記事を書いた人
J.C .Y

車が大好きすぎて当サイト管理人になるも、知識量半端ない参加ライター陣の情報量に一人ビビッている。ベンツ・AMGマニア、現在はG63AMG所有。

J.C .Yをフォローする

基本鉄則は、一日でも早く売却する事

「年度が替われば査定が下がる」「月が替われば査定が下がる」もはやこれは、中古車査定の常識だが、「日が変われば査定が下がる」という、新たな常識も知っておかなければならない。

コンピュータネットワークが発達した今、日本中の中古車情報はデータベース化され、一社だけではなく、複数の業者で共有されている。

「車種・年式・走行距離」を入れただけで買取相場が出てくる今、相場算出のプログラムに時期という概念も当然組み込まれており、それは日々更新されていくものだ。中古車査定額は月日の経日で降下するという基本鉄則を、決して忘れてはならないのだ。

オーナーが愛車を売ると決めた時、他の時機配慮ポイントが直近ならば問題はない。しかしそれが数か月先のものである時、待つ事は全く意味を成さないだろう。

モデルチェンジ期を見逃すな

モデルチェンジの発表で、当然ながら旧モデルの価値は下がる。高価査定のためには、発表前に売却を済ませておかなければならない。

しかし、発表のタイミングを事前に把握する事は難しい。業界人であっても、噂レベルの情報は持っているものの、正確なタイミングは分かっていない。

経済を動かし、中古車市場に影響を及ぼす施策だけに、最高機密情報として扱われているからだ。(もちろん、ネットの噂話を信用してはならない。)

ただし、モデルチェンジの周期を考えて行動を起こす事はできる。

多くのベンツのフルモデルチェンジは7年周期だ。そしてその3~4年程度後に、マイナーチェンジがやってくる。愛車の車種の発表時期を把握しておけば、「そろそろ売り時」というタイミングはおおまかに図れるはずだ。

ディーラーの担当者は、モデルチェンジの噂をどんなに問いただしても、発表前に口を割る事は無い。それどころか、ディーラー担当者レベルでは、本当に直前までその時期を知らないのだ。ディーラー社長レベルでも、そうそう以前から知らされる事ではない。

しかし、ベンツのプロとしての“あくまで推測の話”は聞くことができる。ならば、モデルチェンジ時期の目安を聞いておいて損はない。メンテナンスなどでディーラーに訪れたタイミングで、何かと話題を振っておく事だ。

また、自らの愛車の年式が、フルモデルチェンジ後・マイナーチェンジ後にどの程度経った時期の車体なのかを把握しておこう。そうする事で、売却タイミングや売却先に目星をつけやすくなるからだ。

ベンツマニアの常識として、フルモデルチェンジ直後の車体はあまり人気が無い。多くのケースで、必ずと言ってよい程大きな不具合を抱えているからだ。

もちろん重篤な不具合はディーラーによって修理済みだろうが、そもそも安定していなかった車体の評価は低い。

そんな車をベンツ専門店に持ち込んでも、プラス査定は望めない。オーナーの愛車がフルモデルチェンジ後の一番車であるならば、大手買取チェーンに持ち込んだ方が賢明だ。

また逆に、マイナーチェンジ後の車体はプラス査定が望める優良車として認識され易い。多くの日本車がマイナーチェンジで肉抜きのコストダウンを図ろうとするのに対し、ベンツ車はメカニックのバランスが熟成する事を目指しているからだ。

オーナーの愛車がマイナーチェンジ後のものならば、ベンツ専門店に持ち込んでみると良いだろう。

中古ベンツ売却にも決算期は関係あるのか?

新車を安く手に入れたい場合、決算期が狙い目だという事は、もはや周知の事実だろう。しかし多くの人々は、中古車購入に決算は相関しないと考えている。ましてや中古車の売却については、無関係だと思っているようだ。

ところが…事実、中古車の売却にも、決算期は密接に関係している。

但し、購入と売却は、その影響時期が異なるという訳だ。新車を購入するなら、その決算月にディーラーを訪れるだろう。しかし中古車を売却するなら、決算月の前月あたりに査定に持ち込むと良い。

どんな買取店でも中古車ディーラーでも、決算月は買取よりも販売に力を入れている。決算月の売却希望客は、購入希望顧客よりも対応の優先順位が必然的に下がってしまうのだ。

決算月の前月または前々月を目途にすると、決算月に売りたい商品を揃える時期と合致し高価査定が見込める。買取専門店などは、堂々と「買取強化月間キャンペーン」と銘打っている事もあるくらいだ。

また中古車は、商品として販売するまでに、必ずメンテナンスという過程を要する。そういう意味でも、決算期の前月あたりの査定が、高価査定実現に繋がり易いのだ。

ただし、時には例外も存在する。

オーナーのベンツがそもそも高価査定の見込める状態…人気車種・年式が浅い・走行距離が少ない・状態の良い美車…などの条件に合致するならば、決算月当月初旬頃に持ち込むと良いだろう。

短期間でも100%売れる優良商品は、「決算月の目玉商品として売りたい」という理由から、最高のプラス査定に成り易いという訳だ。

各社の決算月は、公式WebサイトやリクルートWebサイト、あるいは会社四季報などの企業情報誌などに掲載されている。

一般人でも簡単に取得できる情報なので、オーナーがベンツの売却を考えた時期に、決算期が近い企業に優先的に査定依頼する事を推奨する。

シーズン車は需要期に向けたシーズン到来前に売れ

至極当然な自然の法則「神の見えざる手」として、中古車の買取査定価格は需給バランスによって決定される。もしもオーナーのベンツが特定のシーズンの好適車ならば、そのシーズン到来前に査定を済ませるべきだ。

SLC(旧SLK)などのオープンカーならば、春の需要期の前の冬に。ゲレンデヴァーゲンなどのクロカン・SUVならば、冬の需要期の前の秋に売るのが鉄則だ。

インターネットの台頭で現物展示の意味合いが薄れた関係上、一昔前よりもシーズン性と査定額の相関が無くなったと考える評論家もいるが、事実、春にオープンカーは良く売れ、冬にSUV・クロカン車両は良く売れている。

市場が活況を迎える需要期前に売れ

一年で一番中古車が売れる時期は、3月・4月の春だ。引っ越しなどが伴う新年度は、生活の変化に合わせた車両購入や、親が子供に車を買い与える時期のピークである。毎年必ず、通常月の倍程度の売り上げが上がるのだ。

需要の高い時期は、供給ニーズも高くなるのが当然というもの。

需要期前の2月頃は、車両販売台数が冷え込む時期とも重なり、どの業者も買い取りに重きを置く時期だ。愛車を売却するなら、最需要期の前月あたりも狙い目だ。

中古ベンツ/AMGは車検前に売れ

「高価査定のために車検に出す」「車検の残期間が多い方が高価査定に繋がる」と、勘違いしている人が実に多い。

しかしこれは誤解だ。

高価査定を狙って事前に車検を通しても、自賠責保険分の残期間勘案金額が上乗せされるだけで、整備費や部品交換費などは回収できない。もちろん、車検を通した事によるプラス査定は皆無である。

中古車は、どんなに整備済みの状態で売却しても、必ず充分な整備を行い、必要な部品を交換のうえ、商品となって販売される。特にベンツは整備費用や部品が高額で、整備個所も多く、オーナーやメカニックによる趣向も様々だ。

ベストな整備の度合いやポイントは、査定する人間によっても異なるため、売却先の査定ポイントと合致しない可能性だってある。

車検に通して査定をする行為は、車検代分無駄にしているに近いものなのだ。

メルセデス・ベンツ & AMGニュース
ベンツ+AMGの最新勝手な非公式ニュース

中古車は雨の日に売れ

中古ベンツの売却には、雨天時が向いているというきらいがある。快晴時と雨天時の査定金額実績を比較すると、わずかに雨天時が上回っているのだ。

明確な理由は誰にも分からないが、雨天時は比較的、来店数も査定件数も少ない傾向から、当日の買取実績(成績)を確保するために査定が上がりがちだと推測されている。

また、雨に濡れた車体は細かな粗が分かりにくく、スルーされ易いという事もあるようだ。

もちろん、雨天が起因と思われるアップ率は1%以下~せいぜい2%程度と高くはないが、高額な中古ベンツの売却においては、美女と高級ディナーを楽しめるくらいの原資にはなるだろう。

閉店間際の夕方や、店休日前日、そして月末に売れ

閉店間際は当日の、店休日前は当週の、月末は当月の、それぞれ買取実績(成績)を〆るタイミングである。よって、〆直前の実績が目標を下回っている場合、どうにかしてその穴を埋めようと動くのが営業心理というものだ。

具体的な商談は、ターゲットにした店舗の〆日を見計らって行うのが利口だろう。

平日のオンタイム時間内に売れ

最近では、オンライン一括査定サービスにて、Web上で一挙に複数社の査定=(入札)を受ける事ができる。

Webサービスであるから、24時間年中無休で査定依頼をできる訳だが、実は、平日一般就業時間内(9時頃~18時頃)の査定依頼が、高値が付きやすい傾向にあるようだ。

明確な理由は誰にも分からないが、オンタイム時間内はコンピューターシステムによる簡易算出に加え、優秀な査定担当者がマーケティングデータに基づきチェックを行う事から、人気のある車はより高額査定になりやすいらしい。

また、全ての業者が営業している平日のオンタイム時間内は、業者同士の競争心理も働きやすくなるからだろう。

査定時に即決即売!極力早く引き渡せ

中古ベンツの査定は、リアルでの査定時が勝負だ。買取店舗に持ち込んだ場合はもちろん、オンライン一括査定を行っても、最終的には現物査定が行われる。

そのタイミングで「即決」をし、出来るだけ早く引き渡す事が重要だ

オーナーが決断を保留にして持ち帰っても、それ以上査定額が上がる訳ではない。むしろ下がる一方なのである。

中古車買取業者にとって、いつその中古車を販売できるか?…というタイミングは非常に重要だ。多くの場合、買取業者への折衝は「乗り換えによる売却商談」である訳だが、次の車の手配をせずに売却商談をしようとするオーナーが非常に多い。

もちろん、売却資金を購入資金に充てたいという事情は分かるが、それにしてもある程度の目星をつけておくべきだ。

いつ商品化できるか分からない中古ベンツは、実際の所、委細査定のしようが無い。委細査定ができなければ、絶対に安全な範疇での査定にしかなり様が無いのだ。

経済的に可能であれば、次の車の購入や納車の段取り…あるいは実際の納車が済んでからの売却が、即決即売に繋がるベストなスケジューリングである。

実際なかなかそういう訳にもいかないだろうが、現在の中古ベンツを売却し次第、次の車の本契約を結ぶ段取りはできるだろうし、納車までのスケジュールを予め把握する事も可能だ。短い期間ならば、次の車を購入するディーラーなどから代車を借り受ける事もできるだろう。

買取業者に「いつ引き渡せるか?」…を明示できたら、委細査定による高価査定を導き出す事もできるし、「本日引渡し可能な場合の上乗せ額は?」…という折衝に、「NO」という業者はまずいない。

多くのケースで「もう一声」のプラス査定を勝ち取る事は可能だ。即決即日引渡しのオーナーが少ない事から、買取業者の査定は、最大一カ月程度のバッファを見て算出するのが一般的だ。

もしもオーナーが即決即日引渡しが可能ならば、最低でもバッファ分の上乗せは固いのだ。

尚、即決即日引渡しを目指すためには、オーナー自身が正しい決断ができる情報を持っていないといけない。

事前に愛車の買取相場を調べ、複数の業者に一括査定を行い競わせるなどし、最終的に最も高い金額を出してくれる先を想定した上でアクションを起こさなければならない。加えて本コラムに記載しているタイミングを総合的に見計らい、最高の時機を伺うのがベストであろう。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

AMG メルセデス・ベンツ 輸入車を高く売る
J.C .Yをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較