【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

『メルセデスAMG GT3』の改良新型を欧州で発表

メルセデス・ベンツ
この記事は約3分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

画像引用元https://response.jp/article/2019/06/25/323760.html

メルセデスベンツは『メルセデスAMG GT3』の改良新型を欧州で発表しました。このGT3はその名のとおりFIA(国際自動車連盟)のGT3規格を満たすレーシングカーで、2016年シーズンからレースに参戦しています。

エクステリアデザインの特徴は、「AMGパナメリカーナグリル」と呼ばれる縦基調の専用フロントグリルの最新デザインです。最近のレーシングカーのトレンドとしては、給水システムからオプションのシートやヘルメットの換気システムなど、ドライバーに配慮した装備が備わることです。また、高強度鋼のロールケージ、アルミ製のスペースフレーム、ヘッドレストを内蔵したカーボン製シート、ルーフの安全ハッチで安全性も向上しています。

市販車のメルセデスAMG GTには、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載しますが、高出力版の「S」は、最大出力522hp、最大トルク68.3kgmを発生します。一方のーシングカーのメルセデスAMG GT3では、6.3リットル(6208cc)V型8気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載し、6速シーケンシャルと組み合わされます。

なお、改良新型では、ランニングコストの低減を目指して、エンジンの寿命を延ばすことに重点を置いた改良が施されているようです。フロントの構造を見直し、軽微な事故での修理費用を低減させたとしており、レース参加者には朗報といえます。

メルセデスベンツ系列ディーラーの車検費用は高い?安くする方法は?
メルセデス・ベンツ車に乗っている方で車検を受けようと考えている場合、まず依頼先の候補に上がるのは購入した店舗か、近所のメルセデス・ベンツディーラーだと思います。 しかし、ディーラーの車検には、どうしても高くなるというイメージが否めませ...

SNSの反応

SNSでも注目が集まっています。

参考:メルセデスAMG G 概要

ダイムラーが擁する3つの乗用車ブランドのうち、スポーツイメージを担うのがメルセデスAMG。その第一弾として登場したのがGTである。プロペラシャフトを介してトランスミッション/デファレンシャルユニットをキャビン後方に置くレイアウトを採り、それらを含めて前後重量配分を47:53としたのは先代のSLSと同様。フロアおよび前後隔壁はSLSと同様のものが用いられ、実際、ボディ構造は15%がSLS AMGと共用される。ホワイトボディの重量比は、SLS AMGが241kgに対してGTは231kg。ともに、90%以上を各種のアルミニウムで構築する。参考まで、完成車としての重量比はSLSAMGが1620kg(L4638×W1939×H1262:WB2680mm)、GTが1570kg(L4546×W1939×H1260mm:WB2629mm)であり、GTは少しだけ全長が短くなり軸距離を短縮した軽量モデルであることがうかがえる。

両車のボディの最大の違いは、GTがスペースフレーム構造を採ること。SLS AMGはオーストリア・グラーツのマグナ・シュタイア社で製造されていたモノコック構造で、ガルウイングを持つのが最大の特徴のひとつだったが、GTは通常の前ヒンジドア構造であり、ドイツのティッセンクルップ社が製造。スペースフレームとモノコックという違いを差し引いてもルーフ部構造の大きな差が顕著で、軽量化に大きく寄与しているのがうかがえる。重量物が高い位置になくなったことによるメリットが性能にどれだけの影響があるのかに興味をひかれる。

引用元:https://motor-fan.jp/tech/10010224

J.C.Y
J.C.Y

かっけえ…

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

メルセデス・ベンツクルマニュース
J.C .Yをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較
タイトルとURLをコピーしました