【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

メルセデスAMG『GLC63 4MATIC+』の改良新型、欧州市場に登場

メルセデス・ベンツ
この記事は約3分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

画像引用元https://response.jp/article/2019/06/11/323327.html

メルセデスベンツは、メルセデスAMG『GLC63 4MATIC+』の改良新型を欧州で発売しました。パワートレインは、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンを、2個のターボで過給したユニットとなり、最大出力476hp/5500-6250rpm、最大トルク66.3kgm/1750-4500rpmを発生させます。

ちなみに、「S」の名をもつハイパフォーマンスモデルの設定もあり、最大出力510hp/5500-6250rpm、最大トルク71.4kgm/1750-4500rpmまで引き上げられます。ドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおけるラップタイムは、7分49秒369で、ニュルブルクリンク北コースで世界最速のSUVと公言しています。

デザインに関しては、AMG専用グリル「パナメリカーナ」が最新デザインになっています。このパスカメリーナとは、1952年のメキシコで優勝した300SLがルーツになっており、高速域での安定性を向上させる重要な役割をしているそうです。

日本ではどのような販売状況になるのか気になるところですが、デザインに評価が分かれそうです。メルセデスのデザインは大きな失敗はなく進化を続けていますが、レクサスの方がよいという声もきかれます。

メルセデスベンツ系列ディーラーの車検費用は高い?安くする方法は?
メルセデス・ベンツ車に乗っている方で車検を受けようと考えている場合、まず依頼先の候補に上がるのは購入した店舗か、近所のメルセデス・ベンツディーラーだと思います。 しかし、ディーラーの車検には、どうしても高くなるというイメージが否めませ...

動画

SNSの反応

SNSではデザインが賛否両論分かれているようです。

参考:300SL 概要

第2次世界大戦後、メルセデス・ベンツのモータースポーツ部門は1951年から活動を再開しました。

1952年シーズンに間に合わせるために、セダンである300リムジン(W186)のエンジンや足回りを流用して新設計のチューブラーフレームに組み込み、応力を負担しない車体外皮は軽量なアルミニウムで仕上げました。「SL = Super Leicht(超軽量)」の名前の通り、車重をたった870kgに抑えた300SLプロトタイプ(W194)は、ワークスとして出場した1952年のル・マンで1-2フィニッシュを達成。ドイツ勢として初優勝を飾ります。同年のミッレ・ミリアでは2位と4位に入り、メキシコで開催されていた同じく公道レースのカレラ・パナメリカーナ・メヒコでは優勝するなど、各地のレースで大成功を収めました。

メルセデス・ベンツは300SLプロトタイプ(W194)を市販化する予定はなかったようですが、アメリカのディーラーからの説得により、2年後の1954年ニューヨーク・インターナショナル・オートショーで300SL(W198)として鮮烈にデビュー。低く流れるようなスタイリングは、見る者に衝撃を与えました。大変高価なモデルでしたが、公道を走れるレーシングカーとして人気を博し、クーぺ・モデルは1400台が生産されました。1957年にはロードスター・モデルが登場、1963年までに1858台を製造して生産終了となっています。

引用元:https://current-life.com/germany/mercedes-benz-300sl-w194/

J.C.Y
J.C.Y

ハイパワーSUVの市場投入が立て続くメルセデスAMG。でもグリルの統一感から、どうも他のモデルと被って見えちゃうんですね…。ただ、試乗さえしてみればそんなインプレッションも一掃されるのかもしれませんが。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

メルセデス・ベンツクルマニュース
J.C .Yをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較
タイトルとURLをコピーしました