【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

絶版メルセデスSクラス「W126」がひそかに人気

メルセデス・ベンツ
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

メルセデス・ベンツSクラスを普段使いする!
画像引用元https://gqjapan.jp/car/story/20190608/mercedes-w126-date

クラシックカー市場が高騰し続けるなか、絶版名車として「W126(ダブリュー・イチニーロク)」と呼ばれるSクラスの紹介記事が話題になっています。登場した時代が1979年から1991年だっただけに、バブル全盛期に、当時の反社勢力や、決して上品とは呼びがたい成り上がり者らが傍若無人に乗り回したという負の側面があったのも事実でした。

エントリーグレードである300SEは直6エンジンでしたが、その上の420SELは4.2リッターV8、500SE/500SELは5リッターV8を搭載していたことからも、当時の最高級車であることがわかります。戦車あるいは大銀行の金庫と例えられる重厚な乗り心地と、適切に配置されたゴム製の緩衝材によって、しっとりとした重厚な乗り心地が合わさって、当時お金を持っていた層からは絶大な支持を受けました。

ちなみに、この乗り味には、90年代半ば以降のメルセデス各車では採用されなくなった「リサーキュレーティングボール式」という凝ったステアリング機構も大きく関係しているようです。

現在の中古車相場は「下が100万円で上が400万円」ということで、ここはあえて「究極のドノーマルスタイル」がおすすめとされています。少し前はあまりいいイメージがなかったW126型ですが、あえてこの時代に大切に乗ってはどうでしょうか。

メルセデスベンツ Sクラスの評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?
車検費用、買取査定相場、燃費、維持費 愛車の「メルセデスベンツ Sクラス」を車検を通してまだ乗り続けるか、それとも、売却して新しい車に乗り換えるか迷っている方向けに、「継続車検を選んだ場合の相場と点検ポイント」「売却を選んだ場合の買取相場...
メルセデスベンツ系列ディーラーの車検費用は高い?安くする方法は?
メルセデス・ベンツ車に乗っている方で車検を受けようと考えている場合、まず依頼先の候補に上がるのは購入した店舗か、近所のメルセデス・ベンツディーラーだと思います。 しかし、ディーラーの車検には、どうしても高くなるというイメージが否めませ...

動画

SNSの反応

SNSでは名車を懐かしむ声が多くなっています。

参考:リサーキュレーティング・ボール式 概要

近年のモデルでステアリングギアボックスは、円形の歯車(ピニオン)と、これとかみ合うように歯切りをした平板(ラック)の組み合わせによって操舵するラックアンドピニオン形式が主流となっている。

これよりも以前、RB形式が採用されているモデルも多くラインナップされていた。RBとは、ステアリング操舵方式のひとつで、リサーキュレーティング・ボール(Recirculating Ball)、またボール&ナット式とも言われている。

ステアリングを回すと、ステアリングシャフト=ウオームシャフトも回転してボールナットが動く。これと連動して、ギアで噛み合った扇型のセクターギアが回転する仕組みだ。その回転がタイロッドに伝えられタイヤが切れる。

ポイントは、ウオームシャフトとボールナットの間に入ったボールベアリングで、これがスムーズな動きを可能としていること。現代で多くなったラックアンドピニオン形式よりもハンドルを軽くすることができるというメリットがあった。しかしその反面、ダイレクト感に欠けるや、部品点数も多くなるとういうデメリットもあった。

パワーステアリングの普及に伴って、ラック&ピニオンに替わるようになった。

引用元:https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17165181

J.C.Y
J.C.Y

古き良きベンツです。今のベンツが嫌いでも、このころのベンツが大好きだったという方は結構いらっしゃいますよね。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

メルセデス・ベンツクルマニュース
J.C .Yをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較
タイトルとURLをコピーしました