【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

ポルシェカイエンクーペに「カイエンSクーペ」が新たにラインナップ

ポルシェ
この記事は約3分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

画像引用元https://clicccar.com/2019/05/16/815819/

SUVのカイエンとクーペをクロスさせたカイエンクーペのラインアップに「カイエンSクーペ」が追加設定されました。ドイツ本国で2019年3月に世界初公開されているカイエンクーペは、250kW(340PS)のカイエンクーペと404kW(550PS)のカイエンターボクーペという2グレードであり、その中間に位置するターボエンジンのハイパフォーマンスモデルが必要となったというわけです。

2.9L V6ツインターボによる440PSのハイパワーと550Nmの分厚いトルクにより、0-100km/h加速は標準装備のスポーツクロノパッケージにより5秒で達し、オプションのライトウェイトスポーツパッケージを装着した車両では4.9秒で到達、最高速度は263km/hとなります。

2つのターボチャージャーがV型シリンダーの中央に配置されており、これはメルセデスの技術と同じような仕組みと考えられます。従来のSグレードと言えばNAエンジンのハイパフォーマンスモデルでしたが、最近はターボモデルが主流になっていますね。カイエンSクーペに搭載される2.9L V6ツインターボは最大トルクの550Nmを1,800回転から5,500回転の幅広いエンジン回転数で発生するというので、これからもターボ化が進むのではないでしょうか。

ポルシェ系列ディーラーの車検費用は高い?安くする方法は?
ポルシェ車に乗っている方で車検を受けようと考えている場合、まず依頼先の候補に上がるのは購入した店舗か、近所のポルシェディーラーだと思います。 けれどディーラーの車検には、どうしても高くなるというイメージが否めません。 そのせいで、デ...

SNSの反応

SNSでも注目が集まっています。

カイエンクーペ・カイエンターボクーペ 概要

ポルシェジャパンは、第3世代の「カイエン」に新たに追加された「カイエンクーペ」「カイエンターボクーペ」の予約受注を開始した。価格はカイエンクーペが1115万円、カイエンターボクーペが1974万円。国内発売日は決定次第アナウンスされる。

カイエンクーペは最高出力250kW(340PS)、最大トルク450Nmを発生する6気筒 3.0リッターターボエンジンを搭載。標準装備されるスポーツクロノパッケージにより、0-100km/h加速は6秒、最高速は243km/hとなり、オプションのライトウェイトスポーツパッケージを装備すると0-100km/h加速が5.9秒に短縮される。

また、トップエンドモデルのカイエンターボクーペは、最高出力404kW(550PS)、最大トルク770Nmを発生するV型8気筒 4.0リッターツインターボエンジンを搭載。0-100km/h加速は3.9秒、最高速は286km/hに達するとのこと。

カイエンクーペは、「ポルシェアクティブエアロダイナミクス(PAA)」として固定式ルーフスポイラーと新しいアダプティブリアスポイラーを組み合わせ、90km/hを超えると135mmまで展開してリアアクスルへの接地圧を高めるという。

また、0.92m 2 のガラス張りエリアを備える2.16m 2 の固定式パノラマガラスルーフを標準装備。オプションのカーボンルーフは、3タイプのライトウェイトスポーツパッケージの1つとして選択可能とした。

引用元:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1181587.html

J.C.Y
J.C.Y

おうふ…

えらくかっこいいじゃないかあ…

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

ポルシェクルマニュース
J.C .Yをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較
タイトルとURLをコピーしました