【今がシーズン】クルマの買取価格が高い時期は今!【高く売るには即行動】

【630hp】世界最速SUVの座をとりに来た!ベントレー・ベンテイガスピード

ベントレー
この記事は約3分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

ベントレーがSUV「ベンテイガ」の高性能モデル、「ベンテイガ スピード」を欧州で発表しました。ベースとなる「ベンテイガ」は、「世界最速、最強、最もラグジュアリーかつエクスクルーシブなSUV」をコンセプトに開発されており、その誕生時点で最速最強が宣言されるなどかなり気合の入ったモデルです。

パワートレインは、6.0リットルW12気筒ガソリンツインターボエンジン(最大出力608ps、最大トルク91.8kgm)で、トランスミッションは8速AT。駆動方式は4WDとなります。6リッターW12気筒エンジンといえば、フォルクスワーゲンが2015年にウィーン・エンジン・シンポジウム2015で発表した、直噴ターボ化された新世代のW12気筒ガソリンエンジン「TSI」に間違いないですね。

「ベンテイガ スピード」に搭載されたのは、最大出力を608psから630psへ22ps強化したバージョンで、0~100km/h加速が3.9秒と0.2秒短縮、最高速は306km/hと、5km/h引き上げられています。

世界初の電動式アクティブロールコントロールに48Vシステム採用したり、セラミックブレーキをオプション設定していたりと、もはや究極の車に間違いはありません。ただ、少し気になったんですが、ランボルギーニ ウルスは4リットルV8ツインターボで、最高出力は650psで、0-100km/hを3.6秒で駆けぬけ、最高速度は305km/hとなっているので、「ベンテイガ スピード」のスペックを一部上回っています。

この記事を書いた人

車が大好きすぎて当サイト管理人になるも、知識量半端ない参加ライター陣の情報量に一人ビビッている。ベンツ・AMGマニア、現在はG63AMG所有。

J.C .Yをフォローする

動画

SNSの反応

SNSでは馬力戦争もいよいよ終盤かというコメントが上げられています。

新開発のW12気筒エンジン発表 概要

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは5月7日、オーストリアで開幕した「ウィーン・エンジン・シンポジウム2015」において、新開発の6.0リットルW12気筒エンジンを発表した。

フォルクスワーゲンは、2002年に発表した最上級サルーンの『フェートン』に、6.0リットルW12気筒エンジンを設定。このW12はその後、フォルクスワーゲングループのアウディやベントレーにも、拡大展開された。

今回、ウィーン・エンジン・シンポジウム2015で発表されたのは、新世代のW12気筒ガソリンエンジン「TSI」。排気量は従来と同じく、6.0リットル。この新開発エンジンを今後、フォルクスワーゲングループのプレミアムモデルに、広く搭載していく。

TSIの名前が冠された通り、直噴ターボ化されているのが特徴。しかも、2個のターボで過給され、最大出力608ps/6000rpm、最大トルク91.8kgm/1500-4500rpmを発生する。最大出力は、従来の450psから158psも強化。0-100km/h加速は4秒以下、最高速300km/hオーバーの性能を発揮する。

それでいて、気筒休止システムやアイドリングストップなどにより、CO2排出量250g/km以下を実現。フォルクスワーゲンは、「高級車セグメントにおいて、最も経済的な12気筒エンジン」と述べ、自信を示している。

引用元:https://response.jp/article/2015/05/12/250941.html

J.C.Y
J.C.Y

当サイトでもブガッティが出してくるであろうSUVに関するニュースはすでに何度かお伝えしています。それにしても一昔前はポルシェのカイエン位で「こんなSUVありかよ?」とビビってたんですけどね…。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のナビクルがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

ベントレー
J.C .Yをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較