【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

BMW ミニ ペースマンの評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?

ミニ
この記事は約12分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。
この記事を書いた人
YoshidaMike

実家の家業を助け自動車整備士活動しながら、大手出版社にて車関連記事を執筆。整備士としての経験は約20年。約500車種以上に乗った経験から、インプレ記事を得意としております。

YoshidaMikeをフォローする

車検費用、買取査定相場、燃費、維持費

BMWミニ MINIペースマンは、MINI の7 番目のモデルとして 2013 年に発売されたモデルです。BMW製に変更された新生MINIは、ハッチバック、コンバーチブル、クラブマン、クロスオーバー、クーペ、ロードスターなど、次々に派生モデルを誕生させ、ユーザー層の拡大を図ってきました。

従来の3ドアだけではなく、5ドアモデルを発表したMINIが、あえて3ドアのSUV風モデルを出したことに、メーカーの好調さがうかがえます。今回は、MINIが出したスポーツアクティビティクーペ「BMWミニ MINIペースマン」のコンセプトやその特徴、「車検及び維持に関する注意点」、または「売却時の買取相場に関する情報」に関してご説明していきます。

「車検の継続」と「車の乗り換え」で迷った時は…
まずは愛車の下取り査定相場を無料査定で調査しましょう。その後に車検相場を調査し、天秤にかけた上で、金銭的に有利な方を選ぶことをお勧めいたします。納得のいく判断をするために、査定と車検それぞれの価格は同時に調べることが重要です。
1.BMW ミニペースマンの車検相場
継続車検の相場(※1) 69,950円~

※1 引用元:楽天車検

関連 BMWミニ系列ディーラーの車検費用は高い?安くする方法は?

2.BMW ミニペースマンの下取り買取査定相場
新車価格(※2) 308万円~543万円
買取価格(※2) – 万円
一括査定時の平均格差(※2) – 万円
業者間オークション予想買取価格(※3) – 万円
ヤフオク!予想買取価格(※3) – 万円

※2 引用元:カービュー
※3 引用元:価格コム

関連 ミニをどこより高く売るための、たった1つの方法と戦略とは?

3.BMW ミニペースマンの燃費
カタログ上の燃費/ℓ(※1) 12.0~17.1km/L
カタログ上の燃費/ℓ(※2) – km/L

※1 引用元:カーセンサー(JC08モード)
※2 引用元:カーセンサー(10・15モード)

燃費測定におけるJC08モード/10・15モードとは?

JC08モードとは、2009年10月1日以降に発表された新型車に表示が義務付けられた新しい燃費測定方法で、冷えたエンジン状態から最高時速80キロ/hでの測定値となり、従来より厳しい基準での燃費測定です。
10・15モードとは従来のカタログ燃費表記法で、エンジンが既に温まった状態からの減加速且つ最高時速70キロ/hで測定されていました。

この車の維持費モデル例→ ★より詳細に年間車両維持費を計算する
4.BMW ミニペースマンの維持費
排気量 1,598~1,995cc
車両重量 1,550kg
1.ガソリン代 ※1 106,667円
2.自動車税 ※2 39,500円
3.自動車重量税 ※3 12,300円
4.自賠責保険(年割価格) 12,915円
5.任意保険 ※4 82,337円
6.駐車場代(東京都渋谷区平均相場44,832円/月 ※5) 537,984円
7.消耗品(オイル交換1回+フィルター等+工賃 ※6) 20,000円
8.車検費用(継続車検費用の年割価格 ※7) 9,160円
9.年間想定維持費(1~8合計) 820,863円(年)
10.月割り想定維持費(9÷12か月) 68,405円(月)

※1 年間1万km走行、1L=128円、最低燃費で想定
※2 最高排気量モデルで計算
※3 日整連の算定ツールを使用したのち年割算出
※4 車両保険あり、8等級、ブルー免許、26歳以上
※5 引用元:駐車場ネット
※6 ディーラー価格による想定見積り
※7 引用元:楽天車検

BMW ミニペースマンの車両概要

BMWミニペースマン 車両概要( 2013年~2016年)

MINIペースマンは、SUVクーペという流行のスタイリングを取り入れ、「スポーツアクティビティクーペ」という新しいコンセプトの1台として2013年に日本でデビューしました。当初設定されたのは3グレードで、そのベースが1.6リッター直列4気筒エンジン(最高出力122ps、最大トルク16.3kgm)搭載の「MINI Cooper Paceman(クーパーペースマン)」となります。

上級グレードには、1.6リッター直噴直列4気筒ツインスクロールターボエンジンが搭載され、2WD版が「MINI Cooper S Paceman(クーパーエスペースマン)」、それに4輪駆動システムを搭載したのが、「MINI Cooper S Paceman ALL4(オールフォー)」となります。全てのグレードで6速マニュアル・トランスミッションおよび6速オートマチック・トランスミッションの選択が可能となります。

ボディサイズは、全長4,120mm×全幅1,785mm×全高1,530mm、ホイールベースは2,595mm、車重は1,360kgとなります。荷室の容量は330リッターで、後席を倒すと1,080リッターまで拡大されますが、いずれにしてもスタイル優先の車といえます。

2013年4月には、ハイパフォーマンスモデルとなる「MINI John Cooper Works Paceman」が追加設定されました。なお、John Cooper Worksとは、チューニングされたMiniでモンテカルロ・ラリーにて3度優勝するなど、モータースポーツと関係が深く、Miniのハイパフォーマンスサブブランドとなります。

搭載されているエンジンにも手が加えられており、1.6リッター直4直噴ターボの最高出力は218ps、最大トルクは28.6kgmとなります。さらに、最大トルクについては、オーバーブースト機能により30.6kgmまで高めることが可能となります。

また、単純にハイパワーを追い求めるだけではなく、可変バルブタイミング機構の「バルブトロニック」や、ブレーキエネルギー回生システム、アイドリングストップ機構などによって環境性能も向上しており、燃費は、6段AT仕様でリッター12.0km、6段MT仕様でリッター14.4kmとなります。

その他の装備内容は、John Cooper Worksモデル専用エアロキット、John Cooper Worksスポーツステアリング、オートマチックエアコンディショナー、バイキセノンヘッドライト、スポーツシート、クロスダイアゴナルJohn Cooper Worksカーボンブラック、18インチのアロイホイールツインスポークブラックバーニッシュドなどとなります。

MINIペースマンに搭載されている4WDシステムは、「ALL4」と呼ばれ、前後トルク配分はバリアブルに変化するものです。これは、日本車でよくあるような、通常はFWDで、前輪が滑ったらリアにトルクが配分されるという簡易的なスタンバイ式のものではありません。駆動は、スタート時は前後50対50に配分され、高速になるにつれて前輪へのトルク配分が増えていくものであり、フルタイム4WDといってもいいシステムです。フロントシートには、サイドクッションが大型化されたスポーツシートが備わり、後席は「ラウンジリアシートコンセプト」に基づき、独立2座式となります。

2014年9月にはマイナーチェンジが実施され、日本仕様のMINIで初めてディーゼル車が可能となりました。2リッター直4ディーゼルターボの出力は、最高馬力112ps、最大トルク27.5kgmとなり、低い回転域からの分厚いトルクと優れた燃費性能がセールスポイントです。なお、トランスミッションは6段ATのみとなり、高性能ディーゼルモデルや4WD車の「ALL4」などは用意されません。

BMW ミニペースマンの継続車検を受ける場合

継続車検費用の相場と不具合・点検の注意点

BMW ミニペースマンで継続車検を受ける場合の相場、および、故障が多く見つかりやすい箇所などの車両点検上の注意点についてまとめておきます。

BMW ミニペースマンの車検相場価格(全国平均)

全国平均の車検費用
車検費用総額 69,950円~
車検の費用内訳詳細
基本料金 18,320円
自賠責保険料 25,830円
重量税 24,600円
印紙代 1,200円

※法定費用+整備費用
※中型乗用車区分での算出
※車検費用には地域差があります
※認定工場の場合は印紙費用数百円が上乗せされます
※引用元:楽天車検

kocchi01a

BMWジャパンは、2011年1月に新しいビッグプラットフォームを採用した5ドアの「MINIクロスオーバー」を導入しました。2013年2月に発売された「ペースマン」は、クロスオーバーとSUV的なコンセプトが似ている車種ながらも、3ドアモデルとなります。

単にドアを大型化しただけではなく、レンジローバー イヴォークのようにボディパネルを大きく変更し、クーペルック風に仕立てられたのが「ペースマン」となるのです。

では、「BMWミニ MINIペースマン」を維持する上で注意すべきポイントについてご説明していきます。

BMW ミニペースマンの車検と点検注意点

MINIペースマンでは、点火系のトラブルが3万km程度の走行距離でも発生しているため、十分な注意が必要です。症状としては、エンジンのガタつきやノッキング、振動やエンジンチェックランプの点灯などであり、エンジンのミスファイアが原因となります。国産車では10万km程度は持つスパークプラグやイグニッションコイルも、MINIに使われている部品の耐久性が低く、エンジンが失火しやすくなっています。

いずれの交換作業も、DIYで十分に可能なレベルですが、まずは必要な工具を揃えることからスタートです。というのも、欧州車ではエンジンカバーにも特殊なネジが使われており、特殊工具が必要だからです。

代表的なものは、トルクスねじと呼ばれ、ネジの頭が六角の星型をしていることが特徴です。プラスやマイナスのネジと比べると、ドライバーとネジとのかみ合いが強く、力の伝達効率が非常に高いのが特徴です。日本車ではほとんど使われていませんが、今ではホームセンターでもトルクスの工具が売られており、比較的安価に入手することができます。

スパークプラグやイグニッションコイルは、海外通販などでOEM部品を入手し、自分交換することになりますが、プラグレンチについてもプラグによってサイズが異なるため注意が必要です。なお、こうした点火系の部品を交換する際は、失火している気筒の分だけではなく、全気筒分交換することが鉄則です。

MINIペースマンでは、他の欧州車と同じように、ブレーキダストが多いことで知られています。ブレーキダストとは、ブレーキパッドとブレーキローターの摩擦で発生するダストのことで、ホイール汚れの原因となります。低ダストでブレーキの効きが同程度のブレーキパッドが発売されており、欧州車ユーザーではこうしたブレーキパッドへの交換が一般的です。

MINIペースマンの直噴エンジンでは、走行距離とともにスラッジが溜まって不具合を起こすことが報告されています。一般的なガソリンエンジンは、空気と霧状に吹いたガソリンを混ぜてからシリンダーに送って燃焼させており、その混合気がシリンダーまでに付着しているスラッジを洗浄するという作用がありました。

しかしながら、直噴エンジンというのは、空気だけをシリンダーに送り込み、ガソリンはシリンダーの中のインジェクターと呼ばれるガソリン専用の霧吹きから直接シリンダー内に吹きつけることで空気と混合して燃焼させます。これにより、インテーク周りにスラッジが溜まり、インジェクターにもスラッジが蓄積することになりました。

様々なケミカルが発売されていますが、堆積して硬化したカーボンをケミカルで除去することは不可能です。唯一の手段は、エンジンの分解洗浄であり、一部のMINI専門ショップでは、インジェクターやバルブに蓄積したスラッジをパーツ分解でクリーニングしてくれます。

カーボンの除去によって、エンジン本来の性能が戻り、燃費も大きく向上するため、定期的に行いたいメンテナンスです。MINIペースマンを維持していく上では、定期的にこうした作業を行う予算を取っておくことが重要になります。

BMW ミニペースマンを買取査定する場合

BMW ミニペースマンを下取り査定に出す場合の相場、および、下取り査定上の注意点についてまとめておきます。尚、買取価格相場は常に変動しておりますので、必ず最新の相場を一括買取見積り比較などで調べることをお勧めいたします。

買取・下取り・査定の価格相場

BMW ミニペースマンの下取り買取査定相場
新車価格(※1) 308万円~543万円
買取価格(※1) – 万円
一括査定時の平均格差(※1) – 万円
業者間オークション予想買取価格(※2) – 万円
ヤフオク!予想買取価格(※2) – 万円

※1 引用元:カービュー
※2 引用元:価格コム

kocchi02a

BMW ミニペースマンの買取・下取り・査定ポイント

MINIは、これまで様々な派生モデルを世に送り出してきましたが、クーペやロードスターと共に、2ドアモデルのペースマンについても2016年で生産が終了しています。オーストリア生産のMINIペースマンでしたが、販売自体が不信であり、後継車種の販売もされていません。

MINIペースマンでは、エンジンコントロールユニットの制御プログラムの問題で、エアコン使用時などエンジン負荷が大きな状況で車両停止直前にエンストするというリコールが届け出られています。MINIペースマンの売却前にも、こうしたリコール作業をきちんと行うことが必要です。

というのも、買い取られた車の多くは業者オークションに出品されて現金化されますが、その際には車の状態は詳しく調べられ、その評価に基づいて値段が決められていきます。仮にエンジンに不具合があるとされれば、相場よりも低い金額でしか取引されなくなってしまうのです。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のナビクルがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

ミニ メーカー別相場情報 輸入車
YoshidaMikeをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較