【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

マツダ ミレーニアの評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?

マツダ
この記事は約11分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。
この記事を書いた人
YoshidaMike

実家の家業を助け自動車整備士活動しながら、大手出版社にて車関連記事を執筆。整備士としての経験は約20年。約500車種以上に乗った経験から、インプレ記事を得意としております。

YoshidaMikeをフォローする

車検費用、買取査定相場、燃費、維持費

マツダ ミレーニアは、マツダ「5チャンネル化」によって誕生したユーノスのフラグシップモデル「ユーノス800」として、1993年10月に誕生しました。当時のマツダは、マツダ、マツダオート(後のアンフィニ)、オートラマの3つの販売網を5つに拡大する計画を推し進めており、そこでユーノスブランドが設立されます。

ユーノス800は、「10年基準」をキーワードに、高品質セダンとして開発されました。量産車としては業界初のミラーサイクルエンジンを搭載し、「3リットルクラスの走りを2リットルクラスの燃費で」というキャッチフレーズのもと、高出力低燃費が実現されています。

結果的にマツダ「5チャンネル化」は失敗に終わり、経営の悪化によりフォードの傘下に入ると、1997年販売終了になり、以降はマツダ ミレーニアに引き継がれるのです。

今回は、そんな複雑な歴史をもつ「マツダ ミレーニア」のコンセプトやその特徴、「車検及び維持に関する注意点」、または「売却時の買取相場に関する情報」に関してご説明していきます。

「車検の継続」と「車の乗り換え」で迷った時は…
まずは愛車の下取り査定相場を無料査定で調査しましょう。その後に車検相場を調査し、天秤にかけた上で、金銭的に有利な方を選ぶことをお勧めいたします。納得のいく判断をするために、査定と車検それぞれの価格は同時に調べることが重要です。
1.マツダ ミレーニアの車検相場
継続車検の相場(※1)70,050円~

※1 引用元:車検予約コム

マツダ系列ディーラーの車検費用は高い?安くする方法は?
マツダ車に乗っている方で車検を受けようと考えている場合、依頼先の候補筆頭にまず上がるのは購入した店舗か、近所のマツダディーラーだと思います。 けれどディーラーの車検には、どうしても高くなるというイメージが否めません。 そのせいで、ディー...
2.マツダ ミレーニアの下取り買取査定相場
新車価格(※2)286.0~334.0万円
買取価格(※2)– 万円
一括査定時の平均格差(※2)– 万円
業者間オークション予想買取価格(※3)– 万円
ヤフオク!予想買取価格(※3)– 万円

※2 引用元:カービュー、autec-one.jp
※3 引用元:価格コム、カーオクサポート、autec-one.jp

3.マツダ ミレーニアの燃費
カタログ上の燃費/ℓ(※1)– km/L
カタログ上の燃費/ℓ(※2)9.4~10.6 km/L

※1 引用元:カーセンサー(JC08モード)
※2 引用元:カーセンサー(10・15モード)

燃費測定におけるJC08モード/10・15モードとは?

JC08モードとは、2009年10月1日以降に発表された新型車に表示が義務付けられた新しい燃費測定方法で、冷えたエンジン状態から最高時速80キロ/hでの測定値となり、従来より厳しい基準での燃費測定です。
10・15モードとは従来のカタログ燃費表記法で、エンジンが既に温まった状態からの減加速且つ最高時速70キロ/hで測定されていました。

この車の維持費モデル例→ ★より詳細に年間車両維持費を計算する
4.マツダ ミレーニアの維持費
排気量1,995~2,496cc
車両重量1,430kg
1.ガソリン代 ※1136,170円
2.自動車税 ※245,000円
3.自動車重量税 ※312,300円
4.自賠責保険(年割価格)12,915円
5.任意保険 ※488,101円
6.駐車場代(東京都渋谷区平均相場44,832円/月 ※5)537,984円
7.消耗品(オイル交換1回+フィルター等+工賃 ※6)20,000円
8.車検費用(継続車検基本料金の年割価格 ※7)9,210円
9.年間想定維持費(1~8合計)861,680円(年)
10.月割り想定維持費(9÷12か月)71,807円(月)

※1 年間1万km走行、1L=128円、最低燃費で想定(ディーゼル車は除く)
※2 最高排気量モデルで計算
※3 日整連の算定ツールを使用したのち年割算出
※4 車両保険あり、8等級、ブルー免許、26歳以上
※5 引用元:駐車場ネット
※6 ディーラー価格による想定見積り
※7 引用元:楽天車検

マツダ ミレーニアの車両概要

マツダ ミレーニア 車両概要(1997年~2003年)

マツダ ミレーニアのベースとなるユーノス800は、1997年7月、ユーノス店の廃止により、北米と同じマツダ ミレーニアに改名されました。ユーノス800が発売された1993年当初は、量産車初のミラーサイクルエンジン、リショルム・コンプレッサ式スーパーチャージャー、4WS、両席エアバッグ、ABS、TCS、アルミボンネットなどの専用豪華装備が搭載されていました。

しかしながら、販売面では苦戦を強いられ、アルミボンネットがスチール製へ変更され、グレードも一部整理されてミラーサイクルエンジン搭載車が「MC」の1グレードになるなど、販売も縮小されていきます。

1998年には、マイナーチェンジが実施され、新しく2リッターV6DOHCエンジン(最高出力160ps、最大トルク18.3kgm)が設定されました。さらに、フロントグリルが新しいデザインになったことをはじめ、クリスタルタイプのリアコンビネーションランプ、新意匠のアルミホイールなどが採用されています。また、内装面ではクロムメッキされた部品や明るい色調のモケットのシート地が採用されました。

装備面では、装備の面では、運転席8ウェイパワーシートとUVカットガラスが全車に標準装備となり、新開発の10スピーカーオーディオシステムが「20M」をのぞく全車に装着されています。この時点で、ラインナップは、2リッターV6搭載の「20M」、2.5リッターV6の「25M」と「25S」、ミラーサイクルエンジンの「MC」となります。

2000年には再度のマイナーチェンジが実施され、2.5リッターV6「ミラーサイクル」エンジンがラインアップから外れます。なお、ミラーサイクルエンジンとは、米国の、ラルフ・ミラー(Ralph Miller)により開発されたエンジンであり、ピストンの上昇行程で吸入された混合気の一部は吸入弁からマニホールドへと戻り、他のシリンダーが吸入するという特徴があります。過給機(スーパーチャージャー)と組み合わせて低速トルク不足を補うのがミレーニアの機構的特徴とも言えます。

なお、同じミラーサイクルエンジンは、プリウスやデミオなどでも用いられており、低燃費技術を市販車に搭載したという意味では、ミレーニアは歴史的な1台と言っても過言ではありません。

この2000年のマイナーチェンジでは、ボディ各部の補強や足まわりのチューニングなども行われています。Bピラーに高強度発泡樹脂を充填するほか、各部にパッチを当て、曲げ剛性が約17パーセント、ねじり剛性が約35パーセントアップしています。高強度発泡樹脂を充填するというのは、以前から一部のメーカーやチューナーが行っていた方法であり、フレーム内に発泡樹脂を充填し剛性を上げるという狙いがあります。近年でも、薄くて強い高張力鋼板(ハイテン材)が使われ始めていますが、高強度発泡樹脂との併用によって、さらなる剛性アップも可能となります。

足回りについては、ダブルウィッシュボーンを基本とした4輪マルチリンクサスのリンク取り付け部を補強するとともに、ダンパー径、サスペンションジオメトリーなどが見直されています。

ボディサイズは、Aピラーより前方のフロントエンドをモディファイしたことにより、全長が45mm延長され、全長4,870mm×全幅1,770mm×全高1,395mmとなりました。パワーユニットは、2リッター(最高出力160ps、最大トルク18.3kgm)、2.5リッター(最高出力200ps、最大トルク22.8kgm)とも変更はなく、4段ATと組み合わされます。

マツダ ミレーニアの継続車検を受ける場合

継続車検費用の相場と不具合・点検の注意点

マツダ ミレーニアで継続車検を受ける場合の相場、および、故障が多く見つかりやすい箇所などの車両点検上の注意点についてまとめておきます。

マツダ ミレーニアの車検相場価格(全国平均)

全国平均の車検費用
車検費用総額70,050円~
車検の費用内訳詳細
基本料金18,420 円
自賠責保険料25,830円
重量税24,600円
印紙代1,200円

※法定費用+整備費用
※中型乗用車区分での算出
※車検費用には地域差があります
※認定工場の場合は印紙費用数百円が上乗せされます
※引用元:車検予約コム

kocchi01a

マツダ ミレーニアは、「ユーノス800」のネーミングでデビューした後、国内をはじめ欧州や北米などで高く評価されながら進化を続け、装備面でも充実を図ってきました。

結果的に、マツダの販売店5チャンネル化は失敗し、フォード傘下で再建を図るとともに、車種を絞ってブランドイメージを再構築することになるのです。その意味では、マツダの旧姓代としては最後の車ということができます。

では、「マツダ ミレーニア」を維持する上で注意すべきポイントについてご説明していきます。

マツダ ミレーニアの車検と維持・点検に関する注意点

マツダ ミレーニアでは、ガソリンタンクにつながるホースの劣化によって、ガソリン漏れが発生するという事例が報告されています。こうしたガソリン漏れは、アルファロメオなどのイタリア車で多い症状ですが、経年劣化が進んだミレーニアでも多発しています。

ミレーニアには給油中で満タンにした時に、給油口まで昇ってきたガソリンをガソリンタンクへ戻すホースがあります。このホースの先端(ガソリンタンクへつながっている部分)が劣化してひび割れると、ガソリンが漏れて気化し、ガソリン臭を発します。したがって、ガソリン給油後に変なにおいがしたら、それはこのガソリンホースの劣化である可能性が高くなります。

次に、マツダ ミレーニアにおけるオートマのメンテナンスをご紹介します。まず、最もポピュラーで手軽なのはオートマフルードの交換です。DIYでも循環方式で行うことは可能ですが、できれば専門店で圧送式で行うことがおすすめです。また、オートマフルードは高温になると不具合を起こしやすくなるため、使い方によってはATクーラーをつけるということも考えられます。最後に行うのは、ATFのフィルター交換です。オイルパンを取り外し、各部を洗浄した後、新しいフィルターに付け替えて、パッキンを新品に交換すれば完了となります。

マツダ ミレーニアもタイミングベルト式のエンジンであるため、タイミングベルト&ウォーターポンプを10万km周期で交換する必要があります。ウォーターポンプはタイミングベルトの寿命と直接関係ないものの、同じような時期に交換を迎え、作業する個所が近いため同時に交換することがおすすめです。なお、マツダ ミレーニアのエンジンルームは余裕がなく、DIYの作業は難易度が高くなります。

最後に、バッテリー不具合に伴うエンジン始動不良の事例をご紹介します。「カチッ、カチッ」というだけでスターターモータが回らない場合、最も高い可能性はバッテリー上がりです。仮にバッテリーに十分な電圧がある場合、スターターモータを疑うことになりますが、この時点で正確な見極めを行わないと、不必要にスターターモータを取り外すといった作業を行うことになってしまいます。

バッテリー充電器の中には、ハイパワーセルスタート機能が付いたものも売られており、バッテリー上がりでエンジン始動ができなくなった場合、充電器を家庭用コンセントに接続し、バッテリーにつなぐことでエンジン始動を助けることが可能です。

救援車のエンジンをかけずにケーブルをつないでジャンプスタートを行うと、救援車のバッテリーが上がる可能性があります。その点、こうした高機能の充電器を持っていれば、バッテリーの定期的な充電が可能となるだけではなく、急なトラブルにも対応でき一石二鳥です。

マツダ ミレーニアを買取査定する場合

買取・下取り・査定の価格相場

マツダミレーニアの下取り買取査定相場
新車価格(※1)286.0~334.0万円
買取価格(※1)– 万円
一括査定時の平均格差(※1)– 万円
業者間オークション予想買取価格(※2)– 万円
ヤフオク!予想買取価格(※2)– 万円

※1 引用元:カービュー
※2 引用元:価格コム、カーオクサポート

kocchi02a

マツダ ミレーニアの売却・乗り換えに関する注意点

マツダ ミレーニアは、生産終了から年数も経過しており、相場も低めで推移しています。その一方で、量産車としては業界初のミラーサイクルエンジンを搭載するなど、歴史的な1台といってもいい名車です。

今後、マツダ ミレーニアの価値が再評価され、相場が上昇していくことも考えられます。例えば、初代RAV4は、マツダ ミレーニアよりも前に生産が終了しているクロカンですが、中古車相場は50万円から状態の良いものであれば100万円前後までするモデルです。

この車も、生産終了後にどんどんと値を下げていき、底値になった後にコンパクトで個性的なスタイリングが再評価され、じわじわと価格が上がってきました。したがって、ミレーニアについても、長い目で相場を観察することも重要になってきます。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

マツダ メーカー別相場情報 国産車
YoshidaMikeをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較