【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

サイドアンダーミラー(直前直左鏡)を取り外すと車検への影響は?

こんなときどうする?車検Q&A
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

大型のSUVを中心には、サイドアンダーミラー(直前直左鏡)が取り付けられている車種が多くなってきました。

俗称「提灯ミラー」とも言われることがありますね。

一昔前と比べ、最近の車に多く取り付けられているサイドアンダーミラーですが、機械式洗車機などを通すときに、気を使った経験のあるユーザーも多いのではないでしょうか。

では、サイドアンダーミラーを取り外すと車検に通らないのかという疑問について、詳しく解説していきます。

この記事を書いた人
KumagaiShohei

車検のプロ。長年、中古車販売会社にて保証の判定や、提携工場様との折衝、技術相談に携わる。国産車ディーラーの整備士として社会人デビューし、国産車ディーラー退職後も自動車関連の会社に勤務中。

KumagaiShoheiをフォローする

サイドアンダーミラーについて

サイドアンダーミラーとは、トラックやSUV、ミニバンに装備されている補助ミラーの事を指しています。今ではNBOXのように、一部の軽自動車にも装着されており、採用車種が年々増えています。

サイドアンダーミラーの役割は、助手席側の死角をなくし、発進時や駐車時の巻き込み事故を防止することにあります。

目視やバックミラーで確認できない助手席側直近側方の死角を解消する補助ミラーとして、助手席側のフロントフェンダーに装着されることが多くなってきました。

サイドアンダーミラーに関する歴史的背景

サイドアンダーミラーについては、まず大型トラックでの義務化が始まりでした。大型トラックの左折巻き込み事故が1970年代に多発して社会問題となり、その対策の一環として運輸省通達が出されたのです。

1978年10月4日に運輸省自動車局によって出された運輸省通達「大型貨物自動車の左折事故防止のための緊急措置について」は、1978年11月1日以降に生産される大型トラックについて、以下のように定めました。

  1. サイドアンダーミラーの新設
  2. 歩行者、自転車の運転者等がより明確に視認できるための「補助方向指示器の新設」
  3. 歩行者等が車体の下へ巻き込まれないようにするための側面防護装置として「サイドガードの改善」

この大型トラックへのサイドアンダーミラーの義務化は一定の効果があったものの、左折巻き込み事故については、依然として多く発生していました。1990年に日本でRVブームが起きると、一般ユーザーでも日常的に車高が高く、助手席側が見えづらい車に乗る人が増えていきました。

RVブームは一旦落ち着きを見せるものの、ポルシェカイエンが2002年に発表されるのと同時期に、複数の海外メーカーや国内メーカーからSUVが発売され、SUVブームが一気に巻き起こります。

このように、1990年代から子供の巻き込み事故が増加していったため、日本国内の自動車メーカーが、国内向けモデルに対し、自主的に補助確認装置を装備するようになっていきます。

この時点では義務ではなく、輸入車メーカーも対応していませんでしたが、2003年から自動車の直前および左側方の視界を、鏡などで確保することが義務化されたのです。

サイドアンダーミラーの保安基準と車検の関係

サイドアンダーミラーについては、2003年より道路運送車両の保安基準第44条で設置が義務化されました。

つまり、一定の基準を満たさない車両については、サイドアンダーミラーを装着していないと車検に通らなくなったです。

以下がその規定になります。

道路運送車両の保安基準第44条

自動車(ハンドルバー方式のかじ取装置を備える二輪自動車、 側車付二輪自動車及び三輪自動車であって車室(運転者が運転者 席において自動車の左外側線付近の交通状況を確認できるものを 除く。次項、第五十八条第百十一項及び第六十四条の二において 同じ。)を有しないものを除く。)に備える後写鏡は、運転者が 運転者席において自動車の左外側線付近及び後方の交通状況を 確認でき、かつ、乗車人員、歩行者等に傷害を与えるおそれの 少ないものとして、当該後写鏡による運転者の視野、乗車人員等 の保護に係る性能等に関し告示で定める基準に適合するものでなければならない。

なお、サイドアンダーミラーの保安基準は、運転席に座ったときに、自動車の前面及び左側に接する高さ1m、直径0.3mの円柱を確認できることであり、これは道路運送車両の保安基準を定める告示の別添81号によって定められています。

対象車種は、軽自動車、小型自動車および普通自動車となっており、新型生産車は2005年1月1日以降に製作されたもの、継続生産車は2007年1月1日以降に製作されたものが対象になります。

サイドアンダーミラーに係る車検不正の事例

2015年11月に、自動車検査独立行政法人の神奈川事務所(横浜市)の主席自動車検査官3人が虚偽有印公文書作成容疑で逮捕されました。

具体的には、横浜市都筑区の業者が検査に出したトラック3台について、車高の高い車に取り付けが義務付けられている「サイドアンダーミラー」などがないのに、検査に合格したように自動車検査票を捏造した疑いによるものです。

実際の手口としては、車高の高い並行輸入車に関して、車検の時だけ簡易な構造の吸盤型ミラーを取り付けた車も審査を通過させていたというものです。

他にも、並行輸入車の販売業者がサイドアンダーミラーを装着せずに車検を取得し、摘発されたという事例もあります。

このことからも分かるように、サイドアンダーミラーは保安基準で義務化されているというだけではありません。サイドアンダーミラーを装着しない場合は、捜査機関から摘発される可能性も十分にあるのです。

独立行政法人自動車技術総合機構 審査事務の実施に関する規程の改定

独立行政法人自動車技術総合機構は、「審査事務の実施に関する規程」を改定し、平成 28年7月7日から施行すると発表しました。

その中には、「自動車の直前及び側方の視界を確保するために備えられた鏡又はカメラの審査方法」として、「検査後の取外し及び一時的な取付け等を防止するため、保安基準に適合しないものとして判定する例示」を追加しています。

簡単に言うと、簡易的で容易に取り外せるようなサイドアンダーミラーの取付け方法は全て不適合となるということです。

保安基準に適合しないものの例

1.粘着テープ類(自動車用部品の取付けを目的として設計・製作されたものを除く。)、ロープ類又は針金類により取付けられているもの

2.挟込み又は差込みによる取付け等、工具を用いずに容易に取外すことのできる方法により取付けられているもの

3.扉、窓ガラス等の開閉により脱落する又はそのおそれがある方法により取付けられているもの

4.取付部が吸盤形状であることが外観上明らかなもの

5.貼付けられたシート等の上に接着固定等されているもの

6.手指で揺する、取付部が浮き上がらないかどうかめくろうとする等により確認した結果、取付部の一部が車体から離脱するもの、緩み又はがたがあるもの

7.当該装置を取付けた状態のままで、自動車登録番号標又は車両番号標の取付取外しができないもの

8.延長器具を介して取付けられているもの(溶接又はリベットにより結合され取外すことができないもの及び原動機の相当部分が運転者室又は客室の下にある自動車に取付けられているものを除く。)

9.カメラの配線(配線の周囲の保護部材等を含む。)が、バンパ及び後写鏡等を含む自動車の外側表面上に確認できるもの。ただし、次に掲げる配線部分はこれに該当しないものとする。

ア 溶接又はリベットにより確実に取付けられていることが明らかなカメラにあっては、当該カメラを取付けるための必要最小限の配線部分

イ ボルト・ナット又はねじにより確実に取付けられていることが明らかなカメラにあっては、(ア)又は(イ)に掲げるもの

(ア)当該カメラを取付けるための必要最小限のものであって長さが30mm未満の配線部分

(イ)バンパを除く自動車の下面に固定された必要最小限の配線部分

サイドアンダーミラーに代わるカメラの導入

サイドアンダーミラーの装着義務車両についても、新しい技術によってサイドアンダーミラーの代わりにカメラが取り付けられる車種が増えてきています。

特に輸入車に関しては、サイドアンダーミラーを付ける前提でデザインが組まれておらず、不恰好になるという声が多かったことから、カメラによって死角をなくすという手法に切り替わってきたのです。

例えば、三菱 デリカD:5は仕様変更によって、MMCS(HDD)のモニター部を使い車両周辺の状況が確認できる「マルチアラウンドモニター」を装着すれば、左フェンダー上部に設置されていたサイドアンダーミラーを取り付けなくてもよくなります。

メルセデス・ベンツ Gクラスや、トヨタ ランドクルーザーについても、同様にモニター連動のカメラシステムを取り付けることで、サイドアンダーミラーがなくても車検に通るようになっています。

一部の専門ショップでは、サイドアンダーミラーを取り外せるキットを販売しているものの、メーカーが正式に販売しているものと比べると、必ず車検に適合するとは言えない場合があります

特に、サイドミラーカメラについては、埋め込み式であれば車検に通りますが、ミラーの下に取り付ける外付けタイプだと車検に通らない可能性が高くなります。

というのも、道路運送車両法の保安基準の細目を定める告示中、外装の技術基準によって、「外装は曲率半径2.5mm未満の突起を有してはならない」と決められているからです。

まとめ

これまで、サイドアンダーミラー(直前直左鏡)を取り外すと車検に通らないのかについて、保安基準や審査の規程、実際の摘発指令なども含めて説明してきました。

繰り返しになりますが、運転席に座ったときに、自動車の前面及び左側に接する高さ1m、直径0.3mの円柱を確認できない場合は、サイドアンダーミラーが必要になります。

国内メーカーのおよび海外メーカーの正規に販売された新車であれば、全く問題ありませんが、中古車や並行輸入車の場合、基準に適合していない個体が流通している恐れがあります。

また、サイドアンダーミラーを取り外してカメラに置き換える場合も、車検に適合しているかについて、正確に調べることが重要となります。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

こんなときどうする?車検Q&A
KumagaiShoheiをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較
タイトルとURLをコピーしました