【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

日産 サファリの評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?

日産
この記事は約12分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。
この記事を書いた人
YoshidaMike

実家の家業を助け自動車整備士活動しながら、大手出版社にて車関連記事を執筆。整備士としての経験は約20年。約500車種以上に乗った経験から、インプレ記事を得意としております。

YoshidaMikeをフォローする

車検費用、買取査定相場、燃費、維持費

日産 サファリは、日産自動車の子会社である日産自動車が生産・販売している大型4WD車です。国内販売は2007年6月で終了しているものの、海外へは「パトロール」という名称で輸出が続いており、トヨタ ランドクルーザーと並んで、過酷な使用環境でも信頼性が高いオフローダーとして高い人気を誇っています。

今回は、日本では消防用のベース車両としても使用されていた、頑丈さが売りの本格派4WD「日産 サファリ」のコンセプトやその特徴、「車検及び維持に関する注意点」、または「売却時の買取相場に関する情報」に関してご説明していきます。

「車検の継続」と「車の乗り換え」で迷った時は…
まずは愛車の下取り査定相場を無料査定で調査しましょう。その後に車検相場を調査し、天秤にかけた上で、金銭的に有利な方を選ぶことをお勧めいたします。納得のいく判断をするために、査定と車検それぞれの価格は同時に調べることが重要です。
1.日産 サファリの車検相場
継続車検の相場(※1)78,950円~

※1 引用元:車検予約コム

日産系列ディーラーの車検費用は高い?安くする方法は?
日産車に乗っている方で車検を受けようと考えている場合、まず依頼先の候補に上がるのは購入した店舗か、近所の日産ディーラーだと思います。 けれどディーラーの車検には、どうしても高くなるというイメージが否めません。 そのせいで、ディーラーでの...
2.日産 サファリの下取り買取査定相場
新車価格(※2)439.0~446.0万円
買取価格(※2)10.4~10.6万円
一括査定時の平均格差(※2)– 万円
業者間オークション予想買取価格(※3)– 万円
ヤフオク!予想買取価格(※3)– 万円

※2 引用元:カービュー、autec-one.jp
※3 引用元:価格コム、カーオクサポート、autec-one.jp

3.日産 サファリの燃費
カタログ上の燃費/ℓ(※1)– km/L
カタログ上の燃費/ℓ(※2)5.5~10.6 km/L

※1 引用元:カーセンサー(JC08モード)
※2 引用元:カーセンサー(10・15モード)

燃費測定におけるJC08モード/10・15モードとは?

JC08モードとは、2009年10月1日以降に発表された新型車に表示が義務付けられた新しい燃費測定方法で、冷えたエンジン状態から最高時速80キロ/hでの測定値となり、従来より厳しい基準での燃費測定です。
10・15モードとは従来のカタログ燃費表記法で、エンジンが既に温まった状態からの減加速且つ最高時速70キロ/hで測定されていました。

この車の維持費モデル例→ ★より詳細に年間車両維持費を計算する
4.日産 サファリの年間維持費
排気量2,825~4,758cc
車両重量2,795kg
1.ガソリン代 ※1232,727円
2.自動車税 ※288,000円
3.自動車重量税 ※316,400円
4.自賠責保険(年割価格)12,915円
5.任意保険 ※4123,506円
6.駐車場代(東京都渋谷区平均相場44,832円/月 ※5)537,984円
7.消耗品(オイル交換1回+フィルター等+工賃 ※6)20,000円
8.車検費用(継続車検基本料金の年割価格 ※7)9,560円
9.年間想定維持費(1~8合計)1,041,092円(年)
10.月割り想定維持費(9÷12か月)86,758円(月)

※1 年間1万km走行、1L=128円、最低燃費で想定(ディーゼル車は除く)
※2 最高排気量モデルで計算
※3 日整連の算定ツールを使用したのち年割算出
※4 車両保険あり、8等級、ブルー免許、26歳以上
※5 引用元:駐車場ネット
※6 ディーラー価格による想定見積り
※7 引用元:楽天車検

日産 サファリの車両概要

第1世代 日産 サファリ(160型系)車両概要(1980年~1987年)

初代サファリは、1951年に誕生した4W60型の「パトロール」までその起源をさかのぼることができます。三菱やトヨタと同じく、戦後にジープとして製造され、警察関連車両としても納入されました。

160型系のサファリは1980年に発売され、4ドアロングホイールベースのエクストラバン、2ドアショートホイールベースのハードトップとハイルーフハードトップ、消防車用シングルおよびダブルのキャブシャーシの5種類のボディバリエーションがありました。

第2世代に移行した後も、4輪リーフリジッドの堅牢なサスペンション形式が必要とされたため、日本国内向け消防用キャブシャーシ、日本国外向けキャブ付シャーシ、ピックアップは2002年まで継続して生産されています。

第2世代 日産 サファリ(Y60型系)車両概要(1987年~1997年)

2代目のサファリは、新設計のフレームとサスペンションを手に入れ、全車1ナンバー登録の普通貨物車(バン)として1987年に発売されます。日本国内のボディバリエーションは、ロングホイールベースの4ドアとエクストラハイルーフの2種、ショートホイールベースの2ドアに、ハードトップの計3種類が設定されました。

初代からの大きな変更点は、4輪リーフリジッドからリンク&コイルスプリングへと変更されたことであり、オンロード性能が向上するとともに、AT車も追加されています。

第3世代 日産 サファリ(Y61型系)車両概要(1997年~2007年)

3代目のサファリは、TB45E 型の4.5リッター直列6気筒 OHV(245ps)にフルレンジ電子制御4段オートマチックを組み合わせ、1997年に発売が開始されました。

2002年8月には日本向けの販売が休止されるものの、2002年11にはマイナーチェンジを施し日本向けの販売を再開しています。エンジンが4.8リッターに拡大されたTB48DE型の直6(245ps)に換装され、マニュアルモード付フルレンジ電子制御5速オートマチックと組み合わされます。他にも、ブレーキローター径の拡大や大型ブレーキキャリパーの採用によりブレーキ性能も向上しており、グレードは4ドアワゴングランロードリミテッドのみとなりました。

日本国内においては、県警の自動車警ら隊、山岳救助車などでの採用実績があるほか、2005年2月には、パキスタンへ輸出を開始したことでも話題となりました。しかしながら、日本国内では2007年6月に終了しているため、国内で流通している個体のほとんどが、この第3世代のY61型となります。

第4世代 日産 サファリ(Y62型系)車両概要(2010年~)

第4世代の日産 サファリは、主に中東市場の富裕層向けとして開発されました。2010年2月、日産はアラブ首長国連邦のアブダビで、「日産パトロール」の新型を披露していることからも、中東での販売に注力していることがうかがえます。

初代に見られたような無骨さは影を薄め、SUVのフラグシップとしての高級路線をさらに加速させたパッケージングとなりました。初めて背面スペアタイヤを廃止し、前後輪にダブルウィッシュボーンサスペンションが採用され、HBMC(油圧ボディモーションコントロールシステム)によって舗装路での乗り心地と砂漠での安定性が向上しています。

エンジンは、新開発の5.6 リッターVK56VD型(最大出力400 ps、最大トルク56.1 kgm)で、トランスミッションは7速ATとなり、オールモード4X4という4WDシステムが組み合わされます。

日産 サファリの継続車検を受ける場合

継続車検費用の相場と不具合・点検の注意点

日産 サファリで継続車検を受ける場合の相場、および、故障が多く見つかりやすい箇所などの車両点検上の注意点についてまとめておきます。

日産 サファリの車検相場価格(全国平均)

全国平均の車検費用
車検費用総額78,950円~
車検の費用内訳詳細
基本料金19,120 円
自賠責保険料25,830円
重量税32,800円
印紙代1,200円

※法定費用+整備費用
※大型乗用車区分での算出
※車検費用には地域差があります
※認定工場の場合は印紙費用数百円が上乗せされます
※引用元:車検予約コム

kocchi01a

日産 サファリは、初代より警察や消防などの緊急車両として活躍しており、近年人気となっているクロスオーバーSUVとは一線を画す、本格的な造りが特徴のオフローダーでした。

しかしながら、国内の道路事情と海外で必要とされるオフローダーを考えた時に、サファリは国内販売を終了して海外へと販売の場を移します。海外では、「日産パトロール」として売られる他、インフィニティブランドの豪華版「QX80」としても2011年から販売されています。

では、「日産 サファリ」を維持する上で注意すべきポイントについてご説明していきます。

日産 サファリの車検と維持・点検に関する注意点

日産 サファリは、ラダーフレーム構造を採用している車であり、悪路にも強く丈夫な車であるものの、国内販売終了から年数も経過しているため、消耗部品に関しては経年劣化で故障が目立っています。まずは、10万km程度でオルタネーターが壊れる事例が多く報告されています。また、ディーラーでリビルド品のオルタネーターに交換しても1年程度で再度壊れる事例が続出しているため、長く乗り続けるためには、新品のオルタネーターに交換することがおすすめです。

エンジンが突然かからない場合、まず疑うのがバッテリー上がりです。バッテリーについては。テスターなどで測れば電圧を測定できるため、容易に判定が可能です。ただし、バッテリー上がりの原因が単なる経年劣化なのか、ライトの消し忘れなのか、それとも充電不良なのかについては、すぐには判別が難しいため、時間をかけて原因を究明することが重要です。

日産 サファリでは、スターターモーターが13万km程度で壊れる事例も多く報告されています。バッテリーや燃料系に問題がなく、セルが回らない場合、スターターモーターが壊れていることが考えられます。スターターモーター自体に衝撃を与えて、回るきっかけを作って回るようなら、スターターモーターの故障の可能性が高くなります。

オフロード走行をしているサファリでは、シャーシ下周りの錆が多く発生している場合があります。こうした車両を長く維持していく上で最も重要なことは、購入後、錆が発生する前に、防錆対策を施すことです。錆は一旦発生すると、年数の経過とともに進行していき、腐食が始まります。シャーシやボディに穴が開くと、保安基準を満たさないために車検にも通らなくなり、修理するためには、専門の工場で溶接する必要が出てきます。

防錆剤を施工するという技術はすでに確立されており、専門のショップも存在するため、プロに任せる方が一番確実です。市販品でも多くの製品が売られており、サファリは車高も高く、作業もしやすいため、早めに作業しておくことが先決です。

日産 サファリでは、経年劣化によって、冷却系に問題を抱えている個体も多くなっています。そのほとんどは冷却水漏れであり、症状がひどくなるとエンジンの冷却水が規定値を下回り、オーバーヒートを引き起こしかねません。漏れる個所の一つ目は、ラジエターのサブタンクです。小さな亀裂でも圧力の変化によって破損個所が広がっていきます。サブタンクについては補修が難しいため、新品部品への交換が必須です。

他に漏れやすい個所としては、リザーバータンクのホースが挙げられます。これについても、漏れ止め剤や増し締めなどでの対応ではなく、ホースの交換が必要です。ラジエターキャップについても、経年劣化でゴム部品が固着することが考えられるため、一緒に交換することがおすすめです。

最後に、日産 サファリにおける燃料フィルターの交換事例をご紹介します。燃料フィルターとは、燃料から汚れなどを取り除くためのフィルターであり、経年劣化で詰まると燃料が適正に供給されなくなります。サファリでも、10万km走行程度でエンジンが吹けなくなるという症状が報告されており、ある一定の回転数以上は回転が上がらなくなります。年式が古くなっている場合は、消耗品と割り切って交換することがおすすめです。

日産 サファリを買取査定する場合

買取・下取り・査定の価格相場

日産 サファリの下取り買取査定相場
新車価格(※1)439.0~446.0万円
買取価格(※1)10.4~10.6万円
一括査定時の平均格差(※1)– 万円
業者間オークション予想買取価格(※2)– 万円
ヤフオク!予想買取価格(※2)– 万円

※1 引用元:カービュー
※2 引用元:価格コム、カーオクサポート

kocchi02a

日産 サファリの売却・乗り換えに関する注意点

日産 サファリについては、国内での販売終了から年数が経過しているにも関わらず、かなりの高値で相場が推移しています。特徴的なのは、走行距離が10万kmを超えても相場がほとんど変わらず、車の状態さえよければ、同年式の他の車種の何倍もの価格が付けられています。

さらには、第3世代のY61型だけではなく、第2世代のY60型もいまだに根強い人気があり、愛好家の間では高値で取引されています。出回っている個体の中心は、4.8リッターのオートマモデルと、4.2リッターのマニュアルモデルであり、買取された後に輸出されるケースも多くなります。

こうした車の売却には、輸出に強い業者や、全国ネットワークを持っている会社、買い取った車をオークションに出品する買取専門店など、幅広く見積もりを取ることが重要です。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

日産 メーカー別相場情報 国産車
YoshidaMikeをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較