【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

軽自動車を買取査定で高く売るには?

軽自動車を高く売る
引用:http://www.daihatsu.co.jp/recruit/gradu/about/
この記事は約7分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

軽自動車を所有し、違う車への乗り換えを考えている人にとって軽自動車の査定相場や売却事情は気になるところだと思います。
率直に言ってしまうと車種によってバラツキは大きいというのが実情です。
その背景には様々な問題があります。今回、軽自動車特有の売却事情、また一般普通車との売却事情の違いについてお話しいたしますので参考にして頂ければと思います。

軽自動車は値崩れしづらい

36645ce32719bb44df93f9afb6a64216_m

車種を問わず軽自動車という大きな枠で見た時に軽自動車は普通自動車に比べてよほど大きな問題がない限り急激な値崩れはしません
一般的に普通自動車は新車購入から3年経過すると車種や状態にもよりますが査定額は目に見えて下がります。新車購入価格の半値以下になることも珍しくありません。

その反面、軽自動車は維持費の安さ・技術の進歩による大幅な燃費の改善などにより未だその人気は衰えないため普通自動車のような急激な値崩れは起きづらくなっています。特に維持費の安さは大きなメリットと言えるでしょう。

2015年4月以降に新車登録された軽自動車に限り軽自動車税が7200円から10800円に増税されましたがそれでも次に安い排気量1リットル以下普通乗用車の29500円に比べると明らかに安いと言えます。

更には安全面や装備においても今では普通車にも劣らないレベルまで向上されています。そういった点も人気を後押しする要因になっていると言えます。

軽自動車の買取相場が急激に下落するケースとは?(特例編)

三菱自動車による謝罪文(公式サイトより)

三菱自動車による謝罪文(公式サイトより)

前項で、「軽自動車という大きな枠で見た時では新車購入から3年が経過しても急激な値崩れはしない」というお話をしましたがもちろん例外もあります

連日ニュースやメディアで取り上げられていたので記憶に新しいかと思いますが2016年4月20日、三菱自動車による燃費偽装が発覚しました。
OEM供給先である日産からの指摘により発覚したこの事件は中古車市場にも大きな影響を与えたのは言うまでもありません。

この事件により三菱ekワゴン・ekスペース、そして日産デイズ・デイズルークスは新車3年未満にも関わらず急激な値崩れを起こすこととなりました。

これは燃費偽装事件により対象車種の中古車市場における需要と供給のバランスが崩れ、極端に供給過多の方へ流れてしまったためと言えるでしょう。

しかし、これは特別な例です。過去何十年を遡ってもこのようなケースは非常に稀です。
メーカーサイドによる大きな問題が起こると、もちろん世論は動くため相場を大きく狂わすことになります。

ですが、言い方を変えれば世論が動かないような出来事、事件がない限り軽自動車の急激な値崩れはないとも言えます。

軽自動車の買取相場が下落するケースとは?(一般編)

一般的に軽自動車の買取相場が下落する原因

  1. 不人気車(市場ニーズがない)
  2. 修復あり車
  3. 激しい錆や腐食がある車
  4. 冠水車(水没車)
  5. 室内の汚れやにおい(特にタバコ、動物)
  6. 故障車(不動車)
  7. カスタムカー(業者によっては価買取のケースもあり)

特別な事件でもない限り軽自動車は普通自動車に比べ急激な値崩れはしづらいという話しをしてきましたが、それでも値崩れするケースは他にもあります。

ここでは通常考えられる値崩れについてお話ししてきたいと思います。

値崩れするケースはいくつもあるので比較的新しい車両(新車登録から5年未満)に焦点を当てて進めていきます。
やはり、ここでも需要と供給のバランスが1つのポイントとなります。

1.不人気車

軽自動車自体に人気があることは間違いのない事実ですがそれでも人気のない車種というのは存在します。

各車種別の人気の有無についてはまた別の機会にしますがここで言えるのは人気の有無は時期的な側面、そして地域的な側面もあるためこの車種は人気があってこの車種は人気がないとは一概には言い切れないということです。

さらに言えば、ボディカラーによっても変わりますしグレードによっても変わります。

2.修復歴あり車

修復歴の有無査定額を変える大きなポイントです。どの程度の修復歴かにもよりますが特に大損事故を経ている車両は敬遠されるため査定額が下がる原因となります。

また、大きな事故までいかなくても例えば、外装の著しい凹みや傷だらけの車両も査定に影響を与えます。

3.錆、腐食

沿岸部にお住まいの方や職場が沿岸部にあるという人は注意して下さい。というのも沿岸部は潮風の影響を受けるため車のボディーを腐食させます。
昨今、外装には樹脂素材が採用されるようにもなりましたがボディー本体は鉄の集合体であることは変わりません。

薄い錆程度であれば大きな問題にはなりませんが著しい腐食まで進んでしまうと大幅な減額の対象となります。

4.冠水車(水没車)

冠水車とは洪水などである一定のラインまで水に浸かってしまった車両のことを指します。

水に浸かってしまうと後々、電気系統のトラブルやエンジン不調など様々な不具合の発生につながります。
そうなるとクレームも多くなるため査定時において大幅な減額対象となります。

5.室内の汚れや臭い(タバコ、動物)

査定士によっては室内の汚れや臭いを重視する人もいるくらい重要なポイントです。特にタバコの臭い、動物臭は減額の対象となります。

6.故障車(不動車)

新車登録から比較的新しい車両であれば査定に大きな影響を与えるほどの故障は少ないでしょう。
もちろん、故障部位によって変わってきますがメーカーの保証範囲内であれば無償で修理をしてもらい査定を受けるようにしましょう。
基本的に不具合は減額の対象となります。また、不動車である場合は、廃車を含めた検討などが必要となってきます。

軽自動車を廃車にするには
軽自動車は全般的に値落ちしづらい部類に入りますがでは、不慮の交通事故や災害、予期せぬ故障など予想だにしない出来事が理由で廃車にせざるをえない場合どうなると思いますか? 車検(軽自動車車検)切れ廃車=無価値なのか?それとも僅かでもお金に...

7.カスタム車両

軽自動車の場合、カスタム車両は紙一重です。ディーラーはカスタム車両を嫌うため減額対象となりますが業者によってカスタム車両はプラス査定を受けることもあります。

ディーラー、中古車販売店、買取店含めそれぞれ得意、不得意があるため高値で買い取りしてもらうために複数社から査定を受けることをおすすめします。

これらに共通する事とは何でしょう?わかりますか?答えは「求める人が少ない」「クレームになる可能性が高い」です。
つまり需要が少ない上、仮に売れてもクレームになる可能性が高く自社の信用を下げるかもしれないという事ですね。

考えてみれば当然ですがあえて修復歴のある車を買いたい人はいないでしょうし、腐食車、冠水車、故障車を購入したい人もいません。
買い取る側も商売ですの売れる事は当たり前として、できるだけ利益をとりたいものです。

売る際に明らかにマイナスとなることに対してわざわざリスクを負ってまで高い値段で買い取ろうとはしません。
特に軽自動車の場合、利益率より回転率重視で買い取りしている業者が多いです。

当然、求める人が少ないとわかっている欠点のある車両が減額対象になるのは自然の流れになるのかなと思います。

軽自動車は国内での流通が主である

9d02e76149b68fa428649984fb7e165d_m

中古車市場において普通自動車は海外へ輸出されることは以前から珍しいことではありませんでしたが日本で生産された軽自動車は排気量や耐久性、そして関税などの問題で海外へ輸出されることはほとんどありませんでした。

しかし、海外からも高評価を得ている日本生産の軽自動車を必要とし輸入する国も出てきたことでこれまで国内での流通がほとんどだった軽自動車も海外へ輸出されるようになりました。

けれども海外へ軽自動車を輸出するためにはいろいろな縛りがあることと「必要としてくれる国がまだまだ少ない」ため国内での流通が主と言えます。
もし、今後日本で生産された軽自動車の輸出台数が増えるようであれば査定時の価格も跳ね上がるかもしれませんね。

ここまで中古車市場における軽自動車の売却事情についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

メディア等で様々なことを言われておりますし車種によって事情が異なりますが軽自動車は普通自動車に比べて維持費等お金がかかりにくいことは変えようのない事実でありまだまだ人気があると言えます。

今後、海外への輸出販路が拡大すればそれこそ買い取りを強化する業者も増えるため需要が増えることも期待できそうです。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

軽自動車を高く売る
専務梅川をフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較