【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

マツダ スクラムワゴン(MATSUDA SCRUM WAGON)の評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?

マツダ
引用:http://www.mazda.co.jp
この記事は約12分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。
この記事を書いた人
YoshidaMike

実家の家業を助け自動車整備士活動しながら、大手出版社にて車関連記事を執筆。整備士としての経験は約20年。約500車種以上に乗った経験から、インプレ記事を得意としております。

YoshidaMikeをフォローする

車検費用、買取査定相場、燃費、維持費

マツダ スクラムワゴンは、スズキのエブリイワゴンからOEM供給を受けて誕生したモデルであり、三菱や日産も同じようのOEM供給を受けることから、現在では、4兄弟となる軽の乗用ワゴンです。

スズキ エブリイワゴン)の評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?
車検費用、買取査定相場、燃費、維持費 愛車の「スズキ エブリイワゴン」を車検を通してまだ乗り続けるか、それとも、売却して新しい車に乗り換えるか迷っている方向けに、「継続車検を選んだ場合の相場と点検ポイント」「売却を選んだ場合の買取相場」双...

今回は、マツダブランドで販売される5ナンバー軽ワゴン「マツダ スクラムワゴン」のコンセプトやその特徴、「車検及び維持に関する注意点」、または「売却時の買取相場に関する情報」に関してご説明していきます。

「車検の継続」と「車の乗り換え」で迷った時は…
まずは愛車の下取り査定相場を無料査定で調査しましょう。その後に車検相場を調査し、天秤にかけた上で、金銭的に有利な方を選ぶことをお勧めいたします。納得のいく判断をするために、査定と車検それぞれの価格は同時に調べることが重要です。
1.マツダ スクラムワゴンの車検相場
継続車検の相場(※1)50,240円~

※1 引用元:車検予約コム

マツダ系列ディーラーの車検費用は高い?安くする方法は?
マツダ車に乗っている方で車検を受けようと考えている場合、依頼先の候補筆頭にまず上がるのは購入した店舗か、近所のマツダディーラーだと思います。 けれどディーラーの車検には、どうしても高くなるというイメージが否めません。 そのせいで、ディー...
2.マツダ スクラムワゴンの下取り買取査定相場
新車価格(※2)143.0~178.0万円
買取価格(※2)56.0~153.0万円
一括査定時の平均格差(※2)– 万円
業者間オークション予想買取価格(※3)62.0~153.0万円
ヤフオク!予想買取価格(※3)76.0~169.0万円

※2 引用元:カービュー、autec-one.jp
※3 引用元:価格コム、カーオクサポート、autec-one.jp

3.マツダ スクラムワゴンの燃費
カタログ上の燃費/ℓ(※1)13.8~16.2 km/L
カタログ上の燃費/ℓ(※2)14.2~16.8 km/L

※1 引用元:カーセンサー(JC08モード)
※2 引用元:カーセンサー(10・15モード)

燃費測定におけるJC08モード/10・15モードとは?

JC08モードとは、2009年10月1日以降に発表された新型車に表示が義務付けられた新しい燃費測定方法で、冷えたエンジン状態から最高時速80キロ/hでの測定値となり、従来より厳しい基準での燃費測定です。
10・15モードとは従来のカタログ燃費表記法で、エンジンが既に温まった状態からの減加速且つ最高時速70キロ/hで測定されていました。

この車の維持費モデル例→ ★より詳細に年間車両維持費を計算する
4.マツダ スクラムワゴンの維持費
排気量657~658cc
車両重量840~1,010kg
1.ガソリン代 ※192,754円
2.自動車税 ※210,800円
3.自動車重量税 ※36,600円
4.自賠責保険25,070円
5.任意保険 ※465,870円
6.駐車場代(東京都渋谷区平均相場44,832円/月 ※5)537,984円
7.消耗品(オイル交換1回+フィルター等+工賃 ※6)20,000円
8.車検費用(継続車検基本料金の年割価格 ※7)8,735円
9.年間想定維持費(1~8合計)767,813円(年)
10.月割り想定維持費(9÷12か月)63,984円(月)

※1 年間1万km走行、1L=128円、最低燃費で想定(ディーゼル車は除く)
※2 最高排気量モデルで計算
※3 日整連の算定ツールを使用したのち年割算出
※4 車両保険あり、8等級、ブルー免許、26歳以上
※5 引用元:駐車場ネット
※6 ディーラー価格による想定見積り
※7 引用元:楽天車検

マツダ スクラムワゴンの車両概要

第1世代 マツダ スクラムワゴン車両概要(1999年~2005年)

初代スクラムワゴンは、1999年にスズキ エブリイワゴンのOEMを受ける形で誕生しました。軽自動車の規格変更に対応し、ボディを大型化したことに加え、先代のフルキャブオーバースタイルを捨て去り、前輪をキャビン前方に配置するセミキャブオーバースタイルに一新したことが特徴です。これにより、乗降性や居住性とともに安全性が大幅に向上し、ラゲージスペースの拡大により実用性や使い勝手もよくなっています。

搭載されるエンジンは、60馬力を発生する657cc3気筒SOHCのインタークーラー付ターボチャージャーであり、床下にミドシップマウントされています。駆動方式は、前輪駆動と4輪駆動となり、組み合わされるトランスミッションは、5MTか3ATとなります。

2001年には、発売当初のSOHCターボエンジン(64ps、10.4kgm)に替わり、高性能かつ低燃費のオールアルミ製DOHCエンジンを搭載したことにより、トルクは0.4kgm向上しました。さらに、当初はターボエンジンのみであったのに加え、NAエンジンが加わったのもトピックです。

第2世代 マツダ スクラムワゴン車両概要(2005年~2015年)

2005年には、ベースとなるスズキ エブリイワゴンのフルモデルチェンジに伴い、スクラムワゴンも第2世代へと移行します。ボディスタイルは、先代と同じセミキャブオーバーを継続し、インパネシフトの採用で前席左右ウォークスルーが可能になりました。

他にも、助手席を前倒したり、150mmのリアシートスライド機構を備えるなど、多彩なシートアレンジが特徴です。「PZターボ」グレードは、左側後席パワースライドドア、「PZターボ スペシャルパッケージ」は、両側後席パワースライドドアを備えており、完全に上位クラスのミニバンにも引けを取らない装備の内容となっています。

搭載されるエンジンは、K6A型オールアルミ製直列3気筒660cc DOHC(49馬力)と同ターボ(64馬力)の2ユニットとなり、組み合わされるトランスミッションは、5MT、3AT、4ATとなります。

第3世代 マツダ スクラムワゴン車両概要(2015年~)

2015年には、ベースとなるスズキのエブリイワゴンのフルモデルチェンジに伴い、スクラムワゴンも第3世代へと移行します。「荷室の拡大」、「優れた燃費性能」、「使い勝手の向上」の3つのポイントで開発された新型は、アウトドアレジャーで役立つカスタマイズも可能なモデルに仕上がりました。

ボディサイズは、標準ルーフが全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1815mm、で全高を95mm高めたハイルーフもラインナップします。従来のセミキャブオーバースタイルを踏襲するものの、先代よりも30mm長い2,430mmのホイールベースを実現したほか、ピラーの角度を立てることで、より四角いボディ形状となり、先代モデルを上回る広い車内空間を確保しました。この結果、室内長2,240mm、室内幅1,355mm、室内高1,240mmの空間を実現し、前席に加え、後席にも180mmのスライド調整機構を備え、前後席間距離は従来モデルより100mm長い1,080mmとなりました。

搭載されるエンジンは、先代モデルまで長らく使用されていた「K6A」型を廃止し、代わりにより軽量かつ高効率な「R06A」型の0.66リッター直3 DOHCを採用しました。バンモデルには自然吸気(NA)とターボの両方を設定する一方で、ワゴンモデルにはターボのみとなります。組み合わされるトランスミッションは、4段ATのみとなります。

燃費性能を高めるために、エンジンを一新するほか、徹底的な軽量化を行いました。ボディの約33%(重量比)に高張力鋼板を採用し、内装や足まわりの変更をすることで、JC08モードでリッター14.6km~16.2kmという燃費を実現しました。

マツダ スクラムワゴンの継続車検を受ける場合

継続車検費用の相場と不具合・点検の注意点

マツダ スクラムワゴンで継続車検を受ける場合の相場、および、故障が多く見つかりやすい箇所などの車両点検上の注意点についてまとめておきます。

マツダ スクラムワゴンの車検相場価格(全国平均)

全国平均の車検費用
車検費用総額50,240円~
車検の費用内訳詳細
基本料金17,470 円
自賠責保険料25,070円
重量税6,600円
印紙代1,100円

※法定費用+整備費用
※軽乗用車区分での算出
※車検費用には地域差があります
※認定工場の場合は印紙費用数百円が上乗せされます
※引用元:車検予約コム

kocchi01a

マツダは、ポーターキャブのという軽トラックを作っており、その後継として1989年に誕生したのがスズキ エブリイのOEMとなる「スクラムバン」と「スクラムトラック」です。1991年に2代目へとモデルチェンジを実施し、ワゴンモデルが追加されたのはバンモデルから数えると3代目にあたる1999年のことでした。

では、「マツダ スクラムワゴン」を維持する上で注意すべきポイントについてご説明していきます。

マツダ スクラムワゴンの車検と維持・点検に関する注意点

スクラムワゴンは、スズキ エブリイワゴンのOEM車であるため、トラブルの症状が発生したら、エブリイワゴンの故障事例も参考にしながら修理の方向性を検討することが必要です。

まず、スクラムワゴンにおいて、サーモスタットの故障事例が非常に多く報告されています。これは、冬に暖房がきかない、エンジンのアイドリングが高い状態が続くなどの具体的な症状が出るため、水温計に注意していれば容易に発見が可能です。修理は新品部品との交換以外に方法はありませんが、エンジンがオーバークール状態になると、徐々にエンジン内部にダメージを与えることになります。仮に雪山等でサーモスタットが故障した場合、走行すると前方からの冷たい空気によってラジエターが冷やされて水温が低下し、暖房がきかなくなるため、応急処置としてはフロントグリルを部分的にガムテープなどでふさぐことが考えられます。こうして、ラジエターにあたる空気を減らすことで、水温を上昇させることができますが、あくまで一時的な処置であり、早めの修理が必要です。

また、O2センサーの故障もスクラムワゴンの弱点と呼ばれており、エンジン警告灯が転倒した場合、ほとんど場合はO2センサーが原因になります。故障診断機にかければ、エラーメッセージも残るため、原因の特定は難しくありません。症状としては、アイドリングが不安定になるほか、燃費の悪化が顕著になります。スクラムワゴンには上流と下流の2本のO2センサーがあるため、どちらかのセンサーを新品に交換することが必要になります。

なお、エンジンの警告灯については、ダイレクトイグニッションの不具合の可能性も考えられます。O2センサーの異常程度であれば、走行不能に陥るほど急激なパワーダウンはありませんが、ダイレクトイグニッションが故障すると、1気筒死んだ状態になるため、エンジンの振動が大きくなり、走行不能に近いくらいパワーダウンします。いずれにしても、故障診断機のエラーメッセージを確認すれば原因を特定できるため、無駄に部品を発注するまえに、ディーラーなどでの故障診断がおすすめです。

スクラムワゴンでは、エブリイワゴンと同じようにタービンブローの故障事例が報告されています。タービンが故障する原因の多くは、オイル管理の問題です。特に軽自動車のターボエンジンは、小さい排気量のエンジンからパワーを絞り出すために、余裕がない設計になっています。オイルの状態が悪くなると、最悪の場合、タービンのブレードなどが破損してタービンがブローし、白煙や振動とともに走行不能に陥るため、重大事故を誘発しかねません。年々エンジンの性能は向上しており、エンジンオイルの交換頻度も長い設定がされています。一部の輸入車では、2万km毎の交換が指定されている場合もありますが、ターボ車の場合はまったく別の指標で管理することが重要です。自然吸気エンジンの半分程度の距離で交換することを前提に、見えやすい位置にステッカーを貼るなどの工夫が必要です。

マツダ スクラムワゴンを買取査定する場合

買取・下取り・査定の価格相場

マツダ スクラムワゴンの下取り買取査定相場
新車価格(※1)143.0~178.0万円
買取価格(※1)56.0~131.0万円
一括査定時の平均格差(※1)– 万円
業者間オークション予想買取価格(※2)62.0~153.0万円
ヤフオク!予想買取価格(※2)76.0~169.0万円

※1 引用元:カービュー
※2 引用元:価格コム、カーオクサポート

kocchi02a

マツダ スクラムワゴンの売却・乗り換えに関する注意点

マツダ スクラムワゴンは、いわゆる軽のワンボックスカテゴリーに位置している車であり、非常に人気が高いモデルです。ベースとなるスズキのエブリイワゴンにおいても、このカテゴリーではいち早く上級グレードに後席両側電動スライドドアを設定するなど、装備面で非常に充実したモデルになっています。

軽のスーパーハイトワゴンが全盛の時代であっても、この軽ワンボックスのカテゴリーの人気は衰えません。やはり、商用車ベースの軽ワゴンは、圧倒的な荷室の空間が最大の売りであり、この1台で家族のファーストカーになるポテンシャルを持っています。

中古車相場においても、年式が古かったり、走行距離が増えていっても、他の乗用モデルの軽と比べても著しく値落ち率が低くなります。通常の軽自動車が10年や10万kmを超えるとほとんど市場価値がつかないのに対し、何十万円もの相場で取引さえることも珍しくありません。したがって、売却にあたっては、十分高値を引き出すことができるため、必ず複数社に査定を依頼し、最高値のお店に売却することが重要です。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

マツダ メーカー別相場情報 国産車
YoshidaMikeをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較