【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

マツダ MPV(MATSUDA MPV)の評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?

マツダ
この記事は約12分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。
この記事を書いた人
YoshidaMike

実家の家業を助け自動車整備士活動しながら、大手出版社にて車関連記事を執筆。整備士としての経験は約20年。約500車種以上に乗った経験から、インプレ記事を得意としております。

YoshidaMikeをフォローする

車検費用、買取査定相場、燃費、維持費

マツダ MPVは、マルチ・パーパス・ビークルの略として、1988年に北米用の輸出モデルとして誕生しました。その後1990年には国内でも販売が開始され、国産ミニバンのはしりともなった車です。

RV的な要素の強かった初代に変わり、2代目からはミニバン色を強めていき、スライドドアやシートアレンジなどの必要な機能をブラッシュアップさせていきます。

今回は、単なるミニバンとは違う、マツダが「スポーツカーの発想でいく次世代ピープルムーバー」と名付けた「マツダ MPV」のコンセプトやその特徴、「車検及び維持に関する注意点」、または「売却時の買取相場に関する情報」に関してご説明していきます。

「車検の継続」と「車の乗り換え」で迷った時は…
まずは愛車の下取り査定相場を無料査定で調査しましょう。その後に車検相場を調査し、天秤にかけた上で、金銭的に有利な方を選ぶことをお勧めいたします。納得のいく判断をするために、査定と車検それぞれの価格は同時に調べることが重要です。
1.マツダ MPVの車検相場
継続車検の相場(※1)79,040円~

※1 引用元:車検予約コム

マツダ系列ディーラーの車検費用は高い?安くする方法は?
マツダ車に乗っている方で車検を受けようと考えている場合、依頼先の候補筆頭にまず上がるのは購入した店舗か、近所のマツダディーラーだと思います。 けれどディーラーの車検には、どうしても高くなるというイメージが否めません。 そのせいで、ディー...
2.マツダ MPVの下取り買取査定相場
新車価格(※2)238.0~360.0万円
買取価格(※2)48.0~182.0万円
一括査定時の平均格差(※2)– 万円
業者間オークション予想買取価格(※3)53.0~204.0万円
ヤフオク!予想買取価格(※3)65.0~219.0万円

※2 引用元:カービュー、autec-one.jp
※3 引用元:価格コム、カーオクサポート、autec-one.jp

3.マツダ MPVの燃費
カタログ上の燃費/ℓ(※1)10.0~11.0 km/L
カタログ上の燃費/ℓ(※2)5.8~12.2 km/L

※1 引用元:カーセンサー(JC08モード)
※2 引用元:カーセンサー(10・15モード)

燃費測定におけるJC08モード/10・15モードとは?

JC08モードとは、2009年10月1日以降に発表された新型車に表示が義務付けられた新しい燃費測定方法で、冷えたエンジン状態から最高時速80キロ/hでの測定値となり、従来より厳しい基準での燃費測定です。
10・15モードとは従来のカタログ燃費表記法で、エンジンが既に温まった状態からの減加速且つ最高時速70キロ/hで測定されていました。

この車の維持費モデル例→ ★より詳細に年間車両維持費を計算する
4.マツダ MPVの維持費
排気量1,991~2,967cc
車両重量1,720~1,950kg
1.ガソリン代 ※1128,000円
2.自動車税 ※251,000円
3.自動車重量税 ※316,400円
4.自賠責保険25,830円
5.任意保険 ※497,817円
6.駐車場代(東京都渋谷区平均相場44,832円/月 ※5)537,984円
7.消耗品(オイル交換1回+フィルター等+工賃 ※6)20,000円
8.車検費用(継続車検基本料金の年割価格 ※7)9,655円
9.年間想定維持費(1~8合計)886,686円(年)
10.月割り想定維持費(9÷12か月)73,891円(月)

※1 年間1万km走行、1L=128円、最低燃費で想定(ディーゼル車は除く)
※2 最高排気量モデルで計算
※3 日整連の算定ツールを使用したのち年割算出
※4 車両保険あり、8等級、ブルー免許、26歳以上
※5 引用元:駐車場ネット
※6 ディーラー価格による想定見積り
※7 引用元:楽天車検

マツダ MPVの車両概要

第1世代マツダ MPV(LV系)車両概要(1988年~1999年)

初代MPVは、「Multi Purpose Vehicle(多目的乗用車)」の頭文字をそのまま取るという大胆なネーミングで1988年に北米向け専用車として発表されました。

この時代にしては、全長4,660mm、全幅1,825mm、全高1,815mmという立派なワイドボディも、北米主導で作られたと考えれば納得することができます。日本にいわゆる5ナンバーサイズミニバンが登場する前の時代であり、ボンネットを持つミニバンスタイルを確立したという点では、画期的なスタイルの車といえます。

プラットフォームはルーチェ用のマツダ・LVプラットフォームをベースしており、駆動方式はFR、トランスミッションもコラム式4速オートマチックのみという設定でした。搭載されるエンジンは、2WDが2.5リッターガソリン、2.5リッターディーゼルターボ、3リッターV6ガソリンを用意し、4WDは2.5リッターディーゼルターボのみとなっています。乗車定員としては、8人乗りモデルの他、2列目シートをベンチ式からセパレート式に変更し、7人乗りとしたモデルも存在します。

第2世代 マツダ MPV(LW系)車両概要(1999年~2006年)

2代目のMPVは、先代のメカニズムの踏襲ではなく、完全にデザインも一新して1999年に登場しました。従来よりも全長を157mm延長することと、後輪駆動から前輪駆動に駆動方式を変更することで、7名の乗車空間を拡大し、大容量のラゲッジスペースが確保できるようになりました。

シートアレンジについても多くの工夫があり、「KARAKURI」と名づけられた機構によって、3列目シートが取り外しの必要なく床下に格納されたり、座ったままでセカンドシートが左右にスライドする仕組みも備えています。この頃から、マツダはファミリア、プレマシーと共通するデザインテーマを採用しており、スライドドアにパワーウィンドウ機構を内蔵するなど、完全にミニバンとして完成の域に達しました。

搭載されるエンジンは、1,991ccの直列4気筒(135馬力)と、2,494ccのV型6気筒(170馬力)の2種類であり、組み合わせるトランスミッションは、電子制御4段オートマチックとなります。

発売の翌年2000年には、4WDモデルが追加されています。4WDシステムは、電磁ロック機構付きロータリーブレードカップリング式と呼ばれるもので、基本的に前輪駆動ベースとなります。前輪がスリップして前後輪に回転差が生じた場合に、リアデフ内のロータリーブレードカップリングが、後輪にも自動的に駆動力を配分するという仕組みですが、ロック機構も備えています。インパネのスイッチ操作によって、電磁ロック機構を作動させることにより、駆動力配分を前輪50:後輪50の直結4WDに固定できるというものであり、雪道やぬかるみなどからの脱出にも使用することができます。

2002年には、マイナーチェンジを実施してパワートレインを一新しました。これまでの2リッター直4を2.3リッターに、2.5リッターV6を3リッターに排気量アップすることで、走行性能の向上を狙っています。

2.3リッター直4「MZR」エンジン(最高出力163ps、最大トルク21.2kgm)は、フォードとマツダが共同開発したものであり、アテンザなどにも搭載され、フォードグループにおいてもミドルサイズの基幹エンジンとなります。

一方の3リッターV6「MZI」エンジン(最高出力197ps、最大トルク27.2kgm)は、「フォード エスケープ」に搭載されるものと同じであり、マツダ初採用の新型電子制御5段ATと組み合わされます。

第3世代 マツダ MPV(LY系)車両概要(2006年~2016年)

3代目のMPVは、よりスポーティになって2006年にフルモデルチェンジを果たしました。ボディサイズは、全長4,860mm×全幅1,850mm×全高1,685mmとなり、先代よりも一回り大きくなっています。ホイールベースについても、110mm延長されて2,950mmまで拡大され、大幅に居住スペースが広がっています。

全高が先代よりも低くなるのと合わせ、低床化と785mm開口する両側スライドドアによって、乗降性が大きく向上しています。MPVが得意とする2列目シートは左右スライドに加えて、330mmの前後スライド機構も備え、オットマンや座面角度調整機構、スイング機構付き大型ヘッドレストなどのオプション設定もラインアップしています。

搭載されるエンジンは、2.3リッターNAエンジンに関しては、先代から変更はなく、フォード・グループのグローバルエンジンMZR型(最高出力163ps、最大トルク21.4kgm)となっています。一方で、先代の3リッターV6「MZI」エンジンを廃止し、2.3リッター「MZR DISIターボ」ユニット(最高出力245ps、最大トルク35.7kgm)を新たに設定しました。

組み合わされるトランスミッションは、ターボと4WDにはアクティブマチック付き6段AT、NA仕様には4段ATとなります。サスペンションは、前がマクファーソンストラット式、後がマルチリンク式とし、ターボモデルには大径17インチベンチレーテッドディスクブレーキが装備されています。

なお、2008年のマイナーチェンジにおいては、内外装の意匠変更がなされるだけではなく、2列目のスーパーリラックスシートの前後スライド量が拡大し、後方に80mm長くスライドできるようになりました。ほかにも、これまで4ATであったNA仕様のトランスミッションが1段増えて5ATになり、加速性能や燃費性能も向上しています。

マツダ MPVの継続車検を受ける場合

継続車検費用の相場と不具合・点検の注意点

マツダ MPVで継続車検を受ける場合の相場、および、故障が多く見つかりやすい箇所などの車両点検上の注意点についてまとめておきます。

マツダ MPVの車検相場価格(全国平均)

全国平均の車検費用
車検費用総額79,040円~
車検の費用内訳詳細
基本料金19,310 円
自賠責保険料25,830円
重量税32,800円
印紙代1,100円

※法定費用+整備費用
※大型乗用車区分での算出
※車検費用には地域差があります
※認定工場の場合は印紙費用数百円が上乗せされます
※引用元:車検予約コム

kocchi01a

マツダは、ブランド戦略として、個性的なデザイン、優れたハンドリング性能、抜群の機能性という3つのキーワードを掲げており、MPVというミニバンにおいてもそれを具現化する数少ないメーカーです。

3代目では、245馬力を発生するターボエンジンを搭載するなど、他メーカーのミニバンとは走行性能で大きな優位性を持っています。

では、「マツダ MPV」を維持する上で注意すべきポイントについてご説明していきます。

マツダ MPVの車検と維持・点検に関する注意点

MPVに関しては、スライドドアの不具合についても報告されています。スライドドアは、モーターやワイヤーなどで構成されている部分であり、グリスアップなどの定期的なメンテナンスも重要なパーツです。具体的な故障事例としては、機械的なワイヤーの伸びやローラー部品の破損によるものから、ドアユニットの電子的なものの故障まで様々です。ドアが閉まらなくなった場合、走行不能になるため、少しでも調子が悪いと感じたら無理に開け閉めせずにディーラーと相談することがおすすめです。

ほかにも、経年劣化によってフロントブレーキの固着と引きずりの不具合報告がされています。しかも、片側のブレーキだけで固着すると、左右のタイヤに駆動差が発生してデフが効いてしまうので、特に低速走行時にフロント駆動部付近に違和感を感じるようになります。

修理の方向としては、ブレーキキャリパーとブレーキディスクを新品に交換するというのが最も安全ですが、費用は高額になります。費用を抑えるには、ブレーキオーバーホールという方法もあります。これは、ゴム製のシール部品などの消耗品は交換し、基本的なユニットを分解清掃するというものです。なお、ブレーキローターに関しては、研磨で修理できる場合とできない場合があるため、修理工場とも相談して安全第一で方向性を決めることが必要です。

また、車速パルスジェネレーターの交換事例も報告されています。症状としては、HOLDという警告灯が点滅し3速固定になるというものです。これは、車の車速信号のパルス数を変換する装置である車速パルスジェネレーターの故障が原因であるため、早めの対応が必要になります。

マツダ MPVを買取査定する場合

買取・下取り・査定の価格相場

マツダ MPVの下取り買取査定相場
新車価格(※1)205.0~275.0万円
買取価格(※1)38.0~147.0万円
一括査定時の平均格差(※1)– 万円
業者間オークション予想買取価格(※2)42.0~169.0万円
ヤフオク!予想買取価格(※2)51.0~185.0万円

※1 引用元:カービュー
※2 引用元:価格コム、カーオクサポート

kocchi02a

マツダ MPVの売却・乗り換えに関する注意点

3代目MPVの売却に関しては、NAエンジンよりもターボエンジンの方が相場が高くなります。排気量はそのままで、より多くのパワーを得られることがターボのメリットです。従来のターボエンジンは、燃費が極端に悪化する傾向が強かったため、日本国内では軽自動車を除いてほぼ消滅していまった過去があります。

しかしながら、ダウンサイジング過給の登場により、エンジンの排気量を小さくして、ターボやスーパーチャージャーを組み合わせることで、逆に燃費をよくすることができるようになったのです。

MPVに関しても、同じ自動車税を払うならば、よりパワフルなターボエンジンの方が人気が高くなるため、オイル交換をまめに行ってエンジンのコンディションを保つことが重要です。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

マツダ メーカー別相場情報 国産車
YoshidaMikeをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較