【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

【車検対策】車高調とローダウンの基準と対象外パーツ、その測り方、調整方法について

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識
この記事は約7分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

車をローダウンすることは、ホイールの交換やマフラー交換などと並んで、カスタマイズの第一歩であり、非常に人気のある改造手法です。

しかし、「車高を下げたいけれど車検が心配」「車高を下げるうえで何を注意すれば良いか」など、必ず訪れる車検に関して不安や疑問を持っている方も少なくないでしょう。

そこで、今回の記事では、知っているようで知らない車検と車高の関係について、詳しく解説して行きたいと思います。

この記事を書いた人
KumagaiShohei

車検のプロ。長年、中古車販売会社にて保証の判定や、提携工場様との折衝、技術相談に携わる。国産車ディーラーの整備士として社会人デビューし、国産車ディーラー退職後も自動車関連の会社に勤務中。

KumagaiShoheiをフォローする

最低地上高についての知識を正しくつける

車高を英語に訳すと「ロードクリアランス」、レース業界などでは「ライドハイト」などとも呼ばれ、車の見た目はもちろん、走行性能にも大きな影響を与えます。

レーシングカーなどの車高が地面を這うほど低くなっているのは、簡単に言うと車の重心を下げ、コーナリング性能を向上させるためです。

しかし、同じレーシングカーでも、ラリーなどに使用される車両の車高はそれほど低いわけではなく、公道を走る車と大差のない高さに設定されます。

つまり、極端に車高の低いレーシングカーは、完全に封鎖され、決められたコース(サーキット)を走るため、極限まで車高を下げることができますが、不整路を走ることもあるラリーカーは、ある程度の高さが必要なのです。

車高を下げ過ぎると車検NG

前述のように、車高とは、その車がどのような使われ方をするのかによって、必要な高さが有り、さまざまな道を走行し、時には急な勾配がある駐車場などのスロープも上る必要がある一般車の場合は、ある程度の高さが無ければなりません。

そこで、日本の保安基準で定められているのが「最低地上高」と言われる項目です。

ご存知の方も多いと思いますが、最低地上高は「9cm」と定められ、車検の際にこの「最低地上高9cm」を確保できていない場合は、車検不合格となってしまいます。

最低地上高の測定方法

車検場や整備工場などで行われる車高の測定方法については、独立行政法人自動車技術総合機構が定める審査事務規程には、

  • 測定する自動車は、空車状態とする。
  • 測定する自動車のタイヤの空気圧は、規定された値とする。
  • 車高調整装置が装着されている自動車にあっては、標準(中立)の位置とする。
  • 測定する自動車を舗装された平面に置き、地上高を巻尺等を用いて測定する。
  • 測定値は、1cm 未満は切り捨て、cm 単位とする。

となっていますが、実際の現場において、巻尺で測定することは困難であり、時間もかかるため、通常は点検用ハンマーや、測定用の専用器具を、車の下に差し入れて測定します。

最低地上高に含まれない場所、車検NGとなりやすいはどこか?

一概に最低地上高と言っても、車の下層部分のすべてが測定基準に含まれているわけではありません。

ここからは、保安基準で定められている最低地上高に含まれるもと、含まれないものについてお話していきます。

最低地上高の測定基準に含まれないもの

足回り関連

まずは、最低地上高に含まれると勘違いされやすい箇所の代表的な部分が、ロアアームリヤアクスルなどの足回りに関するパーツです。

保安基準では、「タイヤと連動して上下するブレーキ・ドラムの下端、緩衝装置のうちのロアアーム等の下端」は含めないとなっていますので、車高を下げたことで、ロアアームが最低地上高9cmを下回ってしまっても問題ありません。

ただし、タイヤではなく、ボディと一緒に可動するクロスメンバーや、スタビライザーなどは、最低地上高に含まれますので、注意が必要です。

エアロパーツ類

エアロパーツやアンダーカバー、マッドガードも良く質問を受けるパーツですが、FRPなどの樹脂製である場合は、9cmではなく、5cm以上の高さが確保されていれば問題ありません。

ただし、フォグランプやウインカーなどの灯火類が埋め込まれているバンパーの場合は、ボディと同じ構造物となるため、最低地上高の測定範囲に含まれます。

最低地上高不足で車検NGとなることが多いパーツ

次に、実際に車検NGとなりやすいパーツについてご紹介していきます。

マフラー

もっとも車検でNGになりやすいと言っても良いかもしれないほど、マフラーが最低地上高9cmを下回ってしまい、不合格になることが多く見受けられます。

特に、社外マフラーに交換している場合は注意が必要で、純正マフラーに比べ、パイプの軽が太く、取り回しがストレートの物ほど、低い位置にくる傾向です。

マフラーに関して付け加えると、最低地上高に関係なく、どうしても外観からは見えない部分であるため、もっとも地面に擦りやすいパーツ。

軽く擦る程度であれば問題ありませんが、何度も擦ってしまったり、強く当ててしまったりすると、変形や損傷などの原因となり、排気漏れなどを起こしてしまいます。

足回りを交換して車高を下げた、または、マフラーを交換した場合には、必ず地面との距離を確認するようにしましょう。

リヤデフ

FRや4WD社に装着されているリヤデフは、車軸の中心に近い位置にあり、最低地上高を下回ってしまいやすいパーツの一つです。

ただし、AE86など、リヤがホーシング構造の場合は、タイヤと連動して可動するパーツになるため、最低地上高には含まれません。

メンバーの取付ボルト

上記のマフラーやリヤデフに関しては、意外と知られている項目であり、一般ユーザーの方でも気にしている方も多いと思いますが、意外と見落としがちなポイントとして、メンバーの取付けボルトがあります。

サスペンションの取付け部であるクロスメンバーや、エンジン、ミッション、デフなどが取り付けられているメンバー類は、車にとってはとても重要な構造物です。

そのため、メンバー類の取付けに用いられているボルト類は、径が大きく厚みがあるものがほとんどで、ボルトの頭だけで、2cm程度の厚みがあるものもあり、ボルトが最低地上高9cmを下回うのは意外と少なくありません。

ローダウンする際に注意したいポイント

車検において、どういった点が最低地上高として測定されるかが分かったところで、ここからは、車高を落とす(ローダウン)方法についてお話します。

ローダウンサス(スプリング)を使用する

最も安く車高を落とすことができる方法は、ローダウンサス(スプリング)に交換することです。

安い物であれば1万円~2万円と比較的安価で購入することができ、交換工賃も数万円程度とお手頃。

各メーカーとも、装着した際のダウン量について表記しており、希望のダウン量になる商品を選ぶことも可能です。

注意点としては、各メーカーが表記しているダウン量はあくまでも目安でしかないため、あまり大幅にダウンさせてしまうと、9cmを下回ってしまうことも。

また、有名メーカーの商品であれば、かなり高品質な商品も出ていますが、やはり純正スプリングと比較すると、耐久性などは劣ってしまうものがあり、時間の経過と共に、車高が下がってくる可能性があります。

そのため、装着直後は最低地上高9cmを確保できていても、数年後には9cmを下回ってしまうこともあるため、装着してから時間が経過している場合はちゅういが必要です。

車高調を使用する

ローダウンサス(スプリング)に比べて部品代は高価になりますが、車高調を使用することで、好みの車高に調整できることや、マフラー交換で不足してしまう最低地上高を確保することもできます。

20年前では15万円以上するのが常識でしたが、近年では10万円を切る商品も多くでまわるようになり、それほど走りに拘らないユーザーの方でも、車高調を取り付けている方が多くなりました。

これから初めてローダウンに挑戦するという方は、多少出費が多くとも、車高調の装着をオススメします。

ただし、車高調であれば必ず車検に合格できるわけではなく、やはり、純正に比べれば、経年変化による漏れや、スプリングの遊びが出る場合もあり、数年でオーバーホールや交換が必要になる可能性があることは忘れてはいけません。

エアサスコントローラーを使用する

純正でエアーサスペンションを装着している車両の場合は、エアサスコントローラーを使うことで、簡単に車高を下げることができます。

注意点としては、走行中に車高を変えられるようにしていると、車検で不合格になる可能性があるため、運転席から離れた個所にコントローラーを取り付けるようにしましょう。

また、中には全開まで車高を下げることができる商品もありますが、純正足回りのままで、あまり車高を下げ過ぎると、ショックアブソーバーのオイル漏れや、エアスプリングの損傷に繋がるため、過度なローダウンはオススメできません。

ちなみに、純正でバネ式のサスペンションの車を、エアーサスペンションにした場合は、別途構造変更が必要になります。

まとめ – 車高調に不安がある場合は整備工場へ

記事内でも触れているように、車検をパスするためには、最低地上高を9cm以上確保していなくてはなりません。

しかし、エアロパーツなど、パーツによっては9cmを下回っていても問題の無いパーツが有り、また、なかなか一般の方が、下回りの高さを確認するのは少々難易度が高いかもしれません。

いざ、車検当日になって、最低地上高が足りないとなると、その場で改善ずるのはほぼ不可能であり、あまり低すぎる車高は、車を傷める原因にもなります。

もしも、自分の車の車高が不安な場合は、事前に整備工場などで確認してもらうようにしましょう。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識 こんなときどうする?車検Q&A
KumagaiShoheiをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較
タイトルとURLをコピーしました