【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

【前倒し支払い】車検を45日(40日)前から出すと得するという噂は本当か?

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識
この記事は約8分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

「車検に出せるのは1か月前から」という大まかな原則ルールを皆さんご存知かと思いますが、車検を実施している整備工場やガソリンスタンドなどの店頭、または、インターネットなどで、「車検は45日前(40日前)から受けられる」という文字を見たことがあると思います。

できるだけ前倒しで車検に申し込めば、その分料金が安くなるという話もネットなどでは時々聞こえてきますが、それは本当なのでしょうか?
そもそも正確なところ、車検の前倒し申込みは何日前から行うことができるのでしょう。

この記事では、車検を1か月以上前に受けるにはどうすれば良いか、また、一カ月以上前に受ける場合、どのようなメリットがあるのかについてお話していきたいと思います。

この記事を書いた人
KumagaiShohei

車検のプロ。長年、中古車販売会社にて保証の判定や、提携工場様との折衝、技術相談に携わる。国産車ディーラーの整備士として社会人デビューし、国産車ディーラー退職後も自動車関連の会社に勤務中。

KumagaiShoheiをフォローする

車検を受けることができるのは30日前から

多くの方がご存知のように、一般的に車検に出せるのは、車検証に記載された有効期限の1か月前からとなります。

日本で車を使用するためには、道路運送車両法第66条の定めにより、有効な車検証を車に備え付けていなくてはなりません。

車検証には有効期限があり、いわゆる車検とは、車検証の有効期限を継続する手続きのことなのです。

そして、継続する猶予期間を満了日前1か月とし、その期間内に手続きを行うことで、自家用乗用車であれば2年後、自家用貨物車の場合は1年後の日付のまま更新することができます。

車検を受ける時期と業者に予約するタイミング
初めて車を購入し、ふと気が付くと迫る初車検の期限…。実際に車検を受ける為にどうしたら良いのか難しいところですよね、ここでは一般的な車検依頼業者に車検をお願いする場合の適切な予約時期について解説していきます。 いつから車検を受けられるのか ...
車検に必要な書類:「車検証(自動車検査証)」
車検の際必要な書類であり、車にとって最も大切な車検証ですが、知っているようで実際はよくわからない方も多いのではないでしょうか?そんな車検証の見かたや、詳細情報について解説説明していきます。  車検証(自動車検査証)とは ...

万が一車検証の有効期限が切れてしまったら?

車検を受けず、万が一車検証の有効期限を切らしてしまった場合、有効な車検証を備え付けていないということになり、法律違反となってしまいます。

いわゆる「車検切れ」と呼ばれる状態のまま公道を走行した場合、

  • 6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金
  • 違反点数6点(前歴がない場合)
  • 30日間の免許停止

といった厳しい罰則を受けてしまう恐れもあるため、車検切れにならないように注意しなければなりません。

車検切れ運転の罰則と車検切れ車両処理(中古売却・再度車検・廃車)
警察による交通検問などでみられるお決まりのセリフ「運転手さん、車検証見せてください」は何ら後ろめたくなくても何となく嫌なものです。 車検証は車両に紐づいたあらゆる情報が一瞥できる、いわば車に関する最重要の公文書であるとも言えます。 ...

車検切れで車検を受ける方法

もしも、車検が切れていることに気が付いてしまった場合、当然できるだけ早急に車検に出さねばなりませんが、車検が切れている状態のままだと公道を自走して車検工場に行くことはできません。

その場合は、仮ナンバーを取得し、一時的に公道を走行できるようにするか、積載車などで引き取ってもらう必要があります。

車検切れの車を車検に出す方法について、詳しくはこちらのページをご覧ください。

車検切れ運転の罰則と車検切れ車両処理(中古売却・再度車検・廃車)
警察による交通検問などでみられるお決まりのセリフ「運転手さん、車検証見せてください」は何ら後ろめたくなくても何となく嫌なものです。 車検証は車両に紐づいたあらゆる情報が一瞥できる、いわば車に関する最重要の公文書であるとも言えます。 ...
車検切れ時の「仮ナンバー」って何?
「車検期日が迫っているとはわかっていても、仕事が忙しくついうっかり車検が切れてしまった。」 「普段あまり車を使わないため、気が付いて時には車検が切れていた。」 など、必ず訪れることが分かっていてもついつい車検を切らせてしまうとい...

1カ月以上前に車検を受けた場合はどうなるの?

車検の継続期間は満了日の1か月前からですが、1か月以上前に継続手続きを行った場合は、次回の車検満了日が更新した日の前日になってしまいます。

分かりやすく、平成29年11月10日に車検満了日を迎える自家用乗用車を例に、下記表をご覧ください。

例1の場合は、満了日のちょうど1か月前に継続手続きをしたため、次回の満了日か変わりません。

一方、例2の場合では、満了日の1か月以上前に継続手続きをしてしまったため、次回の満了日が1か月以上短くなってしまうのです

法律的には、車検はいつでも受けることが可能で、極端に言えば、車検を受けた翌日であっても車検を新たに受けることができます。

つまり、「車検は満了日の1か月前から受けられる」というよりも、「満了日の1か月前からであれば、満了日が変わることが無い」というのが正確な表現になるのです。

45日(40日)前でも車検が可能?

上記では車検は1か月以上前に継続の手続きをすると車検期間が短くなるとお話しましたが、ある条件を満たすと、45日または40日前に車検を受けることができます。

その条件とは、車検を指定工場に出すことです。

車検をお願いする予定の工場が指定工場か否かについては、工場に直接確認するか、工場に掲げられている青い看板を目印にしてください。

ここからは、なぜ指定工場であれば1か月以上前に車検を受けることができるのかについて解説していきます。

車検の整備工場、「指定工場」と「認証工場」の違いはなんですか?
指定工場と認定工場の違いはなんですか? 皆さんが車検の依頼先を探しているとき、「当工場は国から指定を受けた指定工場です。」または「当社の工場は国の認証を受けているため安心」などといった宣伝文句を目にしたことがあると思います。 どちら...

指定工場はなぜ1か月以上前に車検を出せるのか?

指定工場では、なぜ1か月以上前に車検に出すことができるのかと言うことになりますが、指定工場では、完成検査を行い合格と判断すると、保安基準適合証を発行します。

この保安基準適合証は、発効から2週間の有効期限があり、指定工場では、その有効期限の間に陸運事務所(軽自動車は検査協会)へ申請を行い、新しい車検証を発行。

その後、郵送などでユーザーに車検証と、車検ステッカー(検査標章)を送ります。

そのため、車検の有効期限よりも45日前に車検を願いした場合でも、工場が申請を日が1か月前であれば、新たな有効期限の日にちを短くすること無く車検を受けることが可能なのです。

ただし、45日前に受ける場合、工場が申請に行く日がピンポイントになってしまうため、事前に可能か確認する必要があります。

保安基準適合証とは?

フロントガラスに貼られた保安基準適合証

保安基準適合証とは、指定工場の検査員が、完成検査の結果、その車が保安基準に合格していると判断した場合に発行する公文書で、この保安基準適合証を発行すると同時に、保安基準適合標章の発行も行います。

保安基準適合標章は、車のフロントガラスの見やすい場所に掲示することで、公道を走るために携行しなければならない車検証と同じ効力を持つものです。

通常、車検が終了し納車されるタイミングで、担当のサービスフロントか整備士から保安基準適合標章と、後日郵送される新しい車検証と車検ステッカー(検査標章)について説明されます。

現在の保安基準適合標章は小型化され、もともと車検ステッカー(検査標章)が貼られていたフロントガラス上部に貼った状態で納車されますのでそれほど心配いりませんが、公道を走行するために欠かせない大切な書類ですので、無くしたり破損したりしないように注意しましょう。

45日(40日)前に車検を受けるメリットは?

指定工場であれば1か月以上前から車検に出すことができることはお分かりいただけたと思いますが、私たちユーザーにとって、車検に早く出すメリットどのようなものがあるのでしょうか。

ここからは、1か月以上前に車検を依頼するメリットをご紹介していきましょう。

より多くの割引が適用されやすい

ディーラーを含め、車検を受けてくれる整備工場では、早く予約することでより多くの割引される「早期割引」を用意しています。

早期割引は、場合によっては3,000円もの割引が適用されることがあり、お得に車検を受けるためには、是非とも利用したいところですが、工場側にとっても、他社に行かれてしまう前に、早く顧客を囲い込むことができる割引サービスです。

しかし、1か月先ならまだしも、3か月以上先の予定は分からず、早く予約したくともできないという方が大半でしょう。

そこで、多くの工場では、ざっくりとした期間で予約できる「仮予約」を行っており、車検の日が近くなったら本予約に切り替えられるサービスを行っています。

車検の1か月以上前(30日)ではなく、45日前までを候補にすることで、グッと車検の予約がしやすくなり、お得な割引を受けやすくなるのです。
これがネットなどで、あまり事情を知らない方が「たぶん車検は45日前からできる」とざっくり主張している噂の根拠となっているのは、まず間違いないでしょう。

誰もが気になる車検費用を割引してもらう方法とは?
どんな買い物でも、出費を抑えたいのが人の常というもの。それが一度に数万円から、時には20万円近くかかる車検であれば尚更です。 例え10万円かかる車検で、1万円しか値引いてもらえなかったとしても、その1万円があれば家族で外食に行く費用に...

費用に納得できない場合は工場変更が可能

車検の目的は、定期的に検査を受けることで、国が定めた最低限の安全基準に適合しているかを確認するための制度です。

しかし、税金や点検料、さらに整備代と、経済的な負担は決して小さくありませんので、車の安全は確保しながら、できるだけ安く車検を済ませたいものです。

ディーラーや車検専門店、ガソリンスタンドなど、街中には車検をお願いできる店舗がいくつもありますが、依頼する工場によって料金に違いがあり、いざ車検に出してみたら思っていた以上に高額だった、などということもあるでしょう。

内容によっては工場としっかり打ち合わせをしたり、複数業者から車検相見積もりを取ることで、費用を抑えることもできますが、どうしても安くならない場合もあります。

その場合、違う工場に出し直すというのも有効な手段ですが、車検切れ間近のタイミングで工場を変更することはかなり困難であり、下手をすれば余計に高くなってしまう可能性もあるのです。

そこで、万が一納得がいかない見積もりが出てしまっても、余裕を持って工場の変更ができるようにするため、できるだけ早い時期に車検を受けるようにしましょう。

どれだけ得?複数の業者から相見積を取る
これは車検に限ったことではなく、様々な場面において言えることですが、相見積を取ることが購入や支払いに大きな影響を与えることがあります。 複数の店舗を回るため手間や時間がかかりますが、それでも相応の見返りが見込めるのが相見積のいいところ...

まとめ – 指定工場で45日早期割引があるなら積極利用するべき

車検とは、車検証の有効期限を継続する手続きですが、新車から3年目や5年目で走行距離が少ない車は、多くの場合1日で車検を終えることができるでしょう。

1日車検…そのスピードの秘密と「ニューサービス車検」との関係は?
ひと昔前、車検は数日から1週間かかるのが普通でした。 ところが最近は1日車検が当り前になりつつあり、今や最もベーシックな車検と言えるまでになっています。 これから車検を向かえるという方の多くも、1日車検で行うことを基本に考えてい...

しかし、最低限の安全基準である保安基準が定められている以上、確実に早く終わるという保障は有りません。

そのため、車検証の有効期限の30日前という期間が長いようで、意外と短いと感じることもあるものです。

上記でもお話したように、お得に納得して車検を受けるためには、工場の選定はもちろん、できるだけ余裕を持ったスケジュール調整が不可欠。

もしも、これから受ける車検を指定工場で受けようかとお考えの場合は、工場に確認した上で、早めに受けることをオススメします。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識こんなときどうする?車検Q&A
KumagaiShoheiをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較
タイトルとURLをコピーしました