【今がシーズン】クルマの買取価格が高い時期は今!【高く売るには即行動】

【都道府県別】運転中の携帯電話やスマホ、ハンズフリーイヤホンを使えば捕まらない?ヘッドホンは?

交通違反の疑問
この記事は約9分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

運転しながら携帯電話やスマホを使用していることが原因の交通事故が増え続けた結果、改正道路交通法によって、平成11年から携帯電話を使いながら運転しているドライバーに対する罰則が強化されました。

更に2019年12月1日には更に道路交通法が改正されて「ながらスマホ」に関する厳罰化がより厳しく実施されるようになりました。運転中のスマホやカーナビ操作を原因とする交通事故が増加傾向にあるからです。

既にニュースなどで携帯電話やスマホを使った「ながら運転」に罰則が伴うことは多くのドライバーが認識をしているかと思いますが、ブルートゥースなどで携帯電話や車とペアリングして使えるハンズフリーイヤホンを使えば、全く問題なくながら運転をしてもよいのでしょうか?
また、ヘッドホンで音楽を聞きながらの運転はどうなのでしょうか?

また、携帯電話やスマホにメールやLINEなどのショートメッセージが入ってきた場合、画面を操作しさえしなければ、手に取ってメッセージ内容を読んでも問題はないのでしょうか?

今回は改正道路交通法に基づいた携帯電話の車中使用の注意事項について、まとめてみました。

この記事を書いた人

車が大好きすぎて当サイト管理人になるも、知識量半端ない参加ライター陣の情報量に一人ビビッている。ベンツ・AMGマニア、現在はG63AMG所有。

J.C .Yをフォローする
【5万円以上安くなる例も】あなたの車に適用する最安の保険料を探す方法!いくら保険料が安くなるか今すぐチェックする
最も安い自動車保険を探すには【無料の一括査定サイト】を活用するのがベスト。たった1度の入力で複数の保険会社から最も安い会社をサクっと見つけることができます。どうせ同じような内容の保険を選ぶならば安い方がいい!5万円以上も安くなった事例もありますよ。

改正道路交通法について

平成11年の改正道路交通法では、ドライバーの携帯電話使用に関する罰則を以下のように定めています。

【道路交通法第71条 5の5 運転者の遵守事項】

「携帯電話等を手に持って通話したり、画面に表示された画像を注視すること」について、禁止規定が設けられ るとともに、この規定に違反し道路における交通の危険を生じさせた場合(交通事故)に限って3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金が科されることになりました。

更に2019年12月の改正では違反時の罰金と点数がアップされる厳罰化が行われました。尚、罰則が強化されただけであり、違反内容自体は全く変わっていません。

6ヶ月以下の懲役又は10万円以下の罰金。反則金は1万8千円(普通車の場合)、違反点数は3点。

上記に明記されているように、運転中に携帯原話を手に持って通話することはもちろんNGなのですが、更に着目すべき点として「画面に表示された画像を注視すること」が禁止事項とされています。

これは携帯電話とスマートフォン技術の発達によって、メールやウェブブラウジング、アプリやゲームの利用が携帯電話(スマートフォン)上で簡単に行えるようになったことに対する対策なのですが、では具体的に「画像を注視すること」とはどのような範囲の行為をいうのでしょうか?

画面を「ちら見」するだけなら問題はないのか?それとも「ちら見」すら許されないのか。基準がいまいち曖昧に感じます。

「画面に表示された画像を注視すること」=「2秒以上」

警視庁の考えでは「画像に表示されが画像を注視すること」は「2秒以上、携帯やスマホの画面を見続ける事」だそうです。

では1秒ならば大丈夫なのか?という御託でもしも捕まった時に抗弁したらどうなるでしょうか?実際は何秒間画面を見続けていたか否かの事実を証明することは難しいため、現場の警察官による独自判断で、1秒だろうが2秒以上だろうが、「これは画面を注視していた」と判断されてしまえば、間違いなく捕まってしまいます。

携帯電話やスマホの画面は、「ちら見」レベルでも、決して運転中はゆるされないと考えたほうが、間違いなく無難と言えます。

通話はNGだけどメールやアプリ閲覧だけならばOKだよ、とどこから出てきたのか不明の謎の解釈をする人がいまだにいるので驚きます、メールも当然NGです。
メールやアプリ閲覧も含めて、携帯電話のちら見自体がNGであることをしっかりと覚えておくべきです。

携帯電話、スマホを使ったと判断された場合の罰則

尚、運転中の携帯電話、スマホ使用で警察に捕まってしまった場合、違反の行政処分は下記のようになります。

  • 普通自動車…反則金18,000円
  • 大型自動車…反則金25,000円
  • 原動機付自転車…反則金12,000円
  • 累積点数3点
交通違反の点数及び反則金一覧表(警視庁発表による)
警視庁発表による、交通違反の点数を一覧表で掲載します。 交通違反の点数は減点方式ではなく過去三年間の違反に対する累積方式ですので(注意:減点方式ではありません)、具体的な点数の計算方法などはこちらを参考にしてみてください。 また、反...

さらに交通事故を引き起こした場合の罰則

そして携帯電話、スマホの使用中に事故を引き起こしてしまうと、さらなる厳罰に課せられます。累積点数6点で免許停止な上、反則金は適用がなく、全て罰則罰金として取り扱われてしまうので、非常に重い違反として取り扱われるようになりました。

  • 罰則…1年以下の懲役、または30万円以下の罰金
  • 反則金…適用なし(すべて罰則として処分される)
  • 累積点数6点(免許停止)

https://www.police.pref.mie.jp/content/detail.php?cate=news&no=20191129184648

ハンズフリーイヤホンを使えば捕まらない?

改正道路交通法では、スマホを含む携帯電話を手に持って使用する行為と画面を注視する行為の2つが禁じられていますので、理論的にはハンズフリーイヤホンを使うことで、警察には捕まらないで済みますが、都道府県が個別で定めている「道路交通規則」または「道路交通法 施行細則」に抵触するケースもあります。

要は、都道府県によってハンズフリーイヤホンの使用可否は個別に異なっているというのが実態であるといえるでしょう。
というのも、ハンズフリーイヤホンをヘッドホン機器の1種として考えるかどうかの解釈によって、罰則対象になるかならないかが変わってくるケースがあるからです。

ヘッドホンとハンズフリーイヤホンの違い

ハンズフリーイヤホンだけでなく、ヘッドホンについても各都道府県によって解釈がまちまちです。

そもそもマイク付きヘッドホンとハンズフリーイヤホンそれぞれの製品としての境界線はかなり微妙であり、ハンズフリーイヤホンを使用していても、「今、あなたはヘッドホンを使用していた」と判断されてしまい、警察に止められてしまうケースをしばしば耳にします。

携帯電話とヘッドホンの都道府県別禁止状況(出典:政策研究大学大学院 街づくりプログラム

上記の図は政策研究大学大学院の方が作成した資料ですが、携帯電話に○があるのは、ハンズフリーも含め禁止の都道府県であると判断したほうが賢明です。

また、ヘッドホンに○があるのは、ヘッドホンが禁止と判断してください。
携帯電話に○があり、ヘッドホンに無印は、ヘッドホンで音楽を聴くことが許されています。
尚、まったく記載がない府県は、対象府県警察で必ず確認してください。

実際、ハンズフリーイヤホンにもさまざまな形のものがあり、運転中以外の利用を想定されて作られたもの(本来はパソコンでの利用目的に製造されたもの等)がほとんどでしょう。

どうしても使用するならば、以下のような車の運転に適した形のハンズフリーイヤホンを利用することをお勧めいたしますが、本来ならばハンズフリーイヤホンもできるだけ使用を避けるべきだろう、と私は判断しています。

やむを得ず使用する場合のハンズフリーイヤホンの形態と使用法

  1. マイクとスピーカーがそれぞれ独立しているタイプ
  2. 自動着信と自動通話終了を設定できるもの(手動操作がないもの)
  3. 電話を受けるのみに使用し「電話をかける」行為は避ける

また、車そのものの機能として、スマホや携帯電話とペアリングすることで、ハンズフリーの電話機能を使うことができる車種も相当増えています。
この車種搭載の携帯電話機能の利用についても、理論的には警察にはつかまりません。

両耳がふさがれていなく、片耳だけならばOK?

ヘッドホンの話題が出たのでついでにふれておきますと、片耳タイプのイヤホンならばヘッドホンのように両耳がふさがれていないので大丈夫だろうと考える方がいますが、これも間違いです。片耳タイプのイヤホンでもNGです。

片耳タイプのイヤホンでも両耳タイプのイヤホンでも、ヘッドホン禁止の都道府県内で着装しながら運転をしていると、間違いなく捕まりますので注意してください。

赤信号待ちの場合はどうなる?

赤信号でブレーキを踏みながら停止している場合、道路交通法上では明確な規定がなく、携帯電話を使ってよいのかどうかは不明であるグレーゾーンです。

グレーゾーンであるなら、私は携帯の利用はおすすめしません。現場警察官の判断でいかようにも取り扱われてしまう可能性があるからです。例えば、本人は完全停止中だったと主張しても、ほんの少しでもクルマが動いていた(発車時、停車時のタイミング)などと主張されたら、なかなか難しい状況に陥る可能性があります。

警察の言う「停止」とは完全にタイヤが止まっていなければならず、ほんの僅かでも動いたならばそれは「停止」とは認められない可能性が大きいです。

従って、赤信号待ち状態での携帯、スマホの利用は非常にリスキーであると言えます。

ながら運転はドライバーの集中力を欠く危険性大

百歩譲ってハンズフリーイヤホンの利用がOKだとしても、やっぱり「ながら運転」というのはとてつもなく危険な行為であるといわざるを得ません。

そもそも人間の脳機能は2つ以上のことを同時に処理できるようにできていません。
自分が頭の回転が速いと自負する方でも、瞬時にそれぞれのタスクを頭の中で切り替えているだけであって、同時に複数の作業を処理することは機能的に不可能です。

したがって、ハンズフリーイヤホンであっても、携帯電話で通話をしている最中は運転への注意力が散漫になり、脳機能が働いていません(通話している間は、惰性と条件反射で運転しているにすぎないのです)。

助手席の人と会話するのと同じでしょ?と反論する人がたまにいますが、全く違います。
誰かが助手席にいる場合、ドライバーに危険が迫っている場合には一緒に口頭で注意をしてくれます。そもそも、ドライバーにとって一瞬の判断力が必要になる事故回避直前の瞬間に、状況を全く無視してしゃべり続けるような人が助手席にいることはありえないでしょう。

ところが携帯電話の通話相手は、ドライバーが置かれている危険状況など全くお構いなしに会話、質問、回答のやりとりをしてきます。ドライバーの立場としては助手席との会話以上に多大な神経を携帯電話に集中しなければなりません。

したがって、個人的にはハンズフリーイヤホンも、できるだけ使わないでおく方が、万がイチの注意力散漫による交通事故を防ぐことができるはずだと、私自身は思う次第です。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のナビクルがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

【5万円以上安くなる例も】あなたの車に適用する最安の保険料を探す方法!いくら保険料が安くなるか今すぐチェックする
最も安い自動車保険を探すには【無料の一括査定サイト】を活用するのがベスト。たった1度の入力で複数の保険会社から最も安い会社をサクっと見つけることができます。どうせ同じような内容の保険を選ぶならば安い方がいい!5万円以上も安くなった事例もありますよ。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

最安の保険料を探す唯一の方法!

交通違反の疑問
J.C .Yをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較