【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

ラ フェラーリの評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?

フェラーリ
この記事は約15分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。
この記事を書いた人
YoshidaMike

実家の家業を助け自動車整備士活動しながら、大手出版社にて車関連記事を執筆。整備士としての経験は約20年。約500車種以上に乗った経験から、インプレ記事を得意としております。

YoshidaMikeをフォローする

車検費用、買取査定相場、燃費、維持費

フェラーリ社の創業55周年を記念して作られた「フェラーリ・エンツォフェラーリ」の後継モデルとして、2013年に限定生産された「ラ フェラーリ」。

この2013年はハイブリッドスーパーカーの当たり年だとも言われており、「ポルシェ 918スパイダー」や「マクラーレン P1」など、多くのファンを楽しませた実り多き一年でもありました。

フェラーリの官能性を表すため、敢えて女性に対する「ラ(La)」を冠したクルマだけあり、扇情的なボディラインと、6.2リッターという従来のハイブリッドカーの概念を打ち破った高性能ぶりは、合計出力963ps/9,250rpmという途方もないパワートレインを誇るマニア垂涎の一台だと言えるでしょう。

今回は、貴重な次世代ハイブリッドスーパーカー「フェラーリ・ラ フェラーリ」を、「今後も車検を通して乗り続ける場合の相場と注意点」、または「売却時の買取相場に関する情報」に関して、西日本在住のさるオーナー氏へのインタビューを元にご紹介させて頂きます。

「車検の継続」と「車の乗り換え」で迷った時は…
まずは愛車の下取り査定相場を無料査定で調査しましょう。その後に車検相場を調査し、天秤にかけた上で、金銭的に有利な方を選ぶことをお勧めいたします。納得のいく判断をするために、査定と車検それぞれの価格は同時に調べることが重要です。
1.ラ フェラーリの車検相場
継続車検の相場(※1)(※2) 145万円+α~

※1 引用元:コーンズへ個別問い合わせによる見積り額
※2 下記オーナーレビューでは170万円を超える車検額見積りが出ている

関連 フェラーリ系列ディーラーの車検費用は高い?車検代を安くする方法は?

2.ラ フェラーリの下取り買取査定相場
新車価格(※2) 推定約100万ポンド(現在のレートで約1億5,000万円)
買取価格(※2) 応相談
一括査定時の平均格差(※2) -万円
カーオクサポート買取参考価格(※3) -万円
業者間オークション予想買取価格(※3) -万円(※オークション流通例皆無に近い稀少車)
ヤフオク!予想買取価格(※3) -万円(※オークション流通例皆無に近い稀少車)

※2 引用元

ラ フェラーリの推定新車販売価格が掲載された記事

※3 引用元:価格コム

関連 フェラーリをどこより高く売るための、たった1つの方法と戦略とは?

3.ラ フェラーリの燃費
カタログ上の燃費/ℓ(※1) – km/L
カタログ上の燃費/ℓ(※2) – km/L

※1 引用元:カーセンサー(JC08モード)
※2 引用元:カーセンサー(10・15モード)

燃費測定におけるJC08モード/10・15モードとは?

JC08モードとは、2009年10月1日以降に発表された新型車に表示が義務付けられた新しい燃費測定方法で、冷えたエンジン状態から最高時速80キロ/hでの測定値となり、従来より厳しい基準での燃費測定です。
10・15モードとは従来のカタログ燃費表記法で、エンジンが既に温まった状態からの減加速且つ最高時速70キロ/hで測定されていました。

この車の維持費モデル例→ ★より詳細に年間車両維持費を計算する
4.ラ フェラーリの維持費
排気量 6262c
車両重量 1,255kg
1.ガソリン代 ※1 188,235円
2.自動車税 ※2 111,000円
3.自動車重量税 ※3 2,500円
4.自賠責保険 25,830円
5.任意保険 ※4 187,074円
6.駐車場代(東京都渋谷区平均相場44,832円/月 ※5) 537,984円
7.消耗品(オイル交換1回+フィルター等+工賃 ※6) 1,000,000円
8.車検費用(継続車検費用の年割価格 ※7) 825,000円
9.年間想定維持費(1~8合計) 2,977,623円(年)
10.月割り想定維持費(9÷12か月) 248,135円(月)

※1 年間1万km走行、1L=128円、最低燃費で想定
※2 最高排気量モデルで計算
※3 日整連の算定ツールを使用したのち年割算出
※4 車両保険あり、8等級、ブルー免許、26歳以上
※5 引用元:駐車場ネット
※6 ディーラー価格による想定見積り
※7 引用元:楽天車検

ラ フェラーリの車両概要

ラ フェラーリ車両概要(2013年モデル)

引用:http://www.romansinternational.com

フェラーリのデザインを手掛けるピニンファリーナによるものではなく、自社デザインチーム「フェラーリ・デザイン」によるデザインを採用したラ フェラーリのボディデザインは、滑らかな曲線とエッジの利いた面が織り成す複雑な魅力を持ったクルマです。

全長4,702mm×全幅1,992mm×全高1,116mmのボディサイズは、先代にあたるエンツォと比べ幅が狭くなりましたが、ドア開口部が大きく取られ、乗り降りしやすい形状に整えられていることが一目で見て取れました。

オーナー氏のすすめでカーボンコンポジット製のスワンドアに手をかけて、いざ運転席へ乗り込んでみたところ、エンツォよりも開放感があるコックピットに驚かされます。

特にヒンジ類・パネルの配置は非常に緻密な計算の元で設計されたようで、飾り気の少ない室内ながらも全てが納まりよく整えられており、居心地に関しては歴代モデル最高レベルだと言えます。

スワンドアを閉めて室内空間を改めて見渡してみると、ダッシュボードやコンソールが効率重視で手際よくまとめられていることにも気付かされ、改めてこのラ・フェラーリが特別なクルマであることを強く意識させられます。

この室内空間がいかに合理的に作られたのかは、ダッシュボード内に埋め込まれた液晶パネルに如実に現れており、セッティング位置や情報の全てが機能的にまとめられ、ドライバーの判断を妨げないよう綿密に計算されていることからも伺えます。

さすがに今回は運転を辞退させて頂き…助手席側からオーナー氏の運転を拝見させて頂くことに。

イグニッションをONにし、エンジンを目覚めさせる儀式は、「ヴォン!」という咆哮から始まりました。

今回採用されたハイブリッドシステム「HY-KERS」により、低速での音質はそれほど響くものがなく、どちらかと言えばエンジン音よりもモーター音の方が気になりましたが、ダイナミックに背中を後押しするV12サウンドはこの段階では目覚めていないようです。

オーナー氏の運転で公道へ乗り出し、持ち味の6.2リッターV12エンジンが演奏を始めたのは4,000回転付近から。車体後方左右から2本ずつ突き出たテールパイプは、重厚感のある独特の響きと共にF12ベルリネッタと共通するサウンドを奏で始めます。

最高出力を発揮する回転数が9,000回転と高いため、高速道路に入るまでは本来のサウンドを耳にするのはお預けと思っていただけに、ハイブリッド化してもフェラーリはフェラーリだ、と改めて実感させられました。

一般道での動きは非常に滑らかで、900psを超えるモンスターカーとは思えないほど優雅なものを持っており、7速DCTがきっちり仕事をしている印象。

ESCモード「マネッティーノ」によるアシストがあるとは言え、にわかにはそれほどのパワーがあるとは思えないほどのジェントルさを見せる点は、イタリアの伝説的なプレイボーイであるジャコモ・カサノヴァを思わせるものがあります。

高速道路に乗り出し、道路の空き状況を見計らった上でESCをOFFにしてもらうと、ドアミラーには白煙を上げるリアタイヤの様子が確認でき、官能的なエキゾーストを轟かせ全力疾走に移ります。

明らかに高速走行での優雅さに重きを置いたその走りは、フェラーリが謳う芸術性と優美さに満ち溢れた見事なものであり、5分余りで高速道路を降りるのが惜しくなってしまったほど。

従来のプレミアムモデルとはまた別の官能性を持たせ、新しい時代への適合を目指した「フェラーリ・ラ フェラーリ」は、これからのスーパーカーが新次元へ進化するためのひとつの形を示したマシンであることは確かなようです。

ラ フェラーリの継続車検を受ける場合

継続車検費用の相場と不具合・点検の注意点

「フェラーリ・ラ フェラーリ」に継続して乗る場合の車検費用相場、不具合の多い箇所などに関する注意点をご説明させて頂きます。

ラ フェラーリの車検相場価格(全国平均)

全国平均の車検費用
車検費用総額 145万円+α~
車検の費用内訳詳細
基本料金 – 円
自賠責保険料 25,830円
重量税 5,000円 ※エコカー減税適用車
印紙代 1,100円

※法定費用+整備費用
※大型乗用車区分での算出
※車検費用には地域差があります
※認定工場の場合は印紙費用数百円が上乗せされます
※引用元:ディーラーへ個別見積り

kocchi01a

市販車のレベルを遥かに超えた高出力と、新車価格1億5,000万円クラスという超高額車両でありながら、公募販売台数499台を瞬く間に売り切ってしまったラ フェラーリ。

詳細事項はオフレコで…というオーナー氏の希望により、詳しい事情は省略させて頂きますが、これだけのプレミアムカーになってきますと、気軽にドライブというわけにはいかないようです。

以下、インタビュー形式でお教え頂いた「フェラーリ・ラ フェラーリ」の維持費に関する注意点と、手放す際のリセールバリューを含めた売却時の注意点について解説させて頂きたいと思います。

ラ フェラーリの車検と維持・点検に関する注意点

管理人(以下、管)「世界限定で500台のプレミアムマシンですが、入手した時の喜びは格別のものがおありでしたでしょう」

オーナー氏(以下、氏)「そうですね、親子2代でフェラーリファンだったのですが、内覧会である” F150 Project Private Preview”の案内が来たときは、うちの親父と争奪戦でしたよ。親父はもう61なんですが、いい年した大人が年甲斐もなく、ね(笑)」

「いやはや、それはそれは…。しかし、これだけの高額車両になると、本当に気軽にドライブ…というのが躊躇われませんか?」

「確かにその通りです。やらしい話ですが、タイヤからしてピレリの前265/30、後345/30の専用品ですからね。交換の見積もりだけでも7桁、と言えば、ちょっと躊躇ってしまいますよね。ぶっちゃけ、さっきのESCオフは大サービスでした(笑)」

「うわぁ、空恐ろしいものがありますね…。しかし、貴重な体験をありがとうございます」

「いえいえ。知人の紹介とは言え、こうしてラ フェラーリを走らせる大義名分が出来たのは僕にとっても嬉しかったので(笑)でも、海外オーナーは結構無茶しているようですよ?」

「もしかして、2年前のニュースで大々的に取り上げられたアレですか?」

「そうそう、そのアレ(笑)。 あれも話題になりましたけど、去年撮影されたコレなんかもすごいですよ」

「なんか想像するだに恐ろしい映像ですね。」

「ちなみにこのオーナー、このクラッシュで修理費70万ドルくらいは飛んだな、っていうのがオーナー間ではもっぱら噂なんですが、私も一度洒落でDCTの交換見積もり取ってみたことあるんですよね。ほら、この通り」

「え?…あの、コレ撮影させて頂いてもいいんですか?」

「あー、モロに宛名も入っているし、それはさすがにオフレコの範囲ってことでお願いします(笑)。でも、2,319万円って数字が当たり前のように記載されてるのを見ると、僕の感覚の方がおかしいのかな?って気にもさせられましたね」

「えげつない金額ですね。人の命が丸々買えてしまうクルマと呼ばれるだけのことはありますね」

「それはさすがに言いすぎですが、この見積もり取ってからはかみさんがドライブにも出してくれなくなりましてね。もうガレージで眺めるだけにしとけって言うんですよ(笑)」

「奥様のお気持ちもよく分かります(笑)」

「それ以外でも、駐車時は専用充電器への接続も必須ですし、サービスインターバルリセットひとつ取っても専用テスターを要するので、遠出自体が鬼門です」

「世にハイブリッドカーはいくらでもありますが、フェラーリのプレミアムモデルですものね。」

「日本では(ラ フェラーリオーナーが)何人もいませんからオフレコでお願いしたわけですが、356などと比べても気軽に乗れない不自由さを感じることも正直多いです」

「××さんのラ フェラーリは、もうそろそろ2回目の車検の時期ですよね?ぶっちゃけ、おいくら位の見積もりになりそうですか?」

氏「さすがにこれだけ特別なクルマなので、お金の面であれこれ言うのは…という気持ちはあるのですが、先々週上げてもらった見積もりでは総額177万円ちょっとでした。これまでのリッター当たりの平均燃費は大体6.8kmでしたが、殆ど変えるところがなくてもコレですからね」

「そうすると年間2,000km走行と仮定したとして、オイル交換などの諸費用を合わせると軽く見て400万円コースですか?」

「生々しい数値はノーコメントにしておきますが、だいたいどのオーナーさんもそのくらいはかかっているようですね。僕も子供の頃はじゃら銭を握りしめて、1本10円のう●い棒を買いに行った時代があったものですが、色々な意味で日本人向きのクルマではないことは確かですね」

ラ フェラーリを買取査定する場合

買取・下取り・査定の価格相場

2.ラ フェラーリの下取り買取査定相場
新車価格(※2) 推定約100万ポンド(現在のレートで約1億5,000万円)
買取価格(※2) 応相談
一括査定時の平均格差(※2) -万円
カーオクサポート買取参考価格(※3) -万円
業者間オークション予想買取価格(※3) -万円(※オークション流通例皆無に近い稀少車)
ヤフオク!予想買取価格(※3) -万円(※オークション流通例皆無に近い稀少車)

※2 引用元
※3 引用元:価格コム

 

kocchi02a

ラ フェラーリの下取り・売却に関する注意点

「確かに仰られるとおりですね。ちなみに、ラ フェラーリを手放そうと考えたことっておありでしょうか?」

「うん、まあね。他のオーナーさんの手前、堂々とは言えないんですが、オファーの方は割合きますよ。だからオフレコでなら話してもいいと思ったわけですが」

日本では未だに当時の販売価格が公表されていませんし、ヤフオクレベルで出回るクルマでないことは重々承知ですが、そういったオファー条件をお聞きしても?」

「業者さんの名前は伏せますけど最低金額で1億円、最高金額で1億6,000万円でした。海外からのオファーも半々くらいの割合ですが、これだけプレミアが乗りやすいのはフェラーリならではですね」

「そういったオファーって、結構最近もありましたか?」

「ちょこちょことありますよ。むしろ、「ラ フェラーリ アペルタ」が発表されてからの方が徐々に値上がりしていっています。10月に東京の両国でイベントが開催されますが、それ以降はさらにオファーが増えるような予感もありますね」

フェラーリ70周年イベントで10億円超えのラ・フェラーリ アペルタなどを展示(carview!) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
1947年にフェラーリ初のロードカー「125S」を発表して産声を上げた同社は、今年で創業70周年を迎えた。それを記念してアメリカ、欧州など世界約60ヶ国で祝祭イベント「Driven by Emotion(情熱に突き動かされて)」を開催...

「両国国技館で予定されている「Driven by Emotion」のことですね」

「それです。あのイベントには、チャリティー用に生産された210台目が展示されるそうですが、個人的にはそれ以降のオファーで最高値を更新した場合、手放してもいいかなと思っています。」

「お父様の方にはご相談されないのですか?」

「実は親父にも相談したことはあるんですが、僕の苦労する様子を見て「購入権当たらなくてよかった」なんて言っている始末ですよ(笑)それに、いくら趣味で買うスーパーカーとは言っても、これだけお金が湯水のように消えていくクルマは子供の教育上よくないかな、と」

「クルマ好きにとっては堪らない一台ですが、そう考えると本当に悩ましいクルマですね。本日は貴重なお話をどうもありがとうございました」

ラ フェラーリの総合評価

288GTO・F40・F50・エンツォなど、フェラーリ歴代のスペシャルカーの正統後継モデルという位置付けで誕生した「フェラーリ・ラ フェラーリ」ですが、某氏のお話では「あまりにもプレミア性が高すぎ、気軽に乗れない趣味クルマ」という側面が強いようにも感じられました。

1クルマ好きとしてはうらやましい限りですが、維持費だけでもこれほど高額であるとすると、「日本人向きのクルマでない」と語る氏の言葉は実に重みがあります。

モーターによる上乗せ込みとは言え、最高出力963psというパワーもさることながら、「アクティブ・エアロダイナミクス」と命名された新しい空力デザインを採用したボディの持ち主は、最高級の芸術品に相応しい経済力が求められることは確かなようです。

一説によると、2013年当時のラ フェラーリ購入にあたっては、2013年より数年以内にニューモデル5台以上という厳しい制限があったとも言われており、何から何までもが夢のような一台だと言えます。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のナビクルがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

フェラーリ メーカー別相場情報 輸入車
YoshidaMikeをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較