【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

民間整備工場の車検整備技量や誠実さの見抜き方は?

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識

車を所有していれば避けて通ることができないのが車検。
どうせ車検にお金をかけるなら、きちんとした整備を行ってくれる業者に車検をお願いしたいところです。

現代の日本には、ディーラーをはじめとしてさまざまな依頼先が存在し、どこに依頼するか迷っているという方もいるでしょう。

この記事では、数ある車検の依頼先の中から、「民間車検場」に焦点を当て、レベルの高い民間車検場の見分け方などについて解説していきます。

民間車検場(整備工場)での車検の安さと速さの秘密は?
自動車を所有していれば、必ず避けては通ることができないもの。それが車検です。 車検とは? 国が定めた安全基準、正確には保安基準に適合しているかを一定の期間を設けて確認することであり、自動車を使用する上で最低限の安全を確認すること。 で...
この記事を書いた人
KumagaiShohei

車検のプロ。長年、中古車販売会社にて保証の判定や、提携工場様との折衝、技術相談に携わる。国産車ディーラーの整備士として社会人デビューし、国産車ディーラー退職後も自動車関連の会社に勤務中。

KumagaiShoheiをフォローする
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

民間車検場とは?

ディーラーや車検専門店など、街中にはさまざまな整備工場がありますが、民間車検場の定義について、最初にお話ししておきたいと思います。

自動車整備工場には、国の認証を受けた「認証工場」と、国から指定された「指定工場」の2種類に分類され、認証も指定も受けていない工場の場合、正確には自動車整備工場とは言いません。

そして、本来国が行う検査(車検)を、国に代わって行うよう指定された指定工場は、国ではなく民間が車検を行う場所であるため、通称民間車検場」と呼ばれているのです。

しかし、最近では最後の検査までを行うことのできる指定工場が増え、さらにさまざまな業態の指定工場が増えたことから、ディーラーや大手車検専門チェーン、カー用品店のどれにも属さない指定工場の総称として使われるようになりました。

したがって、今回の記事内で言う民間車検場は、ディーラー、車検チェーン、カー用品店のどこにも属さない指定工場を民間車検場としてお話していきます。

民間車検場の実力を測るポイント

長年自動車業界に身を置いていると、「○○○○という工場はダメだ」という悪評や、逆に「○○自動車工業の△△さんはすごい腕を持っている」といった、凄腕整備士の情報なども自然と耳に入ってきます。

また、他社の整備士同士で会話していれば、その整備士の実力を推し量ることができますし、その工場内に5分も居れば、その工場全体の実力が分かるものです。

当然、そこまで判断できるのも、長年のキャリアがあってこそですので、一般の方が民間車検場の実力を判断することは難しいと言わざるを得ません。

そこで、実力があり任せても安心な整備工場を見分けるポイントをいくつかご紹介していきましょう。

安心な整備工場の特徴1:店舗(工場)の清潔感

整備工場は接客業である以上、お客様の目に触れるところは、最低限清潔に保っておく必要があります。

そこで、皆さんが整備工場を訪れてチェックするポイントは、車両の出入り口、トイレ、サービスフロントデスク周りです。

待合室や店舗の出入り口の状態は?と疑問に持たれるかもしれませんが、待合室や店舗の出入り口などは、綺麗に保っていて当然ですし、そこまで汚れる要素がありません。

店舗の外にある車両の出入り口は、どうしても店舗内にいるとなかなか目に触れず、舗装のひび割れや、雑草などが放置されてしまいがち。

また、サービスフロントのデスク周りは、お客様の空間ではないとしても、十分お客様の目に触れる場所であり、書類などが散乱しているようでは、大切な書類の保管までも心配になってしまいます。

最後にトイレ。
これは接客業をやられている方であればお分かりのように、トイレがきれいな店舗は細かなところにまで気を配ることができている証拠です。

安心な整備工場の特徴2:店舗(工場)が整理整頓されているか

上記の清潔感と同様に大切なことは、整理整頓されているかということです。

特に工場内を見た際、工具や整備機器がいたるところに散乱している、部品が梱包されていたであろう段ボールや、交換した部品がそのまま山積みになっているような状態は、お世辞にも仕事のできる工場とは言えません。

もちろん整理整頓に関しては、工場内だけでなく店舗全体にも言えることですが、工場内についての整理整頓は、後述する「メカニックの清潔感」にも繋がる内容でもあります。

例えば会社にある自分のデスク周り、運送業の方であればいつも乗っているトラックの車内、どんな仕事であっても、自分が仕事を行うスペースは常に整理され、綺麗な状態を保つことが、充実した仕事に繋がるはずです、

また、整備に使用する工具は、ツールキャディの上か、もしくは決められたバットなどの上に置くものであり、床の上に置いたり、ツナギのポケットに入れたりということは基本的にNGとされています。

何故ならば、万が一エンジンルームなどに工具を置き忘れてしまった場合、走行中のトラブルや事故を引き起こす原因になってしまう恐れがあるからです。

そのため、工具類は常に決まった場所に置き、作業完了時には工具を元通りに戻し、数量を確認してから、車を出庫させなくてはいけません。

そういった基本的な行いができていないようでは、仕事ができる工場とは言えないのです。

安心な整備工場の特徴3:メカニックの清潔感

メカニックは車の点検や修理を通して、お客様の財産と生命を守る義務があります。

オイルや泥でドロドロのまま、お客様の車に触れる、運転席に座って車を移動するなんてことはあってはならないことであり、汚れやすい職業だという理屈は言い訳になりません。

もちろん、デスクワークの仕事に比べ汚れ易い職業であるのは確かですので、ある程度は仕方がないかもしれませんので、整備工場では、シートカバーやフロアマットなどを使用し汚さないようにしています。

しかし、ツナギが汚い整備士に仕事ができる整備士がいないというのも事実
仕事ができる整備士は、オイル交換一つとっても、オイルを抜く際に出る方向を予め計算し、ツナギはもちろん、工場の床にもオイルを付着させないように作業します。

また、無理な体制や方法で整備作業を行うことをしないため、余計な個所を破損したり、車を傷つけるようなことが無いのです。

安心な整備工場の特徴4:フロントスタッフやメカニックの接客態度

接客業である以上当然のことですが、基本的な接客がなっていない工場は、仕事ができる工場とは言えません。

年齢や役職を問わず、常に明るくハキハキとした対応ができるということは、その分社員教育や、職場内が円滑に回っている証拠ですので、必然的に良い仕事ができる環境ということになります。

また、同じ内容で同じ金額を支払うのであれば、従業員の接客が良ければ、その分お得な気分で車検をお願いすることができるでしょう。

ディーラー以上の実力を持つ民間車検場がある

皆さんの中には、少々以外におもう方もいらっしゃるかもしれませんが、民間車検場の中には、ディーラー以上の実力を持った整備工場が存在します。

ここからは、なぜディーラーよりも実力のある民間車検場が存在するのか、その理由についてお話していきます。

民間車検場が高レベルな理由

ディーラーを凌ぐレベルを持った民間車検場には、聞けば納得の理由が隠されています。

理由1:ディーラー上がりのメカニックが多い

現在、自動車整備士の多くは整備士の専門学校などを卒業し、その大半が国産車や輸入車の正規ディーラーに就職します。

そして、ディーラーでそのメーカーの車種に特化した経験を積んでいくことになるのですが、ディーラーはどうしても大きな組織であるため、早ければ数年、遅くとも10年以内には、整備の現場を離れなければならないときが訪れるのです。

現場を離れたメカニックは、サービスフロントや営業などに異動することになり、そのままディーラーに留まる者、または、現場にこだわりディーラーを去る者に分かれます。

そこで、整備の現場にこだわるメカニックが次に選ぶ勤務先の一つが、民間車検場などの整備工場なのです。

つまり、そのメーカーで数年以上務めた経験を持ったメカニックが何人も在籍しているような整備工場は、中堅以上の腕と経験を持ったメカニックの集団であると言えるでしょう。

理由2:メーカーや車種に捉われない仕事をしている

ディーラーの強みは、そのメーカーに深く精通した経験と知識ですが、民間車検場には、逆に1つのメーカーに捉われないという強みがあります。

民間車検場には、軽自動車からときにはフェラーリやランボルギーニといったスーパーカーなどが来店することもあり、民間車検場はどんな車であっても断らずに作業するというのが基本。

もちろんフェラーリやランボルギーニなどの輸入車やスーパーカーには特別な設備が必要なため、受けたくても受けられないケースもありますが、設備的に可能であればどんな車種の車検でも受けるのが民間車検場なのです。

このように、メーカーや車種の枠を超え、さまざまな車に触れていることで、ディーラーよりも幅広い知識を得ることができ、それは、さまざまな車種や事例に応用することができるのです。

優秀な民間車検場を見つける方法

どうせ車検に出すのであれば、腕のある工場に車検を出したいところです。
一般の方が、見た目や雰囲気だけで優秀な民間検場を見極めるのは、正直かなり至難の業と言えます。

そこで、まずは比較的規模の大き目な工場を選ぶというのが良いでしょう。
なかには数人で営んでいるような小さな整備工場でも、周辺の整備士から神と崇められるような整備士が在籍していることもありますが、それこそ、一般の方には分かるはずもありません。

それと大切なことは、自宅の周りにどれだけ車検をお願いできる業者があるのかを知ることですので、一括見積サイトなどを参考にしてみるというのも良い方法と言えるでしょう。

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識こんなときどうする?車検Q&A民間整備工場で車検
KumagaiShoheiをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較