ランボルギーニ系列ディーラーの車検費用は高い?安くする方法は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
KumagaiShohei

KumagaiShohei

自動車検査員、国家自動車整備士
車検のプロ。長年、中古車販売会社にて保証の判定や、提携工場様との折衝、技術相談に携わる。国産車ディーラーの整備士として社会人デビューし、国産車ディーラー退職後も自動車関連の会社に勤務中。

ランボルギーニにお乗りの方で、これから車検をとお考えの場合、まず候補に上がるであろう依頼先として、購入した店舗か、お近くのランボルギーニディーラーがあると思います。

ですが、ディーラーは高いというイメージが強いのは否めず敬遠しているという方も少なくないと思いますが、本当にディーラーは高いだけなのでしょうか?

このページでは、ランボルギーニディーラーでの車検の詳細と、実際の相場を見ていきたいと思います。

ディーラーは高いからはじめから候補にすら考えてない!という方にも、ぜひご一読いただき、必ず訪れる車検をより安心で、納得したものになるよう、ご参考にして頂ければ幸いです。

「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

ランボルギーニディーラーでの車検

引用:https://www.lamborghini.com/

自動車メーカーにとって、販売した顧客だけではなく、公道を走るすべてのランボルギーニ車に対してのアフターサービスは、大切な業務の一つであり、数あるアフターサービスの中で、もっとも一般ユーザーの関心が高いのが車検です。

現在アウディ傘下であるランボルギーニの輸入は、アウディジャパン内にあるランボルギーニ事業部が行っており、販売およびアフターサービスは各地の有力企業が運営する正規ディーラーが担っています。

ランボルギーニの正規ディーラーは、関東では東京都神奈川に3店舗、名古屋1店舗、兵庫県に2店舗、広島1店舗、福岡に1店舗の計8店舗で、正規ディーラーネットワークとしては充実しているとは言えないでしょう。

そのため、いつも正規ディーラーで車検やアフターサービスを受けているというランボルギーニオーナーはあまり多くないかもしれません。

それでも正規ディーラーにしかない強みや特徴がありますので、いくつかご紹介していきたいと思います。

ランボルギーニ社認定テクニシャン

フォルクスワーゲングループやアウディグループなどでは、整備士のことをメカニックではなく、テクニシャンと呼び、正規ディーラーに勤務しているテクニシャンたちは、ランボルギーニ社認定のテクニシャンであり、専門のトレーニングを受けています。

車検とはあくまで国が定めた最低限の安全基準である保安基準に適合しているかを、自家用乗用車であれば2年に1度という決められた期間ごとに確認するという作業です。

そのため、次回の法定点検や車検までの安全を保証するものではありません。

また、ランボルギーニのようなスーパースポーツは、その高い性能を損なうことなく維持するために、通常よりも各部品の劣化具合を厳しくチェックし、必要と判断されれば交換や調整を行わなければなりません。

もちろん下記でも触れているような専用機器を用いたチェックも行いますが、検査機器では判断できない微妙な違いや違和感は、ランボルギーニに精通しているテクニシャンでなければ感じることができないでしょう。

つまり、人間が風邪の症状があるときに、整形外科ではなく内科の病院に行くように、ランボルギーニの専門医である正規ディーラーのテクニシャンたちに診てもらうことが安心に繋がるのです。

専用診断機による診断

近年の車は、エンジンやミッションは当然として、ABSやエアバック、エアコン、パワーシート、ナビゲーションシステムなど、ありとあらゆる部分がコンピューターで制御されています。

それらの各コンピューターは、それぞれ単独で1つの部門を制御しているわけではなく、メインECUを介してすべてのコンピューターが相互通信を行いながら制御しているのです。

そのため、きちんと不具合を確認し、本当の原因がどこにあるのかを知るためには、その車を制御しているシステムの奥深くまで入り込む必要があります。

ところが、さまざまなメーカーに対応していることが売りである汎用品の診断機では、制御システムの最深部まで入り込めない商品もあり、正確な診断やチェックが行えないこともあるのです。

その点、ランボルギーニ正規ディーラーの整備工場に完備されている診断機は、制御システムの最深部まで入り込むことができるのはもちろん、本国にあるランボルギーニ社とオンラインで結ばれ、常に最新のプログラムへ更新することもできます。

よって、ランボルギーニのようなスーパースポーツであるからこそ、万全の体制が整った正規ディーラーでの点検がオススメなのです。

正規ディーラーならではの安心

どんなに安全運転心がけていても、ちょっとした車両トラブルは避けることができません。

そんな万が一の事態に陥ってしまったら、24時間365日対応してくれる専門オペレーターに緊急コールをしましょう。

ランボルギーニが提供するランボルギーニ エマージェンシー アシスタンスというサービスがあることによって、万一の際の応急処置や、車両の牽引、 そしてドライバー・同乗者への移動手段の手配など、ユーザーが費用負担をすることなく、サービスを利用することができます。

また、正規ディーラーならではの新車保証や延長保証なども用意されているというのも安心できる大きなポイント。

ランボルギーニのようなスーパースポーツの場合、なにか一つ部品が故障するだけでも、一般的な国産車とは比べ物にならないほど高額な整備費用が掛かることがあります。

だからこそ、メーカーが提供する保証は、ランボルギーニを長く安心して乗るためには必要不可欠であると言えるのです。

ランボルギーニディーラー車検基本料金

ここからは、ランボルギーニディーラーの車検基本料金について、国産ディーラーと比較するかたちで見ていきましょう。

なお、ランボルギーニ正規ディーラーでは、車検に掛かる基本料などをホームページや店頭のメニューなどでは後悔していないため、実際のランボルギーニオーナーの方が受けた車検の基本料金をご紹介します。

■トヨタディーラー車検基本料金(セルシオ)

24か月点検基本料金・・・¥24,994
継続検査料・・・¥10,800
手続き代行料・・・¥9,720
合計・・・\45,514

■ホンダディーラー車検基本料金(NSX)

基本料金・・・\30,240
保安確認検査料・・・¥8,640
検査代行手数料・・・¥10,800
合計・・・\49,680

■ランボルギーニディーラー車検基本料金

車検整備基本点検費用・・・\91,800
車検代行費用・・・¥40,000
合計・・・¥131,800

一般的に輸入車の車検は国産車に比べ1.5倍割高と言われますが、2.5倍程度割高であるという結果になりました。

もちろん上記に挙げた金額は、あくまでも車検を行うための基本となる料金であるため、このほかに、車検を通すために必要な整備や、消耗品の交換工賃、それぞれの部品代等がかかります。

車種や程度により一概には言えませんが、ランボルギーニを正規ディーラーで車検を受けたときの総額は、1回の車検で40~50万円程度かかると覚えておきましょう。

なぜランボルギーニ正規ディーラーで車検は高いのか

引用:https://www.lamborghini.com/it-en/modelli/aventador

タイヤとハンドルが付いているという点では、日本の軽自動車もランボルギーニも同じ自動車であることには変わりありません。

では、なぜここまで車検費用に差ができるのかと疑問に思う方もいらっしゃると思いますので、ここからはランボルギーニ正規ディーラーでの車検が割高になる理由をご紹介しようと思います。

正規ディーラーの数が少ない

上記でもお話したように、現在日本にはランボルギーニの正規ディーラーは8店舗しかありません(2017年8月現在)。

そのため、設備投資やテクニシャンの育成といったコストを消化するためには、1台当たりの整備単価を上げざるを得ません。

部品単価が割高なのも同じような理由があり、日本国内で走っているランボルギーニの台数は、国産車はもちろん、ベンツやワーゲンといった人気車種に比べ圧倒的に少ないというのが現状です。

そのため大量仕入れなどを行うことができず、どうしても単価は上がってしまうのです。

量よりも質が優先

ランボルギーニの新車価格は、もっともリーズナブルな車両でも2500万円以上と大変高額で、一般の方が簡単に購入できる車ではありません。

そのため、ランボルギーニを購入される方はやはり資金的に余裕のある富裕層の方が多く、目先の安さよりも、本当の価値や品質を求めています

1台当たりの単価を下げて台数をこなすよりも、1台1台時間をかけ徹底的に品質管理を行うというのが、ランボルギーニなどのスーパースポーツを扱うディーラーの仕事とも言えるのです。

よって、受ける台数が少なくなれば、当然1台当たりの単価は割高になることは必然であると言えるでしょう。

まとめ:ランボの車検はどこに持ち込んでも高額

今回の記事ではランボルギーニディーラーでの車検について詳しく見てきましたが、実は正規ディーラーではなく、ランボルギーニを得意としているショップに車検を依頼した場合でも、あまり大きく車検費用は変わらないのです。

その理由は、ランボルギーニに限らず、フェラーリやアストンマーチンなどのプレミアムスポーツカーは、必要に迫られて乗る車ではなく、趣向性の強い車種であることが挙げられます。

上記でもお話したように、薄利多売ではなく、1台1台しっかりと点検し整備をすることが求められるため、正規ディーラーではないから安くなるということはあまり関係ないのです。

継続車検を受けるのと愛車の買換え、どっちが有利?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のユーカーパックがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料で一括査定よりも高額提示(しかも営業電話攻撃がない!)
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの数十秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに2000社以上がオークション方式で最高額を入札するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一括査定よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

スポンサーリンク
 今の時期は車が高く売れますよ! 
 今の時期は車が高く売れますよ! 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
 今の時期は車が高く売れますよ!