【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

ユーザー車検前チェックポイント:ホーン編

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識
この記事は約7分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

車検費用を安くできる究極の方法として知られるユーザー車検。

そんな究極の方法に、今度こそ挑戦しようと思っている方も多いのではないでしょうか?

けれど、万が一不合格になってしまったら、余計に手間と費用が掛かるのが心配になって、なかなか勇気が出ない方も多いはずです。

実際、車検には保安基準という法律によって決められた基準がある以上、何をやっても合格しないことも珍しくありません。

しかし事前にしっかり準備をし、車検に落ちてしまう恐れがある項目をあらかじめ把握しておけば、余計な費用や時間をかけないようにすることができます。

このページでは、ホーンに関する項目に焦点を当て、特に指摘されやすいポイントや、指摘された際の対象方法を紹介していきます。

ユーザー車検の前準備と車両合否チェックポイント
車検を最も安く済ませられる可能性があるのは、間違いなくユーザー車検です。 しかもユーザー車検はナンバーに関係なく全国どこでも受けることができるうえ、一度やり方をマスターしてしまえば、そんなに難しいものではありません。 そう聞くと...
この記事を書いた人
KumagaiShohei

車検のプロ。長年、中古車販売会社にて保証の判定や、提携工場様との折衝、技術相談に携わる。国産車ディーラーの整備士として社会人デビューし、国産車ディーラー退職後も自動車関連の会社に勤務中。

KumagaiShoheiをフォローする

ユーザー車検で検査される内容

ユーザー車検は、どのような項目であっても、必ず項目ごとに検査する内容が決まっているため、事前に確認する内容を絞っておくことが大切です。

また、ホーンは特別な機器や工具がなくとも誰でも点検できる項目ですので、事前に愛車のホーンを点検しておくことをオススメします。

では、実際のユーザー車検では、ホーンのどういう点が検査されるのかを見ていきましょう。

ホーンが検査されるタイミング

実際のユーザー車検で、ホーンがいつどのように検査されるのか紹介していきましょう。

まずタイミングですが、検査ラインに入る前の外観検査と同時に行われ、順番としてはフロント周りの灯火類のチェック後、ワイパーとウォッシャーのタイミングでホーンボタンを軽く押します。

ただし、この順番を必ず守らなくてはならないというわけではなく、フロント周りの灯火類、ワイパー(ウォッシャー)、ホーンの操作を同じタイミングで行えばOKです。

ちなみに、何か検査項目の操作を忘れていた場合や、最初にユーザー車検が初めてであることを伝えておくと、検査官が一つ一つ声に出して指示をしてくれますので、落ち着いて検査官の指示にしたがって検査を受けましょう。

検査に慣れている周りの業者さんのように、スピーディーにやろうと焦る必要はありません。

典型的なホーンの指摘内容

ここからは、ユーザー車検において、ホーンが原因で車検に不合格になるということは、一体どういう状態なのかを紹介していきたいと思います。

鳴らない(作動不良)

保安基準では、被牽引自動車(トレーラー)以外の自動車は、必ずホーン(警音器)が鳴らなければならないという決まりがあります。

ホーンが鳴らないという不具合には、下記のようにいくつかの原因が考えられます。

ホーンボタンの接触不良

年式が古い車両や、社外のハンドルに交換している場合に特に多く見受けられるものですが、ホーンボタンの接触不良が挙げられます。

その原因の多くは、スイッチ部が腐食していることによる接触不良で、その場での対処は難しいです。

分解できる場合はスイッチの接点部を磨くことで対処(修理)できますが、分解できないスイッチは交換するしかありません。

配線の不良(断線)

社外のホーンに交換している方や、社外のホーンから純正に戻した方などに多く見られる症状です。

社外ホーンに交換するために制作した、または接続した配線の断線や結線方法の間違いなどが原因として考えられます。

コネクターや結線箇所が外れていたり、緩んだりしていないかなど、ある程度はご自分で点検できるとは思いますが、原因や不良個所を確実に特定するためにはサーキットテスターなどを使用する必要がありますので、一般の方には少々難しいかもしれません。

ヒューズ切れ

上記のような配線に不備がありショートしている場合には、ヒューズが切れてしまうことがありますが、その他にも経年劣化でヒューズが切れてしまうことがありますので、ホーンが鳴らない場合に1度診ておいて損はないのがヒューズです。

ホーンヒューズは通常、車内のヒューズボックスにあります。

ヒューズボックス蓋には、どのヒューズがホーンを司っているかは書いてありますし、ヒューズを抜く道具もヒューズボックスにありますので簡単に確認可能です。

該当するヒューズを目視で点検し、もし切れているようなら新品のヒューズと交換しますが、車には必ず予備のヒューズが入っていますのでその予備ヒューズを使いましょう。

ヒューズを交換してもホーンが鳴らない場合や、すぐに切れてしまう場合は専門的な診断が必要になるため、ディーラーなどの整備工場に相談してください。

アース不良

特に社外ホーンに交換されている方に多いのが、アース不良です。

電気製品には必ず、電気が製品に入ってくるプラス(陽極)と、電気が製品から出ていくマイナス(陰極)があり、自動車部品の場合も電気は必ずプラスから流れ込みマイナスから出ていきアースされますので、このマイナス側の配線が不良な状態をアース不良と言います。

純正・社外を問わず、ホーンには本体から配線を介してアースを取るタイプと、配線を使用せずにホーン本体から取り付けボルトなどを介して車のボディーアースへと流れるタイプがあります。

そのタイプに合わせて配線の取り方や、本体の取り付け場所および方法をしっかり区別しましょう。

ホーン本体不良

現在ほとんどの車に採用されているホーンは電子ホーンと呼ばれる方式で、薄い金属の板を電磁石の作用により高速で振動させて音を出しています。

ホーン本体に不良が原因で鳴らない場合の多くが、錆などの腐食により、この振動板が固着してしまい、振動板が振動できず音が鳴らないという症状ばかりです。

軽微な固着の場合であれば、比較的簡単に対処することができます。

その対処方法は、浸透剤(スプレー式の潤滑剤)をホーン本体の隙間などから、ホーン内部に少量吹き付け、ハンマーなどで軽く衝撃を数回与えることで固着を解消するというものです。

※あまり強い衝撃を与えてしまうと、本体が変形してしまいますので注意してください。

音質が不適合

保安基準には、「警音器の警報音発生装置の音は、連続するものであり、かつ、音の大きさ及び音色が一定なものでなければならない。」とあり、さらに、次にあげるようなホーンは保安基準に適合しないとも書かれています。

  1. 音が自動的に断続するもの
  2. 音の大きさ又は音色が自動的に変化するもの
  3. 運転者が運転者席において、音の大きさ又は音色を容易に変化させることができるもの

社外のカスタムパーツとして市販されているホーンの中には、上記のような保安基準に不適合な商品が含まれていますので注意が必要です。

具体的な商品名を出すことはできませんが、最も多いものはホーンボタンを離した後に、徐々に余韻を残しながら消えていくタイプのものや、警報音ではなくメロディーや音声が流れるものなどが挙げられます。

注意していただきたいのが、インターネットなどの情報では「車内に切り替えスイッチを取り付けることで車検をパスできた」という書き込みです。

これはあくまで検査官の見落としでしかなく、上記③にあるとおり、運転者が任意で切り替えを行うことのできるスイッチを設けることは保安基準不適合であり、違法改造になりますのであまりオススメできません。

安全に安く車検を受けるために

ホーンは、音量測定を除き、作動の確認は特別な測定器や工具なども必要なく、どなたでもホーンボタンを押すだけで作動を確認することができます。

ユーザー車検を受けると決めたら簡単に確認できる項目であるため、ホーンの作動不良で落ちるなんてあり得ないと思われるかもしれません.

けれど私が以前勤務していた陸運支局近くの整備工場には、当日ホーンが鳴らず、修理を希望される方は少なくありませんでした。

そのほとんどが年式が古く、かつ普段あまり乗っていない車両で、ホーン内部の固着が原因だったため修理時間は数分で済みましたが、やはり整備工場も商売です。

例え単純な作業といえど無料というわけにはいかず、最低でも1,000円程度の工賃はいただくようにしていました。

ホーンの故障における全てのケースで共通しているのは、事前の確認をまったくしていなかったことにあります。

ホーン内部の軽度な固着であれば浸透剤とハンマーで解消できますし、ホーン配線は回路自体が単純であるため、インターネットなどで調べれば一般の方でも十分に対処できる内容です。

つまりホーンは、誰でも点検ができ、誰でも修理できる可能性がある項目ですので、少額とは言え修理代を払わなくて済みます。

これからユーザー車検に挑戦するのであれば事前にしっかり確認を行い、余裕をもって挑むようにしましょう。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識ユーザー車検にチャレンジ
KumagaiShoheiをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較
タイトルとURLをコピーしました