【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

ユーザー車検前チェックポイント:マフラー編

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識
この記事は約8分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

車検費用を安くできる究極の方法として知られるユーザー車検。

そんな究極の方法に、今度こそ挑戦しようと思っている方も多いのではないでしょうか?

けれど、万が一不合格になってしまったら、余計に手間と費用が掛かるのが心配になって、なかなか勇気が出ない方も多いはずです。

実際、車検には保安基準という法律によって決められた基準がある以上、何をやっても合格しないことも珍しくありません。

しかし事前にしっかり準備をし、車検に落ちてしまう恐れがある項目をあらかじめ把握しておけば、余計な費用や時間をかけないようにすることができます。

このページでは、マフラーに関する項目に焦点を当て、特に指摘されやすいポイントや、指摘された際の対象方法を紹介していきます。

ユーザー車検の前準備と車両合否チェックポイント
車検を最も安く済ませられる可能性があるのは、間違いなくユーザー車検です。 しかもユーザー車検はナンバーに関係なく全国どこでも受けることができるうえ、一度やり方をマスターしてしまえば、そんなに難しいものではありません。 そう聞くと...
この記事を書いた人
KumagaiShohei

車検のプロ。長年、中古車販売会社にて保証の判定や、提携工場様との折衝、技術相談に携わる。国産車ディーラーの整備士として社会人デビューし、国産車ディーラー退職後も自動車関連の会社に勤務中。

KumagaiShoheiをフォローする

そもそもマフラーとは何か?

マフラーとは、多くの方がエンジンから出た排気ガスを、車の後方(側方)までもっていき排出する排気管の総称と思っていると思いますが、正確には排気の際に発せられる騒音を静かにする「消音器」のことを指します。

エンジンから最後部の排気口までの構成部品を正確にお伝えすると、

エンジン → エキゾーストマニホールド → エキゾーストパイプ → サイレンサー

という構成になっています。

しかし多くの方が、このエキゾーストマニホールドからサイレンサー(消音器)までのすべての総称と理解していると思いますので、このページでは、特にユーザー車検で指摘されやすい、エキゾーストパイプと、サイレンサー(消音器)について解説していきます。

ユーザー車検で検査される内容

ユーザー車検は、どのような項目であっても、必ず項目ごとに検査する内容が決まっているため、事前に確認する内容を絞っておくことが大切です。

また、マフラーは、ある程度ご自分で事前に確認し、不具合を発見することができますので、ユーザー車検の本番で指摘されないよう、事前にできる点検はしておきましょう。

排気漏れ

保安基準でマフラーの出口は、給油口などとの距離や角度などが決められており、配管の途中から排気が漏れているということは、保安基準で決められた場所以外の個所から排気していることになるため、排気漏れは車検不合格となります。

漏れの原因については以下のような物があります。

腐食

経年劣化や、融雪剤などの塩害などが原因で、マフラーが腐食し、穴が開いてしまうことがあります。

特に穴が開きやすいのは、溶接されたパイプのつなぎ目や合わせ目で、腐食が酷い場合は最悪マフラーが脱落する恐れもあります。

直径数ミリまでの小さな穴や、1センチ程度の亀裂であれば、マフラー用の耐熱パテなどの補修材で簡易的に排気漏れを修理し、車検に合格させることはできますが、あくまで簡易的な補修のため、次の車検までもつ保障はありません。

何より、あまり大きな穴や亀裂は補修できませんので、可能であれば交換することをオススメします。

ガスケット不良

エキゾーストマニホールドから最後部の排気口までの間、少なくとも1か所、車種によっては数か所、エキゾーストパイプのつなぎ目があり、そのつなぎ目にはガスケットやパッキンがあり、排気が漏れないようにしています。

通常、ガスケットやパッキンのみの不良で排気漏れが起こることは稀です。

しかし、年式の古い車両、雪国や海沿いなどの塩害を受けやすい地域で使用されている場合は比較的起こりやすい不具合でもあります。

マフラーやエキゾーストパイプ本体に損傷などがなければ、ガスケットやパッキンを交換することで、排気漏れを改善することが可能です。

パイプ類の変形

縁石や、急なスロープなどに下廻りを擦った経験のある方も少なくないと思いますが、走行中のマフラーや排気管は熱を持っているため、当たり方が悪いと変形してしまうことがあります。

見た目の位置がそれほどズレていなくとも、1か所に大きな力が加わることで、上記のガスケットが使われているようなつなぎ目に隙間ができてしまい、排気ガスが漏れてしまうのです。

こうなってしまうと曲げ直しなどの修正はできないため、最悪の場合、エキゾーストマニホールドなども交換しなくてはいけないこともあります。

排気漏れの点検方法

正確に点検する方法は、車を持ち上げて潜りこむ必要があり危険を伴うため、あまりオススメできませんが、簡易的に排気漏れを確認することができます。

点検作業は2人で行い、まず1人が、エンジンがかかった状態で排気口を湿らせた雑巾などで塞ぎ、もう1人が音の確認をするというものです。

もしも排気が途中で漏れている場合には、排気口ではない車体下部から「ポッポッポ」と空気の漏れる音が聞こえますので、排気口を塞いだ時にだけその音がするようであれば、どこからか排気が漏れていると判断できます。

ただし、あくまで簡易的な方法のため確実ではないとご理解ください。

注意
あまり長い時間塞いでいると排気口が高温になり火傷などの危険があるため、ふさぐ時間は長くとも数秒にとどめておきましょう。

取り付け状態

マフラーは少なくとも2か所、多い場合は4~5か所で車体に取り付けられていますが、金属のステーのような物で固定されているのではなく、マフラーハンガーと呼ばれる吊りゴムで車体に吊るされるようになっています。

ゴムでわざわざ吊っているのはマフラーの振動を車体に伝えないためなのですが、素材がゴムでできているため、時間の経過とともに硬化してしまい、場合によっては切れてしまうことがあるのです。

複数の吊りゴムで釣っているため、1つが切れても気が付いていない方も大勢いらっしゃいます。

しかし車検では、検査官が車体の下に潜り、車を振動させて各部のガタなどを確認するため、吊りゴムに切れがあると指摘され、不合格になってしまうのです。

取り付け状態の点検方法

取付状態を正確に点検する方法は、車を持ち上げてもぐりこむ必要があり、危険を伴うためあまりオススメできませんが、最後部の排気口を手で左右に揺らすことで簡易的に点検することが可能です。

左右に揺らしてみて、どちらか一方にだけ大きく動く場合や、コツコツとどこかに接触する音がする場合は吊りゴムが破損している可能性がありますので、一度整備工場などに行って点検してもらいましょう。

社外マフラーに交換している場合

車のカスタムでマフラーを社外品に換えている方も多いと思いますので、ユーザー車検における社外マフラーについても紹介していきましょう。

排気音

社外マフラーに交換する目的は、見た目もさることながら、純正にはない迫力のある排気音を求めて交換している方がほとんどだと思いますが、あまり排気音が大きくなってしまうと、車検不合格になることがありますので危険です。

また、車検で検査される排気音は「近接排気騒音」のみであり、音量の単位はdB(デシベル)で、車の登録年月や、エンジンの搭載位置により規制される音量は異なります。

保安基準には、2輪車からトラックに至るまですべての車両に基準がありますが、ここでは乗車定員10人以下の乗用車で、普通、小型、軽自動車(2輪車は除く)についての近接排気騒音について、下記のような表にまとめてみました。

エンジン搭載位置乗車定員H10規制前H10規制H11規制H12規制
後部エンジン乗車定員7人以上103100
乗車定員6以下103100
その他乗車定員7人以上10396
乗車定員6以下10396

※単位はdB(デシベル)

最低地上高

保安基準には、「自動車の接地部以外の部分が、安全な運行を確保できるように地面との間に適当な間げきを有するものでなければならない。」とあり、これがいわゆる最低地上高と言われる規制です。

実際にはホイールベースなどの違いにより値は異なりますが、一般的な乗用車の場合は「9センチ」と覚えておいて間違いはありません。

ローダウンサスペンションや車高調などでローダウンし、なおかつ社外の太いマフラーを装着している場合は、この9センチを満たさない場合があります。

保安基準適合品と不適合品

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、マフラーに関する規制は、平成22年4月1日以降の生産車に対しては、新たな規制が追加されました。

追加された規制

1. 騒音低減機構を容易に除去することができる構造の禁止

これはいわゆるインナーサイレンサーのように、ボルトなどで固定され脱着が容易なものを装着しての音量ではなく、インナーサイレンサー無しでの音量規制であることを意味しています。

2.加速走行騒音規制

上記にあるように、平成22年3月31日までに生産された車は、近接排気騒音だけが保安基準で規制されてきましたが、新たに加速走行騒音規制が追加されました。

適用される車両の車検証の備考欄には、「平成○○年騒音規制車 近接排気騒音規制値△△dB マフラー加速騒音規制適用車」と記載されています。

しかし、実際に車検(継続検査)で加速騒音を測定することは不可能なため、製造過程で、加速走行騒音基準をクリアーしているマフラーであることを証明している製品でなければならなくなりました。

細かく記載すると非常にややこしいため、簡単に以下のマーク(記し)があるマフラーでなければないと覚えておきましょう。

  • 純正品
  • 装置型式指定品表示(自マーク)
  • 性能等確認済表示(JASMAなどの認められた機関のマーク)
  • 国連欧州経済委員会規則(ECE規則)適合品表示(Eマーク)
  • 欧州連合指令(EU指令)適合品表示(eマーク)

※マフラーの新規制については非常にややこしいものが多く、ネット上には間違った情報も多く見かけます。

また、上記に記載した内容もできる限りわかりやすくするため簡単に書いていますので、もし不安な場合は、事前に整備工場や陸運支局にお問い合わせください。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識ユーザー車検にチャレンジ
KumagaiShoheiをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較
タイトルとURLをコピーしました