【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

初心者必見!ユーザー車検当日の検査コースと車検フロー

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識

初めてユーザー車検を受けようと思っている方にとって、未経験の検査内容は不安が尽きません。

このページでは、ユーザー車検で実際に検査が行われる「検査コース」での一連の流れはもちろん、どういった検査なのかを紹介していきたいと思います。

ユーザー車検に挑戦したいけれどなかなか勇気が出ないといった方に、少しでも参考にしていただければ幸いです。

なお、掲載している内容は、地域や検査場により若干の違いがありますので、ご了承ください。

この記事を書いた人
KumagaiShohei

車検のプロ。長年、中古車販売会社にて保証の判定や、提携工場様との折衝、技術相談に携わる。国産車ディーラーの整備士として社会人デビューし、国産車ディーラー退職後も自動車関連の会社に勤務中。

KumagaiShoheiをフォローする
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

ユーザー車検検査場内での流れ

まずは、ユーザー車検当日の流れを簡単に紹介しましょう。

  1. 必要書類の準備・作成・提出
  2. 検査コースでの検査
  3. 新しい車検証と車検ステッカー(検査標章)の発行

1.必要書類の準備・作成・提出

ユーザー車検に必要な書類(主に7種類…1.自動車検査証 2.自賠責保険証明書 3.自動車税納税証明書 4.点検整備記録簿 5.継続検査申請書 6.自動車検査票7.自動車重量税納付書。1~4は自分で持参する書類で、5~7は車検当日に入手して記入すればよい書類です)は下記のページにまとめてありますので、必要な書類は事前に必ず持参するようにチェックを怠らないでください。

尚、自動車検査票のように、車検場で当日入手できる書類もありますが、車検証のように持参するのを忘れたらアウトという書類もありますので、要注意です。

車検に必要な書類7種の一覧とそれぞれの書き方
車検には大きく分けて、ディーラーやガソリンスタンド、町の整備工場(車検専門店)などで受ける場合と、ユーザー自らが陸運支局(陸運事務所)に車両を持込み検査を受けるユーザー車検の2通りがあり、必要となる書類も若干の違いがあります。 車検で...

また、書類の提出順などは、車検場の案内看板に大きな番号付きで書いてあることが普通ですが、わからない場合は職員に気軽に尋ねれば、親切に教えてくれるはずです。

2.検査コースのでの検査流れ

書類の用意が終わったら、実際の検査コース内に愛車を乗り入れて順番待ちをしながら検査を受けることになります。ここでは検査コース全体の流れや、ポイントなどを紹介していきましょう。

検査コースへ

検査ラインは、そのコースごとに対応できる車種や、検査の種類が違いますので、空いているコースを選んで並ぶのではなく、受付時にどのコースに並ぶか指示されますので、その指示に従って並ぶようにしましょう。

1.同一性の確認・外観検査

検査ラインに入る前に、検査官がやってきて行われる検査です。

検査内容は、書類チェック、外観の損傷、灯火類、ワイパー、ホーン、同一性の確認、メーター内警告灯、車内装備品と最も項目数が多くなりますが、灯火類、ワイパー(ウォッシャー)、ホーンは検査官の指示に従って1つずつこなしていけば問題ありません。

2.黒煙(ディーゼル車のみ)

エンジンの回転を上げ、排気ガス中の黒煙濃度を検査します。

機器の取り付けや検査事態は検査官がやってくれますので、手出しは無用です。

3.サイドスリップ

フロントタイヤの横滑り量を、専用のテスターの上を通過することで測定するものです。

検査場の床には線が引かれていますので、線に沿って車を真っ直ぐにし、停止線で一旦停止、電光掲示板に「ゆっくり前進」という表示が出るまで待ちます。

テスターの上を通過する際は、できるだけゆっくり(歩くくらいの速度)進みましょう。

ワンポイントアドバイス
操作時はハンドルから手を放し、ブレーキも一定にするよう心がけます。慣れない方はハンドルを強く握ってしまったり、速度を調節しようとしてブレーキを踏み増してしまったりしますが、そのような操作は正確な数値が測れず落ちる可能性が高くなりますので注意しましょう。

4.ブレーキ

テスターのローラーでタイヤを回し、ブレーキをかけることでローラーの回転を止め、制動力の検査を行うという内容です。

前、後ろの順番で、まずはフットブレーキの検査を行います。

所定の位置に停止したら、ギヤーをニュートラルにし、パーキングブレーキは解除して待機。

その後、電光掲示板に「ブレーキをふむ」という指示が出たらブレーキをしっかり踏みます。

前後のフットブレーキ検査が終わると、次は駐車ブレーキです。これも掲示板に指示が出ますのでその通りに行います。

ワンポイントアドバイス
ブレーキの検査では、制動力のほか、引きずり(ブレーキが解除できているか)と、左右差の検査も行われています。インターネット上でよく紹介されている方法では、とにかく強く踏むとされていますが、それは間違いです。
現代の自動車で、検査場に来るまでの走行がおぼつかないような機構的な不具合がない限り、制動力が足らず不合格になることはありません。
ブレーキで落ちるもっとも多い原因は左右差です。左右差を出づらくするコツはガツンと一気に踏み込むのではなく、グググっとゆっくり踏んでいくことです。

5.スピードメーター

スピードメーターに表示されている速度と、実際の速度の誤差を測定するというものです。

電光掲示板に指示が出たら、ゆっくりと加速し、スピードメーターが40km/hを指したタイミングでパッシング、もしくは予め天井から吊るされている測定用スイッチを押します。

ワンポイントアドバイス
検査ライン上の事故で最も多く起きるのが、スピードテスター上での事故です。慣れていない方が初めてテスター上で加速すると、車の動きが普段とは全く違うため慌ててハンドルを切ってしまったり、急ブレーキをかけてしまったりすることで事故は起きます。
現在検査ラインに導入されているテスターには、飛び出しを防止するためにいくつものローラーが設置され、車の向きはある程度、自動的に調整されます。
普段感じることのない挙動かもしれませんが、ハンドルをしっかり持ち、ゆっくり加速、ゆっくり停止を心掛けることが大切です。

6.光軸検査(ヘッドライト)

ヘッドライトの光度(明るさ)と光軸(向き)を測定するというものです。

この検査はヘッドライトを点け(下向き)そのまま待っていれば、テスターが自動的に検査を行ってくれます。

ワンポイントアドバイス
以前ユーザー車検を含むいわゆる持ち込みでのヘッドライトの検査は、ハイビームで行われてきましたが、平成27年9月以降の検査では、平成10年9月以降に製造された車はすべてロービーム(下向き)で検査されるようになりました。
しかし紆余曲折を経て、現状ではロービームで合格できなかった場合は、ハイビームでの検査に切り替えて再測定を行い、ハイビームが基準値内であれば合格です。
ただし、法律上はロービームでの検査となっていることには変わりなく、あくまでも救済措置的な要素が強く、検査場によっても対応が分かれています。
そのため、いずれ平成10年9月以降に製造された車は、ハイビームでの検査はできなくなる可能性がありますので注意しましょう。

7.排気ガス濃度(ガソリン車のみ)

排気ガスに含まれるCO(一酸化炭素)とHC(炭化水素)濃度を検査するというものです。

電光掲示板の指示に従い、排気ガステスター横にあるプローブ(細長い棒状の物)を60cm以上差し込み、そのまま待っていると自動的に測定されます。

エンジンが不調の場合などでは不完全燃焼が起こり、排気ガス中のCOとHCの濃度が高くなって不合格になることがありますが、最近(15年経過)の自動車で、特にエンジンに不調を感じていなければ、不合格になることはほとんどありません。

8.下回り検査

検査台の上に車を乗せ、通称「ホリ」と呼ばれる地下に検査官が潜り、車の下回りの検査が行われます。

また、検査台自体が大きく振動させ、足回りなどにガタなどがないかも検査されます。

この際に指摘されやすい内容は、オイルやグリスの漏れ、サスペンションなどのブーツ類です。

3.新しい車検証と車検ステッカー(検査標章)の発行

総合判定室(通称小屋)に書類一式を提出し、終了です。

ここでは最終的な書類の不備、全ての検査結果を確認し、記録漏れなどがなければ「審査結果通知欄」に判が押され、晴れて合格となります。

その後、受付などを行った建物に戻り書類一式を提出し、新しい車検証と車検ステッカー(検査標章)を受け取れば、すべて終了です。

※写真は平成28年12月までの旧式デザイン

車検ステッカーは自分自身の手で、愛車に貼り付けることになります。真新しい車検ステッカーを張り付ける時は、ユーザー車検を自分自身の手でやりきったという、まさに至福の瞬間でもあります。

車検に必要な書類:「車検証(自動車検査証)」
車検の際必要な書類であり、車にとって最も大切な車検証ですが、知っているようで実際はよくわからない方も多いのではないでしょうか?そんな車検証の見かたや、詳細情報について解説説明していきます。  車検証(自動車検査証)とは ...
車検前に確認したいあのパーツと交換費用:「車検ステッカー(検査標章)」の貼り方
車検の到来を確認する方法は、ディーラーからのダイレクトメールなど様々あります。 しかし、日常的に確認できる最も簡易的な方法はフロントガラスに貼ってある車検ステッカーを見ることではないでしょうか。 ここでは、知っているようで知らない車...

検査票の記録について

それぞれの検査が終了するたびに、自動車検査票に検査結果を印字していきますが、3,サイドスリップ~6,光軸検査の検査終了時に1回、7,排気ガス濃度検査後に1回、8,下回り検査後に1回と計3回印字するパターンが多いようですが、これは地域や使用するコースにより若干違いがあります。

私がいつも使っている検査場では、もう1回印字しなくてはならないのですが、すっかり印字を忘れ、そのために再検査(不合格)になった苦い経験があります。

初めての方は、下記でも触れている検査ラインの見学をしてから、実際の検査に臨まれることをオススメします。

ユーザー車検を受ける時はリラックスする

特に初めてユーザー車検に挑戦するという方は、学校の入学試験や運転免許の試験と同じように緊張すると思いますが、とにかく肩の力を抜いてリラックスすることが大切です。

無理をしてなかなか次の検査に移れないといったほうが、後ろの方にも迷惑になりますし、陸運支局というといかにもお役所的な雰囲気があるかもしれません。

しかし、実際勤務しているスタッフや検査官は特に冷たいようなことはありませんので、分からないことがあれば遠慮なく質問してください。

また、受付や、外観検査のときに初めてであることを伝えると、検査官が1人ついて一緒に検査を行ってくれる場合もあります。

こうしたアシストなどをうまく活用し、少しずつリラックスしていきましょう。

初めての方は見学可能

私はいつも人からユーザー車検についてアドバイスを求められた時には、2ラウンドの受験を勧めています。

その理由は、検査ラインは誰でも見学ができるからです。

特に初めての場合は、少し早めに検査場へ行き、1度検査ラインの見学を行うことをオススメします。

予備検査場(テスター屋)の活用

検査場の近くには、通称テスター屋さんと呼ばれる予備検査場があります。

ここでは検査場と同じ設備を使い、不合格になりやすい箇所の確認や調整ができるのはもちろん、事前にどのような検査が行われるのかを疑似体験することが可能です。

費用は、ヘッドライト、サイドスリップなどの単体検査で1,000円~2,500円程度、車検と同じ全項目を行って5,000円~8,000円程度かかりますが、初めてで不安だという方にはオススメの方法になります。

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識ユーザー車検にチャレンジ
KumagaiShoheiをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較