【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

レクサス IS-Fの評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?

レクサス
この記事は約11分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。
この記事を書いた人
YoshidaMike

実家の家業を助け自動車整備士活動しながら、大手出版社にて車関連記事を執筆。整備士としての経験は約20年。約500車種以上に乗った経験から、インプレ記事を得意としております。

YoshidaMikeをフォローする

車検費用、買取査定相場、燃費、維持費

愛車の「レクサス IS-F」を車検を通してまだ乗り続けるか、それとも、売却して新しい車に乗り換えるか迷っている方向けに、「継続車検を選んだ場合の相場と点検ポイント」「売却を選んだ場合の買取相場」双方についてのメリット・デメリットを車両概要と共にご説明します。

「車検の継続」と「車の乗り換え」で迷った時は…
まずは愛車の下取り査定相場を無料査定で調査しましょう。その後に車検相場を調査し、天秤にかけた上で、金銭的に有利な方を選ぶことをお勧めいたします。納得のいく判断をするために、査定と車検それぞれの価格は同時に調べることが重要です。
1.レクサス IS-Fの車検相場
継続車検の相場(※1)83,190円~

※1 引用元:楽天車検

関連 レクサス系列ディーラーの車検費用は高い?安くする方法は?

2.レクサス IS-Fの下取り買取査定相場
新車価格(※2)~0万円
買取価格(※2)235.0万円~639.0万円
一括査定時の平均格差(※2)18.0万円
カーオクサポート買取参考価格(※3)272~463万円
業者間オークション予想買取価格(※3)282~483万円
ヤフオク!予想買取価格(※3)306~498万円

※2 引用元:カービュー
※3 引用元:価格コム

3.レクサス IS-Fの燃費
カタログ上の燃費/ℓ(※1)8.1km/L
カタログ上の燃費/ℓ(※2)8.2km/L

※1 引用元:カーセンサー(JC08モード)
※2 引用元:カーセンサー(10・15モード)

燃費測定におけるJC08モード/10・15モードとは?

JC08モードとは、2009年10月1日以降に発表された新型車に表示が義務付けられた新しい燃費測定方法で、冷えたエンジン状態から最高時速80キロ/hでの測定値となり、従来より厳しい基準での燃費測定です。
10・15モードとは従来のカタログ燃費表記法で、エンジンが既に温まった状態からの減加速且つ最高時速70キロ/hで測定されていました。

この車の維持費モデル例→ ★より詳細に年間車両維持費を計算する
4.レクサス IS-Fの維持費
排気量4,968cc
車両重量1,690kg
1.ガソリン代 ※1158,025円
2.自動車税 ※288,000円
3.自動車重量税 ※316,400円
4.自賠責保険16,350円
5.任意保険 ※4231,700円
6.駐車場代(東京都渋谷区平均相場44,832円/月 ※5)537,984円
7.消耗品(オイル交換1回+フィルター等+工賃 ※6)20,000円
8.車検費用(継続車検費用の年割価格 ※7)41,595円
9.年間想定維持費(1~8合計)1,110,054円(年)
10.月割り想定維持費(9÷12か月)92,505円(月)

※1 年間1万km走行、1L=128円、最低燃費で想定
※2 最高排気量モデルで計算
※3 日整連の算定ツールを使用したのち年割算出
※4 車両保険あり、8等級、ブルー免許、26歳以上
※5 引用元:駐車場ネット
※6 ディーラー価格による想定見積り
※7 引用元:楽天車検

レクサス IS-Fの車両概要

レクサス IS-Fの車両概要

引用:http://lexus.jp/models/is/f/

2014年、「走りを追求したプレミアムセダン」としての役割を「レクサスRC-F」に託し、フラッグシップとしての任を全うした「レクサスIS-F」。

その走りは生産終了となった今でも高く、日本のセダン史に輝かしい足跡を刻みつけました。

レクサスIS-Fスペックデータ
エンジン:V型8気筒DOHCエンジン(2UR-GSE型)4,968cc
車体サイズ:全長4,660mm×全幅1,815mm×全高1,415mm
ホイールベース:2,730mm
最大出力:423ps(311KW)/6,600rpm
最大トルク:505N・m(51.5)kgf・m)/5,200rpm
車体総重量:1,690kg

車名に共通点があるため、「レクサスIS F-SPORT」と混同されやすいレクサスIS-Fですが、ISとは全く別物と言えるほどスペシャリティにあふれた仕様となっています。

最大の特徴はエンジンにあり、後年発表された「レクサスRC-F」「レクサスGS-F」にも受け継がれた、トヨタ・ヤマハの共同開発によるV型8気筒DOHCエンジン「2UR-GSE」を搭載。

その性能は折り紙付きで、日本国内仕様は180kmで作動するスピードリミッターが装着されているものの、スタック状態での最高時速は公表値300kmオーバーです。

トヨタ・レクサス両ブランドを合わせても、スポーツ特化型エンジンを示す「G」が冠された初のエンジンであり、後に続く「F」の血族であることを示す証と言えるでしょう。

この異次元のハイスペックエンジンのベースは、同社のフラッグシップモデル「レクサスLS600h」に搭載されるV型8気筒・2UR-FSE型であり、技術陣がこの車にかけた国内最高峰プレミアムセダンに相応しい意気込みが感じられます。

高い次元でのスピードを競うハイスペックマシンの場合、空力効果・旋回Gといった力学上の問題は常のものですが、レクサスIS-Fにはそれらに対する苦心の数々を見ることができます。

このエンジンの場合は、旋回Gによるエンジンオイルの逆流が起こす油圧低下に対し、各シリンダーヘッドの両端からオイルを強制回収する「スカベンジポンプ」が採用されているのが印象的です。

ウェットサンプという仕様は油圧の安定化が難しい仕様ですが、オイル戻りの改善と油圧の安定化を両立している点は驚嘆に値します。

また、空力効果の面も瞠目に値し、2代目ISをベースとしオーバーハングのサイズアップ&ヘッド干渉を防ぐ隆起したボンネットなど、数々の空力チューニングが施されているのがレクサスIS F-SPORTとの相違点です。

さらに、専用設計のリアスポイラーやアンダーパネル、レクサスLFAを意識した作りエアインテークを備えた大型バンパーなど、フォーミュラカーに匹敵する高い技術力の結晶とも言えるでしょう。

そして極めつけは足回りです。

トヨタ自動車製の一般乗用車としては初となる、イタリアの名門ブレーキメーカー「ブレンボ(Brenbo)」との共同開発による専用ブレーキシステムも見逃せません。

ブレンボ社はスズキ・GSX1300Rハヤブサや、カワサキ・ニンジャZX-12Rなどのスーパースポーツバイクの分野ではお馴染みのブランドで、そのブレーキシステムの制動性能は世界一です。

この名門メーカーによる技術提供を受け、レクサスIS-F専用設計で生み出されたスパイラルフィン式ドリルドローターは放熱効果が非常に高く、超高速域でのマシンコントロールを確かなものへ昇華しています。

FR車であるIS-Fの仕様に合わせ、フロント360φ・リア345φという大径サイズのローターに加え、F対向6ポッド・R対向2ポッドのモノブロックキャリパーはそれだけで垂涎の対象と言えるでしょう。

このブレーキシステムと対を成すのは、BBS社との共同開発による19インチの軽量鍛造アルミホイールです。

排熱効果・耐久性・デザインと三拍子揃った逸品尽くしの足回りが、レクサスIS-Fがいかに特別なスポーツカーであるかを物語っています。

2014年5月18日をもち、レクサスから正式に販売終了が公表されましたが、IS-FのDNAは後継車であるレクサスRC-F・レクサスGS-Fに受け継がれ、世界中のスポーツセダンファンの心を昂ぶらせ続けています。

レクサス ISの評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?
車検費用、買取査定相場、燃費、維持費 愛車の「レクサス IS」を車検を通してまだ乗り続けるか、それとも、売却して新しい車に乗り換えるか迷っている方向けに、「継続車検を選んだ場合の相場と点検ポイント」「売却を選んだ場合の買取相場」双方につい...
レクサス RC Fの評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?
車検費用、買取査定相場、燃費、維持費 愛車の「レクサス RC F」を車検を通してまだ乗り続けるか、それとも、売却して新しい車に乗り換えるか迷っている方向けに、「継続車検を選んだ場合の相場と点検ポイント」「売却を選んだ場合の買取相場」双方に...
レクサス GS Fの評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?
車検費用、買取査定相場、燃費、維持費 愛車の「レクサス GS F」を車検を通してまだ乗り続けるか、それとも、売却して新しい車に乗り換えるか迷っている方向けに、「継続車検を選んだ場合の相場と点検ポイント」「売却を選んだ場合の買取相場」双方に...
レクサス LSハイブリッドの評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?
車検費用、買取査定相場、燃費、維持費 愛車の「レクサス LSハイブリッド」を車検を通してまだ乗り続けるか、それとも、売却して新しい車に乗り換えるか迷っている方向けに、「継続車検を選んだ場合の相場と点検ポイント」「売却を選んだ場合の買取相場...

レクサス IS-Fの継続車検を受ける場合

継続車検費用の相場と不具合・点検の注意点

レクサス IS-Fで継続車検を受ける場合の相場、および、故障が多く見つかりやすい箇所などの車両点検上の注意点についてまとめておきます。

レクサス IS-Fの車検相場価格(全国平均)

全国平均の車検費用
車検費用総額83,190円~
車検の費用内訳詳細
基本料金21,450円
自賠責保険料27,840円
重量税32,800円
印紙代1,100円

※法定費用+整備費用
※大型乗用車区分での算出
※車検費用には地域差があります
※認定工場の場合は印紙費用数百円が上乗せされます
※引用元:楽天車検

kocchi01a

レクサス IS-Fで継続車検を受ける場合の相場、および、故障が多く見つかりやすい箇所などの車両点検上の注意点についてまとめておきます。

レクサス IS-Fの車検と点検注意点

惜しまれつつも、レクサスの次世代スポーツモデル・RC-FやGS-Fにバトンを託し、任を終えたレクサスIS-F。

過去の何者もが持ち得なかったハイパワー、わずか1,690kgという軽量の車体が持つ運動性能、美しくも機能的なデザインは、現在でもオーナー人気の高いことで知られています。

生産終了後も中古車市場では玉数が少なく、多くのオーナーの方が車検を通して乗り続けることを検討されているのではないでしょうか?

しかしレクサスIS-Fは、そのハイスペックエンジン故にトラブルを抱えています。

エンジンの冷却ファンの不具合

レクサスIS-Fは平成26年10月より、エンジンの冷却ファンに対するサービスキャンペーンを実施されています。

これはリコールとしての届出ではありませんが、固定用の締め付けボルトの加圧が不適切なため、経年によってボルトの緩みが発生しファンの損傷・オーバーヒート・エンジンブローといった症状に発展する恐れがある危険なものです。

パーツ自体の不具合というわけではないものの、これだけのハイスペックマシンが高速走行中にエンジンブローを起こす、と考えるだけでも背筋を冷たいものが走ります。

対象車両は平成19年9月20日~平成23年11月28日製造車とされていますが、部品強度という明確な不良ではないだけに、低年式化したIS-Fを所有されている方は十分な注意が必要です。

ブレーキシステムの不具合

IS-Fに装備されている、強力な制動性能を誇るブレンボ謹製ブレーキシステムにも注意が必要です。

レース志向の強いブレンボはブレーキパッドの材質にもこだわりが強く、レクサスIS-Fのブレーキパッドは高摩耗のものとなっています。

余裕があるうちはメリハリの利いた制動性能を発揮しますが、レーシングパッドは耐久値を超えると急激に性能が低下する恐れがあるので危険です。

無意識のうちに飛ばしてしまう可能性が高いレクサスIS-Fは、オーナーの方が考えているよりも遥かにブレーキ消耗度が高いため、車検前は必ずディーラーにてパッド交換を行っておいた方が安心と言えるでしょう。

レクサス IS-Fを買取査定する場合

レクサス IS-Fを下取り査定に出す場合の相場、および、下取り査定上の注意点についてまとめておきます。尚、買取価格相場は常に変動しておりますので、必ず最新の相場を一括買取見積り比較などで調べることをお勧めいたします。

買取・下取り・査定の価格相場

レクサス IS-Fの下取り買取査定相場
新車価格(※1)~0万円
買取価格(※1)235.0万円~639.0万円
一括査定時の平均格差(※1)18.0万円
カーオクサポート買取参考価格(※2)272~463万円
業者間オークション予想買取価格(※2)282~483万円
ヤフオク!予想買取価格(※2)306~498万円

※1 引用元:カービュー
※2 引用元:価格コム

kocchi02a

レクサス IS-Fの買取・下取り・査定ポイント

後継車であるレクサスRC-F・レクサスGS-Fが登場した現在でも人気の高いIS-Fは、中古車買取業者垂涎の一台でもあります。

実走行距離1桁台の中古車にプレミア価格が上乗せされるケースもあり、業者としては買えば必ず利益が出せる車と言っても過言ではありません。

それだけに買取・下取り査定時には多くのチェックポイントが設けられるのが常ですので、前述のサービスキャンペーン等の不具合は事前にディーラーでチェックしておきましょう。

また、専用のカーボン製アンダーパネルも査定前に見ておきたいポイントです。

飛び石などによる傷は仕方ありませんが、このパネルは意外に凹凸・起伏があり、土砂や泥汚れが残りやすい形状となっているため注意しましょう。

ベテランの査定スタッフであれば、ここに注目してオーナーが自動車に関する知識を有しているかいないかを見極めにかかってきます。

査定前にはやや面倒ではありますが、ホースの水を強めに当てながら柔らかい素材のブラシなどで優しく水洗いしておくと効果的です。

その他、レクサス車ならではの手厚いサービスを受けることが出来る特権を活かし、ディーラーで査定前に点検を受けておきましょう。

正規ディーラーによる点検整備は、買い叩きを防ぐ上でもっとも有効な手段のひとつです。上手に活用し、よりよい条件での買取・下取りを引き出しましょう!

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

レクサス メーカー別相場情報 国産車
YoshidaMikeをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較