【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

オートバックスでの車検の特徴は?ディーラー車検よりどのぐらい安いのか?

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識

自動車を所有していれば、必ず避けては通ることができないもの。それが車検です。

車検とは?
国が定めた安全基準、正確には保安基準に適合しているかを一定の期間を設けて確認することであり、自動車を使用する上で最低限の安全を確認すること。

必要であることは誰しもが認識していることですが、その出費は決して無視できません。

ユーザー車検はかなり費用を抑えることができますが、やはり何も点検整備をしないのは不安になります。

そんな中、近年、車検委託先の有力候補として無視できない存在となってきたのが「カー用品店」での車検です。

ここでは代表的なカー用品店である「オートバックス」の特徴などについて、紹介していきます。

カー用品店での車検の安さと速さの秘密は?
自動車を所有していれば、必ず避けては通ることができないもの。それが車検です。 車検とは? 国が定めた安全基準、正確には保安基準に適合しているかを一定の期間を設けて確認することであり、自動車を使用する上で最低限の安全を確認すること。 必...
この記事を書いた人
KumagaiShohei

車検のプロ。長年、中古車販売会社にて保証の判定や、提携工場様との折衝、技術相談に携わる。国産車ディーラーの整備士として社会人デビューし、国産車ディーラー退職後も自動車関連の会社に勤務中。

KumagaiShoheiをフォローする
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

オートバックスの会社概要

オートバックスの会社概要

引用:http://www.autobacs.com/

まずは国内カー用品店大手のオートバックスについて、簡単におさらいしていきましょう。

運営企業情報

名称 株式会社オートバックスセブン
所在地 東京都江東区豊洲
店舗数 599店舗(2016年時点)
創業 1947年2月(昭和22年2月)

安心3つ星保証

安心3つ星保証とは、2016年7月からスタートしたオートバックス全店(車検の取り扱いが無いタイヤ専門館の一部は除く)で提供される、車検後の保証サービスです。

保証内容は以下になります。

  • パンクによるタイヤ交換1万円まで(ユーザー負担1,000円)
  • 窓ガラス修理・交換3万円まで(ユーザー負担1,000円)
  • バンパーキズ修理・交換1.5万円(ユーザー負担3,000円)

これら上記のものを1年間保証してくれるというもので、2016年7月1日以降に車検を実施し、オートバックスの会員であれば無料で加入できます。

このサービスは、ユーザーに行ったアンケートや、店舗などの意見を取り入れ、オートバックスが車検に力を入れている証拠であり、テレビCMなどでも宣伝している「車検後も安心がつづく!」を実践するハシラと言えるサービスです。

選べる安心車検を提供

オートバックスでは、多様化するニーズに応え、その人に合った安心や利便性を高めるため、ユーザーが選択できるサービスを用意しています。

ポイントサービスは2種類を選べる

コンビニや近所のスーパー、クレジットカードなど、巷には多くのポイントサービスが溢れています。

こうしたポイントは消費者に還元されている一方、付与されるポイントの種類が多すぎるため、お財布の中はポイントカードや会員カードでいっぱいになってしまうことも珍しくありません。

オートバックスにも独自の会員ポイントサービスがありますが、車検で支払った費用に合わせ、オートバックスポイントかTポイントのどちらかを選ぶことができるため、自分の都合に合わせたポイントが貯められて便利です。

車検と同時に消耗品交換を選択できる幅が広い

カー用品店であるオートバックスでは、常時店内にはタイヤ、エンジンオイル、バッテリーなど、車検整備に関わりのある消耗品も豊富に在庫しています。

そのため車検時に予算や要望に合わせ、その豊富な品揃えと在庫の中からユーザーの要望や予算に合わせた様々な部品を選ぶことが可能です。

例えば車検でタイヤの溝が少なく、交換が必要になったとしましょう。

そこで、どうせタイヤを交換するのであれば、低燃費に特化したタイヤを選んだり、ホイールごと交換して同時にドレスアップができたりしてしまうのです。

そんな「ついでに」を気軽に選択できるのは、カー用品店であるオートバックスならではと言えます。

カーライフをトータルサポートできる強み

もともとカー用品専門の総合店舗としてスタートしてオートバックスですが、現在は車の修理はもちろん、中古車の販売、自動車の買取りなど車に関わる様々な事業を展開しています。

いざ車検に出して見積りをとってみたら、保安基準に適合していない交換や整備箇所が多く発生してしまい、その車検に必要な予算が大幅にかかってしまうことも決して少なくありません。

そんな時、愛着のある車に大金を出して修理し、車検を行ってもらうことはもちろん可能ですし、少しでも安くできるよう相談にも乗ってくれたり、売却や乗り換えなどという要望にもその場で対応してもらえたりします。

予約受付、支払方法は24時間ネットでOK

車検を予約しなくてはいけないことはわかっていても、日々の忙しさに追われて、ついつい忘れてしまいがちです。

そんな方に嬉しいサービスとして、オートバックスでは、24時間365日いつでもインターネットを使って車検予約ができます。

そのため通勤中の電車の中でも、寝る前に思い出した時でも車検予約ができるため安心です。

また、法定費用を除き、車検費用の支払いも、現金、クレジットカード、各種ローンなどを選ぶことができます。

普段使っているクレジットカードで支払うことで無駄なくポイントにできたり、ローンを利用して維持費の負担を低減できたりと、ユーザーの都合で選ぶことができるので安心です。

車検後のメンテナンス

ウォッシャー液の点検・補充、エンジンオイル及びオイルフィルターの交換工賃、タイヤローテーション工賃など10のメンテナンスメニューが無料で受けられる、お得なメンテナンスメンバーサービスがあります。

通常は入会費1,080円、継続料540円がかかるのですが、オートバックスで車検を受けることで入会費と継続料が無料で加入できるため便利です。

車検前に確認したいあのパーツと交換費用:「エンジンオイル」
自動車を使用している皆さんにとって、メンテナンスと言われて思いつくのが、洗車とエンジンオイルの交換ではないでしょうか。エンジンオイルはよく「車の血液」などという宣伝文句が使われているように、自動車のエンジンにとって重要な役割を持っています。...
車検前に確認したいあのパーツと交換費用:「オイルフィルター」
エンジンオイルと共に、日頃のメンテナンスとして馴染みがあるといえば、エンジンオイルフィルターではないでしょうか。このエンジンオイルフィルターはエンジンオイルよりは交換頻度が低いものの、それでも同じぐらい定期的な交換が必要なものになります。 ...
車検前に確認したいあのパーツと交換費用:「タイヤ」
筆者自身が現役の整備士時代、比較的多く「車検のついでに交換しようかな」と皆さんが口にしていたと感じたのは、タイヤです。 しかし、ほかの消耗品と比べると割高感があり、ガソリンスタンドなどで勧められても「次の車検で交換すれば良いかな」と思...

長い整備保障(アフターサービス)

整備工場やガソリンスタンド、カー用品店で車検などの分解整備を行った場合、その整備箇所に対して、6か月または6,000Kmの整備保証が必ず付きます。

しかし、オートバックスではその整備保証期間を、12か月または20,000Kmとし、万が一車検の際に行った点検や整備箇所に不具合が生じた場合は、無料で再整備を行ってもらえるため安心です。

オートバックス車検の車検基本料金

引用:http://www.autobacs.com/static_html/syaken/index.html

オートバックス車検は一般的なディーラーと比較してどの程度金額差があるのか、具体例をもとに見ていきましょう。

※例:小型自動車(~1.0t未満、ヴィッツやフィットなど)での比較です。

国産ディーラーA 車検基本料金

24ヶ月点検基本料金・・・¥17,280
継続検査料・・・¥10,800
手続き代行料・・・¥9,720
合計・・・¥37,800

国産ディーラーB 車検基本料金

24ヶ月点検整備・・・¥30,240
保安確認検査料・・・¥6,480
検査代行手数料・・・¥2,160
合計・・・¥38,880

スーパーオートバックスA店 車検基本料金

点検整備基本工賃・・・¥26,632
申請代行手数料・・・¥0
合計・・・¥26,632(割引特典最大適用時¥19,072

スーパーオートバックスB店 車検基本料金

基本料金・・・特早コース¥15,120 早コース¥20,520 技コース¥28,080
代行手数料・・・¥0
合計・・・¥15,120~¥28,080

オートバックスC店 車検基本料金

基本点検料・・・¥10,800
代行手数料・・・¥3,240
合計・・・¥14,040(割引特典最大適用時¥11,040

オートバックスD店 車検基本料金

基本料金・・・特早コース¥15,120 早コース¥20,520 技コース¥28,080
代行手数料・・・¥0
合計・・・¥15,120~¥28,080

ディーラーがそれぞれほぼ同額ですが、注目すべきはスーパーオートバックス、オートバックス各店舗により、車検メニューと金額に差があることです。

サンプルとして抽出したスーパーオートバックスB店とオートバックスD店を見てみると、店舗の所在地は関東と四国でバラバラになっています。

しかい、どちらも特早コース・早コース・技コースの3つのコースがあらかじめ用意され、年式や走行距離に応じて選ぶことが可能です。

対してスーパーオートバックスA店やオートバックスC店では、車検コースはないものの、スーパーオートバックスA店は最大で7,000円、オートバックスC店では最大3,000円の割引特典が用意される形になっています。

オートバックスグループは全国で約600店舗ありますが、運営会社である株式会社オートバックスセブンの直営店舗は10店舗程度しかないため、ほとんどがフランチャイズ店です。

そのため加盟店ごとに、メニューやサービスに違いが出ています。

オートバックス、スーパーオートバックスで車検を考えている方は、近所の複数の店舗で基本料金や割引、得点などを比較してみるのがオススメです。

オートバックス車検を選ぶ理由は「手軽さ」

オートバックス車検を選ぶ理由は「手軽さ」

オートバックス車検を選ぶ理由は「手軽さ」

今では車検依頼先の候補はディーラー、車検専門店、民間車検場、ガソリンスタンド、そしてカー用品店のオートバックスと数多くあります。

もともとカー用品店であり、ひとたび自動車整備という範囲になると、整備技術の若干のバラつきが気になる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、気軽に立ち寄ることができ、カー用品の品揃えが豊富なオートバックスは、ショッピングセンターへ買い物に行くような感覚で車検を行えることが最大の魅力です。

車検が到来する前、芳香剤や携帯充電器などを買うついでに、車検についてわからないことや不安なことをオートバックスの店員さんに一度質問し、車検委託先の有力候補として検討してみてください。

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識カー用品店で車検
KumagaiShoheiをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較