【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

ENEOSでの車検の特徴は?ディーラー車検よりどのぐらい安いのか?

ENEOSでの車検の特徴は?ディーラー車検よりどのぐらい安いのか? 車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識
ENEOSでの車検の特徴は?ディーラー車検よりどのぐらい安いのか?
この記事は約8分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

自動車を所有していれば、必ず避けては通ることができないもの。それが車検です。

車検とは?
国が定めた安全基準、正確には保安基準に適合しているかを一定の期間を設けて確認することであり、自動車を使用する上で最低限の安全を確認すること。

必要であることは誰しもが認識していることですが、その出費は決して無視できません。

また、手間がかかるというのもユーザーにとっては手痛い要因になります。

しかし、いつも訪れているガソリンスタンドで車検を行えば、高額な費用はもちろん、手間を省くことが可能です。

今回はそんなガソリンスタンドの中で大手として有名なENEOS(エネオス)で行われている車検の内容や、特徴などを紹介していきます。

この記事を書いた人
KumagaiShohei

車検のプロ。長年、中古車販売会社にて保証の判定や、提携工場様との折衝、技術相談に携わる。国産車ディーラーの整備士として社会人デビューし、国産車ディーラー退職後も自動車関連の会社に勤務中。

KumagaiShoheiをフォローする

ENEOSの会社概要

ENEOSの会社概要

引用:http://www.noe.jx-group.co.jp/

ENEOSは、JXエネルギー株式会社が運営する日本を代表するガソリンスタンドブランドです。

元々はENEOSを展開していた新日本石油と、JOMOを展開していたジャパンエナジーが経営統合したのち、一本化されたブランドになります。

現在では全国に約10,000か所を超えるガソリンスタンドがあり、その割合はなんと日本国内にあるガソリンスタンドの3割をも占めている大手なのです。

元売企業情報

名称 JXエネルギー株式会社(元売り)
所在地 東京都千代田区
ガソリンスタンド数 10,706店舗(2015年時点)

ENEOSの車検(DD車検)

ENEOSの車検(DD車検)

引用:http://www.at-shaken.com/

ENEOSで提供されている車検は、DD車検(ドクタードライブ車検)です。

その特徴としては、以下の点が挙げられます。

車検のプロが実施

安心した車検のためには欠かせない内容として、国家資格整備士や、高度な技術と知識をもつメカニックが担当してくれます。

車検費用はすっきり明瞭

車検にかかる費用は分かり辛い項目が多いですが、事前点検・事前見積を実施し、ユーザーと相談して整備を実施するため、費用がすっきり明瞭になります。

自社整備工場を完備

一部は提携工場の場合もありますが、国土交通省地方運輸局認可の自社整備工場を完備しているので、高品質で責任を持った作業を実施してもらえ、安心です。

アフターフォローも万全

車検は、あくまで保安基準に適合しているかを確認しているに過ぎません。

しかしENEOSではDD車検実施後に、6ヶ月ごとの無料安全点検を実施するので、車検後も安心です。

車検は1日で完了

基本的には朝に車を預けて、夕方には引渡しできます。

車の状態や予約状態により例外もありますが、余計な手間を省けるのはユーザーにとってありがたい話です。

予算と整備内容で選べる3コース

自動車の使い方、年式、走行距離など、車検を受ける時の車の状態は様々です。

そのためENEOSのDD車検では、あらかじめ年式や走行距離、使用状況などに応じて3つのコースを用意されています。

エコノミーコース

いわゆる「ユーザー車検代行」のコースです。

法定24か月点検は付かず、法定点検はユーザーが行わなければなりませんが、基本料金を一番抑えたコースとなっています。

走行距離が2万km未満の車両、車に詳しくマメに点検している方、新車で購入後1回目の車検の人向けのコースです。

セーフティーコース

法定24か月点検が付いた、最もベーシックなコースです。

走行距離が2万km以上の車、日頃から車の手入れが疎かになっている方などにオススメのコースになります。

パーフェクトコース

ブレーキオイル交換と、ラジエータ液交換がセットになっているコースになります。

走行距離が3万km以上の車両、車の部品交換は車検の時に行なうと決めている方などにオススメです。

Dr.Drive(ドクタードライブ)とは

ENEOSでの車検を語るうえで欠かすことのできないのが、ENEOSが提唱するDr. Drive(ドクタードライブ)です。

ENEOSはこのDr Driveについて、公式ホームページで次のように紹介しています。

「ガソリンや軽油の給油はもちろん、お客様の愛車のホームドクターとして、日常の安全点検から車検まで行います。さらにオイル交換、洗車などお客様のカーライフをトータルでサポートするサービスステーションです」

今までガソリンスタンドで行われている車検や、オイル交換などを含めた整備に対して、あまり良い印象を持っていないという方も少なからずいると思います。

こうしたユーザーからの良くないイメージを払拭するために、ENEOSはユーザーに安心して車検を利用してもらえる努力をしているのです。

国家整備士をはじめとしたメカニックを常駐させたり、分かりやすく安心して任せられる車検などを構築するなど、ユーザーはもちろん、各ガソリンスタンドに再認識してもらうという意図が読み取れます。

つまりこれは、ガソリンスタンドで行われている給油や洗車などの通常サービスから、オイル交換や車検といった整備まで、より多くのユーザーに安心して利用してもらうための、ENEOSからユーザーへの安全・品質のメッセージなのです。

ENEOSの看板でも内容はまちまち

近所にあるENEOSを車検委託先の有力候補にしている方に注意して頂きたいのが、ENEOSの看板を掲げているガソリンスタンドはすべて同じではないということです。

ENEOSには、ガソリンの元売りにあたるJXエネルギー株式会社傘下の子会社が経営しているいわゆる直営と、有力企業や地元の商店が経営している特約店と呼ばれる2パターンがあります。

比率で言うと、元売りが経営する直営店より特約店の方が多いです。

つまりENEOSの看板がある以上、ENEOSが製造したガソリンや軽油を扱っているのは当然ですが、全国にあるENEOSのガソリンスタンドで行われている車検は、その店舗ごと(経営企業ごと)で大きく違います。

そのためENEOSだから大丈夫と安直に飛びついてしまうと、思わぬ事態を招いてしまいかねません。

もしも車検の依頼先として考えているのであれば、複数のENEOSで見積を取った上で、比較してから店を選ぶようにしましょう。

ENEOS車検の車検基本料金

ENEOS車検の車検基本料金

引用:http://www.at-shaken.com/

では、ENEOS車検が一般的なディーラーと比較してどの程度の金額差があるのか、また、直営のENEOSスタンドと、特約店のENEOSスタンドなどの具体例をもとに見ていきましょう。

※例:小型自動車(~1.0t未満、ヴィッツやフィットなど)、ENEOS車検はセーフティーコースでの比較です。

国産ディーラーA 車検基本料金

24ヶ月点検基本料金・・・¥17,280
継続検査料・・・¥10,800
手続き代行料・・・¥9,720
合計・・・¥37,800

国産ディーラーB 車検基本料金

24ヶ月点検整備・・・¥30,240
保安確認検査料・・・¥6,480
検査代行手数料・・・¥2,160
合計・・・¥38,880

ENEOS C店(直営店) 車検基本料金(認証工場)

車検基本料・・・¥21,400
予備検査料・・・¥10,100
合計・・・¥31,500(割引特典最大適用時¥12,500

ENEOS D店(直営店) 車検基本料金(指定工場)

車検基本料・・・¥28,100
予備検査料・・・¥0
合計・・・¥28,100(割引特典最大適用時¥9,500

ENEOS E店(特約店) 車検基本料金(認証工場)

車検基本料・・・¥19,224
予備検査料・・・¥6,480
合計・・・¥25,704(割引特典最大適用時¥15,984

ENEOS F店(特約店) 車検基本料金(指定工場)

点検整備基本工賃・・・¥9,100
完成検査料・・・¥14,200
合計・・・¥23,300(割引特典最大適用時¥12,500

当然ですが、国産車ディーラーそれぞれと比較すると、各ENEOS車検の金額が安いです。

特に注目して頂きたいのがENEOS車検で抽出した直営店2店舗、特約店2店舗、それぞれ認証工場と指定工場であるという点になります。

C店E店は認証工場ですので、点検や整備作業のあと各陸運支局に持込んで検査ラインを通す必要があるため完了までに最低1日かかりますし、土日祝日などでは陸運支局がお休みのため車検を行うことができません。

D店F店は指定工場ですので基本は1日車検ですが、午前中に預けて午後イチに納車ができる場合もあり、土日祝日など関係なく、原則いつでも車検を行うことができます。

また、上記の比較には書かれていませんが、認証工場と指定工場では法定費用にも若干の違いがあります。

法定費用のうちの「印紙代」については指定工場が1,100円で定額なのに対し、認証工場の場合、軽自動車は1,400円、小型自動車は1,700円、普通自動車は1,800円かかるため、指定工場のほうが安くあげられるのです。

まとめ – 店舗数多く利便性高いENEOSの車検

まとめ - 店舗数多く利便性高いENEOSの車検

引用:http://www.hedaunsousen.com/

ひと昔前のガソリンスタンドの整備と言えば、ディーラーの整備士から見ると、正直まったく相手にされない程度のものでした。

実際ガソリンスタンドで受けた整備が原因でトラブルになり、ディーラーにやってくる方も少なからずいたほどです。

しかし、最近はスタッフの教育や意識改革、指定工場の取得などにより随分と安心できる環境になってきたように見受けられるようになりました。

何よりENEOSのガソリンスタンドは最も店舗数が多いため、とても身近な存在となりつつあります。

こうした観点から、ディーラーよりも手軽で、十分に安心できる車検を受けてみたいと思ったのであれば、給油のついでにスタッフの方へ相談してみるのがオススメです。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識ガソリンスタンドで車検
KumagaiShoheiをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較
タイトルとURLをコピーしました