【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

レクサス RXハイブリッドの評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?

レクサス
この記事は約12分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。
この記事を書いた人
YoshidaMike

実家の家業を助け自動車整備士活動しながら、大手出版社にて車関連記事を執筆。整備士としての経験は約20年。約500車種以上に乗った経験から、インプレ記事を得意としております。

YoshidaMikeをフォローする

車検費用、買取査定相場、燃費、維持費

愛車の「レクサス RXハイブリッド」を車検を通してまだ乗り続けるか、それとも、売却して新しい車に乗り換えるか迷っている方向けに、「継続車検を選んだ場合の相場と点検ポイント」「売却を選んだ場合の買取相場」双方についてのメリット・デメリットを車両概要と共にご説明します。

「車検の継続」と「車の乗り換え」で迷った時は…
まずは愛車の下取り査定相場を無料査定で調査しましょう。その後に車検相場を調査し、天秤にかけた上で、金銭的に有利な方を選ぶことをお勧めいたします。納得のいく判断をするために、査定と車検それぞれの価格は同時に調べることが重要です。
1.レクサス RXハイブリッドの車検相場
継続車検の相場(※1)83,230円~

※1 引用元:楽天車検

関連 レクサス系列ディーラーの車検費用は高い?安くする方法は?

2.レクサス RXハイブリッドの下取り買取査定相場
新車価格(※3)602万円~742万円
買取価格(※2)データなし
一括査定時の平均格差(※2)データなし
カーオクサポート買取参考価格(※3)145~653万円
業者間オークション予想買取価格(※3)156~673万円
ヤフオク!予想買取価格(※3)182~688万円

※2 引用元:カービュー
※3 引用元:価格コム

3.レクサス RXハイブリッドの燃費
カタログ上の燃費/ℓ(※1)16.4~17.4km/L
カタログ上の燃費/ℓ(※2)18.8~19.4km/L

※1 引用元:カーセンサー(JC08モード)
※2 引用元:カーセンサー(10・15モード)

燃費測定におけるJC08モード/10・15モードとは?

JC08モードとは、2009年10月1日以降に発表された新型車に表示が義務付けられた新しい燃費測定方法で、冷えたエンジン状態から最高時速80キロ/hでの測定値となり、従来より厳しい基準での燃費測定です。
10・15モードとは従来のカタログ燃費表記法で、エンジンが既に温まった状態からの減加速且つ最高時速70キロ/hで測定されていました。

この車の維持費モデル例→ ★より詳細に年間車両維持費を計算する
4.レクサス RXハイブリッドの維持費
排気量3,456cc
車両重量2,140kg
1.ガソリン代 ※178,049円
2.自動車税 ※258,000円
3.自動車重量税 ※320,500円
4.自賠責保険16,350円
5.任意保険 ※4226,900円
6.駐車場代(東京都渋谷区平均相場44,832円/月 ※5)537,984円
7.消耗品(オイル交換1回+フィルター等+工賃 ※6)20,000円
8.車検費用(継続車検費用の年割価格 ※7)41,615円
9.年間想定維持費(1~8合計)999,398円(年)
10.月割り想定維持費(9÷12か月)83,283円(月)

※1 年間1万km走行、1L=128円、最低燃費で想定
※2 最高排気量モデルで計算
※3 日整連の算定ツールを使用したのち年割算出
※4 車両保険あり、8等級、ブルー免許、26歳以上
※5 引用元:駐車場ネット
※6 ディーラー価格による想定見積り
※7 引用元:楽天車検

レクサス RXハイブリッドの車両概要

初代レクサスRXハイブリッド(2006年~2009年)

1ランク上の上質なラグジュアリーSUV。

そんな表現がしっくりくるレクサスRXハイブリッドは、2代目RXシリーズが販売されていた2006年に追加リリースされます。

このRXハイブリッドは北米市場での人気は非常に高く、2004年度の販売台数は合計10万台を超えるほどの高い支持率を誇り、名実ともに高級SUVナンバー1の座を不動のものとしました。

セールスポイントは、車内空間のゆとりです。

広々とした空間作りを重視したことで、大柄な欧米人でも余裕を持って乗ることができ、人気を博しました。

気密性の高さはフラッグシップモデル・LSに勝るとも劣らず、加えてハイブリッドカー特有の低速走行時の静粛性はレクサス1とまで言われています。

ベースモデルは2代目レクサスRXの「RX350」で、ミリ波レーダーによる「プリクラッシュセーフティシステム」を始めとする安全装備の数々や、3.3リッターのV6エンジンとモーターの組み合わせによるハイブリッドシステムは業界に大きな影響を与えました。

これにより、「エコカーは非力である」という定説を見事に覆し、質感の高いインテリアも所有感を十二分に満たしてくれるモデルとなっています。

初代から高い完成度を見せ付けたレクサスRXハイブリッドは、2009年の3代目レクサスRXへモデルチェンジするまで、北米市場首位の座に君臨し続けました。

レクサス RXの評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?
車検費用、買取査定相場、燃費、維持費 愛車の「レクサス RX」を車検を通してまだ乗り続けるか、それとも、売却して新しい車に乗り換えるか迷っている方向けに、「継続車検を選んだ場合の相場と点検ポイント」「売却を選んだ場合の買取相場」双方につい...

2代目レクサスRXハイブリッド(2009年~2015年)

先代レクサスRXをベースに、2009年にモデルチェンジとなった3代目レクサスRX。

そのラインナップの中には、当然のようにRXハイブリッドの姿がありました。

「レクサスRX450h」という名前が示す通り、4.5リッターエンジン相当の出力を誇るレクサス初のアトキンソンサイクルエンジン(2GR-FXE型)を搭載。

このエンジンを採用したハイブリッドシステムに、排気熱再循環システム&大容量クールEGRを組み込むことにより、燃費性能・ヒーターによる暖房効率を底上げしました。

初代レクサスRXハイブリッドであるRX400fよりも燃費性能は高く、リッター11km以上を楽に実現し、海外メーカーのライバル車の追随を許さない性能を見せつけます。

レクサスのフルモデルチェンジでは恒例となった新装備としては、パソコンのマウスのような感覚でカーナビを扱える「リモートタッチ」や、走行速度・ナビゲーションをフロントガラス下部に表示させる「ヘッドアップディスプレイ」を標準装備。

高級感のあるインテリアも完成度が高く、特に「レクサスRX450h Version L」ではクッション長可変機能などがついた「セミアニリン本革シート」を始め、本木目パネル・パワーバックドア・後部シートにサイドエアバッグを装備し、安全性にも大きな重点が置かれた仕様となっています。

2012年のマイナーチェンジでは、他のレクサス車同様に新デザインアイコン「スピンドルグリル」装着となり、レクサスにおけるSUVの旗艦であることを強くアピールする形となりました。

こうして装い新たになったレクサスRXハイブリッドは、高い人気を維持したまま4代目へ世代交代を果たすことになります。

3代目レクサスRXハイブリッド(2015年~)

2015年4月の「ニューヨーク国際オートショー」で披露された4代目レクサスRX。

このモデルチェンジ時には、新開発燃料噴射システム「D-4S」を採用した2GR-FXS型エンジンを搭載した新型RX450hの姿もありました。

4代目レクサスRXは、フロント部のプラットフォーム変更によって従来よりも低重心となり、フラットな姿勢となっています。

しかし、上位グレード「RX450h F SPORT」には電動アクティブスタビライザーが標準装備となり、相乗効果でスポーツ走行での実力も非常に高いものとして世界中のファンを魅了し続けています。

新しいシンボルマークとなったスピンドルグリルはさらに大型化して存在感を強く主張するようになり、新溶接工法「レーザースクリューウェルディング」や構造用接着剤の採用による車体各部の剛性が高められました。

かつての兄弟車「トヨタ・ハリアー」とは別の道を歩んだレクサスRXは、全くの別物と言えるほどの車体剛性を手に入れ、安定性の高さに磨きをかけた形となります。

4代目に世代交代してから採用された、「プリクラッシュセーフティ」などの4つの電子制御デバイスを統合した「Lexus Safety System +」を標準装備し、安全面でも世界最高峰の充実度を誇るハイブリッドカーとして、熟成度を高めていくことが期待されています。

トヨタ ハリアーの評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?
車検費用、買取査定相場、燃費、維持費 愛車の「トヨタ ハリアー」を車検を通してまだ乗り続けるか、それとも、売却して新しい車に乗り換えるか迷っている方向けに、「継続車検を選んだ場合の相場と点検ポイント」「売却を選んだ場合の買取相場」双方につ...

レクサスRXハイブリッドの継続車検を受ける場合

継続車検費用の相場と不具合・点検の注意点

レクサス RXハイブリッドで継続車検を受ける場合の相場、および、故障が多く見つかりやすい箇所などの車両点検上の注意点についてまとめておきます。

RXハイブリッドの車検相場価格(全国平均)

全国平均の車検費用
車検費用総額83,230円~
車検の費用内訳詳細
基本料金21,490円
自賠責保険料32,800円
重量税24,600円
印紙代1,100円

※法定費用+整備費用
※大型乗用車区分での算出
※車検費用には地域差があります
※認定工場の場合は印紙費用数百円が上乗せされます
※引用元:楽天車検

kocchi01a

レクサス RXハイブリッドで継続車検を受ける場合の相場、および、故障が多く見つかりやすい箇所などの車両点検上の注意点についてまとめておきます。

RXハイブリッド 車検と点検の注意点

2代目レクサスRXからラインナップに加わったRXハイブリッドシリーズも、今年で誕生10周年を迎えました。

大ヒット車となった「トヨタ・ハリアー」を元に熟成を重ねた完成度の高さが自慢のモデルですが、2代目RXハイブリッドである「レクサスRX400h」以降、やや不具合報告が寄せられるようになっています。

それは車検自体に影響のあるものではありませんが、快適性を保障する面で大きな役割を果たすエアコンの問題です。

一般的にハイブリッドカーは、エンジンパワーのロスにつながる従来型のエアコン用コンプレッサーの代わりとして電動コンプレッサーを採用しています。

しかし、エンジンパワーロスは防げても、耐久性の面ではどうしても劣るものであり、高品質で知られるレクサスRXハイブリッドでもそれは変わりません。

極端な例では走行距離3万kmを超えたあたりで故障したという報告もあり、その場合は新品で20万円コースの出費となってしまいます。

エアコンは車検時には影響はないものの、ファミリーユースされることも多いレクサスRXハイブリッドでは、これだけ高額の修理費用は大きな負担となることは間違いありません。

車検を通した後に故障して泣く羽目にならないよう、車検を受ける前にはレクサスディーラーで点検を受け、リビルト品での代用も視野に入れた予算組みをしておいた方が無難と言えます。

RXハイブリッドを買取査定する場合

レクサス RXハイブリッドを下取り査定に出す場合の相場、および、下取り査定上の注意点についてまとめておきます。尚、買取価格相場は常に変動しておりますので、必ず最新の相場を一括買取見積り比較などで調べることをお勧めいたします。

買取・下取り・査定の価格相場

レクサス RXハイブリッドの下取り買取査定相場
新車価格(※2)602万円~742万円
買取価格(※1)データなし
一括査定時の平均格差(※1)データなし
カーオクサポート買取参考価格(※2)145~653万円
業者間オークション予想買取価格(※2)156~673万円
ヤフオク!予想買取価格(※2)182~688万円

※1 引用元:カービュー
※2 引用元:価格コム

kocchi02a

RXハイブリッド 買取・下取り・査定ポイント

レクサスRXハイブリッドシリーズは、つい最近の2016年9月にリコールの届出が出されたことはご存知でしょうか?

この届出の内容は助手席用エアバッグに関する問題で、高圧ガス封止弁の溶接が不適切なことにより、弁への圧力低下で不意にエアバッグが作動するという内容のものでした。

平成27年12月1日~平成28年4月8日までに製造されたRX450hが対象となっているため、該当車両を所有している方は、なるべく早いうちにディーラーでの交換を申し込んでおいたほうが良いでしょう。

リコール届出の内容は中古車買取業者もチェックしていますので、この不具合を放置しておくと買い叩きの材料にされてしまう恐れもあります。

またリコールとして表面化してはいませんが、3代目レクサスハイブリッド「RX450h」は「皮シート内発泡材の充填不足」によるシートの早期劣化が多数寄せられています。

これは現在レクサス側でも対策品の開発中であるため、一般の方にはまだ通知されていませんが、これを知らない中古車買取業者には買い叩きの材料でしかありません。

いざ査定の場になり、これを理由にマイナス評価をつけられる前にディーラーに相談し、「不具合によるものでオーナー問題ではない」という事を明確にしてもらう等の下準備をしておくことをオススメします。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

レクサス メーカー別相場情報 国産車
YoshidaMikeをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較