【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

レクサス LSハイブリッドの評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?

レクサス
この記事は約14分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。
この記事を書いた人
YoshidaMike

実家の家業を助け自動車整備士活動しながら、大手出版社にて車関連記事を執筆。整備士としての経験は約20年。約500車種以上に乗った経験から、インプレ記事を得意としております。

YoshidaMikeをフォローする

車検費用、買取査定相場、燃費、維持費

愛車の「レクサス LSハイブリッド」を車検を通してまだ乗り続けるか、それとも、売却して新しい車に乗り換えるか迷っている方向けに、「継続車検を選んだ場合の相場と点検ポイント」「売却を選んだ場合の買取相場」双方についてのメリット・デメリットを車両概要と共にご説明します。

「車検の継続」と「車の乗り換え」で迷った時は…
まずは愛車の下取り査定相場を無料査定で調査しましょう。その後に車検相場を調査し、天秤にかけた上で、金銭的に有利な方を選ぶことをお勧めいたします。納得のいく判断をするために、査定と車検それぞれの価格は同時に調べることが重要です。
1.レクサス LSハイブリッドの車検相場
継続車検の相場(※1)83,230円~

※1 引用元:楽天車検

関連 レクサス系列ディーラーの車検費用は高い?安くする方法は?

2.レクサス LSハイブリッドの下取り買取査定相場
新車価格(※3)1,081万円~1,595万円
買取価格(※2)データなし
一括査定時の平均格差(※2)データなし
カーオクサポート買取参考価格(※3)255~1,082万円
業者間オークション予想買取価格(※3)265~1,102万円
ヤフオク!予想買取価格(※3)289~1,117万円

※2 引用元:カービュー
※3 引用元:価格コム

3.レクサス LSハイブリッドの燃費
カタログ上の燃費/ℓ(※1)11~11.6km/L
カタログ上の燃費/ℓ(※2)12.2km/L

※1 引用元:カーセンサー(JC08モード)
※2 引用元:カーセンサー(10・15モード)

燃費測定におけるJC08モード/10・15モードとは?

JC08モードとは、2009年10月1日以降に発表された新型車に表示が義務付けられた新しい燃費測定方法で、冷えたエンジン状態から最高時速80キロ/hでの測定値となり、従来より厳しい基準での燃費測定です。
10・15モードとは従来のカタログ燃費表記法で、エンジンが既に温まった状態からの減加速且つ最高時速70キロ/hで測定されていました。

この車の維持費モデル例→ ★より詳細に年間車両維持費を計算する
4.レクサス LSハイブリッドの維持費
排気量4,968cc
車両重量2,230kg
1.ガソリン代 ※1116,364円
2.自動車税 ※288,000円
3.自動車重量税 ※320,500円
4.自賠責保険16,350円
5.任意保険 ※4220,700円
6.駐車場代(東京都渋谷区平均相場44,832円/月 ※5)537,984円
7.消耗品(オイル交換1回+フィルター等+工賃 ※6)20,000円
8.車検費用(継続車検費用の年割価格 ※7)41,615円
9.年間想定維持費(1~8合計)1,061,513円(年)
10.月割り想定維持費(9÷12か月)88,459円(月)

※1 年間1万km走行、1L=128円、最低燃費で想定
※2 最高排気量モデルで計算
※3 日整連の算定ツールを使用したのち年割算出
※4 車両保険あり、8等級、ブルー免許、26歳以上
※5 引用元:駐車場ネット
※6 ディーラー価格による想定見積り
※7 引用元:楽天車検

レクサス LSハイブリッドの車両概要

レクサスLSハイブリッド(UVF4#型 2007年~)

2007年のモデルチェンジで4代目レクサスLSとなったのを機に、新たなハイブリッドセダンとしてラインナップに加わったのが「レクサスLS600h」です。

同時にリリースされたロングホイールベースモデルの「レクサスLS600hL」は新車販売価格1,330~1,510万円と非常に高額で、それまで国産車の最高価格であった「トヨタ・センチュリー」の1,253万円を上回る最高級車となりました。

また、標準仕様のレクサスLS600hでも全長5,060mm、車体重量2.2トン以上の大型車となっています。

王者の風格を漂わせた堂々たる風格があり、発表当初から国内外の富裕層の高い関心を一身に集めました。

この抜群の存在感を持つレクサスLS600hの走りを支えるエンジンは、「レクサスLS460」の4.6リッター1UR-FSE型エンジンをベースにしたもので、5.0リッターまでスープアップされた2UR-FSE型エンジンを搭載。

さらに「レクサスGS450」にも採用されている1KM型モーターは最高出力165KW(224ps相当)まで強化され、パワーユニット合算での最大出力は445psという驚異的なスペックを誇ります。

ハイブリッドシステムのベースは「トヨタ・プリウス」などと同じものですが、トランスミッションに「2段変則式リダクション機構」が組み込まれました。

これによってジェネレーターの回転数の自在性が非常に高められており、息を吸って吐くがごとき自然な滑らかさで走れるのがレクサスLS600hの大きな特徴です。

また、1KM型モーターのもっとも美味しい領域を活用することにも一役買っており、ハイパワーを効率的に発揮するための工夫が惜しみなく注ぎ込まれています。

まさにレクサス車の頂点に立つに相応しい、最高クラスのシステムと言ってもよいでしょう。

「レクサスGS450h」には採用されなかったEVモードを採用しているのもレクサスLS600hのウリのひとつで、時速40km以下であればモーターのみでの走行を可能としており、深夜の住宅街などでの静粛性も天下一品と言えます。

その実力は非常に高く、燃費性能・CO2排出値などの面も含め、現在では総理大臣専用車として活躍しているほどです。

快適性と走行性能を兼ね備えたパワーユニットを支える足回りも秀逸で、レクサスLS600hのために開発されたトルクスプリット型LSD方式を採用したAWD方式が走行時の安定性とパワーコントロールを可能としています。

時代の最先端装備を盛り込むレクサス車としては少々珍しい完全メカニカル方式のAWDですが、車両統合制御システム「VDIM」による電子制御とのバランスによって高い運動性能と安全性をしっかりと両立しているのが印象的です。

レクサスLS600hのハンドリングは実にナチュラルで、AWDが前後のトルク配分を状況に応じて切り替えてくれます。

通常時は40:60の配分でハイスペックエンジンの加速力を活かし、コーナリング時などスポーティさが求められるシーンでは30:70の配分で高いコントロール性を発揮。

路面コンディションの悪いシーンでは、50:50の配分で抜群の安定性を誇っています。

ブレーキシステムにはLS460 Version-Sの大径4ポッドアルミモノブロックブレーキキャリパーと、F357φ・R335φの大径ディスクローターを採用し、重量級のレクサス600hの車体を思うがままにコントロールできる高い制動性能を担保しているのも魅力のひとつです。

走りに特化したスポーツセダンと言えば同社のGSシリーズが高名な存在ですが、レクサスLS600hはそれに匹敵する実力を秘めた存在となっています。

インテリアは同社のフラッグシップ「レクサスLS460」と同一で、オーナーの好みによってカスタマイズできる上質なラグジュアリーセダンとして、高級感あふれる車内空間と居住性の高さとなっていることは、皆様もよくご存知の通りです。

エクステリアとしては、世界初採用のLED3眼一体型のプロジェクターヘッドライトが独自のもので、誰が見ても一目でLSのハイブリッドだとわかるほど大きな特徴となっています。

スピンドルグリル採用前のデザインを好むオーナーの方も多く、ルックスの良さはレクサスブランドの中でも別格となっています。

誕生から10年、レクサスLS460と同じタイミングで年次改良が行われ、現在のレクサス車のトレードマークとなったスピンドルグリルの採用や、SDナビゲーションシステムの標準装備、「エージェント」「LEXUS Apps」といった装備追加が行われてきました。

ライバルが存在すること自体を許さないほどの高い完成度こそが、レクサスLS600h最大の魅力と言えるでしょう。

レクサス LSの評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?
車検費用、買取査定相場、燃費、維持費 愛車の「レクサス LS」を車検を通してまだ乗り続けるか、それとも、売却して新しい車に乗り換えるか迷っている方向けに、「継続車検を選んだ場合の相場と点検ポイント」「売却を選んだ場合の買取相場」双方につい...
レクサス GSの評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?
車検費用、買取査定相場、燃費、維持費 愛車の「レクサス GS」を車検を通してまだ乗り続けるか、それとも、売却して新しい車に乗り換えるか迷っている方向けに、「継続車検を選んだ場合の相場と点検ポイント」「売却を選んだ場合の買取相場」双方につい...
トヨタ プリウスの評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?
車検費用、買取査定相場、燃費、維持費 愛車の「トヨタ プリウス」を車検を通してまだ乗り続けるか、それとも、売却して新しい車に乗り換えるか迷っている方向けに、「継続車検を選んだ場合の相場と点検ポイント」「売却を選んだ場合の買取相場」双方につ...

11年ぶりフルモデルチェンジ!ファン待望の新型LS500hを検証!

レクサスを象徴するフラッグシップモデル・LSが、2017年暮れに待望のフルモデルチェンジを行ったことは記憶に新しいところですが、果たして新型はどのように進化しているのか気になる方も多いのではないでしょうか?

今回のフルモデルチェンジでは、デザイン・パフォーマンスはもとより、搭載設備のテクノロジーや細部への作り込みまでを一新。

レクサスのアイコンとなったスピンドルグリルはより精巧なデザインが施され、レクサスの旗艦機に相応しい威容を持ち、先代以上の迫力ある作りとなりました。

ハイブリッドモデルである点は先代と同様で、3.5リッターのV型6気筒エンジンにマルチステージハイブリッドシステムを搭載。

ユニット全体での最高出力は359psと若干控えめながら、JC08モードでリッター15.6kmという燃費値は、5リッタークラスの高級サルーンとしては驚異の数値だと言えます。

室内の静粛性は歴代LS同様ですが、当代の新型LS500hは始動時などにわずかなエキゾーストが聞こえるのが特徴。

これは機密性が低下したのではなく、環境配慮が厳しく求められ続けている自動車への規制強化の中、「クルマらしさ」を残したいというレクサス開発陣の思いの表現と受け取ってよいでしょう。

全長5,235mm×全幅1,900mm×全高1,450mm(AWDモデルは1,460mm)と巨体ながら、乗り出してみると意外に小さく感じられるのが新型LS500hの特徴。

これは乗り込む前に目にした巨体と走り出してからのスムーズな動き方とのギャップによるもので、アクセルを踏み込む度合いがわずかでもスッと動く加速性のよさに起因するもの。

電気モーターのみで30.6kg-mというトルクの恩恵により、EVモードでも十分な走行性能を発揮できるようになったことが先代LSとの大きな相違点だと言えます。

今回試乗させて頂いたAWDの安定ぶりは、レクサスを含む日本車のハイクオリティぶりを世界へ知らしめるレベルであり、ドライバーが絶対の信頼を置くに足るもの。

発表後わずか1ヶ月で月間目標数600台に対し、9,500台もの受注が行われた高評価に嘘偽りはなく、完成度の高さにおいてはほぼ満点だと言えます。

新型LS500h、車検などの維持コストに変化は?

プレミアムサルーンに相応しい完成度を誇る新型レクサスLS500hですが、車検費用や維持費に関しては仙台に比べてどうなのでしょうか?

新型LS500hの新車販売価格は2WDモデルで1,160万円(税込み)からとお値段も相当ですが、ハイブリッドモデルであるためエコカー減税による優遇措置がある点にもご注目。

3代目LSまでの場合、乗り出しにかかる最低諸費用は約56万円にも上りますが、減税対象の新型LSはなんと約19万円。

これはレクサスLSのアキレス腱とも言えるエアサスの寿命など、車検や維持費におけるコストを補って余りあるものであり、十分検討に値する好材料のひとつです。

先に触れさせて頂いたように、レクサスLSはどのモデルでもその車重により、走行距離が少なくてもエアサス・ダンパー・ブレーキ回りの消耗が激しい傾向にあります。

この減税による恩恵はそれらの維持費を助けるだけではなく、新車での購入という安心感とレクサスの手厚いサポートを受けられるという2つの大きなメリットが存在します。

この2つのメリットと最新モデルの完成度の高さ、そしてオーナー満足度の高さといった要素と現在のレクサスLSの維持費とを総合的に比較し、ご自身でしっかりと検討されることが新型LS500h購入の上で失敗しない重要ポイントだと言えるでしょう。

レクサス LSハイブリッドの継続車検を受ける場合

継続車検費用の相場と不具合・点検の注意点

レクサス LSハイブリッドで継続車検を受ける場合の相場、および、故障が多く見つかりやすい箇所などの車両点検上の注意点についてまとめておきます。

LSハイブリッドの車検相場価格(全国平均)

全国平均の車検費用
車検費用総額83,230円~
車検の費用内訳詳細
基本料金21,490円
自賠責保険料32,800円
重量税24,600円
印紙代1,100円

※法定費用+整備費用
※大型乗用車区分での算出
※車検費用には地域差があります
※認定工場の場合は印紙費用数百円が上乗せされます
※引用元:楽天車検

kocchi01a

レクサス LSハイブリッドで継続車検を受ける場合の相場、および、故障が多く見つかりやすい箇所などの車両点検上の注意点についてまとめておきます。

LSハイブリッド 車検と点検の注意点

登場から一度もモデルチェンジが行われていないレクサスLS600hですが、2017年に5代目レクサスLSとなることが正式発表されました。

現在のレクサスLSハイブリッドの車検を受けて乗り続けるか、はたまた新型の登場を待って乗り換えるか、現在のLSハイブリッドオーナーの方にとっては非常に悩ましい選択を迫られているのではないでしょうか?

非常に高い完成度を誇るレクサスLSハイブリッドですが、各部品の耐久性・修理費用などの維持費を考えた上で検討されることをオススメします。

そのためにも、まずはレクサスLSハイブリッドの不具合について見ていきましょう。

エアサスペンションの劣化

レクサスのフラッグシップモデルとして非常に完成度の高いLSハイブリッドは、快適性向上のため全グレードに電子制御式エアサスペンションが採用されています。

LSハイブリッドで過激な走りを楽しむ方はごくごくわずかであるため、普通に走っているオーナーズカーであれば10万km程度までは安心して乗れますが、それ以上になると要注意です。

もしマンホールの継ぎ目や路面のギャップでわずかでもバタつくようであれば、エアサスの寿命が近いことを示しています。

「トヨタ・クラウンマジェスタ」などでも同じことが言えますが、レクサスLSに採用されているこのエアサスは非常に高価で、2本1セットで交換する必要がある関係上、工賃を含めると20万円以上の出費を覚悟しておく必要があります。

ショック抜けを起こすまではいかなくても、この状態では爆弾を肌身離さず抱いているのと変わりませんので、心当たりのある方は車検前にディーラーでの点検を受けておいた方がよいでしょう。

トヨタ クラウンマジェスタの評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?
車検費用、買取査定相場、燃費、維持費 愛車の「トヨタ クラウンマジェスタ」を車検を通してまだ乗り続けるか、それとも、売却して新しい車に乗り換えるか迷っている方向けに、「継続車検を選んだ場合の相場と点検ポイント」「売却を選んだ場合の買取相場...

レクサス LSハイブリッドを買取査定する場合

レクサス LSハイブリッドを下取り査定に出す場合の相場、および、下取り査定上の注意点についてまとめておきます。尚、買取価格相場は常に変動しておりますので、必ず最新の相場を一括買取見積り比較などで調べることをお勧めいたします。

買取・下取り・査定の価格相場

レクサス LSハイブリッドの下取り買取査定相場
新車価格(※2)1,081万円~1,595万円
買取価格(※1)データなし
一括査定時の平均格差(※1)データなし
カーオクサポート買取参考価格(※2)255~1,082万円
業者間オークション予想買取価格(※2)265~1,102万円
ヤフオク!予想買取価格(※2)289~1,117万円

※1 引用元:カービュー
※2 引用元:価格コム

kocchi02a

LSハイブリッドの買取・下取り・査定ポイント

レクサスLS600hを買取に出そうと検討中の方にとって、今の時期はまさに追い風です。

世代交代する前のこの時期は、走行距離10万kmを越えていても、かなりの高額買取が期待できます。

エンジンの耐久性・安全性に定評がある、LSシリーズならではの恩恵と言っても過言ではありません。

この恩恵を十分に享受するには、前述のサスペンションの状態確認に加え、電装系の確認が肝要です。

レクサスLSは目立ったトラブルの少ないモデルですが、イージークローザードアが全て作動するか、高価なマークレビンソンオーディオシステムの劣化など、オーナー自身が把握しておきたいポイントが無数にあります。

これを一般の方が全て行うのは非常な労力を伴いますので、現在レクサスLS600hの売却を検討されている方は、ディーラーへ持ち込んで電装系の点検を立会いで希望するとよいでしょう。

特にオーディオシステムの高音量での音割れは気付きにくい不具合ですので、査定時に発覚すると大きなマイナス評価ポイントとなってしまいます。

さすがにどのパーツも高価なLSシリーズだけあり、不具合の修理に出すよりはそのまま売却したほうが却ってお得なケースが多々ありますが、査定申し込み時に不具合を申請しておくだけで査定価格に大きな差がつきます。

上手にレクサスLS600hを売りたい方は、今度のお休みにディーラーまでドライブをしてみるのがオススメです。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

レクサス メーカー別相場情報 国産車
YoshidaMikeをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較