【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

カーコン車検(旧ヤマト車検)の特徴は?ディーラー車検よりどのぐらい安いのか?

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識
この記事は約8分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

自動車を所有していれば、必ず避けては通ることができないもの。それが車検です。

車検とは?
国が定めた安全基準、正確には保安基準に適合しているかを一定の期間を設けて確認することであり、自動車を使用する上で最低限の安全を確認すること。

必要であることは誰しもが認識していることですが、その出費は決して無視できません。

かと言って、費用が抑えられるユーザー車検では不安が残ります。

こうした問題を前にした時に、多くの人が委託先の候補として考えるのが「車検専門店」ではないでしょうか。

ここでは代表的な車検専門店である「カーコン車検(旧ヤマト車検)」の特徴と、ディーラーと比較してどれぐらい安くなるのかについて、紹介していくことにします。

【最安値】車検費用を業者で比較したらこうなった
車検と言えば、一様に「高い」というイメージが昔から付きまといます。 昭和の時代から比べれば格段に安くなったとは言え、未だ車検は自動車を所有することの大きなハードルであることは間違いありません。 車検にかかる費用とは「法定費用+点検整...
車検の委託先業者にはどんな種類がある?特徴とコストを徹底比較
初めて自分の車を車検に出そうとした場合や、委託先の変更を検討されている場合、今の日本で車検をお願いできる業者はたくさんあります。 そうなると、いざ委託先を決めようとした際には迷ってしまいますよね? そこで今回は車検を依頼できる委託先...
この記事を書いた人
KumagaiShohei

車検のプロ。長年、中古車販売会社にて保証の判定や、提携工場様との折衝、技術相談に携わる。国産車ディーラーの整備士として社会人デビューし、国産車ディーラー退職後も自動車関連の会社に勤務中。

KumagaiShoheiをフォローする

カーコン車検とは

カーコン車検ピットイン中川店 (引用:http://carcle.jp/)

「カーコン車検(旧ヤマト車検)」は、軽板金修理のフランチャイズチェーンとして有名な「カーコンビニ俱楽部」が運営する車検専門チェーンです。

まずは簡単に企業情報を見ていきましょう。

運営企業情報

名称 カーコンビニ倶楽部株式会社
所在地 東京都港区
店舗数 250店舗(2016年時点)
グループ運営方式 フランチャイズ

トータルカーライフをサポート

上記のようにカーコン車検は、軽板金の全国チェーンとして2000年に登場した「カーコンビニ俱楽部」が提供している新サービスで、2010年に登場しました。

全てのカーコンビニ俱楽部店舗で車検を提供しているわけではありませんが、カーコン車検を取り扱う多くの加盟店は、カーコンビニ俱楽部の既存サービスも提供しています。

そのため車検時だけでなく、日頃のメンテナンスや傷・へこみなどの板金修理、車の売却・購入まで、車のことならなんでも相談できるので、あまり車に詳しくない方にとっては頼もしい存在です。

車検ではなく診断

多くの車検専門店やディーラーでも行われることの増えた「立会い診断」ですが、カーコン車検では「立会い車検」ではなく「立会い診断」であることを強調しています。

ユーザー立会いのもと、実際に車検に通してしまうのが立会い車検であり、最終的な金額は車検をやってみないとわからないため、不明瞭になりがちです。

しかし立会い診断なら、車検の前にユーザーと共に車の状態を一緒に確認を行い、具合箇所があってもすぐに整備が必要かどうかをプロの整備士が判断後、ユーザーに伝えることで、予算に合わせた必要な整備を選ぶことができます。

こうした違いがあるからこそ、カーコン車検では立会い車検ではなく、立会い診断であることを強調しているのです。

カーコン車検「立会い診断」項目

それではカーコン車検が行っている立会い診断の箇所を、各項目ごとに見ていきましょう。

①外観・車内診断
診断箇所
フロントガラス、発炎筒、エンジンの掛り具合、灯火装置、ウォッシャノズル、ワイパーブレード、パーキングブレーキの引きしろ、パワーウィンド、ドアロック、シートベルト、シート、エアコン
②足回り・下回り診断
診断箇所
オイル類、冷却水、ガソリンタンク、タイロットエンドブーツ、ドライブシャフトブーツ、配管、マフラー、サスペンション関連、タイヤ
③エンジンルーム診断
診断箇所
ブレーキオイル、ウォッシャー液、冷却水、タイミングベルト、ファン、エアコン、パワステベルト、バッテリー、エンジンオイル、オイルエレメント、オートマチックオイル、スパークプラグ、エアエレメント、ブレーキマスターシリンダー

事前見積で納得のいく車検にできる

上記の立会い診断を行うことで、車検と行う上で必要な整備項目が明確になります。そのため従来の事前見積でありがちな、予想以上の高額車検になってしまうような心配はいりません。

また、車検時に交換が必要な整備以外にも、消耗品が多く使われている自動車には今すぐの交換作業は必要ないものの、早めの交換が推奨される整備項目が必ずと言っていいほどあります。

こうした素人には判断がつかない内容も、立会い診断をすれば推奨整備項目を自分の目で確認し、明確な見積りを見ながら、プロの整備士の説明をしっかり聞くことができるため、実施するかどうかの判断も納得してできるのです。

車検後のサービスも万全

自動車には数万点の部品が使用されていますが、その多くが消耗品です。

消耗品とは呼んで字のごとく、いつかは必ず交換しなくてはならない部品になります。

この消耗品というのが厄介で、今回の車検では問題がなかったため交換を行わなかったものの、推奨整備項目として挙げられていたことを車検が終わってしまうと、ホッとして忘れてしまいがちです。

そしてそのまま交換を忘れてしまい、車の寿命を縮めてしまうなんてことも珍しくありません。

しかしカーコン車検では、車検時に提案した部品交換時期が近づくと店舗から案内が届くため、こうした「うっかりミス」がないように車検後のフォローも万全になっています。

カーコン車検クオリティースタンダード

カーコン車検クオリティースタンダードとは、カーコン車検がフランチャイズチェーンとして定めた全体的な方針をもとに、各加盟店が具体的な目標を設定しているものです。

これは定期的で厳格なチェックを行い是正を行うことはもちろん、立会い診断、事前見積り、入出庫チェックを100%実施することを定めた店舗で実施すべき内容及びそれを維持するための体制全般を指します。

こうすることで、車検を受けるユーザーが「安心・納得」を得ることができるよう、グループ全体で取り組んでいるのです。

カーコン車検の車検基本料金

カーコン車検 和歌山中央店 (https://wakayama.mypl.net)

カーコン車検は一般的なディーラーと比較してどの程度の金額差があるのか、具体例をもとに見ていきましょう。

※例:小型自動車(~1.0t未満、ヴィッツやフィットなど)で、同県内での比較です。

■国産ディーラーA 車検基本料金
24ヶ月点検基本料金・・・¥17,280
継続検査料・・・¥10,800
手続き代行料・・・¥9,720
合計・・・¥37,800
国産ディーラーB 車検基本料金

24ヶ月点検整備・・・¥30,240
保安確認検査料・・・¥6,480
検査代行手数料・・・¥2,160
合計・・・¥38,880
カーコン車検A店 車検基本料金

車検基本料金・・・¥13,650円
継続手数料・・・¥4,580
合計・・・¥18,230
カーコン車検B店 車検基本料金

車検基本料・・・¥14,040
代行・調整料・・・¥7,560
合計・・・¥21,600

ディーラーがそれぞれほぼ同額なのに対し、カーコン車検のA店とB店では若干の違いがありました。

そしてカーコン車検A店よりも割高に見えるカーコン車検B店の内容をよく見てみると、早めの予約でお得になる割引が用意されています。

カーコン車検B店で最大の割引となる3か月前に予約すると5,000円が値引きとなるため、カーコン車検B店の合計は16,600円となり、カーコン車検A店よりも安くなるのです。

例にあげた各カーコン車検A店B店以外のカーコン車検店舗を見ても、店舗によって基本料金の設定項目数、価格、割引の有無など、ディーラーと比較して安いのはもちろん、すべて独自の価格設定となっていることが大きな特徴になります。

車検費用と値段の内訳(法定費用と点検整備代)
車検にかかる費用は一見するとかなり高額に思えますが、実際には、さまざまな費用が合計されています。一般の方には少々分かり辛い車検にかかる費用の内訳を説明していきましょう。 車検にかかる費用は大きく分けて2つ ユーザー車検を除き、業...

カーコンビニ俱楽部って?

引用:http://www.carcon.co.jp/

ここでカーコン車検の運営母体である、「カーコンビニ俱楽部」について紹介していきましょう。

ちょっと気になるキズ・ヘコミ

今やガソリンスタンド、ディーラーなど多くのところで取り扱いがあり、多くのユーザーに支持されている軽板金修理。

自動車のボディーが破損した場合、何日もの修理期間と、数万円以上の修理費がかかるのが当たり前だった上に、どんな小さな傷を修理するにもドアパネル1枚の再塗装が必要になったため、大掛かりな修理が必要でした。

そこで2000年に登場し、有名タレントを起用したテレビCMなどで一躍有名になったのが、カーコンビニ俱楽部です。

通常、板金作業にはパテと呼ばれる材料を使います。

板金作業はこのパテを使い、乾燥に数時間、成形に数時間、下地塗装の乾燥に数時間、表面塗装乾燥および磨きに数時間と最低数日かかっていました。

速乾性の特殊なパテや塗料を使いうことで時間を短縮し、各自動車のカラーナンバーをもとに塗料を作り出す技術など、さまざまな最新技術を採用。

これにより、作業時間を大幅に削減することに成功しました。

そのため多くのユーザーが時間や費用の面から修理をあきらめていた小さな傷や凹みが早く安く直せることになり、自動車の板金修理業界に大きな変革をもたらしたのです。

なんでも相談できるクルマのコンビニ

軽板金を事業の柱としたチェーン展開で、当時の板金業者を中心に、自動車修理工場、中古車販売店など多くの企業がカーコンビニ俱楽部に加盟していきました。

その結果、現在では板金だけでなく、車検や売買、自動車保険、レンタカーなど、カーライフをトータルにサポートし、ユーザーが気軽に立ち寄れる「クルマのコンビニエンスストア」と成長し続けています。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識車検専門店で車検
KumagaiShoheiをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較
タイトルとURLをコピーしました