【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

コバック車検の特徴は?ディーラー車検よりどのぐらい安いのか?

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識
引用:www.e-ino.j

自動車を所有していれば、必ず避けては通ることができないもの。それが車検です。

車検とは?
国が定めた安全基準、正確には保安基準に適合しているかを一定の期間を設けて確認することであり、自動車を使用する上で最低限の安全を確認すること。

必要であることは誰しもが認識していることですが、その出費は決して無視できません。

かと言って、費用が抑えられるユーザー車検では不安が残ります。

こうした問題を前にした時に、多くの人が委託先の候補として考えるのが「車検専門店」ではないでしょうか。

ここでは代表的な車検専門店である「車検のコバック」の特徴などをご紹介していきたいと思います。

車検の委託先業者にはどんな種類がある?特徴とコストを徹底比較
初めて自分の車を車検に出そうとした場合や、委託先の変更を検討されている場合、今の日本で車検をお願いできる業者はたくさんあります。 そうなると、いざ委託先を決めようとした際には迷ってしまいますよね? そこで今回は車検を依頼できる委託先...
【最安値】車検費用を業者で比較したらこうなった
車検と言えば、一様に「高い」というイメージが昔から付きまといます。 昭和の時代から比べれば格段に安くなったとは言え、未だ車検は自動車を所有することの大きなハードルであることは間違いありません。 車検にかかる費用とは「法定費用+点検整...
この記事を書いた人
KumagaiShohei

車検のプロ。長年、中古車販売会社にて保証の判定や、提携工場様との折衝、技術相談に携わる。国産車ディーラーの整備士として社会人デビューし、国産車ディーラー退職後も自動車関連の会社に勤務中。

KumagaiShoheiをフォローする
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

車検のコバック

車検のコバック

引用:http://www.kobac.co.jp/

今では多くの業者が存在する車検専門チェーンですが、業界の雄とも言える「車検のコバック」の取り組みや、特徴などをご紹介します。

運営企業情報

名称 株式会社コバック
所在地 愛知県豊田市
店舗数 488店舗(2016年時点)
グループ運営方式 フランチャイズ

車検システムの元祖

ディーラーでもない民間車検場でもない車検専門店という新しいジャンルを、日本で初めて形にした、言わば元祖とされるのが車検のコバックです。

車検のコバックのルーツは「小林モータース」という町工場で、それまでの自動車整備工場の形態での限界を感じていた創業者が、車検に特化した「車検センター新豊田」をオープンしました。

その後「車検のコバック」に車名を変更し、外食産業系のシステムを車検に流用し徹底的にシステム化するとともに、全国から見学に集まる整備工場の経営者達の成功を手助けすことを目的にチェーン化を行ったのです。

その結果、全国でほぼ均一な価格とサービスを安定して提供されるようになったため、ユーザーにもわかりやすく、低価格で安心した車検を受けられるようになりました。

最大のポイントは取扱数量と指定工場

車検のコバックが車検を安くできる理由として挙げているのが、全国平均の約3倍の車検を取り扱うこと、大量生産により安い車検を提供できるとしています。

さらに加盟店すべてが指定工場であり「指定整備工場チェーン」であることも、車検の質を落とさず低価格の車検を提供できる最大のポイントといえます。

指定工場とは

指定工場とは、本来は国(陸運支局)が行う検査業務を、国に代わって実施することができる国の指定を受けた整備工場のことです。

指定工場となるためには条件があります。

2級以上の整備士や自動車検査員に必要人数が定められているだけでなく、検査ラインなどの施設面はもちろん、認定台数、合格率、所定の損益など多くの項目をクリアしなくてはならないため、指定工場取得には高いハードルがあると言わざるを得ません。

事実ディーラーの整備工場でさえ、すべての工場が指定工場とはなっていないのが現状です。

選べる車検メニュー

車検のコバックには選べる3種類の車検メニューが用意されているため、走行距離や車の経年数などにより選択することができます。

1.スーパークイック(作業目安30分~)

車検に必要な、法定点検(56項目)、完成検査、諸手続きのみ

2.スーパーテクノ(作業目安60分~)

車検に必要な「ヘッドライト光軸調整」や「ブレーキの調整」がセット、オイル交換などのユーザーが要望した軽整備に対応

3.スーパーセーフティー(作業目安1日)

通常よりも多い100項目の点検や、様々な整備にも対応している一番人気の車検メニュー

※車の状態により保安基準に適合していない箇所の整備が発生した場合や、修理内容車種によっては希望のメニューおよび目安時間では対応ができないことがあります。

10年間保証修理

コバックで車検を受け、その時に部品を交換した箇所について、取り付けの不具合が発生した場合10年間の保証修理が受けられます。

整備や修理にこれほど長い保証をつけるのは整備業界では異例ですが、その長い保証を付けている考え方には「1台の車に20年50万km乗る」というコバックからの提唱があります。

現代の日本では、常に新しい車に乗っていることが格好いい、ステータスだという風潮がありますが、自動車先進国であるヨーロッパでは1台の車に長く乗ることが、ごく当たり前のことなのです。

1台の車に長く乗る人と、すぐに買い替えてしまう人では、カ-ライフコストに大きな金額差が生まれますし、環境問題が叫ばれている現代においては大切な考え方になります。

もちろん、同じ車に長く乗り続ける過程では必ず故障しますが、日頃のメンテナンスなどの点検整備をしっかり行うことで、大きな出費を抑えることができる可能性が高くなるのです。

20年50万Kmを提唱し、整備保証としては異例の10年保証を提供できるということは、安いだけではない質の高い整備を行っている証拠になります。

車検大学校で学んだスペシャリスト集団

数ある車検専門店が誕生するきっかけを作ったコバックですが、そのポイントは徹底したシステムのマニュアル化にあります。

アルバイトを含めたすべての従業員に対し、業務やレベルに合わせたマニュアルを作成し、高品質の車検を提供してくれるのです。

そしてコバックには愛知県知事認定「車検大学校」があり、熟練した講師の指導を受け、高度な知識と技術を持ったプロが育てられています。

車検のコバックの車検基本料金

引用:https://page.line.me/kobac_kounosu

コバック鴻巣店(引用:https://page.line.me/kobac_kounosu)

車検のコバックは一般的なディーラーと比較してどの程度金額差があるのか、具体例をもとに見ていきましょう。

※例:小型自動車(~1.0t未満、ヴィッツやフィットなど)で、同県内での比較です。

国産ディーラーA 車検基本料金

24ヶ月点検基本料金・・・¥17,280
継続検査料・・・¥10,800
手続き代行料・・・¥9,720
合計・・・\37,800

国産ディーラーB 車検基本料金

24ヶ月点検整備・・・¥30,240
保安確認検査料・・・¥6,480
検査代行手数料・・・¥2,160
合計・・・\38,880

車検のコバックA店 車検基本料金(スーパークイック)

車検基本料総額(法定費用除く、割引なし)・・・¥4,743
車検のコバックA店 車検基本料金(スーパーテクノ)

車検基本料総額(法定費用除く、割引なし)・・・\15,820
車検のコバックA店 車検基本料金(スーパーセーフティー)

車検基本料総額(法定費用除く、割引なし)・・・\ 28,162

ディーラーがそれぞれほぼ同額ですが、車検のコバックの安さは一目瞭然です。

車検のコバックA店ではさらに、スーパーテクノには最大で3,240円、スーパーセーフティーには最大で7,560円の割引メニューが用意されています。

そのため最大割引が適用された場合の料金は、スーパーテクノでは12,580円、スーパーセーフティーでは20,602円となるため、ディーラーとの価格差はさらに大きくなります。
わかりやすくコバックの車検費用一覧を表にしてみましょう。

コバック車検費用一覧

車種車検コース車検費用総額(A+B)A車検基本費用B法定費用(自賠責+重量税等)
軽自動車スーパークイック42,770円9,500円32,770円
軽自動車スーパーテクノ47,540円14,770円32,770円
軽自動車スーパーセーフティー57,106円24,336円32,770円
小型乗用車スーパークイック52,830円9,500円43,330円
小型乗用車スーパーテクノ59,150円15,820円43,330円
小型乗用車スーパーセーフティー69,435円26,105円43,330円
中型乗用車スーパークイック61,030円9,500円51,530円
中型乗用車スーパーテクノ67,761円16,231円51,530円
中型乗用車スーパーセーフティー78,046円26,516円51,530円
大型乗用車スーパーセーフティー69,230円9,500円59,730円
大型乗用車スーパーセーフティー77,298円17,568円59,730円
大型乗用車スーパーセーフティー87,687円27,957円59,730円
※全国平均価格を算出しています
※割引適用前の価格です

更に参考までに、各自動車メーカー別によるディーラー車検価格(消耗品交換など一切ない基本車検価格のみ)の一覧表を掲載しておきます。車種による価格差が出てきますが、コバックの車検価格と見比べてみて、その安さを実感してみてください。

正規ディーラーによる車検費用一覧

ディーラー(エリア)分類(車種)車検費用総額(A+B)A車検基本費用B法定費用(自賠責+重量税等)
トヨタ(千葉)中型乗用車(アクア)90,564円39,034円51,530円
レクサス(東京)中型乗用車(IS)162,618円111,088円51,530円
スバル(東京)中型乗用車(インプレッサ)94,838円43,308円51,530円
日産(鹿児島)中型乗用車(セレナ)92,030円40,500円51,530円
マツダ(九州)中型乗用車(デミオ)93,974円42,444円51,530円
光岡自動車(東京)中型乗用車(ビュート)107,798円56,268円51,530円
三菱自動車(関東)小型乗用車(コルト)83,290円39,960円43,330円
スズキ(近畿)小型乗用車(ワゴンR)82,534円39,204円43,330円
ホンダ(横浜)小型乗用車(フィット)84,802円41,472円43,330円
ダイハツ(千葉)軽自動車(タント)69,490円36,720円32,770円
アウディ(東京)中型乗用車(A1)118,490円66,960円51,530円
アルピナ(東京)中型乗用車(D5 Turbo)141,980円90,450円51,530円
BMW(東京)中型乗用車(335i)109,116円57,586円51,530円
アルファロメオ(東京)中型乗用車(ジュリエッタ)112,010円60,480円51,530円
シトロエン(東京)中型乗用車(DS3)103,046円51,516円51,530円
フォード(マツダ系)中型乗用車(フォーカス)116,330円64,800円51,530円
プジョー(東京)中型乗用車(208)115,552円64,022円51,530円
ポルシェ(北大阪)中型乗用車(ケイマン)156,074円104,544円51,530円
ルノー(東京)中型乗用車(カングー)112,334円60,804円51,530円
ロータス(東京)中型乗用車(エリーゼ)12,810円71,280円51,530円
AMG(東京)大型乗用車(AMG C63)134,466円74,736円59,730円
クライスラー(東京)大型乗用車(300)134,466円74,736円59,730円
アストンマーティン(東京)大型乗用車(V8ヴァンテージ)222,780円163,050円59,730円
ジャガー(東京)大型乗用車(XJ)127,530円67,800円59,730円
フェラーリ(東京)大型乗用車(458イタリア)195,630円135,900円59,730円
フォルクスワーゲン(東京)大型乗用車(ティグアン)110,706円50,976円59,730円
ボルボ(東京)大型乗用車(S60)128,094円68,364円59,730円
マセラティ(東京)大型乗用車(ギブリ)178,530円118,800円59,730円
メルセデスベンツ(ヤナセ宇都宮)大型乗用車(E280)108,030円48,300円59,730円
ランドローバー(東京)大型乗用車(レンジローバー)142,890円83,160円59,730円
ランボルギーニ(東京)大型乗用車(ウラカン)191,530円131,800円59,730円
アバルト(東京)小型乗用車(595)123,250円79,920円43,330円
フィアット(東京)小型乗用車(500)107,590円64,260円43,330円
スマート(東京)小型乗用車(K)90,010円46,680円43,330円
※消耗品交換、整備等を除く「純粋な車検基本費用」のみの価格です。
※法定費用は車両タイプ等で金額差がでてきます。
※各種保証や割引制度を勘案しない価格です。

車検のコバックはなぜ安い?

引用:https://www.facebook.com/kobac.official/

コバック熊本とみあい店(引用:https://www.facebook.com/kobac.official/)

車検のコバックをはじめとした車検専門チェーンを選ぶ大きな魅力は、何といっても料金の安さです。

けれどそうなると、「安かろう悪かろう」ではないと、どうしても不安になってしまいます。

しかし車検のコバックでの格安車検が本当に「安かろう悪かろう」では、ここまで業界をリードする企業にはなっていません。

では、品質を維持したまま、格安料金にできる秘密とは何なのか見ていきましょう。

車検検査項目における無駄な工程をなくす

車検に関わる項目や業務は非常に多くの工程が必要であり、最小人数で車検を行った場合、1時間以内で車検を終了させることは現実的に不可能です。

つまり、その分1台にかかる人件費も多くなるということであり、車検のコバックが無駄をなくすために取り組んだ方法として、整備士の分業制があります。

車検のコバックでは、数多くある車検項目を分担しローテーション化することで効率化を図りました。

これにより多くの車検をこなせるだけでなく、各担当者は各分野に特化した作業を繰り返し行うため、技術の習得が早くできるという利点もあり、人件費削減による低価格と、早い車検を可能にしているのです。

ユーザーによる「引き取り納車」でコスト削減策

具体的なコスト削減の方法として挙げられているのが、「引き取り納車」です。

自宅や職場まで車を引き取りに行き、車検が終わったら納車をしに行く場合、少なくとも延べ4人の人員が回送に必要となり、そのコストは当然価格に反映されてしまいます。

もちろん忙しい人にとって引き取り納車は、お金を払ってでもお願いしたいサービスですが、必要のない人にとってはその分だけ安くしたいのが本音です。

そこで車検のコバックでは引き取り納車のサービスを廃止し、ユーザー自ら来店してもらうことでコストをカットし、価格に反映しています。

車検作業を大量仕入れすることによるスケールメリット

コバックのチェーン店は、現在全国に488店舗(2016年12月)のネットワークがあります。

そのため多店舗一括大量仕入れによるスケールメリットや、例えばエンジンオイルの自社ブランド化などをすることにより仕入れ価格を下げているため、そのぶん低価格で車検を提供できるのです。

まとめ – 低価格重視ならばコバックは良い選択肢の1つ

コバック草加谷塚店(引用:http://www.ensen-ado.com/)

コバック草加谷塚店(引用:http://www.ensen-ado.com/)

車検のコバックは全国に数多くフランチャイズしており、どこに行っても見つけることができる、利便性の高い車検専門店チェーンと言えます。

特に車検価格を重要視する場合は、愛車を預ける候補先企業の1つとしてピックアップすべき店舗の1つです。

是非、他の車検会社とじっくり比較検討の上、コバックが自分に合っていると思った場合には申し込みを行ってみてはいかがでしょうか?

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識車検専門店で車検
KumagaiShoheiをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較