【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

ホリデー車検の特徴は?ディーラー車検よりどのぐらい安いのか?

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識
この記事は約8分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

自動車を所有していれば、必ず避けては通ることができないもの。それが車検です。

車検とは?
国が定めた安全基準、正確には保安基準に適合しているかを一定の期間を設けて確認することであり、自動車を使用する上で最低限の安全を確認すること。

必要であることは誰しもが認識していることですが、その出費は決して無視できません。

かと言って、費用が抑えられるユーザー車検では不安が残ります。

こうした問題を前にした時に、多くの人が委託先の候補として考えるのが「車検専門店」ではないでしょうか。

ここでは代表的な車検専門店である「ホリデー車検」の特徴などをご紹介していきたいと思います。

【最安値】車検費用を業者で比較したらこうなった
車検と言えば、一様に「高い」というイメージが昔から付きまといます。 昭和の時代から比べれば格段に安くなったとは言え、未だ車検は自動車を所有することの大きなハードルであることは間違いありません。 車検にかかる費用とは「法定費用+点検整...
車検の委託先業者にはどんな種類がある?特徴とコストを徹底比較
初めて自分の車を車検に出そうとした場合や、委託先の変更を検討されている場合、今の日本で車検をお願いできる業者はたくさんあります。 そうなると、いざ委託先を決めようとした際には迷ってしまいますよね? そこで今回は車検を依頼できる委託先...
この記事を書いた人
KumagaiShohei

車検のプロ。長年、中古車販売会社にて保証の判定や、提携工場様との折衝、技術相談に携わる。国産車ディーラーの整備士として社会人デビューし、国産車ディーラー退職後も自動車関連の会社に勤務中。

KumagaiShoheiをフォローする

ホリデー車検について

ホリデー車検 氷見店(引用:http://himinavi.jp/detail/index_206.html)

ホリデー車検 氷見店(引用:http://himinavi.jp/detail/index_206.html)

数ある車検専門チェーンの中でも大手となる「ホリデー車検」の取り組みや、特徴などをご紹介します。

運営企業情報

名称 株式会社ホリデー
所在地 大阪府大阪市
店舗数 270店舗(2016年時点)
グループ運営方式 フランチャイズ

車検業界に変革を

1980年代から90年代は、日本が自動車社会と言われるようになったのとは裏腹に、一般ユーザーにとって車検を含む維持費が今よりも大きな負担となっていた時代です。

車検とは不透明な作業項目、工賃、そして1週間かかる時間など、決してユーザー目線でのサービスではありませんでした。

そんな中ホリデー車検は、1995年の車検制度の規制緩和を機に徹底的に無駄を省き、作業の効率化などを行うことで低価格と時間の短縮を行い、ユーザーに立ち合いをしてもらうことで、不当な整備作業を行っていないという納得と安心を提供できる車検を提唱します。

そして今では全国にチェーン店を持ち、大手車検専門チェーンにまで成長しました。

さらにユーザーの利便性を考え、土日、祝日など陸運局がやっていない時でも車検を行う体制を確立。

こうした特徴から、「ホリデー車検」と名付けられました。

見た目のインパクトよりも総額を抑えるシステム

車検の際、多く場合で追加整備が必要になります。

広告などでは見た目の基本料金が安く、インパクトのある価格設定であったとしても、追加される整備が多ければ総額で安くなりませんので本末転倒です。

そのためホリデー車検では、ユーザーと共に自動車の隅々まで一緒に確認し、整備士がしっかり説明を行います。

そして保安基準に不適合な箇所を除き、その他の整備項目については、次回交換までの推奨期間などを丁寧に説明し、納得してユーザーが選んだ項目のみとすることで総額を抑え、さらに満足度の高い車検を提供してくれるのです。

きめ細かな価格体系

多くの車検チェーンでは全国統一料金が当り前となっていますが、ホリデー車検ではあえて店舗ごとに別々の料金体系を採用しています。

車検に限らず、車両の販売価格なども地域差があるものですし、店舗の広さにより家賃や設備コストは違うのも当然です。

そのような違いを無視し、安価な一律料金を設定すると、どこかに無理が生じてしまい、最優先されるべき安全を守ることが難しくなります。

「安全で、総額を安く」のコンセプトを守るために、店舗ごとにきめ細かい料金体系を設けることは、むしろ自然なことです。

安心システム

ホリデー車検の加盟店は、すべて国から指定された民間車検場で、国家資格整備士がしっかりチェックしてくれることはもちろん、整備技術とサービス品質の向上を徹底の証として、品質保証に関する国際規格ISO9001:2008を取得しています。

また、車検時には、整備士が消耗品の状態を確認し、適切な整備計画をユーザーとともに立案。

さらに整備計画に沿って整備・交換の時期を、電話や葉書で連絡してくれるため、車検時に省略した整備項目を忘れることがなく、マイカーの安全が損なわれる心配はありません。

丁寧な説明を支える全国コンテスト

適切なニューサービス車検の実施と、ユーザーの安心と納得を裏付ける大切なポイントは、丁寧で分かりやすい説明です。

そこでホリデー車検では、接客を審査する2つのコンテスト「AJMC(All Japan Mechanic Contest)」「AJFC(All Japan Front Contest)」を毎年開催。

AJMCは整備士向けに立会い説明のスキルを審査するもので、車の状態を把握し、分かりやすく伝えるのはもちろん、お客様の気持ちや、持っている知識にも配慮しなければなりません。

AJFCは受付担当者による受付・精算時のお客様対応を審査するなど、グループ全体としての取り組みが見られます。

こうした取り組みによりスタッフのスキル向上が図られており、ユーザーにより満足してもらえるサービス提供ができる環境が整えられているのです。

手軽さが違う

ホリデーの立会い車検では、複数の整備士が点検と整備を並行して行うため効率がよく、受付から30~40分で車検とメンテナンスの作業が完了します

また、完全予約制のため無駄な待ち時間も必要ありません。

そしてその予約については、パソコンはもちろん、ケータイ、スマホなどのインターネットで24時間受付できます。

入力項目も、「共通情報入力→車両情報入力→ご予約確認→仮予約完了」の4ステップを入力するだけで、あとは店舗からの連絡を待つだけですので、とても簡単です。

業者が車検作業に要する時間(1日車検、1時間車検、2時間車検等)
車検を行う場合、ディーラー、車検専門店、整備工場、ガソリンスタンドなど、今では様々な場所で受けることができます。さらに、ひと昔前であれば車検と言えば最低2~3日、下手をすると1週間かかるなんてことが普通の時代もありました。 しかし最近...

ホリデー車検の車検基本料金

ホリデー車検 福山北店(引用:http://www.goo-net.com/usedcar_shop/1010235/detail.html)

ホリデー車検 福山北店(引用:http://www.goo-net.com/usedcar_shop/1010235/detail.html)

ホリデー車検は一般的なディーラーと比較してどの程度金額差があるのか、具体例をもとに見ていきましょう。

※例:小型自動車(~1.0t未満、ヴィッツやフィットなど)での比較です。

国産ディーラーA 車検基本料金

24ヶ月点検基本料金・・・¥17,280
継続検査料・・・¥10,800
手続き代行料・・・¥9,720
合計・・・¥37,800

国産ディーラーB 車検基本料金

24ヶ月点検整備・・・¥30,240
保安確認検査料・・・¥6,480
検査代行手数料・・・¥2,160
合計・・・¥38,880

ホリデー車検 車検基本料金

車検基本料・・・¥5,184~10,584
検査料・・・¥10,800
事務手数料・・・¥3,780
合計・・・¥19,764~25,164

ディーラーがそれぞれほぼ同額ですが、当然ホリデー車検の安さが目を引きますね。

しかし、元自動車検査員であり自動車整備士である筆者が最も注目したポイントは、車検基本料の「幅」です。

上記の特徴でも触れていますが、ホリデー車検に加盟しているのはほとんど町の整備工場さんになります。

地域差やユーザー層の違いなど、その整備工場を取り巻く環境は様々であり、低価格な均一料金では厳しいと思う整備工場さんは少なくないのが実情です。

そこでしっかり整備工場さんごとに価格設定ができ、かつユーザーにとっての低価格を維持できるギリギリの上限(5400円)も設定しているというのは、画期的で整備工場にもユーザーにもやさしいシステムと言えます。

こうした配慮がされているのも、見る人間からすれば好感を持てるポイントです。

車検費用と値段の内訳(法定費用と点検整備代)
車検にかかる費用は一見するとかなり高額に思えますが、実際には、さまざまな費用が合計されています。一般の方には少々分かり辛い車検にかかる費用の内訳を説明していきましょう。 車検にかかる費用は大きく分けて2つ ユーザー車検を除き、業...

ディーラーとは違う安さのヒミツ

ホリデー車検 城南店(引用:http://www.seibikai.co.jp/)

ホリデー車検 城南店(引用:http://www.seibikai.co.jp/)

ホリデー車検などの車検専門チェーンが安いのは、基本料金の違いだけではありません。
ここからは、車検基本料金以外の安さの違いを紹介していきましょう。

基本工賃の違い

自動車整備の料金は、交換に伴う部品代と工賃の総額となりますが、作業工賃はレバレートと呼ばれる料金設定がされています。

レバレートとは、一般的に1時間当たりの工賃が決まっており、それに日本整備振興会が定める標準作業時間を掛けた金額です。

例えば、国産車ディーラーでのブレーキパッドの工賃が14,580円(作業時間:1.5時間 レバレート9,720円)となります。

これに対して車検専門店などの整備工場では、ブレーキパッドの工賃が9,720円(作業時間:1.5時間 レバレート6,480円)です。

このように、ブレーキパッドの交換工賃だけでも、4,860円の差になります。こうしたレバレートの違いが、価格差となって表れているわけです。

使用部品の違い

国産・輸入車問わず、ディーラーでは基本的に純正部品を使用します。

しかし重要な部品を除き、消耗品と呼ばれるブレーキパッドやワイパー、エアークリーナエレメントなどの多くの部品は、純正ではない社外品が多く流通しているのが実情です。

こうした社外品を使用すれば、車検の基本料金以外にかかる追加作業を安く抑えられるようになります。

しかし、純正部品でなければ不安と思われる方もいるかもしれませんが、現在流通している社外部品の性能は、一昔前と比べると格段に高品質となっている物ばかりです。

整備工場さんでの整備保障や部品の製品保証が付くのがほとんどですし、社外部品とは言え整備工場さんごとで信頼性のあるメーカーを使っているため、過度に心配する必要はありません。

純正部品でしか供給のない部品も存在しますし、希望すれば純正部品での交換にも対応してくれますので安心です。

まとめ

ホリデー車検 松山衣山店(引用:http://www.mjnet.co.jp/)

ホリデー車検 松山衣山店(引用:http://www.mjnet.co.jp/)

ホリデー車検は、車検に関する法改正後、早い段階で現在の低価格車検を提供し始めた老舗であり、着実に加盟店舗数が増えている企業です。

こうした点で見ても、ホリデー車検はユーザーだけでなく、実際に加盟している整備工場さんにも広く受け入れられた信頼できる車検専門チェーンと言えます。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識車検依頼業者の選び方
KumagaiShoheiをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較
タイトルとURLをコピーしました