【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

アップル車検の特徴は?ディーラー車検よりどのぐらい安いのか?

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識
この記事は約8分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

自動車を所有していれば、必ず避けては通ることができないもの。それが車検です。

車検とは?
国が定めた安全基準、正確には保安基準に適合しているかを一定の期間を設けて確認することであり、自動車を使用する上で最低限の安全を確認すること。

必要であることは誰しもが認識していることですが、その出費は決して無視できません。

かと言って、費用が抑えられるユーザー車検では不安が残ります。

こうした問題を前にした時に、多くの人が委託先の候補として考えるのが「車検専門店」ではないでしょうか。

ここでは代表的な車検専門店である「アップル車検」の特徴と、ディーラーと比較してどれぐらい安くなるのかについて、紹介していくことにします。

車検の委託先業者にはどんな種類がある?特徴とコストを徹底比較
初めて自分の車を車検に出そうとした場合や、委託先の変更を検討されている場合、今の日本で車検をお願いできる業者はたくさんあります。 そうなると、いざ委託先を決めようとした際には迷ってしまいますよね? そこで今回は車検を依頼できる委託先...
【最安値】車検費用を業者で比較したらこうなった
車検と言えば、一様に「高い」というイメージが昔から付きまといます。 昭和の時代から比べれば格段に安くなったとは言え、未だ車検は自動車を所有することの大きなハードルであることは間違いありません。 車検にかかる費用とは「法定費用+点検整...
この記事を書いた人
KumagaiShohei

車検のプロ。長年、中古車販売会社にて保証の判定や、提携工場様との折衝、技術相談に携わる。国産車ディーラーの整備士として社会人デビューし、国産車ディーラー退職後も自動車関連の会社に勤務中。

KumagaiShoheiをフォローする

アップル車検について

アップル車検富士見店(引用:http://www.goo-net.com/usedcar_shop/0561161/detail.html)

アップル車検富士見店(引用:http://www.goo-net.com/usedcar_shop/0561161/detail.html)

アップル車検は数ある車検専門チェーンの中で、店舗数という点では115店舗とあまり多くなく、中堅といえる規模です。

しかしその歴史は古く、コバック車検やホリデー車検とほぼ同時期に発足しているため、車検専門チェーンの中では老舗になります。

ではまず「アップル車検」の取り組みや、特徴などを紹介していきましょう。

運営企業情報

名称 アップルグループ 本部
所在地 千葉県千葉市
店舗数 115店舗(2015年時点)
グループ運営方式 ボランタリーチェーン

早く予約するほどお得

車検の基本料金が安いのは当然のことながら、アップル車検では早期割引サービスが用意されており、30日前までの予約で3,000円割引15日前までの予約で1,500円割引されます。

さらに新車購入後に初めて(30,000Km以内)車検を受ける場合は2,000円の割引も提供されるため、最大で5,000円の割引を受けることが可能です

車検後も安心

アップル車検を受けた場合、次回の車検までの2年間、定期点検やメンテナンスがお得に受けられる「NEXT neoクーポン」があります。

このクーポンを利用すればお得にメンテナンスが受けられるのはもちろん、国家資格を持ったプロのメカニックの確実な点検とアドバイスを受けることが可能です。

そのため初心者や、自動車のメンテナンスに気を取られたくない方にはオススメのサービスになります。

また、年会費3,240円で加入できる「アップルレスキュー24」に加入すれば、もしもの故障や脱輪などのトラブルの時に駆けつけてくれるなど、ユーザーのカーライフをトータルでサポートしてくれますので安心です。

早くて納得

無料の車検見積もりでは、リフトアップすることで正確に行ってくれるだけでなく、10分間という短時間で見積もりを作成してくれます。

もちろん、ユーザーにしっかりとした説明を行い、ユーザーが納得し了承した項目のみ整備作業を実施してくれるため、無駄な整備を行う必要がなく、納得して無駄のない車検が受けられるのです。

車検を受けてうまいもの一品が届くサービス?

アップル車検を受けると、専用のアンケートハガキが渡されます。

そのアンケートに記入しポストに投函すると、毎月抽選で200名に全国のうまいもの一品が届くというサービスです。

一見すると珍しくないサービスですし、特に大盤振る舞いをしているわけでもありません。

しかし注目すべき点はユーザーの意見を積極的に取り入れるために、こうしたサービスを行ってまでしてアンケートの回収率アップを図っている点にあります。

どんな車検工場でもユーザーの声はとても大切であるという認識はあるものの、実際はなかなかユーザーの生の声を聴ける機会は多くないのが実情です。

少しでも回収率を上げ、そのアンケートの声をくみ取ろうとするアップルグループの姿勢は、加盟店のみならず、利用者の利益に繋がるとても良い取り組みだといえます。

フランチャイズとは一味違う

アップルグループは、フランチャイズチェーンではなく、ボランタリーチェーンと呼ばれる企業体です。

単純に呼び名が違うだけで、大きな違いはないように思われるかもしれませんが、実はここに一番の特徴があると思います。

フランチャイズチェーンとボランタリーチェーンの違いは、下記のとおりです。

フランチャイズチェーン
本部企業が存在し、各加盟店は本部と1対1での契約をし、サービス内容や価格などが比較的統一されやすい。
ボランタリーチェーン
本部は存在するものの、加盟店同士の横のつながりが強く、各加盟店の独自性が反映されやすい。

上記を証明するように、アップル車検本体の公式サイトよりも各加盟店のホームページのほうが工夫を凝らした割引やサービスを用意し、サイトの掲載内容もかなり充実している店舗が多いようです。

アップル車検の車検基本料金

アップル車検 佐和店(引用:http://www.blhomepage.com/)

アップル車検 佐和店(引用:http://www.blhomepage.com/)

アップル車検は一般的なディーラーと比較してどの程度の金額差があるのか、また加盟店舗ごとにどのような違いがあるのか具体例をもとに見ていきましょう。

※例:小型自動車(~1.0t未満、ヴィッツやフィットなど)での比較です。

■国産ディーラーA 車検基本料金
24ヶ月点検基本料金・・・¥15,120
継続検査料・・・¥8,640
手続き代行料・・・¥8,640
合計・・・¥32,400
■国産ディーラーB 車検基本料金
24ヶ月点検整備・・・¥16,200
保安確認検査料・・・¥8,640
検査代行手数料・・・¥8,640
合計・・・¥33,480
■アップル車検A店 車検基本料金
車検基本料・・・¥33,372
事務手数料・・・¥13,932
合計・・・¥47,304
※最大割引適用時・・・¥11,664
■アップル車検B店 車検基本料金
車検基本料・・・¥14,040
総合検査料・・・¥7,560
検査更新料・・・¥4,320
合計・・・¥25,920
※最大割引適用時・・・¥20,920

国産車ディーラーについては大きな違いはなく、ほぼ同額ではありますが、注目すべきは同じアップル車検のA社とB社です。

割引前はA社の方が21,384円高く、割引後は逆にA社の方が9,256円安くなっています。

同じ県内の同じアップル車検で、これほどまでに金額が違うというのは、正直なところ驚きです。

このように店舗によって大きく金額が違う理由こそ、アップル車検がフランチャイズチェーンではなくボランタリーチェーンであることに尽きます。

ボランタリーチェーンでは、フランチャイズチェーンと比べ、各加盟店の独自性という部分で、大きな自由度があることが特徴であるため、加盟店ごとに割引やその他付加サービスを工夫しているということですね。

アップル車検の安さと早さのヒミツ

アップル東大阪(引用:http://www.apple308.jp/inspection.html)

アップル東大阪(引用:http://www.apple308.jp/inspection.html)

アップル車検をはじめとする車検専門店はなぜ、ディーラーなどの従来の車検と比較して、ここまで安さと早さを両立できるのでしょうか?

ユーザーからすればありがたい話ですが、反対に

「ユーザーとして安くて早いのはうれしいけれど、そんなに早いと手を抜いているんじゃないか?」

「そんなに安いと、かえって不安・・・」

など不安に思われる方も少なくありません。

そこでここからは、アップル車検の安さと早さのヒミツについて紹介していきましょう。

安さのヒミツ

自動車整備工場の仕事と言えば、車検をはじめとした12か月点検、6か月点検、納車前点検などの定期点検のほか、調子の悪い自動車が入庫すれば、故障探求、修理作業があります。

そして、それぞれの作業には見積もり作成や、ユーザーとの打ち合わせ、点検修理完了後の納車準備、会計処理、引き取り納車などなど、自動車整備工場が行っている業務は多岐にわたります。

そこでアップル車検などの車検専門店では、「車検」に極力特化した体制を作ることで業務を効率化して人件費などの経費を削減し、価格に反映させているのです。

早さのヒミツ

日本国内にある自動車の整備工場には、大きく分けて3種類あります。

まず一部のガソリンスタンドなどに併設された簡易的な作業スペースしかなく、オイル交換やタイヤ交換などの簡易作業を行う整備工場では分解作業ができないため、実質車検は行えません。

次は、目印として黄色い看板が掲げられていて、「○○運輸局長認証」と書いてある認証工場と呼ばれる工場です。

こちらの認証工場では、ブレーキやエンジンなど自動車における「重要保安部品」と呼ばれる個所の分解整備を行うことができるため、車検に伴う法定点検を実施できます。

しかし完成検査ラインは各運輸支局にある検査ラインを使用して検査を行う必要があるため、どうしても時間がかかってしまうのです。

そして最後は、青い看板に“○○運輸局長指定”と書いてある指定工場。

指定工場では、認証工場と同様に分解を伴う法定点検が行えるのはもちろん、完成検査ラインを備えているため、運輸支局の検査ラインを使用する必要がありません。

そのため時間が短縮できるばかりか、休日や夜間などでも車検を実施することができます。

上記で紹介した3種類の整備工場のうち、アップル車検などの車検専門店では、ほとんどの工場が指定工場の資格を保持しているため、余計な時間をかけることなく車検を行うことができるというわけです。

業者が車検作業に要する時間(1日車検、1時間車検、2時間車検等)
車検を行う場合、ディーラー、車検専門店、整備工場、ガソリンスタンドなど、今では様々な場所で受けることができます。さらに、ひと昔前であれば車検と言えば最低2~3日、下手をすると1週間かかるなんてことが普通の時代もありました。 しかし最近...

まとめ

アップル車検クラシマ(引用:http://www.carsensor.net/)

アップル車検クラシマ(引用:http://www.carsensor.net/)

他の車検専門チェーンとアップル車検の大きな違いは、やはりボランタリーチェーンであり、各加盟店の独自性が色濃く反映されている点です。

同じアップル車検でも基本料金や割引金額には大きな違いがあり、割引項目もかなりの工夫がみられるため、お近くにアップル車検の店舗がある場合は、一度見積もりを取って比較してみることをオススメします。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識車検専門店で車検
KumagaiShoheiをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較
タイトルとURLをコピーしました