ランドローバー系列ディーラーの車検費用は高い?安くする方法は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
KumagaiShohei

KumagaiShohei

自動車検査員、国家自動車整備士
車検のプロ。長年、中古車販売会社にて保証の判定や、提携工場様との折衝、技術相談に携わる。国産車ディーラーの整備士として社会人デビューし、国産車ディーラー退職後も自動車関連の会社に勤務中。
引用:http://www.landrover.co.jp/ownership/index.html

引用:http://www.landrover.co.jp/ownership/index.html

ランドローバー車に乗っている方で車検を受けようと考えている場合、まず依頼先の候補に上がるのは購入した店舗か、近所のランドローバーディーラーだと思います。

けれどディーラーの車検には、どうしても高くなるというイメージが否めません。そのせいで、ディーラーでの車検を躊躇している方もいるのではないでしょうか?

しかし、ディーラーの車検が他の整備工場などと比べて高いのには、相応の理由というものがあります。その点を理解すれば、きちんと納得して車検を通すことに繋がるというものです。

そこで今回は、ランドローバー系列ディーラーでの車検の詳細と、実際の相場について紹介していきますので、ディーラーで車検を受ける方は参考にしてみてください。

「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

ランドローバーディーラーの車検への取り組み方

引用:http://www.landrover.co.jp/ownership/index.html

引用:http://www.landrover.co.jp/ownership/index.html

自動車メーカーにとって大切なアフターサービスは数多くありますが、中でも一般ユーザーの関心が最も高いのが車検です。

まずは、日本でジャガーの正規輸入元である、「ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社」の車検への考え方、取り組みを見ていきましょう。

ランドローバー専門のメカニック

ランドローバーディーラーにいるメカニックたちは「テクニシャン」と呼ばれ、日々の業務や独自のトレーニングプログラムを受けています。

基礎レベルのアプレンティス

点検整備・基礎診断を担うレベル2

車検整備、基本リペア、故障診断を行うレベル3

高度な故障診断、高度なリペア、接客ならびに問診力を求められるレベル4

そしてレベル4の学習課程を修了し資格認定されると、マスターテクニシャンの称号が授与されるのです。

つまりランドローバーディーラーで車検に出すということは、ランドローバー車に対する豊富な知識と、豊かな経験を持ったランドローバーの専門家に見てもらえることを意味します。

しかも、イギリス車は自動車整備業界でも特殊な車と言われていますので、より安心して点検整備を任せることができるわけです。

また、テクニシャンだけではなくサービスアドバイザー(フロント)、セールスエグゼクティブ(営業)など、すべての職種を対象にしたトレーニング制度、資格制度があり、長く安心してランドローバーに乗るための体制が整えられています。

ランランドローバー専用診断機

今や自動車の制御はコンピューターの時代です。

エンジンやトランスミッションはもちろん、自動ブレーキやエアバックなどの安全装置、エアコンやカーナビなどの快適装備に至るまで、すべてコンピューターが制御しています。

ランドローバーに限らず、近年の自動車の自己診断機能は「OBD-2」と呼ばれる世界共通の規格が義務付けられ、汎用の診断機を使えば、あらかたの故障診断は可能です。

しかし細かなデータの抽出や、メーカー独自の部分、つまりそのメーカーシステムの奥深くには汎用診断機ではアクセスできません。

特に2010年以降製造の自動車には、CAN(Controller Area Network)と呼ばれる規格のコンピューター間の相互通信をする規格が標準となっており、従来の凡庸診断機では、各コンピューター間を同時に点検することが困難な物が多いです。

故障探求や部品交換後のコーディングなど、メーカー専用コンピューターが必要な場面が多くなり、純正診断機を持っていない工場では、ディーラーに持込みをする必要があります。

そのため余計な時間と費用が掛かる場合がありますが、その点ランドローバーの正規ディーラーには、当然、専用診断機は完備されているため安心して任せられますね。

安心の純正部品

ランドローバーをはじめとするイギリス車は、世界の自動車メーカーの中でも特殊な部類とされています。

また、ランドローバーと言えば、舗装されたオンロードだけでなく、山道などの未舗装路の走破性脳が大きな魅力の一つです。

そのため汎用性や価格を優先している社外品よりも、自動車メーカーランドローバーの厳しい検査をクリアしている厳選された純正部品を使用することが、長く安心してランドローバーに乗るためには必要になります。

ランドローバー新車延長保証

引用:http://www.landrover.co.jp/ownership/extended-warranty.html

引用:http://www.landrover.co.jp/ownership/extended-warranty.html

新車購入から3年間は、無償のメーカー保証が付帯され安心ですが、3年を過ぎてしまうと、万が一の故障が起きた時の費用は、ユーザーの自己負担となります。

ランドローバー系列ディーラーでは、延長保証プログラム「NEW CAR EXTENDED WARRANTY」に加入することができ、最大で新車登録から5年間まで保証を延長することが可能です。

加入は新車購入後3か月以内または24か月または 60,000㎞以内で可能、また新車登録後3か月以内であればお得な料金で加入できます。

そしてランドローバーを新車で購入した場合には、メーカーの保証修理はもちろん、初回車検までの3年間、法定1年点検や、エンジンオイル、ブレーキオイルといった、メーカーが指定した消耗品の交換が無料で受けられる「LAND ROVER PREMIUM CARE」や、「LAND ROVER ACTIVE CARE」が用意されていますので安心です。

各ランドローバー系列ディーラー車検基本料金

引用:http://www.landrover.co.jp/ownership/extended-warranty.html

引用:http://www.landrover.co.jp/ownership/extended-warranty.html

ランドローバー系列ディーラーは、国産車ディーラーと大きく違います。
まずはランドローバーの代表的なディーラーの車検基本料金について触れていきましょう。

国産車との違い

一般的に輸入車の車検金額は、国産車と比べると1.5倍高いと言われています。

ランドローバーなどの輸入車と国産車では単純な比較は難しいとされていますが、ランドローバーと言えば、世界の4WD車ですので、比較対象は日本を代表する4WD車のランドクルーザーとし、車検にかかる基本料金を比較してみたいと思います。

トヨタランドクルーザー車検基本料金

点検基本料金・・・¥30,024
完成検査測定料・・・¥9,500
検査手続代行料・・・¥10,200
合計・・・\49,724

ランドローバー・レンジローバー車検基本料金

車検整備基本料・・・\45,360
保安確認検査料・・・¥16,200
車検代行費用・・・¥21,600
合計・・・¥83,160

ほぼ予想通り、約1.67倍の金額差となりました。

ランドローバーのような、いわゆる4WD車は、輸入車、国産車を問わず、通常の乗用車と比較して部品代工賃とも割高になる傾向にあります。

何故なら4WD車は本来、悪路などを走破できるように設計され、軍用車両としての素質を持つ車両も多く存在しているからです。

そのためエンジンやミッション、サスペンションなど走行に直結する部分のパーツは、とにかく頑丈に作られています。また取付け方法も普通の車より強固になっているため必然的に部品単価は上がり、作業工程も大変になってしまいがちです。

こうした事情から4WDの車は割高になってしまいます。

まとめ

現在シャガーと共に、インド・タタ・モーターズ傘下となっているランドローバーですが、ランドローバーをはじめとしたイギリスの自動車メーカーは、ドイツやフランスと並んで自動車の歴史上大きな役割を果たしてきました。

国産SUVと比較すると全然小回りが利かず、ハンドルもブレーキも重め。マニュアル車にいたってはプロの整備士でさえ気を遣うクラッチなど、ある意味「これぞランドローバー」と言った味があり、魅力です。

ランドラーバーの前身であるローバーモーターはかつてイギリスを代表する自動車メーカーであり、チャールズ皇太子や故ダイアナ妃が私用車にするなど、イギリス王室御用達を意味する「ワラント」の称号が与えられるほどの名門自動車メーカーでした。

しかし、世界的な不況や、オイルショックなど、すべての自動車業界にとって訪れた困難を回避することが出来ず、残念ながら現在はその名前を冠する自動車会社や自動車モデルは消滅してしまいました。

そんなランドローバーのメーカーとしてのこだわりや、悪路などの走破性など、最新型のレンジローバーやディスカバリーなどの代表車種でももちろん健在で、さらに2000年前後までに製造されたランドラーバーでは色濃く、とにかく個性が際立っています。

そして整備作業にも特別な注意が必要で、普通のカーリフトで不用意にリフトアップしてしまうと、エアサスのショクアブソーバーの軸が抜けてしまい、約80万円の修理費がかかったなんてことも実際にありました。

現在ランドローバーにお乗りで、これから車検をお考えの場合、少々割高になるランドローバーディーラーにお願いするか、ランドローバーを得意とする工場にお願いされることをオススメします。

継続車検を受けるのと愛車の買換え、どっちが有利?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん車査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料で即買取相場を表示!
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの20秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに10社の見積り最高額がわかるので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、最大65万円の売却額アップ事例が先日も立て続けに出たばかりです。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

スポンサーリンク
 今の時期は車が高く売れますよ! 
 今の時期は車が高く売れますよ! 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
 今の時期は車が高く売れますよ!