BMW系列ディーラーの車検費用は高い?安くする方法は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
KumagaiShohei

KumagaiShohei

自動車検査員、国家自動車整備士
車検のプロ。長年、中古車販売会社にて保証の判定や、提携工場様との折衝、技術相談に携わる。国産車ディーラーの整備士として社会人デビューし、国産車ディーラー退職後も自動車関連の会社に勤務中。
引用:http://www.bmw.co.jp/ja/topics/service-and-accessory/maintenance/check.html

引用:http://www.bmw.co.jp/ja/topics/service-and-accessory/maintenance/check.html

BMW車に乗っている方で車検を受けようと考えている場合、まず依頼先の候補に上がるのは購入した店舗か、近所のBMWディーラーだと思います。

けれどディーラーの車検には、どうしても高くなるというイメージが否めません。
そのせいで、ディーラーでの車検を躊躇している方もいるのではないでしょうか?

しかし、ディーラーの車検が他の整備工場などと比べて高いのには、相応の理由というものがあります。
その点を理解すれば、きちんと納得して車検を通すことに繋がるというものです。

そこで今回は、BMW系列ディーラーでの車検の詳細と、実際の相場について紹介していきますので、ディーラーで車検を受ける方は参考にしてみてください。

BMWをどこより高く売るための、たった1つの方法と戦略とは?
売却前の予備知識:「駆け抜ける喜び」を追及するBMW BMW(Bayerische Motoren WerkeAG、バイエルン発動機製...
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

BMWディーラーの車検への取り組み方

引用:http://www.bmw.co.jp/ja/topics/service-and-accessory/maintenance/check.html

引用:http://www.bmw.co.jp/ja/topics/service-and-accessory/maintenance/check.html

自動車メーカーにとって大切なアフターサービスは数多くありますが、中でも一般ユーザーの関心が最も高いのが車検です。

まずは自動車メーカーBMWとしての車検への考え方、取り組み方について見ていきましょう。

まずは、日本でBMWの正規輸入元である、BMW Japanの車検への考え方、取り組みを見ていきましょう。

BMW独自の点検項目

車検とはあくまでも、国が定めた最低限の安全及び環境基準に適合しているかを確認するだけであり、車検に合格したからといって必ずしも安心して乗り続けられるものではありません。

BMW正規ディーラーの整備工場では法定点検項目のほか、コンディション・ベースド・サービスの表示時には、BMW 独自の点検項目を実施し、車検を通すだけの整備ではなく、クルマの性能を再び取り戻すための整備をしてくれます。

BMW正規ディーラーだけが提供できるメンテナンス・サービス

昔からBMWと言えば、最新鋭の技術を多く取り入れていることで有名です。そのため現代のBMW車には多くの最新技術が採用され、高度な電子制御システムにより複数のコントロールユニットを駆使して制御されています。

これにより過去の細かな不具合なども確認や、人の目に見えない部分まで診断する必要がありますが、BMW車のために開発された専用診断機を使用することにより、迅速で正確な診断が行うことが可能です。

また、BMWではモデルごとや部位ごとに、専用のスペシャル・ツールを用いて整備します。BMW正規ディーラーには700種類ものBMW専用のスペシャル・ツールが用意されており、信頼のメンテナンス作業を実施してくれます。

BMWの車を熟知したサービススタッフ

BMW正規ディーラーに勤務する整備士には、世界共通の資格制度があります。神戸と千葉にあるBMW Japanのトレーニングセンターでは多くの研修が行われており、年に1回開催される筆記試験や実技試験をパスすることで上の資格へと進級していきます。

その最高峰の資格である「BMWマイスター」は、全国にいるBMW正規ディーラーの整備士のうち10%程度しかおらず、非常に難易度の高い試験が行われ、選定されているのです。

また、それぞれの資格ごとのコンテストなども多く開催され、BMW車の最新技術だけでなく、日々の整備業務に活かすための教育をしっかりと受けているので、安心して点検や整備をお願いすることができます。

安心のメーカー保証

新車購入から3年間は、無償のメーカー保証が付帯され安心ですが、3年を過ぎてしまうと、万が一の故障が起きた時の費用は、ユーザーの自己負担となります。

BMW系列ディーラーでは、「BMW新車延長保証プログラム」に加入することができ、最大で新車登録から5年間まで延長することが可能です。

また、BMW認定中古車を購入した場合には「BMWプレミアム・セレクション保証」があり、2年間の保証が付帯され、さらに「BMW新車延長保証プログラム」に加入することで保証期間を延長できます。

各BMW系列ディーラー車検基本料金

BMW系列ディーラーは、国産車ディーラーと大きく違います。
まずはBMWの代表的なディーラーの車検基本料金について触れていきましょう。

国産車との違い

一般的に輸入車の車検金額は、国産車と比べると1.5倍高いと言われています。

BMWなどの輸入車と国産車では単純な比較は難しいですが、大きさやエンジンの排気量などで同格の車種で比較してみましょう。

マークX車検基本料金(トヨペット店)

24か月定期点検料・・・¥21,960
継続検査料・・・¥9,720
検査代行手数料・・・¥9,720
合計・・・\41,400

335i車検基本料金(モトーレン店)

基本工賃・・・\37,066
総合検査料・・・¥10,800
車検代行費用・・・¥9,720
合計・・・¥57,586

同じ都道府県内で比較してみたところ、巷で言われる1.5倍ほどの金額差はないものの、約1.4倍の違いが出ました。

特に一番の違いは24か月点検に当たる部分です。その金額差は約16,000円の違いがあります。

レバレートの違い

では、何故このようにディーラーによって金額差が発生するかについて、解説していきます。まず基本的な考え方として、どんな整備工場でも標準作業時間に、1時間あたりの工賃を乗じた金額を、工賃や基本点検料に含んでいます。

今回のケースで見てみると、モトーレンの1時間あたりの工賃は14,256円、トヨペットでは1時間あたりの工賃は8,640円です。

そしてモトーレンでの基本点検料金は37,066円ですので、約2.6時間となります。トヨペットの工賃で2.6時間を乗じてみると、22,464円です。

少々わかり辛いかもしれませんが、要するに、「同じ作業時間の作業で計算して生じる金額差は、その工場が定めている1時間あたりの工賃の差」となります。

BMW系列ディーラーの特徴

引用:http://www.bmw.co.jp/ja/topics/service-and-accessory/maintenance/service-inclusive.html

引用:http://www.bmw.co.jp/ja/topics/service-and-accessory/maintenance/service-inclusive.html

国産車はトヨタ、日産などの自動車メーカーが開発や製造を行い、○○トヨタや○○日産などの各ディーラーが販売とアフターサービスを行っています。

しかしBMWなどの輸入車は、メーカーとディーラーの間にインポーターと呼ばれる輸入会社が介在しているため、国産車とは少々事情が異なります。

日本での販売構図

日本国内においての販売網は、BMWジャパンが正規輸入元(インポーター)となり、各BMW系列ディーラーが販売しています。BMW正規ディーラーには、輸入車には珍しくメーカー直系ディーラーと、各地域の地場系ディーラーがあります。

BMW株式会社とは

BMW株式会社、通称BMWジャパンは、ドイツBMW社が100%出資する完全子会社として1981年に設立され、日本国内への輸入や販売などを手がけています。

メルセデスベンツとの大きな違いとしては、「BMW東京」と「BMW大阪」という100%出資の直営ディーラーを子会社としていることです。

このBMWジャパンの成功によって、本国自動車メーカーが日本法人を設立して直接輸入・販売を独占・管理する手法が、他の外国自動車メーカーにも広まったとされています。

BMW地場系ディーラー

BMW東京やBMW大阪が設立される以前は、ヤナセなど複数の正規輸入代理店が輸入と販売を行っていました。

現在もBMW東京やBMW大阪以外のBMW系列ディーラーは、各地域の有力者や企業などが運営しており、国産車ディーラーや中古車販売などを運営している販社が多く存在しています。

まとめ

snapcrab_noname_2016-11-20_18-58-37_no-00

引用:http://www.bmw.co.jp/ja/topics/service-and-accessory/maintenance/check.html

BMW系列ディーラーに限らず、輸入車を扱う正規ディーラーは、国産車ディーラーに比べて車検の費用が高いです。
理由は先に述べたように工賃レバレートの違いや、部品代などが割高であることが挙げられますが、他にもう一つ大きな理由が存在します。

それは同じ自動車であっても、国産車と輸入車では全く違う視点で作られているということです。
簡潔に言うならば、国産車は使用する過程で消耗・劣化する部分を極力減らすような設計がされている反面、代償として車本来の運動性能が損なわれている傾向にあります。

しかし輸入車は逆です。ある程度の消耗と劣化は織り込み済みで、定期的な交換や修理をすることが前提で設計されています。

そのため維持費が国産車と比べて割高になってしまうわけですが、各メーカーの特徴やコンセプトが色濃く反映されることで車の運動性能が引き上げられ、結果的に所有することへの満足感が高くなるわけです。

輸入車の中でもBMWは日本国内ではメジャーですので、BMW系列ディーラー以外での車検も比較的受けやすい傾向にあり、BMW系列ディーラーより安く車検ができるかもしれません。

しかしBMW系列ディーラーの車検は使用環境に合わせ、BMW系列ディーラーの整備士としっかり相談することができます。
今後も長く乗り続けるために安心感と保証を考慮するならば、少し値段が張ったとしてもディーラーで車検を受けるのがオススメです。

継続車検を受けるのと愛車の買換え、どっちが有利?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のユーカーパックがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料で一括査定よりも高額提示(しかも営業電話攻撃がない!)
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの数十秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに2000社以上がオークション方式で最高額を入札するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一括査定よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

スポンサーリンク
 今の時期は車が高く売れますよ! 
 今の時期は車が高く売れますよ! 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
 今の時期は車が高く売れますよ!