【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

日産系列ディーラーの車検費用は高い?安くする方法は?

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識
引用:http://www.nissan.co.jp/SERVICE/index.html

日産車に乗っている方で車検を受けようと考えている場合、まず依頼先の候補に上がるのは購入した店舗か、近所の日産ディーラーだと思います。
けれどディーラーの車検には、どうしても高くなるというイメージが否めません。
そのせいで、ディーラーでの車検を躊躇している方もいるのではないでしょうか?

しかし、ディーラーの車検が他の整備工場などと比べて高いのには、相応の理由というものがあります。
その点を理解すれば、きちんと納得して車検を通すことに繋がるというものです。
そこで今回は、日産系列ディーラーでの車検の詳細と、実際の相場について紹介していきますので、ディーラーで車検を受ける方は参考にしてみてください。

この記事を書いた人
KumagaiShohei

車検のプロ。長年、中古車販売会社にて保証の判定や、提携工場様との折衝、技術相談に携わる。国産車ディーラーの整備士として社会人デビューし、国産車ディーラー退職後も自動車関連の会社に勤務中。

KumagaiShoheiをフォローする
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

日産の車検への取り組みと考え方

引用:http://www.nissan.co.jp/SERVICE/NISSAN-SERVICE/ABOUT/index.html

引用:http://www.nissan.co.jp/SERVICE/NISSAN-SERVICE/ABOUT/index.html

自動車メーカーにとって大切なアフターサービスは数多くありますが、中でも一般ユーザーの関心が最も高いのが車検です。
まずは自動車メーカー日産としての車検への考え方、取り組み方について見ていきましょう。

クルマを知り尽くしたプロが実施

ディーラーに車検を出す最大の理由は、ディーラーならではの専門性がもたらす安心感です。実際に日産では、専門性を伸ばすための「日産サービス技術習得制度」という独自教育制度を導入しています。

そして専門的で高度な知識と技術を必要とする電気自動車では、点検内容や一般の自動車とは違った目線での点検が必要になるので、その点についても安心して任せられると言えます。

また、蓄積されたデータや豊富な専門知識をもとに、予防も含めた点検及び、アドバイスを受けることが可能です。

最新技術を駆使して見えない部分まで診断

日産には「コンサルト」と呼ばれる電子システム診断装置があり、エンジン、ミッションだけでなく、エアバックやABSに至るまで、ますます高度になる自動車の電子制御システムの診断を行えます。

そして日産と言えば、三菱と並んで電気自動車を一般市場に浸透させたメーカーですので、日産車専用のコンサルトでは、電気自動車の診断項目も備えています。

マッハプロ車検

引用:http://www.nissan.co.jp/SERVICE/SHAKEN/OSUSUME/MACHPRO/index.html

引用:http://www.nissan.co.jp/SERVICE/SHAKEN/OSUSUME/MACHPRO/index.html

車検専門店や一部のディーラーに至るまで車検の時短は避けて通れない、大切な品質の一つです。
日産ディーラーにおいても、従来の数日かかる車検メニューのほか、24時間以内で車検を完了する「マッハプロ車検」が用意されています。

このマッハプロ車検は単に早いだけでなく、ディーラー車検のウリとも言える高い品質を保ちつつ、ユーザーのニーズに合わせ、点検項目などを柔軟に対応してもらえるため便利です。

グッドプラス保証

引用:http://www.nissan.co.jp/SERVICE/SHAKEN/OSUSUME/GOODPLUS/index.html

引用:http://www.nissan.co.jp/SERVICE/SHAKEN/OSUSUME/GOODPLUS/index.html

新車で車を購入した場合、新車から3年60,000kmの一般保証と、5年100,000kmの特別保証がメーカー保証として付いています。
このメーカー保証は、期間や距離が超えると保証が切れてしまえば当然、修理費は実費です。

新車購入時または、初回車検時にしか加入することはできませんが、新車保証と合わせ最大7年間に延長することができます。

グットプラス保証にはⅠとⅡなどの延長年数の違いや、新車購入時以外でも加入できること、更に詳細なバリエーションがあり、車種により保証料もことなりますので、ご自分の使い方に合った延長保証を選ぶことが可能です。

しかし新車時加入の場合は、初回車検を日産ディーラーで受けなければ失効してしまうなどの注意点もあります。

各日産ディーラーでの違いは?

引用:http://www.nissan.co.jp/SERVICE/NISSAN-SERVICE/TS/kant.html

引用:http://www.nissan.co.jp/SERVICE/NISSAN-SERVICE/TS/kant.html

現在、街中で見かける日産ディーラーの看板は、シンプルな「NISSAN」、レッドステージ、ブルーステージの三種類です。

かつてはトヨタのように多くの販売チャンネルがあり、各チャンネルでの取り扱い車種に違いがありましたが、現在はすべての店舗において全車種を取り扱っており、実質のチャンネルによる違いはありません。

そして2016年10月現在でもレッドステージやブルーステージは廃止され、シンプルな「NISSAN」の看板に順次変更されている最中です。
しかし見た目の差は無くとも、各地のディーラーはそれぞれ独立した企業であるため、価格やサービス内容に差があります。

地域、販売店による違い

同じ日産系ディーラーでも、その地域や経営方針などにより差が生まれています。
また上記でも述べたように、日産ディーラーは現在、販売チャンネルによる差別化は無いため、公式HPに料金の記載がある販売会社をピックアップしてみました。

全国の日産系列ディーラーの車検基本料金を比較してみましょう。
下記の比較は、車種をセレナ、新車1回目の車検、基本料のみとしています。
また、金額は公式HPに記載のある概算のため、装備やグレードにより金額が変わる場合がありますのでご了承ください。

日産プリンス青森

基本点検38項目・・・¥23,760
保安確認検査料・・・¥8,424
メンテナンスキット・・・¥1,620
合計・・・¥33,804

日産プリンス埼玉

基本点検・・・¥25,704
保安確認検査料・・¥8,640
合計・・・¥34,344

日産プリンス京都

基本点検38項目・・・¥18,252
距離点検18項目・・・¥3,564
手続き代行費用・・・¥9,720
合計・・・¥31,212

鹿児島日産

基本点検料・・・¥24,300
保安確認検査料・・・¥10,800
検査代行手数料・・・¥5,400
合計・・・¥40,500

見てわかる通り、意外なほどに差があります。
特に最後の鹿児島日産と、次に割高な日産プリンス埼玉と比較しても、差額が約6,000円、一番割安な日産プリンス京都とではその差額は9,000円以上と、一般庶民にとっては決して無視できない金額です。

日産系列ディーラーの車検基本料の差

同じ日産系列ディーラーにも関わらず、金額に違いがあります。
その理由は、どのメーカーのディーラーも、そのほとんどが販売小売り事業のため独立した経営をしており、それぞれの方針や戦略などの違いがあるからです。

日産の転換期

日産は経営不振の影響により、1999年からルノーとの資本提携を結び、ルノーの子会社となっていますが、ルノー株式の一部15%を日産が保有し、世界市場での協力関係を築いています。

ルノーとの資本提携の際、日本国内の工場の閉鎖や、資産の売却、人員削減などに伴い、5チャンネルから2チャンネルになり、現在チャンネル販売は実質していません。

そして様々な業務の効率化が図られるなかで、ホームページの基本デザインや、重要なインフォメーションをメーカーHPに集約させ、各販売店の負担軽減が図られたのです。

日産系列ディーラーのHPはどこの地域を見てもほぼ同じデザインになっており、ユーザー側から見ればとてもシンプルで分かりやすい反面、その販売店の独自性は薄いといった印象になっています。

まとめ

引用:http://www.nissan.co.jp/OWNER/

整備技術や知識、専用機器があるということは、どこの日産ディーラーに行っても共通した高水準、高品質のサービスが受けられることを意味するため、ディーラーに車検を出す際の最も大きなメリットとなります。

しかしディーラー車検が高いというのは、少々マイナスな部分であることは確かです。
特に日産はディーラーによって車検の金額差が激しいので、選ぶ際には尚のこと慎重にならざるを得ません。

そのため車検に出す際にはインターネットによる情報収集を行い、判断する必要があります。最適な車検を受けるためにはディーラーで車検を受けるのが1番ですが、自分の購入したディーラーの車検費用が高すぎる場合は少し考えものですので、情報収集をした上で判断するようにしてみてください。

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識日産ディーラーで車検メーカー別相場情報国産車
KumagaiShoheiをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較