マツダ系列ディーラーの車検費用は高い?安くする方法は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
KumagaiShohei

KumagaiShohei

自動車検査員、国家自動車整備士
車検のプロ。長年、中古車販売会社にて保証の判定や、提携工場様との折衝、技術相談に携わる。国産車ディーラーの整備士として社会人デビューし、国産車ディーラー退職後も自動車関連の会社に勤務中。
引用:http://www.mazda.co.jp/carlife/service/mj/details/

引用:http://www.mazda.co.jp/carlife/service/mj/details/

マツダ車に乗っている方で車検を受けようと考えている場合、依頼先の候補筆頭にまず上がるのは購入した店舗か、近所のマツダディーラーだと思います。
けれどディーラーの車検には、どうしても高くなるというイメージが否めません
そのせいで、ディーラーでの車検を躊躇している方もいるのではないでしょうか?

ディーラーの車検が他の整備工場などと比べて高いのには、相応の理由というものがあります。その点を理解すれば、きちんと納得して車検を通すことに繋がるというものです。
そこで今回は、マツダ系列ディーラーでの車検の詳細と、実際の相場について紹介していきますので、ディーラーで車検を受ける方は参考にしてみてください。

「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

マツダの車検への取り組みと考え方

引用:http://www.mazda.co.jp/carlife/service/support/?link_id=sbnv

引用:http://www.mazda.co.jp/carlife/service/support/?link_id=sbnv

自動車メーカーにとって大切なアフターサービスは数多くありますが、中でも一般ユーザーの関心が最も高いのが車検です。
まずは「自動車メーカー マツダ」としての車検への考え方、取り組み方について見ていきましょう。

マツダ車のプロへ育てる教育制度

引用:http://www.mazda.co.jp/carlife/service/support/specialist/

引用:http://www.mazda.co.jp/carlife/service/support/specialist/

ディーラー車検が他の業態に比べて値段が高いことは紛れもない事実ですが、それでもディーラー車検が選ばれる理由があります。それは、専門性や豊富な知識に裏付けされた安心感です。

マツダ系列ディーラーの整備士は、マツダ独自の資格制度に連動した研修と資格試験を受けています。
そこでマツダ車の整備やメンテナンスなどのカーライフサポートはもちろん、自動車の板金塗装に至るまで教育を施されるわけです。

また、全国のマツダ系列ディーラーの整備士やフロントスタッフを対象に「サービス技術大会」や、入社3年以内の若手を対象にした「サービス技術ユース大会」を開催しています。
これによりユーザー目線に立った最高のサービスの提供に努めると同時に、社員のモチベーションアップへと繋げているわけです。

マツダジャストフィット車検

マツダ系列ディーラーならではの知識や技術をベースにし、ユーザーの要望に応じて納得してもらえる車検を行うため、マツダではジャストフィット車検というシステムを導入しています。

このシステムは、例えば走行距離を目安にした車検整備コース、ユーザーのニーズや予算に合わせた選べる整備、安心して任せられる「おまかせ車検」や、忙しいユーザーには「短時間車検」など、さまざまなユーザーのニーズに応えられるようにと考えられたシステムです。

どの顧客に対しても同じ検査方法をするのではなく、車の状態やユーザーの要望に沿った車検を行うことで、より満足の行く車検が行えるようになります。

整備しやすいクルマ作りとマツダ販売店専用の整備機器

車検時はもちろん、万が一にも車が故障してしまったら、当然修理をしなくてはなりません。どんな整備士でも、安全確実はもちろん、ユーザーを待たせないまま、できる限り短時間で作業を完了させることに重きを置く必要があります。

そのためマツダでは自動車メーカーとして整備品質の改善と効率化を図るために、定期点検対象の部分や交換頻度の高い部分の整備・修理のしやすさを考慮した車の開発を行っています。

また、マツダ独自のサービス診断機「マツダ・モジュラー・ダイアグノスティック・システム(M-MDS)」があり、近年の車に採用されている高度な電子コントロールシステムの効率的な点検、診断を可能にしました。

マツダ延長保証

引用:http://www.mazda.co.jp/carlife/service/info/encho-hosho/5years/

引用:http://www.mazda.co.jp/carlife/service/info/encho-hosho/5years/

新車で車を購入した場合、新車から3年60,000kmの一般保証と、5年100,000kmの特別保証がメーカー保証として付いています。
このメーカー保証は、期間や距離が超えると保証が切れてしまえば当然、修理費は実費です。

まず新車購入時に加入できる新車5年プランまたは、5年プランに加入することで、3年6万kmで終了してしまう一般保証部品を、5年10万kmにまで延長できます。
そして5年目時には、さらに2年延長することができ、新車から数えて最長7年14万kmにすべての保証を延長することも可能です。

各マツダ系列ディーラーでの違いは?

引用:http://www.mazda.co.jp/purchase/dealer/

引用:http://www.mazda.co.jp/purchase/dealer/

マツダ系列ディーラーは、現在はマツダ店、マツダアンフィニ店、マツダオートザム店と3種類の店舗があります。
しかし現在では専売車種などの区別がなくなり、すべてのマツダ系列ディーラーで全車種の購入や、アフターサービスを受ける事が出来るようになっているため違いはありません。

地域、販売店による違い

全国のマツダ系列ディーラーの車検基本料金を比較してみましょう。
下記の比較は、車種を・デミオ、新車1回目の車検、基本料のみとしています。
また、金額は公式HPに記載のある概算のため、装備やグレードにより金額が変わる場合がありますのでご了承ください。

北海道マツダ

法定点検(24か月)・・・¥20,196
保安確認検査料・・・¥8,640
検査代行手数料・・・¥12,960
合計・・・¥41,796

関東マツダ

法定24か月点検・・・¥18,360
保安確認検査料・・・¥9,180
検査申請代行料・・・¥8,640
合計・・・¥36,180

広島マツダ

法定2年定期点検料(56項目)・・・¥18,360
保安確認検査料・・・¥10,260
代行手数料・・・¥9,720
合計・・・¥38,340

九州マツダ

法定24か月点検・・・¥21,492
総合完成検査料・・・¥6,912
検査代行手数料・・・¥14,040
合計・・・¥42,444

抽出した例では、最大6,000円程度の差があります。
しかし、実はよく見ていただくとわかるのですが、1番目の法定点検と2番目の保安確認検査料合計の差よりも、3番目の項目である代行手数料の金額差が大きいのです。

検査代行料の違い

この金額差については、マツダ系列ディーラーだけではなく、すべてのディーラー、または、指定工場で車検を行う業者では、必ず違いが生まれます。
その理由は、検査代行料です。

そもそも車検とは、国から指定を受けた工場、つまり指定工場が国に代わって自動車の検査をしています。
同時に、本来ユーザーが行う申請作業を代行していることになるわけです。

実際、指定工場で車検を行った場合、車検終了納車時には新しい車検証とステッカーはありません。
代わりに保安基準適合標章が、指定工場より発行されるだけです。

後に、工場の人間が週に1~2回のペースで陸運支局や軽自動車検査協会まで実際に出向き、完了しているすべての自動車の申請を行います。
その上で新しい車検証と車検ステッカーを発行してもらい、ユーザーに郵送しているわけです。

こうした陸運支局までの運賃などが、代行手数料には含まれます。
そう考えた上で先程の比較表や、他のメーカー系列ディーラーページを見て頂くとわかりやすいのですが、車の登録台数が多いと思われる地域では代行手数料が安く、登録台数の少ないと思われる地域では逆に高くなっているわけです。
これが地域によって金額差が生まれる一つの要因になっています。

マツダ系列ディーラーの特徴

マツダでは現在、「マツダ店」「マツダアンフィニ店」「マツダオートザム店」と3種類の販売店名があります。
その違いには、かつて同じようなチャネル販売をしていたトヨタや日産、ホンダとは違う独特の特徴がありました。
ここからは、その特徴について紹介していきます。

マツダ店

シンプルな名前が示す通り、マツダにとっては最も中心的な位置付けであり、街中で見かけるマツダの看板の多くが「マツダ店」です。
マツダも他のメーカーと同じく不況の煽りを受けて販売が低迷し、苦労した時代があります。これにより、元々の5チャンネル体制を改変する事になりました。

その際、後述する「アンフィニ店」や「オートザム店」を含めたすべてのチャンネルにおいて、採算の取れていない販売店の多くは廃業、もしくはマツダ店に合併されたため、現在見かける看板の多くが「マツダ店」となった経緯があります。

マツダアンフィニ店

元々はマツダオートと呼ばれており、1991年にアンフィニ店と変更。その後、ユーノスを取り込んで「マツダアンフィニ店」となりました。

マツダの販売チャンネルおいて、アンフィニ店ではRX-7やMS-8、シトロエンなどを扱うチャンネルとして存在していましたが、現在ではオールマツダの名のもと全車種を扱っています。今では店舗数としては少なくなり、その多くはマツダ店に合併や吸収されました。

マツダオートザム店

かつては軽自動車や小型車を扱うチャンネルとして開設されましたが、販売チャンネルの改変などにより縮小。
販売台数や店舗規模など、マツダが定めた基準をクリアした店舗のみが「マツダオートザム店」となりました。

そのため店舗数は3分の1程度まで減少しましたが、現存する店舗ではマツダ店、マツダアンフィニ店と同様、すべての車種を取り扱っています。

まとめ

引用:http://www.mazda.co.jp/carlife/service/info/encho-hosho/5years/

引用:http://www.mazda.co.jp/carlife/service/info/encho-hosho/5years/

自動車業界の経験が長い人にとっては、マツダディーラーの変化や苦労は有名な話であり、逆に近年見られるマツダの好調ぶりには目を見張るものがあります。
こうした苦難を乗り越えた先に、ようやく見えた好調ぶりは、ユーザーからの絶大な支持の表れと言い換えてもいいでしょう。

特に最近の人気の秘訣である、マツダ独自のディーゼルエンジンやスカイアクティブを始めとするテクノロジーを満足に点検できるのはマツダの整備士以外にはありえません。
今後もマツダ車に長く乗ることを考えているのであれば、是非ともマツダのディーラーで車検を受けることをオススメします。

継続車検を受けるのと愛車の買換え、どっちが有利?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん車査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料で即買取相場を表示!
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの20秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに10社の見積り最高額がわかるので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、最大65万円の売却額アップ事例が先日も立て続けに出たばかりです。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

スポンサーリンク
 今の時期は車が高く売れますよ! 
 今の時期は車が高く売れますよ! 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
 今の時期は車が高く売れますよ!