【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

車検前に確認したいあのパーツと交換費用:「ATフルード(オートマオイル)」

アイシン精機のATフルード(引用:https://www.monotaro.com/g/00409962/)車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識
この記事は約10分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

エンジオイルほどではないものの、ガソリンスタンドやカー用品店、または車検の際などに交換を勧められることが多い、ATフルード(オートマオイル)。実際、オススメされて交換してみたのはいいけれど、効果がよくわからないという方も少なくないのではないでしょうか?

そこで今回は、知っているようで知らないATフルードについての詳しい説明や、車検の際に気をつけるポイントについて紹介していきます。

車検時に交換必須の消耗品(交換タイミング時期の目安と価格)
車検をディーラーや整備工場に依頼すると、いわゆる車検の根幹に関わる検査や法定24ヶ月点検に加えて、必要な消耗部品の交換も提案されることがあります。 全てディーラーのお任せという人も多い中で、車検で必要な整備を見極めるために、交換推奨の...
軽自動車の買取査定前チェック4(ミッション)~車検前対応含む
ここまでに車検(軽自動車車検)前、査定前の点検として外装編、内装編、エンジン編についてお話ししてきましたが、今回は第4段としてミッション編をお届けします。 ミッションは大きくわけてATとMTとにわかれます。現在...
軽自動車の寿命を延ばすこの運転を覚えると、車検や買取査定で有利
車は消耗品の塊です。だからこそ定期的なメンテナンスが重要になってくるのですが、メンテナンスだけではなく日々の運転を意識するだけでも、各機構の消耗度合いは大きく変わってきます。車も人間と同じです。 エンジンが嫌がる使い方、ミッションが嫌...
この記事を書いた人
KumagaiShohei

車検のプロ。長年、中古車販売会社にて保証の判定や、提携工場様との折衝、技術相談に携わる。国産車ディーラーの整備士として社会人デビューし、国産車ディーラー退職後も自動車関連の会社に勤務中。

KumagaiShoheiをフォローする

よく聞くATフルードとは何か?

ATフルードとは

通称「オートマオイル」や「ATF」と呼ばれるもの。正式には「オートマチックトランスミッションフルード(Automatic transmission fluid)」と言い、オートマチックトランスミッション(自動変速機)に使用される、専用の作動油のことを指します。

ATフルードが果たす5つの役割

エンジンオイルには5つの大きな役割があるように、ATフルードにも作動油以外に大きな役割が5つあります。ここではATフルードが果たす5つの役割について、詳しく見ていきましょう。

1:潤滑剤としての役割

ミッションには、多くの金属部品が組みつけられています。ミッションは常に高回転・高負荷で可動しているため、その金属同士が互いに触れた状態で作動していたとすると、互いに摩擦を起こして摩耗するわけです。そうなると当然、スムーズな動作が出来ません。

ATフルードには、こうした不具合を解消させる潤滑剤としての役割が備わっているのです。目に見える効果というのは期待できないかもしれませんが、逆にいつまでも変わらぬ状態を維持できるようになるための役割をATフルードは担っています。

2:冷却剤としての役割

ミッション本体は、ミッションの作動で発生する熱や、エンジンや排気ガスなどの周囲から受ける影響により、温度が高温になることがあります。これは非常によくない事態です。ミッション本体が高温になることは、避けなければなりません。

そのために重要な役割を果すのが、ATフルードです。ATフルードは摩擦による熱を吸収し、ATフルード用のオイルクーラーへ熱を運ぶことで、ミッションを冷却する役割を担っています。また、ATフルード自体も高温になってはいけませんので、自身の冷却も行うわけです。

3:防錆剤としての役割

ミッションには多くの金属部品が使われており、変速などの作動時には摩擦熱などが発生するため、金属類は腐食しやすくなります。そのためATフルードの油分により皮膜を形成し、金属が直接空気などに触れることを防ぐことでサビから守ってくれるわけです。

4:洗浄剤としての役割

オートマミッションが変速などの作動をする際には、金属や摩擦材の削り粉が発生します。オートマミッション内は非常に精密に作られている上に油路も細いため、詰まってしまっては一大事です。

しかし、生じた削り粉はATフルードによって洗い流されます。さらに削り粉はATオイルフィルターで濾過され、マグネット付きのドレンボルトの作用によって除去を行われることにより、正常な状態が保たれるわけです。

5:作動油としての役割

ATフルードとエンジンオイルの最も大きな違いは、作動油としての役割です。ATフルードは従来のオートマミッションにおいて、自動車を前進または後退させる動力伝達と、各ギヤを切り替える変速のどちらも担っています。

そのため、ATフルードの交換を怠ってしまうと動力伝達やギヤの切り替えに支障が生じてしまいますので、忘れずに交換しなくてはならないわけです。

ATフルードの交換目安

28234b94a27b62b8792e3a6fc798a0b1_m

ATフルードはエンジンオイルと同様に、定期的な交換をすることで自動車の故障を未然に防いでくれることがわかりましたが、ATフルードの交換が与える効果はそれだけではありません。しっかり定期的な交換をしておけば、経済的にもお得なのです。ここでは、そんなATフルードの交換時期の目安と、価格などを紹介します。

ATフルードの交換時期

ATフルードはエンジンオイルの爆発による汚れほどではありませんが、使用している以上は必ず汚れてしまいます。主な汚れは各部品の作動による削りカスや熱による劣化、また添加されている成分の劣化などが代表的です。もちろん走行距離や使用環境、走り方などにより汚れ方にバラつきはあります。

実際、他のATフルードの汚れと比較して、ある程度の参考にすることは可能です。けれど、各メーカーによりATフルードの色そのものに違いがありますので、単純な見た目の色では汚れているかの判断が難しいと言えます。

また、これはエンジンオイルなどにも言える事ですが、走っていないから交換の必要がないわけではありません。添加されている添加剤や、フルード(オイル)自体は空気中の酸素や水分に触れることで酸化し、劣化していくからです。そのため走っていなくとも、定期的な交換が必要と言えます。

肝心の交換時期ですが、2年2万kmが理想です。この交換時期はあくまで目安ですが、上記の役割を鑑みるに交換したほうが無難でしょう。無論すぐに壊れるわけではありませんが、ミッションの故障を未然に防ぐためにも、交換することをオススメします。

ATフルードの交換費用

076f6ea25047847176f00633fc2c987a_m

一般の方が1番困惑するのが、ATフルードの交換にかかる費用ではないでしょうか? エンジンオイルは車種や大きさなどにより、比較的わかりやすい価格が表示されていることが多いように思いますが、ATフルードに至っては別です。店ごとで表示の仕方にバラつきがあり、「○リッター使用でいくら」という書き方をしている場合も少なくありません。

まずは金額の前に、必要になる量を見ていきましょう。ATフルードはエンジンオイルとは異なり、ミッション下部のドレンから全量を排出させることは構造上不可能です。そのため通常は専用の機械を使用して抜けた分と同量の新品オイルを補充し、しばらくアイドリングしたのちに再度抜き取り、補充を繰り返して交換します。

したがってATフルードは交換に「○リッター必要」なのではなく、「○リッター使用するのか?」というのが正しいです。そのため多く使用すれば綺麗にできるわけではなく、総量の半分程度の新品ATフルードの使用で十分に綺麗になります。

これはあくまで参考となりますが、実際にミッションに入っているATフルードの総量は軽自動車で7~8リッター、排気量の大きい4WD車などでは17~18リッターほどです。そうした車種の情報を参考に考えると、軽自動車で4~5リッター、大きな4WD車で8~9程度の新品フルードを使用するのが一般的となります。

そうなると必然的に金額が見えてきますね。ATフルードにも純正指定のものや、高価な物まで様々なグレードがありますが、国産車に使用されるものでATフルード1リッターあたり1,000円~2,000円程度、工賃も大体1,000円~2,000円程度のお店が多いです。軽自動車であれば5リッター使用で、5,000円~10,000円程度といったところが相場と言えます。

ただし、ATフルードを交換する際には1つ注意点があります。現在は様々な方式のミッションが存在しているため、場合によっては専用のフルードを使用しなくてはいけません。もし間違ったものを使ってしまうと即不具合が出てしまう場合がありますので、必ずお店の人に良く相談してから使用するようにしてください。

車検でのポイント

エンジンオイル同様、ATフルードが汚いからなどの理由で車検が通らなくなることはありません。車検でチェックされるポイントは、「規定量入っているか」です。エンジンオイルとは違い理論上、量が減少することはありません。よって万が一、量が少なくなってしまっている場合は、どこかで漏れている可能性が高いです。

車検では油脂類の漏れがあったら合格できませんので、漏れている場合は不良個所の修理が必要になりますので覚えておきましょう。

オートマチックトランスミッションの仕組み

9847af5796b40c3f7fbad9009febef06_m

オートマチックトランスミッションと一口に言っても、どんなものかよくわからない人も多いのではないでしょうか? ここでは、最もオーソドックスなオートマチックトランスミッション(以後AT)の仕組みについて説明していきます。

まずエンジンの回転は、トルクコンバーターと呼ばれる流体クラッチによって、トルク(力)が増幅された状態でAT本体に伝わります。このトルクコンバーターは、電源の入った扇風機(エンジン側)と、電源の入っていない扇風機(AT側)が向かい合っているような作りと想像してください。

この、電源の入った扇風機(エンジン側)の羽が回転し、空気(ATフルード)が電源の入っていない扇風機(AT側)の羽に当たることで、電源の入っていない扇風機(AT側)を回転させます。

つまりエンジンとATは物理的に繋がっておらず、エンジンの動力はATフルードを介してミッションに伝わることになるわけです。だからATフルードが劣化してしまうと動力伝達能力が低下し、より多くアクセルを踏むことになって燃費が悪化するのです。

次にギヤの切り替え(変速)ですが、ギヤの切り替えは車内にあるシフトレバーを操作することによって行われます。シフトレバーを操作することでAT内部のバルブを切り替え、走行中は電気式のバルブによってクラッチやブレーキバンドといった機構にかかる油圧を切り替え、と各段数に切り替えています。

万が一ATフルードが劣化していると、各バルブやクラッチ、ブレーキバンドと言った各機構の動きや圧着力が低下するため、やはり変速ショックや燃費の低下に繋がるわけです。

新しいオートマチック機構

従来のオーソドックスなタイプのATもまだまだ多くの車両で採用されていますが、近年の低燃費意識の高まりや、技術の進歩により様々な方式のATが開発され、市販されています。ここでは最近の主流となりつつある2つのオートマチック機構について、詳しく紹介していきます。

CVT(Continuously Variable Transmission)

今や国産車の多くが採用され、次世代のAT機構としてすっかり定着しているのが「CVT」、無段階変速機になります。従来型のATと同じように、トルクコンバーターを使用しているタイプが多いです。これにもATフルードと同じ役割を果す、CVTフルードが存在します。

機構の特徴として挙げられるのは、CVTフルードにはATフルードに必要ない「摩擦特性」が求められる点です。よって交換する際には、必ずCVT専用のフルードを使用しなくてはいけませんので注意しましょう。

DCT(デュアルクラッチトランスミッション)

日本ではあまり耳にしない名前ではありますが、欧州ではコンパクトカーを中心に「DCT」と呼ばれるミッションが多く採用されています。従来型のATやCVTはトルクコンバーターを使用していますが、DCTはマニュアルトランスミッションのような機械式クラッチが、文字通りダブルで装着されているわけです。

DCTの主な特徴は、従来は人がクラッチペダルを踏むことで操作していたことを車がコンピューターで判断し、油圧で2つのクラッチの操作を行っている点になります。走行中の手動による変速操作が不要なため、オートマチック車でありながら、ミッション本体の構造はマニュアルミッションとほぼ同じ作りになっています。

そのためCVT以上に厳密なオイル管理が必要となり、メーカー純正の専用フルードを使用しなくてはいけません。

まとめ

5411068025959967f98a14cfc2cf0cf5_m

いかがでしたでしょうか? ATフルードは交換しても効果がわかりにくいものではありますが、ミッション周りにおいて非常に重要な役割を多数担っています。そのため定期的な交換をすることで故障を未然に防ぐことができる上、正常な状態を保つことができますので、理想の交換時期が来たら交換するのがオススメです。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識 車検に関わる部品と交換費用
KumagaiShoheiをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較
タイトルとURLをコピーしました