【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

軽自動車の高額査定は日常の簡単なメンテナンスが第一歩

車を高く売る
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

軽自動車を長持ちさせるための日常メンテナンスについて、あなたはどのぐらい知っていますか? 「車は日頃のメンテナンス次第で各機構の寿命も変わる」とよく言われますが、定期的な車検(軽自動車車検)対策ではなく、日頃のメンテナンスといっても何をすればいいのかがわからなければどうしようもありません。そこで今回は、誰でもできる簡単な日常のメンテナンスについて紹介します。

取扱説明書を開いてみる

aea35095d35700176b13fb154e21d356_m

中古で軽自動車を購入する場合は取扱説明書が付属していないこともありますが、新車で購入した場合は必ず付属されています。一度も開かない人も多いですが、取扱説明書には各機構の説明の他に日常のメンテナンスの方法も記されていますので、実はかなり重要なものです。

例えばメーカー推奨のオイルやオイル量など、重要な事が丁寧に記されているので、メンテナンスについて調べる上では必須のものになります。そのためメンテナンスをする前に、一度は開いて中を確認しておきましょう。

意外に思われるかもしれませんが、実はこの取扱説明書はプロの整備士でも整備をする上で参考にすることがあります。特にミッションオイルはグレードを間違えると故障の原因になるので、ミッションオイルの交換をする場合や、何かしらの理由でオイルを補充しなければいけない時は一度、取扱説明書を見て確認してから交換、補充作業に入ることもあります。

つまり取扱説明書には、プロの整備士も必要な情報が記載されている上に、一般ユーザーにとっても必要なことが記載されている重要なアイテムということです。

空気圧の点検

8d6a6c3309a770124f40a7e3d31b40de_m

簡単にできるメンテナンスとして、まずはタイヤの空気圧を点検してみましょう。空気圧の点検は専用のゲージが必要なのですが、ガソリンスタンドに行けば借りることができますので使い方を教えてもらってから点検してみましょう。もちろん、お願いすることも可能なので気軽に聞いてみてください。

さて、タイヤには適正の空気圧が決まっているのですが、車種によって値が違います。適正空気圧の確認方法ですが、取扱説明書に記載されていますのでそれを確認するか、運転席のドアを開けたセンターピラー部にも「タイヤ空気圧」というラベルが貼ってありますのでそこを見て確認してください。

このラベルには純正のタイヤサイズと適正圧が記されていますが、応急タイヤを除いて2サイズ記されていることもあります。もし2サイズ記されている場合は、いま装着しているタイヤのサイズを確認するようにして下さい。

余談ですが、昔の軽自動車はタイヤの適正空気圧が2.1〜2.2kPaほどでしたが、今は2.8kPaほどが適性圧となりました。年配の方は「これ間違えているぞ」「こんなに高いわけないだろ」と言う人もいますが、これはメーカーが燃費を上げる対策として高い空気圧を設定しているだけですので、間違いではありません。

一般的にタイヤの空気圧が高ければ接地面が少なくなるので、転がり抵抗が下がります。となれば燃費が良くなるので、敢えて燃費が少しでもよくなるようにメーカーも適正圧を高めに設定するようになったという背景があります。

軽自動車の買取査定前チェック9(足回り・タイヤ・サスペンション)~車検前対応含む
今回は軽自動車の車検(軽自動車車検)前、売却査定前の車両点検として、足回り編をお届けします。足回りもエンジンなどと同じく、売却査定においては重要項目です。保安基準に関わってくる項目が多いため、不具合の有無で査定にも影響を与えます。 足...
車検前に確認したいあのパーツと交換費用:「タイヤ」
筆者自身が現役の整備士時代、比較的多く「車検のついでに交換しようかな」と皆さんが口にしていたと感じたのは、タイヤです。 しかし、ほかの消耗品と比べると割高感があり、ガソリンスタンドなどで勧められても「次の車検で交換すれば良いかな」と思...

エンジンオイルの交換

710d9aa791ae936f97cb89e5450fcc1a_m

エンジンオイルの交換を自分でするのは難しいですが、エンジンオイルの管理次第でエンジンがどこまで長持ちするのかが決まるほど重要な項目です。そのため走行距離に関わらず、1年に2回は交換するようにして下さい。

そして忘れてはいけないのが、オイルフィルターです。こちらも1年に1回交換して下さい。近年、エンジンとエンジンオイルの性能が飛躍的に上がったため、メーカーも交換目安の距離を10,000キロとしていますが、オイルは走行距離5,000キロ、オイルフィルターは10,000キロを目安に交換することをオススメします。

過去に10,000キロに1回の交換で、早々にエンジンが故障してしまったという例がありますので、やはり交換目安は5,000キロ毎にしておくのが無難です。ちなみに新車で購入した車で一度もエンジンオイルを交換せず、30,000キロ弱で再生不能になった例もあります。原因は言わずもがな、エンジンオイルを交換しなかったからに他なりません。

エンジンの調子が悪い車の原因は「オイル管理が悪いから」、つまりエンジンオイルの交換を疎かにしていたからということがほとんどです。オイルやオイルフィルターの交換を自身でするのは骨が折れるため、車屋さんでこまめに交換してもらうようにして下さい。

エンジンルームの点検

cfcdb2bc43e3d23b8a6b5b462061727d_m

エンジンルームの点検は目視での点検が中心となります。点検すべき項目は以下の通りです。

・ウォッシャー液の残量を確認する

・冷却水量の確認

・エンジンオイル量の確認

・ブレーキオイル量の確認

この程度であれば誰でもできる範囲の点検ですので、洗車をする前にでも確認するようにしましょう。注意点としてウォッシャー液以外は、エンジンが冷えた状態で確認してほしい点と、平坦な路面で確認するようにしてほしい点が挙げられます。

エンジンが冷えた状態で確認する理由は、単純にヤケドの危険性があるからです。特に夏場はエンジンもなかなか冷えないので、動かした後に確認するのであれば十分に時間を空け、冷えたことを確認してから点検するようにしましょう。こうしたリスクを避けたいのであれば、車を動かす前にやってしまうことをオススメします。

平坦な場所で点検する理由は、傾斜がついている路面上ではエンジンオイルなどの量を確認しても、正確な量が確認できないからです。正確な量を確認するためにも、平坦な路面に車を駐車した上で確認するようにしてください。

軽自動車の買取査定前チェック3(エンジン)~車検前対応含む
前回までに車検(軽自動車車検)前、査定前の点検として外装編、内装編をお話ししてきましたが、今回は引き続き査定前点検エンジン編をお届けします。 エンジンは車の心臓です。この心臓部に不調があれば、当然のように軽自動車の売却...

月数回の洗車

38324b874b9725eadc73c4b727e76fd5_m

今回の紹介する項目の中で、誰でも簡単にできることが洗車です。「コーティングをかけているから洗車はしなくても大丈夫」と思っている人もいますが、これは勘違いですので間違いのないようにして下さい。

コーティングを施工していても、月に最低1回は洗車しないと効果を発揮しません。むしろ無駄なお金になってしまいます。極端な話をすれば、コーティング未施工だけど月に2回ほど洗車している車と、コーティング施工車だけど普段は洗車をしない場合では、3〜5年後のボディの状態は圧倒的に前者のほうがいいです。

もしもコーティングしているのをいいことに、一度も洗車をしていないのであれば月に一度でも良いので洗うことをオススメします。面倒であればコイン洗車という選択肢もあるので、まずは実践してみてください。

そして洗車をする際に特に気をつけてほしいのは、冬場に凍結防止剤が散布される地域に住んでいる方です。凍結防止剤が散布される地域に住んでいる方は、2週間に1回、できれば週に1回は洗車をしておくようにしないとサビの早期発生に繋がります。

ボディはもちろんですが、下回りも綺麗に流すようにして下さい。沿岸部にお住まいの方も、同じくサビが早期発生しやすいので、こまめに洗車をするようにしましょう。腐食の激しい車は、売却時にも「価値がない」と判断されてしまいます。手間かもしれませんが、定期的な洗車を習慣にして、ボディを長持ちさせるようにしましょう。

高額買取査定に近づく 軽自動車の洗車術(車検前にも是非)
軽自動車(一般車も含む)を車検(軽自動車車検)でなく下取りに出すと決めた方は、必ず査定前に洗車を行っておくべきです。「洗車位で下取り価格が変わらないだろう」と考える方は認識を是非改めてみてください。洗車次第で下取り価格は十分アップする事実を...
この記事を書いた人
専務梅川

前職は某軽自動車メーカー系列ディーラー営業マン。長年、軽自動車販売のみに携わってきた経験から、軽自動車ならではの記事執筆や、車を安く購入維持する方法の記事が得意。

専務梅川をフォローする

まとめ

87c944adc4a989ccda57146d5e864731_m

誰でもできる点検というのは限られていますが、その積み重ねが重要です。何をすればいいのかは軽自動車メーカーが親切に取扱説明書へ記載してくれていますので、一度も開いたことがないという場合は是非この機会に確認して、実践してみることをオススメします。

便利なツール


「超速」自動車の維持費シミュレーター



「超速」自動車保険料シミュレーター

※条件設定を簡易化したシミュレーションですので結果は概算価格です。



MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車を高く売る軽自動車を高く売る
専務梅川をフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較
タイトルとURLをコピーしました