【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

査定を依頼する軽自動車買取店の選定基準は?

車を高く売る
この記事は約7分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

愛車を査定に出すということは、車検(軽自動車車検)時期などのように、次の車への乗り換えを考えている時が多いと思います。そして、次の車を購入する際には値引きの交渉も行っていると思いますが、値引きの交渉をする前に買取りの交渉をするべきです。

愛車の売却金額を最初から諦めている人もいますが、それは非常にもったいない選択肢に他なりません。中古車の買取りをしている業者は数多くありますので、複数の業者から査定を受ければ必ず期待以上の金額を引き出すことができるからです。

しかし多くの人が期待できないと諦めていたり、面倒臭いという理由で査定で交渉しないで終わらせがちです。そこで今回は、中古車買取り店へ査定を依頼する際の、店の選び方や注意点について紹介していきます。

この記事を書いた人
専務梅川

前職は某軽自動車メーカー系列ディーラー営業マン。長年、軽自動車販売のみに携わってきた経験から、軽自動車ならではの記事執筆や、車を安く購入維持する方法の記事が得意。

専務梅川をフォローする

中古車買取店へ査定を依頼する4つのケース

f843d7977e7b24e925e0df2a3f7c760d_m

車を売る時、売却先の何を基準に選んでいますか? 基準は人それぞれ違いますが、主な選び方としては以下のように考えている人が多いと思います。

一般的な査定の依頼先

ケース1:大手の中古車買取業者へ査定に出す

ケース2:中小規模の中古車買取業者へ査定に出す

ケース3:ディーラー系列店へ査定に出す

ケース4:仲の良い友達の店へ査定に出す

どれも一般的に考えつくものだと思いますが、果たして、どの選択肢が一番賢いと言えるのでしょうか? ここからは、査定を受ける中古車買取店の選定基準でよく見られるケースと、それぞれメリットとデメリットを紹介していきましょう。

ケース1:大手の中古車買取店で査定に出す

大手買取店とは、ビッグモーターやガリバーなどの全国規模で展開している中古車買取店のことです。店頭販売も積極的にしているので、中古車の買取りも積極的に行っています。

大手の特徴として挙げられるのは、何と言っても安心感です。全国規模で展開しているだけに、中途半端なことはできません。昨今は口コミがモノを言う時代ですので、ネガティブな口コミは命取りになってしまいます。

例えば、中小規模の買取店では「再査定をした結果、不具合が見つかりましたので減額させて頂きます」といったことを平気で言ってきますが、大手はこういったことが少ないです。もちろん、ないわけではありませんが中小に比べる遥かに少ないと言えます。

手続きに関しても同じで、大手買取店なら中小買取店より不手際が少ないです。何度も事あるごとに連絡を受けるようでは、ユーザーにとっては煩わしい以外の何ものでもありません。

しかし、大手買取店に査定を任せる一番のメリットは、査定価格に波がないので無難に高く買い取りしてくれる点に他なりません。

なぜ高く買い取りしてくれるかというと、大手であるが故に販売、買取りともに厳しいノルマが課せられてるからです。これをクリアするためにも、チャンスがあれば多少高くても買取りたい。それが大手買取店の本音です。

その背景には、全国展開している店ならではの情報ネットワークや、販売経路も関係しています。特に大手買取店は全国のオークション会場でそれぞれの相場情報を早い段階でキャッチしているので、需要を正確に把握することが可能です。そしてそれは販売経路を確保していることと同義でもあるため多少高く買い取ったとしても、難なく商品を売り捌けます。

反対にデメリットとして挙げられるのは、売りやすい車を好むことです。外装内装ともに程よく綺麗な年式の新しい車、そして特別人気のある車特に好むため、年式の古い車や、一部のマニアに受けの良い車種になると査定額が低くなりがちです。最悪の場合は金額を付けてくれない場合があるので、そうした車種を売ろうとしている方にはオススメできません。

ケース2:中小規模の中古車買取店で査定

中小規模の買取店とは、主に地域密着型の店舗を指します。中小規模の買取店の特徴として挙げられるのは、査定に波があることです。基準はもちろん設けられていますが、高かったり低かったりと金額が安定しません。

これは個人の裁量に委ねているから起きるものですが、言い換えればそれは融通を利かせてくれるというメリットにもなるわけです。大手はガチガチなマニュアル体質なので、これは大手にはない大きなメリットと言えます。

そして中小規模の買取店へ査定に出す最大のメリットは、年式の古い一部のマニアが好むような車種でも、お店によっては高額査定が見込める点です。やはりマニアックな車種は、専門性の高いお店ではその価値も高く見られます。こうした車種を売りたいのであれば、中小の買取業者へ査定に出すのがオススメです。

デメリットとして言えるのは、やはり大手に比べて安心感が低いことです。大手のメリットでもお話ししましたが査定を終わってからの再査定で減額を告げられるケースも頻繁にあるのでこの辺りは注意が必要ですね。

ケース3:ディーラー系列店へ査定に出す

ディーラー系列店では車だけの買取りというより、次の車を購入するための下取りとして扱われることが多いです。ディーラー系列店の強みは、大手買取店と同じく安心感に尽きます。ディーラーが不適切な対応をしてしまうとメーカーの名前を汚すことになるため、大手中古車買取店と同じく中途半端なことはできないからです。

ディーラー系列店で査定をして売却する人のほとんどは、次の車もそのお店で買う人も多いでしょう。となると、手続きも非常に簡単になるのでこれは大きなメリットと言えます。

反対にデメリットは、買取り金額が安いということです。どういうことかというと、下取りに出した際、ディーラーは次の車と合算した金額で提示してくるので、実際の買取り金額がいくらかわからなくなっています。

例を挙げてみましょう。例えば、車両価格150万円の車を購入するとなった際、現在所有している車の下取り価格を10万円と提示され、値引きを30万円してくれたとすると、車両価格が110万円になります。つまり合計で40万円の値引きということです。

しかし実際の値引きは20万円だけで、買取り価格は本来20万円だったりします。これがどういうことかというと、下取りで稼いだ金額を値引きの金額と偽って「値引きを頑張りました!」と帳尻合わせをしてくるということです。値引いてくれたほうが嬉しいユーザー心理を逆手に取った、うまいやり方ですね。

よって、ディーラーが下取りとして提示してきた金額と中古車買取店で査定を受けた金額では、明らかに開きが生まれます。つまり、買取り価格自体は安くなるということです。

ケース4:仲の良い友達の店へ査定に出す

これは上記3つのケースのどれにも当てはまりますが、知人に全てを託してしまうという方法はよく見かけます。信用しているのであれば、良くも悪くも安心感は一番でしょう。ですが、金額の面では少々不安です。何故なら、口ではなんとでも言えるからです。

人の心理として、その関係性が近くなればなるほど妥協もしやすくなります。つい余計な情を入れて任せてしまいがちですが、知人には他で査定をしてもらってから相談するという形をとるのが一番の得策です。情を優先させるのは、それからでしょう。

もしも高額査定を目指しているのであれば、他で査定を受けない状況ではくれぐれも任せてしまわないようにしてください。

複数の買取店で査定してもらう

a19a3d30ea41c53fb82c82160527ee56_m

全てのケースで言えることですが、やはり1つの業者だけではなく、複数の買取店に査定を依頼して最終判断をする方が得策と言えます。選択肢を増やした中でどこに売却するかを選べば、自分にとっての最高の答えを選びやすくなりますからね。

それでは最後に、何社くらいに査定に出すのがベストなのかについて紹介していきましょう。選定すべき業者の数は、最低でも3社は欲しいところです。ですが、これはあくまで時間がない人の目安ということを覚えておいてください。

なぜ最低3社なのかというと、そうでないと満足に比較もできないからです。理想を言うなら最低5社、多ければ多いほど尚いいですが、時間も取られますので10社程度にしておいた方がいいでしょう。最低5社に査定してもらえれば、どこに売却するか悩むかもしれませんが、比較数としては十分と言えます。

軽自動車を高く売りたい?中古車一括査定見積りサイトの裏活用方法教えます
愛車をそろそろ売却して新しい車を買おうと考えた時、あなたはどうしますか? もちろんディーラーや買取店に持っていって、査定に出すことになるでしょう。そのやり方は間違っていませんが、持っていった店だけで査定を済ませようとしているのだとしたら、そ...

まとめ

9a8d8bfdeb069120f39ebcd64a8cfc25_m

いかがでしたか? 買取店でも規模の大きさによって査定額が違いますし、担当者によっても違いが出てきます。なので、それぞれのメリット・デメリットを比較して、自分の条件にあった方法を選びましょう。いずれにしろ、複数の買取店に査定してもらい、最終的な判断をすることをオススメします。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車を高く売る 軽自動車を高く売る
専務梅川をフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較