【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

失敗しない軽自動車買取の契約前確認事項

車を高く売る

あなたと買取店が車の売買をするということは、必ず契約書に署名、捺印をすることになりますが、買取店によって契約書の内容は異なります。ある程度の内容は同じなのですが、中には買取店独自の内容が記載されているケースがあることも。ここが非常に危険なポイントになります。

何故なら多くの場合、契約書を隅から隅まで読んでいる人が少ないからです。あなたは契約する時に、あの細かい文字で記載してある難しい内容を全て読んでいますか? 例えばスマホや保険等ではしっかりと読まなくても、後に問題になるということはあまりありません。

けれど車の売却時は違います。買取店が用意する契約書にしっかりと目を通しておかないと、思わぬ独自ルールに翻弄されて痛い目をみることになってしまいかねません。そうならないために、今回は契約前の確認すべきことについて紹介したいと思います。

この記事を書いた人
専務梅川

前職は某軽自動車メーカー系列ディーラー営業マン。長年、軽自動車販売のみに携わってきた経験から、軽自動車ならではの記事執筆や、車を安く購入維持する方法の記事が得意。

専務梅川をフォローする
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

契約書の罠

a7d946acd84e8c3db4d08c4ff3240ed2_m

契約書は絶対です。例え詐欺まがいの契約をさせられたので法的措置をとろうとしても、署名と捺印のある契約書があれば買取店は圧倒的に有利になります。

例え口で言っていることと契約書の内容が違っていても、最終的に契約書に署名と捺印をしてしまえば、契約書に記載されている内容が絶対となるためユーザーは不利です。そして、買取店は多くのユーザーが契約書の内容をしっかりと目を通さないことを知っています

営業トークで気分をよくさせ、他愛もない話をしながら上手に契約書に署名をさせたり、契約書を見せて早口で説明したりながら署名を促してきますので要注意です。

車の売却時に交わす買取店との契約書には罠がたくさん仕掛けられていますので、細心の注意を払う必要があります。

それではここからは、契約時に陥れられないための確認項目について触れていきましょう。

知っておきたい売却後のトラブルと回避術|売却契約後の注意点
車の売却は売買契約を結んで、売却金が振り込まれると時点で終わりと考えるのが普通です。しかし最近、お金が振り込まれてしばらくした頃に、突如として返金しろと言われるケースが後を絶ちません。 有り得ない話だと思うかもしれませんが、現に車に詳...

確認項目1:営業マンの説明と契約書の内容が一致するか

cd4f7c3cbc739d61b5fa2fec81438296_m

まず最初に注意すべきなのは、買取店の営業マンが口で言っていることと、約款に記載されている内容が同じかどうかをチェックすることです。

買取店によっては、必ずしも契約書の内容と口で言っていることが一致しないことがあります。よくあるのは二重査定(再査定)という手口です。

二重査定とは?

査定時に美味しい金額を言っておきながら契約し、後日になって突然「改めて査定させて頂いた結果、不具合が発見されたので減額します」や「事故車とわかったので減額します」と手のひらを返して減額を要求してくるやり口を指します。

要は、もともと安く買い叩くつもりで用いられる悪徳買取店の罠です。

二重査定を隠す業者は口で言っていることと契約書の内容が違うケースが多く、大手でも二重査定をしている会社は0ではありません。

だからこそ必ず契約書の内容は一文一文、表面はもちろん、裏面まで確認して下さい。
車検証(軽自動車車検)だけを見て安心してはいけません。

軽自動車買取査定交渉:営業マン「テンプレトーク」への切り返し方法
中古車一括見積もりサイトを利用するにしても、買取店に出向き査定見積もりをしてもらうにしろ、必ず営業マン(査定士)との交渉を越えなければいけません。これまで車の売却をしてきた人の中には、査定士と交渉しても口で上手に丸め込まれて失敗した経験をし...

確認項目2:キャンセルの可否

098294431eeff861f771164ce23af4e6_m

罠が張り巡らされている以上、保険としてキャンセルができるかどうか確認しておくのは重要です。ただし当然のことではありますが、一部の大手を除いては、契約後のキャンセルを受け付けてくれる店はほとんどありません。

これも契約書に記載されていることが多いですが、記載されていなければ口頭でもいいので必ず確認して下さい。

多くの店においてはキャンセルを受け付けない、もしくはキャンセル料を支払うという形で受け付けるというスタンスがほとんどです。

取引をする買取店がどちらのパターンに該当するのか、この辺りも細かく確認してください。一部の大手では無料キャンセル期間を設けている会社もありますが、期間が1〜2日間と非常に短いのでアテにしないでおきましょう。

確認項目3:金額の内訳

86ee0514f994e517301b98fa68d7f160_m

売買契約の真の目的である金額の内訳は、絶対に確認して下さい。何故かと言うと、提示された金額がリサイクル料込みの金額なのか、それとも車両だけの金額か曖昧にする業者がいるからです。

リサイクル料は一般的に込みにしている業者が多いのですが、説明をしてくれる業者としてくれない業者がいるので注意しましょう。

リサイクル料はあくまで預託しているだけなので、持ち主が変われば返金されます。その金額が含まれていないのはおかしな話ですので、含まれていない場合は絶対に確認して下さい。

ただし廃車にする場合は、リサイクル料は返金されませんので間違えないようにしましょう。売買契約を結んだ後に入金されることになりますが、買取店によって入金されるまでにかかる日数は違います。早い会社では3〜4日でされますが、遅い会社はいつまでも入金がされません。

あまりに遅いと不安になりますので、そうならないためにも契約前にいつ入金されるのか、具体的な日付まで教えてもらうようにしましょう。

特に、そのお金を次の車を買う頭金にしようとしている人は、忘れずに確認してください。

確認項目5:名義変更の時期

4b789e014fa224aac9fa936dac10f498_m

契約をする際、名義変更がいつされるのか必ず確認しましょうもしも名義変更が行われていなかった場合、翌年の自動車税があなたの元に届くことになります。

自動車税は、その年の分を先払いするものなので当然支払う必要はありませんが、理解していないと払わなくてはいけないのかと不安になりますよね? こうならないためにも、名義変更がいつされるのかを確認するとともに、名義変更が済んだら証拠を見せてもらうことを契約書に追記してもらい約束させましょう。

業者の中には、名義変更をせず平気で乗り回しているようなところもありますので、名義変更の時期は必ず確認して下さい。

万が一にでも「うちは名義変更の期限を決めていないので、はっきりとお答えできないです」というような相手であれば、その買取店には売却しないようにしましょう。後々、面倒くさいことになるのが目に見えています。

車検と税金(自動車税)
自動車税とは1年に1度必ず納付しなければならず、車検を受ける際には納付されていることが必要です。ここでは、自動車税のあらましや注意点など詳細な解説をしていきます。  自動車税の具体的内容 一般の方の中には、車検の際支払う自動車重量税と混...
車検に必要な書類:「自動車税納税証明書(継続検査用)」
私たちが自動車を所有している場合、年に一度必ず支払わなければならいない税金が自動車税です。車検を受ける際には必ず納税していなくてはならず、車検場において、納税証明書を用いることで納税事実を証明する必要があります。当然ですが、自動車税の納税が...

確認項目6:代車の有無

83ba2c2038833f0054099f3bd4df86e0_m

この確認項目は、車がなくなっても問題ない人は省いてもらって大丈夫な項目です。本来、代車を借りるのは次の車を購入する販売店になると思いますが、中には車を買うよりも先に売却してしまう人もいるでしょう。

その場合、常に車がないと支障が出るという人は、必ず無料で代車を借りれるかどうか確認しましょう。繁忙期になると、販売店も買取店も「代車がない」ということが頻繁にありますので、今の車を売却する買取店と次の車を購入する販売店の両方で確認するのがオススメです。

まとめ

f7cd3ae07e26179ba8a97f4b15d9fc6d_m

とにかく今回のまとめとして言いたいのは、「契約前には絶対に契約書を細かく確認する」ということです。恐らく当日は査定金額などに意識がいってしまって、細かな点にまで頭が回らない可能性もあると思います。

それでも、折角の高額査定も確認が漏れてしまえば、安く買い叩かれて痛い目を見てしまい本末転倒です。予めメモをとっておき、カンニングペーパーのようにポケットに忍ばせて忘れず確認しておきましょう。

ただし、1点注意があります。これまで多くの確認項目を紹介する中で、悪質な店であることを前提に話してきましたが、二重査定をする店がすべて悪ではないということです。どういうことかというと、悪い店があるのと同じように、ユーザーにもタチの悪い人間が数多くいます。

例えば修復歴があるのを隠して「修復歴なし」の車として申告したり、他にも「悪質だ」と判断されるようなケースで車を買い取らせようとしてくるわけです。

こうしたユーザーから身を守るために導入されたのが、二重査定だったりしますだからこそ、買取店に査定へ出す際には、必ず車両の情報を正確に申告して下さい。

もし誤った申告をしてしまえば返金を要求されてしまいますし、こちらもそれに応じなければいけません。となると余計な手続きが必要になりますし、既に振り込まれた金額を使い果たしてしまっていたら、工面するのに多大な労力を使うことになってしまいますから絶対に避けましょう。

しかし二重査定に限らず、悪質な手口でユーザーを陥れようとする店舗が、未だ存在するのも事実です。だからこそ「契約前には絶対に契約書を細かく確認する」という注意点を忘れず、すべての内容に納得した上で契約書に署名と捺印をするようにしましょう。

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車を高く売る軽自動車を高く売る
専務梅川をフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較