【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

軽自動車の寿命を延ばすこの運転を覚えると、車検や買取査定で有利

車を高く売る
この記事は約7分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

車は消耗品の塊です。だからこそ定期的なメンテナンスが重要になってくるのですが、メンテナンスだけではなく日々の運転を意識するだけでも、各機構の消耗度合いは大きく変わってきます。車も人間と同じです。

エンジンが嫌がる使い方、ミッションが嫌がる使い方は必ずあります。その点を意識しておくだけでも無駄な故障が防げますし、いざ売却という時になっても寿命をイタズラに削らなくて済むので高評価を得ることが可能です。今回は車の寿命を延ばす運転方について、紹介していきます。

この記事を書いた人
専務梅川

前職は某軽自動車メーカー系列ディーラー営業マン。長年、軽自動車販売のみに携わってきた経験から、軽自動車ならではの記事執筆や、車を安く購入維持する方法の記事が得意。

専務梅川をフォローする

車の寿命を延ばす

88f755bb7dee2586c83fbeae2aa0dd6c_m

まずは車の寿命を延ばす方法について説明していきましょう。一般的に、車の寿命を延ばす効果的な方法として、エンジンを始動してからすぐに走り出す「暖気走行」が推奨されています。現在ではこの暖気走行することが当たり前になっていますが、昔は「暖気運転」が一般的でした。しかし現在においてはアイドリング時の暖気運転は必要なくなり、むしろ始動したての暖気走行が重要視されるようになっています。

そもそも何故、暖気走行が重要視されるようになったのかというと、暖気運転はあくまでエンジンだけしか暖めることができないからに他なりません。エンジン始動後はエンジンオイルがオイルパンに溜まっているので、5秒〜10秒程度は動かさない方が良いということに変わらないのですが、暖気運転ではミッションやマフラー、各部のベアリング関係やタイヤは暖められないのです。

にもかかわらず、延々とアイドリングしてエンジンが暖まったからと、いきなりアクセルを全開で発進したらどうなるか? もはや、言うまでもありません。準備ができていない状態で走り出した各機構、特にミッションは大ダメージを負ってしまいます。

人間で例えるなら、寝起きで何の準備体操もせずに全力疾走させられるようなものですね。想像するだけで、どれだけ酷い事をしているのか目に浮かびます。車にダメージを負わせないためにも、暖気走行は習慣化するようにしましょう。

暖気運転はどれくらい走行すればよい?

暖機運転の時間ですが、5分程度走れば十分です。ですが暖気運転の時間は外気温よって変わってくるので、寒い時期は少し長めに時間を取るといいでしょう。エンジン回転数を上げず、40キロほどのスピードで走るイメージですので、そう難しくありません。是非とも実践してみてください。

エンジンの寿命を延ばす

1d11eb63da1db0471bd1677adae96e86_m

続いては車の心臓部、エンジンを寿命を延ばす方法です。税金の安さや小回りの効き方など、普通自動車よりも何かとメリットの多い軽自動車ですが、エンジン排気量の小ささはどうしてもデメリットになりがちです。

エンジン排気量が小さいということは排気量が大きい車と比べた場合、同じスピードを出すにも回転数を上げなければいけません。たまに回転数を上げてやることもエンジンのコンデションを良くするためには必要ですが、これが毎回となるとエンジンの寿命を縮める原因となってしまいます。ベタ踏み運転は速度を得る代償に、エンジンに多大な悪影響を及ぼすので可能な限り避けましょう。

しかし、ベタ踏み運転を全くしないというのも、コンデションを悪くする原因となってしまいます人間で言うところの運動不足ですね。エンジンも適度に高回転させてあげないと、逆に不調の原因を招いてしまいます。つまりベタ踏みすることは、必ずしも悪い事ではないというわけです。もっとも軽自動車の場合、坂道を登る時に嫌でもベタ踏み運転することになるので、敢えて踏むことを意識する必要はありません。踏みすぎず、踏まなすぎず。この加減を意識して運転してみてください。

軽自動車の買取査定前チェック3(エンジン)~車検前対応含む
前回までに車検(軽自動車車検)前、査定前の点検として外装編、内装編をお話ししてきましたが、今回は引き続き査定前点検エンジン編をお届けします。 エンジンは車の心臓です。この心臓部に不調があれば、当然のように軽自動車の売却...

ミッションの寿命を延ばす

9847af5796b40c3f7fbad9009febef06_m

ミッションの寿命を延ばすというテーマは、今回の話における最重要項目です。エンジンの寿命は車の心臓部であることから多くの人が意識していますが、ミッションの寿命を気にしている人はほとんどいません。ミッションは車を動かす上で非常に重要な機構なため、軽視するのは危険です。そのため、エンジンと同じくらいの重要度で扱う必要があります。

では、ミッションの寿命を延ばす簡単な方法とは何だと思いますか? 真っ先に思い浮かぶのはミッションオイルの交換ですが、ミッションはエンジンほどオイルが重要視されていませんもちろん、新車時から2〜3万キロを目安に交換するのであれば、プラスの効果を期待できます。しかし何万キロも交換していない中でミッションオイルを交換すると、高確率で調子が悪くなるか不具合を起こしますので、ミッションオイルを交換することが寿命を延ばすことに繋がるとは言い難いのが現状です。

では答えは何なのか。正解は「きちんと停止した状態でギアを変える」ことです。「えっ、そんなの当たり前でしょ?」と思う方もいると思いますが、実は結構守れていない人が多かったりします。特に急いでいる時や焦っている時には、咄嗟にやってしまいがちです

例えば駐車時。後ろから後続車が来ていて「詰まらせてはいけない」「店から近い場所を他の車に取られたくない」という思いから、まだ完全に停止していないにも関わらず、ギアをバックに入れて下がりだす人がいます。これが、ミッションの寿命を考えた時に、一番やってはいけない行為です。

こういった癖がある人は、本当に意識して変えないと直りません。何故なら無意識でやってしまっている可能性が高いからです。となると、自分では大丈夫と思っていても、第三者の目から見たらできていなかった、なんてことも有り得ます。ミッションの寿命を延ばすためにも一度、誰かに見てもらって運転の仕方が適切かどうか振り返ってみましょう。「ミッションは8万キロ前後から不具合が起きてもおかしくない」と言われていますが、こうした悪い習慣を変えるだけでも違ってきますよ。

余談ですが、外車のミッションは国産車に比べて特に敏感です動いている状態でギアを変える習慣があると、あっという間にミッションが壊れてしまいます。これには、車の新しい古いは関係ありません。乗り方、扱い方の問題なので、外車に乗る方や今後乗ることを検討している方は、より慎重にミッションを扱うようにしてくださいね。

軽自動車の買取査定前チェック4(ミッション)~車検前対応含む
ここまでに車検(軽自動車車検)前、査定前の点検として外装編、内装編、エンジン編についてお話ししてきましたが、今回は第4段としてミッション編をお届けします。 ミッションは大きくわけてATとMTとにわかれます。現在...

ハンドルの据え切りは寿命を縮ませるというのは勘違い

fae97dc1f29698f133e99a95e9449d97_m

最後は、寿命にまつわる勘違いについて紹介していきます。代表的なのが「ハンドルの据え切りをすると寿命が縮む」というものです。

ハンドルの据え切りとは?

停止している状態でハンドルを切ることをいいます。これによるよくある勘違いとして挙げられるのが「ハンドルの据え切りをするとパワステがすぐ壊れる」というものです。

現在、軽自動車のみならず、ほとんどの車にパワステが採用されています。実際、据え切り状態で壊れることはありますが、それはあくまで1分程度その他状態を維持したらの話です。実際、据え切りでの故障は昔の油圧パワステで起こっていました。

しかし普通に考えてほしいのですが、車庫入れの時に据え切りは少なからずしますよね? 当然メーカー側も、ユーザーが数秒〜数十秒程度の据え切りすることを考えて設計していますので、通常使用なら据え切りでパワステが故障するということはほとんどありません

ただし先述しましたが、1分を超える据え切りはメーカーも計算外のため、故障する可能性はあります。ですが、1分も据え切り状態を維持するという機会は、意図的に使用しない限り、まずないです。以上のように「据え切りしてもパワステは壊れない」というわけではありませんが、それでもメーカーの想定以上の使用をすると壊れますので、意味もなく据え切り状態を維持しないようしてくださいね。

まとめ

613d4585353cd4e39255a2f523d0c46a_m

これまで買取や車検(軽自動車車検)対策上有利にするための車両を気遣う運転方法を紹介してきましたが、どれも簡単な心がけで改善できるものばかりではなかったですか? このように車の故障の中には、ドライバーの意識次第で回避できる故障が多くあります「暖気走行」「停止してからギアを変える」という2点は特に寿命を延ばすのに大きく貢献しますので、意識して今後のドライビングを変えていってくださいね。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車を高く売る軽自動車を高く売る
専務梅川をフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較
タイトルとURLをコピーしました