【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

リセールバリューを制する者は軽自動車買取査定を制す

車を高く売る

車業界では「リセールバリュー」という言葉が頻繁に使われていますが、リセールバリューとは何かご存知でしょうか?あまり聞き慣れない言葉ですが、査定士もよくリセールバリューという言葉を口にしますので、今後のためにもリセールバリューとはどういう意味なのか知っておいて損はありません。

ということで今回は、リセールバリューとは何なのか、知っておくとどんな得があるのかをテーマに紹介していきます。

この記事を書いた人
専務梅川

前職は某軽自動車メーカー系列ディーラー営業マン。長年、軽自動車販売のみに携わってきた経験から、軽自動車ならではの記事執筆や、車を安く購入維持する方法の記事が得意。

専務梅川をフォローする
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

リセールバリューってどういう意味?

リセールバリュー(Resale Value)とは書いて字の如く、再販時の価値を意味します。中古車業界に関して言うのであれば、新車登録されて一度市場に出た車を、買取業者が買取して再販する時の価値を指すわけです。だからこそ、中古車業界ではリセールバリューという言葉が頻繁に使われています。

目安は3年3万キロで40〜60%のリセールバリューと言われていますが、これはあくまで目安です。それ以上に評価されるのは以下の項目になります。

・人気のあるメーカーか?

・人気のある車種か?

・人気のあるボディカラーか?

・人気のあるボディタイプか?

上記が重要視されるリセールバリューです。中古車市場で人気の車種と、あまり人気のない車種では、同じ3年3万キロだったとしても買取価格に大きな差がついてしまいます。つまり3年3万キロであったとしても、リセールバリューは必ずしも40%〜60%あるというわけではないのです。

オートオークションで高値落札される傾向の軽自動車車種と車両状態
軽自動車は車種や年式によって違いますが、普通一般自動車に比べて高額で売却できることはこれまで何度もお話ししてきました。 では、オートークションではどの車種が高値で落札されるのでしょうか?同じく高値で落札される車両状態とはどういった程度...
あなたのスポーツカーが高値で買取査定される具体的理由と要チェックポイント
今回は、スポーツカーをオートオークションで出品した場合、具体的にどのようなスポーツカーが高値で落札される傾向にあるのかをレポートします。 スポーツカーだからといって、何でも高く落札されるわけではありません。 その理由と、オークション...

リセールバリューが高くなる軽自動車の特徴とは?

4c85922ed4aabf05fb0dc0cde0a8e2d8_m

リセールバリューは重要視される項目がある程度わかっているため、新車で購入する時点で、ほとんど確定します。となると気になるのは、リセールバリューが高くなる車の特徴です。これから新車を購入予定であれば、この特徴を理解しておくと売却時に価値が下がりにくい車を購入することができます。

もちろん車は安い買い物ではありませんし、リセールバリューを気にするがあまり自分の欲しい車が買えなくなってしまっては元も子もありません。そのためリセールバリューだけで判断するのは賢い車の選び方ではありませんが、どの車を買おうか悩んでいる時などには実に効果的です。

例えばあなたが新車を購入する際、トールワゴンを購入しようとしていたとしましょう。そうなると候補としては、ダイハツ・タントやスズキ・スペーシア、ホンダ・N-BOXという選択肢が出てきます。

この3台は非常に評価が高く、どれを選んでいいかわからない時などにはリセールバリューが高いものを選ぶと効果的です。このようにリセールバリューを知っていることで、悔いが残らない選択ができるようになるため是非、覚えておきましょう。

それではここからは、重要視される項目について詳しく見ていきましょう。

メーカーの人気

ーカーの人気について紹介するにあたって大きく関わってくるのが、OEMというシステムです。OEMをわかりやすく説明すると、違うメーカーの車を自社メーカーのエンブレムなどに変えて、形もそのままに製造・販売することを言います。何故こんな事をするのかというと供給元、供給先それぞれメリットがあるからです。

製造、供給する供給元のメリットは「自社以外での販売ルートを確保できる」「販売台数の増加が見込め、大量生産できるので生産コストを下げることができる」といった点が挙げられます。他にも供給先からの手数料が貰えるというのも大きなメリットです。

反対に供給先のメリットは新車開発費用が抑えられ、販売した車は全て自社の売り上げになるといった点が挙げられます。上記の理由から、軽自動車界ではOEMが各メーカーで積極的に行われているわけです。

そのため軽自動車は国内のメーカーから実に様々な車種が販売されていますが、自社で0から開発しているのは現在、スズキ、ダイハツ、三菱、ホンダのみになります。つまり他メーカーから販売されている軽自動車は、これらのメーカーとOEM関係を結んでいるということになります。

しかし、ホンダは軽自動車に限らず、他メーカーとOEM関係を結んでいません。三菱も、日産とのOEM関係を共同開発に発展させたため、実質、軽自動車界でOEMの供給元になっているのはスズキとダイハツの2社のみになります。

さて、何故これまでOEMについて説明してきたかと言うと、OEM生産された軽自動車というのは供給元の車と見た目も何も同じでも、比較するとリセールバリューが下がってしまうからです。

これまで軽自動車界を牽引してきたのは、OEMの供給元であるスズキとダイハツです。そのため軽自動車としての人気も高く信頼もあるため、どれだけ見た目を同じにしてもその人気は販売元には勝てないのです。

例を挙げてみましょう。OEMの代表的なものとしてスズキ・ワゴンRとマツダ・フレアがありますが、新車販売台数が多いのはスズキ・ワゴンRです。販売台数が多いということは人気があるとも言えるため、同じ形をしていてもメーカーが変わればリセールバリューも変わってしまいます。

この事から、購入する際はOEM供給先の方が安い場合もありますが、リセールバリューを加味するならば多少は高くても供給元のメーカー車を購入する方がオススメです。

車種の人気

同じタイプの車種でも、人気の有無によってリセールバリューは大きく変わります。例えば、ダイハツ・タント、スズキ・スペーシア、ホンダ・N-BOXなどは、後席にスライドドアを搭載したモデルで屋根の高いトールタイプに分類されますが、この中でもリセールバリューは変わってきます。

軽自動車は全体的にリセールバリューも高く、トールタイプに限って言えば、軽自動車の中でもリセールバリューはかなり高いので大きな差はありません。しかし同じような装備で、同じぐらいの金額で買ったとしても、やはり車種の人気があるかないかによって査定金額に違いが出てきますので、購入する際は中古市場でどの車種が人気があるか調べて選ぶことをオススメします。

ボディカラーの人気

ボディカラーの人気も、リセールバリューが変わる大きなポイントです。一部の車種を除きますが、ボディカラーは一般的に黒、または白(パール)を選択する人が多いため人気が高くなります。軽自動車の中でもタントはメーカーとしての人気もありますし、車種としての人気もあります。しかし、ボディカラーによって価格に大きな差があり、その金額はおよそ10万円〜20万円も変わってくるのです。

そのボディカラーの人気ぶりから、白(パール)や黒のトールタイプというのは、営業しなくても黙って売れてしまいます。しかし人気のない色ではそうはいきません。同じ金額で販売していたら人気のボディカラーの商品に敵うわけもなく、売れ残ってしまう可能性が濃厚なので、ボディカラーで価格差をつけるしかないのです。

これとは対照的に、その車種ならではの定番色というのもあります。最近の車で言うと、スズキのハスラーですね。ハスラーはオレンジやブルー系の人気が高く、これらの色はリセールバリューも高くなるため、単純に白(パール)や黒を選べばいいというわけではありませんハスラーに限りませんが、定番のカラーを調べた上で購入するようにしましょう。

グレード(装備品)

グレードは装備品の違いを意味すため、リセールバリューを分かつ大きな条件の1つとなっています。例えばトールタイプの軽自動車では後席にスライドドアを採用していますが、電動かそうでないかでも金額が変わってきます。

スライドドアには両側電動、片側電動、電動なしの3種類がありますが、世の中の人たちが求めているのは両側電動>片側電動>電動なしの順番になります。つまりスライドドア1つを取っても、わずかこれだけの違いでリセールバリューに大きく影響を与えるということです。

グレード全般に言えるのは、やはり需要と供給のバランスが鍵となるという点でしょう。需要と供給のバランスがとれている車はリセールバリューが高いと言えますし、逆に供給過多になればリセールバリューは低くなります。

見極めるのは難しいところではありますが、定番と呼ばれる装備を外さなければ、ある程度はリセールバリューを期待できるので選択することをオススメします。

リセールバリューが当てはまらない例外

一般的なリセールバリューとは関係なく、例外的に年数が経過していても価値が下がらない車種もあります。その代表的なものが、スズキ・カプチーノやホンダ・ビートです。カプチーノやビートは登場してから20年以上経過している古い車ですので、中古車市場でもあまり見かけることはなくなりましたが、たまに販売されているのを見かけます。

もし中古車情報誌などで見かける機会があれば、その販売価格を確認してみて下さい。その異常な価格設定に驚くことになると思います。

本来、20年以上も前の車となると価値がつきません。しかし、これらに共通するのは今でも人気が高いという点です。所謂プレミアというやつですね。これにより例え絶版車であっても状態がよければマニアは喉から手が出るほど欲しがります。極端な言い方をすれば、法外な金額をつけたとしても欲しい人は買うわけです。

まとめ

de138788576ab7c74b9c3125e7303fb7_m

これまでリセールバリューについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?「車検(軽自動車車検)有無にかかわらず、ボディカラーによって売却する時の価格は違う」という話はどこかで聞いたことがあるかもしれませんが、こうした理由があることをわかって頂けたのなら幸いです。

もし、これから新車を購入予定で、乗り潰すまでは乗らないという場合はリセールバリューも考慮して検討するのもいいかと思います。ただし、リセールバリューに拘りすぎて欲しい軽自動車を買えなくなってしまっては意味がありませんので、あくまで選択に困ったら使うなど1つの指針として使って、良い車選びに役立ててくださいね。

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車を高く売る軽自動車を高く売る
専務梅川をフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較