【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

車検前に確認したいあのパーツと交換費用:「ワイパーブレード・ゴム」

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識
この記事は約8分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

ワイパーブレードやワイパーゴムは、さまざまな消耗品や定期交換部品のなかで、比較的安価で、ちょっとしたポイントさえ注意すれば、一般の方でも交換が行える部品と言えます。

ここではそんなワイパーブレードやワイパーゴムの解説や、車検でのチェックポイントなどを解説していきたいと思います。

車検時に交換必須の消耗品(交換タイミング時期の目安と価格)
車検をディーラーや整備工場に依頼すると、いわゆる車検の根幹に関わる検査や法定24ヶ月点検に加えて、必要な消耗部品の交換も提案されることがあります。 全てディーラーのお任せという人も多い中で、車検で必要な整備を見極めるために、交換推奨の...
この記事を書いた人
KumagaiShohei

車検のプロ。長年、中古車販売会社にて保証の判定や、提携工場様との折衝、技術相談に携わる。国産車ディーラーの整備士として社会人デビューし、国産車ディーラー退職後も自動車関連の会社に勤務中。

KumagaiShoheiをフォローする

ワイパーブレード・ゴムとは

世の中のさまざまな乗り物の、主にフロントウィンドウなどに取り付けられ、雨水や雪、汚れなどを払拭し運行者の視界を確保する装置のことをワイパーといいます。

自動車では、電動のワイパーモーターで駆動され、ワイパーリンク、ワイパーアームを介し、ワイパーブレードには払拭ゴム(リフィル)が取り付けられています。

ワイパーブレードの構造

ワイパーは、ワイパーゴムを湾曲したフロントガラスに密着させるため、さまざまな工夫や特徴があります。

方式の種類と特徴を説明していきます。

トーナメント式

ワイパーが自動車に採用されるようになってから、現在でも多くの車種に採用されている方式です。

ワイパーアームとワイパーブレードの取り付け部分から複数枝分かれし、4点~8点でワイパーゴムを支持し、ワイパーゴムと共に板状のバネが取り付けられています。

メリット
・すでに成熟した方式のため、多くの車種に対応でき、ワイパーゴムのみの交換が容易
・ワイパーブレードごとの交換をした場合でも非常に安価

デメリット
・軽金属でできているため、使用しているうちに各稼働部にガタや腐食が生じやすい

ワンピースタイプ

欧州車に採用されはじめたタイプです。トーナメント式のワイパーブレードを持たず、ワイパーアームで押しつけられ、ワイパーゴムに内蔵されたバネの力でフロントガラスに密着する構造になっています。

メリット
・トーナメント式のような金属の可動部を有しないため、使用上で生じるガタや腐食は起こりづらく、金属の使用率が低いため、地球環境にやさしい
・もともと空気の流れを考慮したデザインが施され、特に高速走行中の浮きを抑えることができる

以上のようなメリットにより、日本より使用速度域の高く部品の再利用を強く進める欧州で、ワンピースタイプが採用され始めたと考えられます。

デメリット
・基本的にはワイパーゴムのみの交換ができず、非常に高価
・ワイパーブレードとゴムが一体となり重量もあるため、ワイパーアームやワイパーモーターなどに強固な構造が求めらる

エアロタイプ

近年の国産車に多く見られるようになったタイプです。

構造はちょうどトーナメント式とワンピースタイプを合わせたようになっており、トーナメント式のように稼働する骨組みに、ワンピースタイプより細いワイパーゴムとなっています。

メリット
・樹脂で作られたブレードであるため、金属製のトーナメント式に比べ、ガタや腐食が発生しづらい
・トーナメント式と同様、ワイパーゴムのみの交換が可能
・ワンピースタイプのような重量はなく、同じ長さのトーナメント式とほぼ変わらず軽量

デメリット
・ブレードごとの交換をする場合は、純正部品しかない場合が多く、トーナメント式と比較すると高価
・ワイパーゴムのみの交換は可能だが、多少のコツと慣れが必要で、無理に力を加えると、樹脂製のブレードを破損してしまう恐れがある
・ワイパーゴムの価格は、トーナメント式と比べ若干割高

スノーブレード

一般的には、雪用ワイパーと呼ばれます。これは、トーナメント式のワイパーブレードをゴム製のフードと呼ばれるカバーで覆うことで、積雪や凍結によって、可動部分が動かなくなることのないようにしています。

また、ゴムにも低温で硬くなりにくい天然ゴムを使用していることが多いようです。

車検でのチェックポイント

bf837bf944c2f546b75688339ebace33_m

車検時にはどのようなことがチェックされるのか案内します。

ワイパーゴムの切れ

定期点検と一緒に業者に車検を依頼している場合、ワイパーゴムに切れがあると車検を通すことができず交換が必要です。

ただし、車検場(陸運支局等)などに持ち込み検査する場合、まれに合格することがありますが、あくまで検査官の見落としです。

車検場では、検査ラインに入る前の外観検査の段階のときに、ウォッシャー液の噴射状態と、ワイパーのふき取り具合が確認されます。ワイパーゴムが大きく切れていれば当然すぐ発見できますが、端の方がほんの少し切れている程度では気が付かない場合があるのです。(本来の正しいやり方は、手で持ち上げて検査する方法です)

ワイパーゴムの劣化

ワイパーは、水滴や汚れなど払拭し、視界を確保することが求められるため、ワイパーゴムやブレードの劣化がひどい場合、ごくまれに不合格になることがあります。

しかし、具体的な数字などがあるわけではないため、検査する検査官や検査員により若干のバラツキが出てしまうこともあります。

アームやブレードの変形

あまり雪の降らない地域にお住いの方は経験がないかもしれませんが、寒冷地の豪雪地域にお住いの場合、雪の重みで、ワイパーアームやワイパーブレードが変形することがあります。豪雪地域ではなくともいたずらなど場合もあるでしょう。

そういった変形があり、ワイパーゴムがきちんとフロントガラスに接していない場合は不合格です。

車検時におけるワイパーの誤解

引用:http://uk-mkivs.net/

http://uk-mkivs.net/

業者などに車検を依頼した際、「後ろのワイパーのゴムが切れていますので交換しておきますね」と言われることがあります。

切れている場合はもちろん交換をお勧めしますが、実はリヤワイパーは車検においては、まったく関係ありません。

上記『アームやブレードの変形』で説明したように、曲がってしまい自動車の外側から飛び出してしまっているような場合は、車検不合格ですが、国が定める保安基準では、前方の視界確保が必要なだけなのです。

また、インターネットなどの見ていると、「ワイパーの劣化は車検に通らない」、「劣化しているだけなら通る」など、さまざまな見解を目にします。一般の方にとっては何が正しい情報なのか非常に分かりづらく、困惑する方いらっしゃいますが、まず車検で確認している内容は「運転者の前方視界確保」であることが大前提です。

つまり、ワイパーゴムが切れているということは、当然きちんと雨水などを払拭できないですし、ビビリや振動が大きく、ワイパー作動時にフロントガラスから跳ねてしまっても、きちんと払拭できません。

逆に、ワイアパーゴムの切れやビビリなどの顕著な症状がなくとも、ワイパーゴムの劣化(ひび割れや硬化)が酷い場合には、拭き残りや拭き筋が多く発生し、車検では不合格になることがあります。

ワイパー交換の費用とポイント

076f6ea25047847176f00633fc2c987a_m

ワイパーの交換目安はおよそ1年と言われていますが、もちろん使う頻度や状況により大きく変動します。

ワイパーに切れや劣化があり、交換する場合はどの程度の費用がかかるのか見ていきましょう。

ワイパーゴムのみの交換

トーナメント式ブレードの場合はゴムのみの交換が一番安くなります。

大体の目安としては、

トーナメント式ブレードで一般的な種類を使用した場合・・・200円~500円程度(工賃別)
ワンピースタイプの場合・・・3,000円~5,000円

です。

ワイパーには車種ごとまたは、左右で長さが決まっていますので、メジャーなどで長さを測り、同じ長さのゴムに交換します。

ただし、ゴムだけ交換の場合、車種により太さと形が数種類あります。適合表やお店の方に確認することをオススメします。

ワイパーブレードごとの交換

もし一度もブレードを変えたことが無い場合や、ビビリ音などが気になる方、ゴムだけ交換が不安な方は、ブレードごとの交換をオススメします。

こちらも長さにより値段は変わりますが、

トーナメント式ブレード・・・およそ800円~2,000円
ワンピースタイプ(純正)・・・10,000円前後

です。

ワイパーブレードごと交換される場合の注意点

ワイパーアームとの取り付け部分(一般的にはUフックと呼ばる)の形状が特殊な車種があります。

また、形状はトーナメント式でも、
・ウォッシャーノズルが内蔵されている
・高速域での浮き上がりを防止するため、スポイラー形状になっている
など、特殊な車種も存在しますので、適合表やお店の方に確認することをオススメします。

ワンピースタイプの純正品を使用すると若干割高感は否めませんが、一般的なトーナメント式に比べ、社外品を使用した際の品質低下が顕著に出やすい傾向にあります。

もちろん個体差もありますが、現に輸入車ディーラーでは、ゴムのみの交換は、例えユーザーから依頼があっても受けていないという工場が多く見受けられます。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車検とは? - 自動車検査登録制度に関する基礎知識 車検に関わる部品と交換費用
KumagaiShoheiをフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較