【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

軽自動車の査定前に必ず修理しておくべき場所は?

車を高く売る
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

これまで、車検(軽自動車車検)や売却査定前の点検についてお話してきました。けれど、絶対に修理すべきところと、修理しなくてもいいところはどこなのか、イマイチよくわからない方も多いのではないでしょうか? しかしこの見極めポイントを誤ってしまうと、トータルでマイナスになっていたという事態に陥ってしまいかねません。

そこで今回は、査定前にどの不具合箇所を修理するべきなのか、その見極め方についてお届けします。

この記事を書いた人
専務梅川

前職は某軽自動車メーカー系列ディーラー営業マン。長年、軽自動車販売のみに携わってきた経験から、軽自動車ならではの記事執筆や、車を安く購入維持する方法の記事が得意。

専務梅川をフォローする

外装の判断基準

ebc4638403a1bd9f406162ed0d9bbd8f_m

外装の判断基準について話をする前に、まずは凹みや傷の程度によってどのぐらい減点が生じるかについて知っておきましょう。ここでは軽乗用車を例に、紹介をしていきます。

軽自動車の買取査定前チェック1(外装、塗装歴等)~車検前対応含む
軽自動車はコンパクトカーなどの普通車に比べ値落ちも少ないですが、それでも少しでも高値で買取してもらうためには車検(軽自動車車検)前、査定前の点検が重要になってきます。そこで、今回からは数回に分けて、買取業者が必ずチェックする軽自動車車両の状...

傷や凹みによる減点例

まず、1㎝未満の傷や凹みは減点対象外です。1㎝以上~カードサイズ未満のものは10点減点が基本となります。そして軽自動車は基本係数が0.7ですので、点数に0.7を掛けた値に1000円を掛けて下さい。それが、減点によって生じた査定のマイナス金額になります。

ボンネット・バックドア・フロントフェンダー・フロントドア・リヤドア・リヤフェンダー・トランクフードの場合

塗装のみ(小)マイナス20点
20×0.7×1,000=14,000円

塗装のみ(大)マイナス30点
30×0.7×1,000=21,000円

板金塗装(小)マイナス30点
30×0.7×1,000=21,000円

板金塗装(大)マイナス50点
50×0.7×1,000=35,000円

ルーフ

塗装のみ(小)マイナス20点
20×0.7×1,000=14,000円

塗装のみ(大)マイナス40点
40×0.7×1,000=28,000円

板金塗装(小)マイナス50点
50×0.7×1,000=35,000円

板金塗装(大)マイナス80点
80×0.7×1,000=56,000円

ピラー、サイドシルパネル、リヤエンドパネルの減点例

塗装のみ(小)マイナス10点
10×0.7×1,000=7,000円

塗装のみ(大)マイナス15点
15×0.7×1,000=10,500円

板金塗装(小)マイナス15点
15×0.7×1,000=10,500円

板金塗装(大)マイナス20点
20×0.7×1,000=14,000円

フューエルリッドの減点例

1㎝以上の傷、凹みはマイナス10点

・塗装(小)カードサイズ以上A4サイズ未満

・塗装(大)A4サイズ以上

・板金塗装(小)カードサイズ以上A4サイズ未満

・板金塗装(大)A4サイズ以上パネル1/2未満

バンパ、F・Rスポイラーの減点例

塗装を含む修理(小)マイナス15点
15×0.7×1,000=10,500円

塗装を含む修理(大)マイナス30点
30×0.7×1,000=21,000円

サイドスポイラーの減点例

塗装を含む修理(小)マイナス10点
10×0.7×1,000=7,000円

塗装を含む修理(大)マイナス20点
20×0.7×1,000=14,000円

ガーニッシュの減点例

塗装を含む修理マイナス10点
10×0.7×1,000=7,000円

ここまでが修理による減点です。次は、交換が必要な場合の減点を見てみましょう。

交換時の減点例

ボンネットの交換マイナス70点

70×0.7×1,000=49,000円

フロントフェンダーの交換マイナス65点

65×0.7×1,000=45,500円

フロントドア(4ドア)の交換(1パネル)マイナス80点

80×0.7×1,000=56,000円

フロントドア(2ドア)の交換(1パネル)マイナス85点

85×0.7×1,000=59,500円

リヤドアマイナス75点

75×0.7×1,000=52,500円

リヤフェンダー(4ドア)マイナス130点

130×0.7×1,000=91,000円

リヤフェンダー(2ドア)マイナス150点

150×0.7×1,000=105,000円

トランクフードの交換マイナス65点

65×0.7×1,000=45,500円

バックドアの交換マイナス95点

95×0.7×1,000=66,500円

ルーフの交換マイナス145点

145×0.7×1,000=101,500円

サイドシルパネルの交換マイナス80点

80×0.7×1,000=56,000円

リヤエンドパネルの交換マイナス65点

65×0.7×1,000=45,500円

以上が、外装における減点と、算出した金額です。これ以外にも年もの係数という設定もあり、登録から何年経過しているかで、算出した金額に上乗せされていきます。

さて、これまでの金額を見てどう感じたでしょうか? 恐らく、高いと感じた人のほうが多いと思いのではないでしょうか。しかし意外なことに、答えは真逆の「安い」なのです。

なぜ安くなるのか?

1f98b8e7e6e54a206a7805ab741305e1_m

例えば、不具合でパーツを交換してもらうことになった場合ですが、これらの部品を車屋さんで交換してもらうと上記の金額をはるかに越えます。ドア等で言えば、仮に程度の良い中古品があれば同じくらいになるかもしれませんが、新品部品を使って交換するとなると、この程度の金額では収まりません。つまり、交換しなければいけないような損傷の場合は、そのまま査定してもらう方が得ということです。

では、修理の場合はどうでしょうか? 修理は店ごとによって工賃が異なるので、店によっては上記の金額より安くなる可能性もあります。しかし、探し出すのは困難を極めると覚悟しておいたほうが無難です。何故なら修理は物によって、交換対応になりかねないかもしれないからです。

ドアの修理を例に見てみましょう。査定前点検・外装編でもお話しましたが、現在の軽自動車に使われているアウターパネルは素材が変わったため、修理すること自体が非常に難しくなっています。板金塗装(大)の範囲は通常「A4サイズ以上~パネルの1/2未満」となっていますが、損傷具合によってはパネルの1/4でも交換です。損傷がパネルの1/2まで及んでいるようであれば、確実に交換になります。

基本的に今の軽自動車は範囲の広い凹み、範囲が狭くても深い凹みは交換になると思っておいて下さい。外装のみならず全ての項目について言えることですが、基本は修理する方が高いので査定をしてもらう前から自己判断で修理をしないようにした方がいいと言えます。

1円でも多く手元に残るお金を増やしたいのであれば、まずは一度査定してもらった上で、修理をしたらいくらになるのか改めて査定してもらって金額を確認しましょう。車屋さんに見積もりを出してもらうのは、その後からでも遅くありません。もしくは、査定前に車屋さんに見積もりだけしてもらってから、査定時の減額と比較して、どちらが得かよく考えて判断するのも一つの手です。

フロントガラスの判断基準

93db9b11aa203ca8331efceb8171fe5b_m

フロントガラスも、外装と考え方は同じです。車屋さんで純正品に交換するのであれば査定前より高くなりますが、社外品を使えばコストを抑えられるので得する可能性があります。外国産を使えば、より確実です。しかし外国産は品質が悪く、使用を断られる可能性が高いため、こちらも外装と同じく比較してから判断するようにして下さい。

エンジン、ミッション、エアコン、電装系の判断基準

d0bffe37f47e73b0cc87bd28987b514c_m

エンジン、ミッション、エアコン、電装系も外装と同じで、修理する方が高くなりやすいです。よって先に見積もりを出してもらうか、査定時に確認してから車屋さんで見積もりを出してもらうかしましょう。間違っても先に修理をしないようにして下さい。実際、先に修理をしてしまい、損をしている人もたくさんいるので注意しましょう。

ただし、エアコンに関しては例外です。もしもガスが少ないだけという場合は、先にガスの補充をしておく方が間違いなく得です。査定上、エアコンガスのチャージは6000円~7000円程度を請求されますが、エアコンガスは1本約2000円程度で購入できます。軽自動車のエアコンガスが空の状態でも、2本程度充填するだけで済むため4000円程度で収まります。少しでもコストを抑えたい方にはオススメです。

軽自動車の買取査定前チェック3(エンジン)~車検前対応含む
前回までに車検(軽自動車車検)前、査定前の点検として外装編、内装編をお話ししてきましたが、今回は引き続き査定前点検エンジン編をお届けします。 エンジンは車の心臓です。この心臓部に不調があれば、当然のように軽自動車の売却...
軽自動車の買取査定前チェック4(ミッション)~車検前対応含む
ここまでに車検(軽自動車車検)前、査定前の点検として外装編、内装編、エンジン編についてお話ししてきましたが、今回は第4段としてミッション編をお届けします。 ミッションは大きくわけてATとMTとにわかれます。現在...
軽自動車の買取査定前チェック5(電気系統)~車検前対応含む
今回は電気系統についての車検(軽自動車車検)前、査定前チェックです。電気系統も不良があれば、当然、査定減額されてしまいます。ですが、エンジン・ミッション関係とは違って伝送系のセルフチェックから対策までは一般ユーザーでも可能なことが多いので、...

まとめ

3745ee82c155b1671025c1e67c2ce9c4_m

今回は査定前に不具合箇所を修理するべきか、またその判断基準は何かをテーマにしてきましたが、いかがでしたでしょうか? 少し複雑な話をしたように思いますが、お伝えしたいことは一つだけです。今回のポイントは、査定前に修理する方が高くなりやすいので、まず査定に出してから査定士にじっくり話を聞き、それから金額を踏まえた上で、修理をするか否かを判断する。この方法を参考にして、後悔のない選択をして頂ければと思います。

便利なツール


「超速」自動車の維持費シミュレーター



「超速」自動車保険料シミュレーター

※条件設定を簡易化したシミュレーションですので結果は概算価格です。



MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車を高く売る軽自動車を高く売る
専務梅川をフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較
タイトルとURLをコピーしました