【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

オートオークションにおける軽自動車「評価点R」とは

車を高く売る
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

買取店はユーザーから買取りした車両をオートオークションで売買しています。そして、オークション会場の検査員がそれらの車両を1台1台検査し、点数をつけ各コーナーに並べられます。

検査員がつける点数を評価点と呼び、購入者希望者はその評価点を基準に判断することになります。

評価点は基本として数字で表されますが中にはS点R点というアルファベットで表される評価もあります。S点はほぼ新車の状態ですがでは、R点とはなんでしょう?今回はオートオークション評価におけるR点に的を絞ってお話したいと思います。

この記事を書いた人
専務梅川

前職は某軽自動車メーカー系列ディーラー営業マン。長年、軽自動車販売のみに携わってきた経験から、軽自動車ならではの記事執筆や、車を安く購入維持する方法の記事が得意。

専務梅川をフォローする

評価R点とは?

オートオークションの評価でR点と聞くと、その意味を知っている業者は敬遠します。なぜなら、R点とは修復歴のある車両のことだからです。

業者がオートオークションで購入する理由というのは、落札した車両に金額を上乗せし自社にて販売するためですが、一般ユーザーには修復歴のある車両は良いイメージがないため、年式が新しく、走行距離の少ない車両でもR点と表記されていると、どうしても敬遠せざるをえなくなるのです。

では、どの程度の事故をしているとR点となるのでしょう。

まずはR点の定義について知っておく必要があります。きっちりと決められているようで曖昧な部分もあるのでその辺りをお話していきます。

R点の定義

R点は自動車公正取引協議会、日本自動車検査協会、日本中古車自動車販売商工組合連合会によって「車体の骨格部を修正・交換または曲がりがある車両」と定められています。

一般ユーザーは事故車=修復歴とイメージしている人も多いですが、査定現場では必ずしもそうではなく、交通事故以外が原因での骨格部の修正・交換・曲がりがある車両もまたR点となります。

反対に事故歴があっても骨格部の修正または交換をしていない車両はR点とはなりません

では、車体の骨格部とはどこを指すのでしょうか?少し難しいので嫌になるかもしれませんがここでは正式名称を使って解説したいと思います。

snapcrab_noname_2016-9-18_12-51-26_no-00

引用:http://koshin-car.com/

フロントクロスメンバー

フロント下部にあり左右のフレームを繋いでいます。

フロントサイドメンバー

フロント左右に1本ずつあるフレームを指します。現在主流のモノコックボディーではフロア部から前方に伸びていてエンジン・ミッションを支えている箇所です。

フロントインサイドパネル

車種にもよりますがラジエターを支えているコアサポートより後方からストラット上部取り付けパネルまでを指します。

ダッシュパネル

エンジンルームと室内の境目にあるパネルです。

センターフロアパネル

その名の通り室内床面のパネルです。ダッシュパネルからリアシート足元辺りまでの大きなパネルです。

フロアサイドメンバー

センターフロアを支えているフレームです。

フロントピラー

前方の柱です。上はフロントガラス上部辺りから、下はフロントフェンダー下部取り付けボルト穴付近まであります。

センターピラー

リアドアのドアヒンジが取り付けされている車両センターの柱です。

リアピラー

最後方の柱です。リアフェンダーも含みます。

リアサイドメンバー

後方部のフレームでリアフロア等を支えています。

リアフロア

トランク部の床面パネルです。トランク部だけの車種もありますし、リアシート足元部まで伸びている車種もあります。

ルーフパネル

その名の通り天井部です。

ラジエターコアサポート

フロント部のラジエターを支えている箇所です。

これらが車体の骨格部とみなされています。基本は骨格部=溶接してあるパネルになるのですが例外もあります。

リアフェンダー・ラジエターコアサポートは含まれない

前項で、基本は骨格部=溶接してあるパネルとお話しましたが、リアフェンダーとラジエターコアサポート、そしてエンドパネル・サイドシルパネル(ステップ部)は溶接してあるにも関わらずR点とはならずRA点(軽度の修理)、もしくはオークション会場によって3点や3.5点となる場合もあります。

この辺りが曖昧で修復歴の判断を難しくしている要因でもあります。

曖昧なため査定士によって修復歴として判断する場合もありますし、修復歴と判断しない場合もあるのです。

例えば、リアフェンダーを交換している車両がA社では修復歴として判断されても、B社では修復歴として判断されないこともあるのです。ユーザーにとっては非常に迷惑な話ですが現実としてこういったことが起こっております。

修復歴からR点評価になった背景

431846a9f25be4939fa3fa849e34046f_m

査定士によって、「修復歴」という言い方をする人もいれば、「R点RA点」など細かく区切った言い方をする人もいますが、これはなぜでしょうか。この辺りはプロでも意外と知らない人が多いのでちょっとした雑学としてお話しておきます。

日本初のオークションはトヨタ発案

今から遡ること約50年前の1967年、トヨタが日本で初めてオートオークションを開始しました。

当時は今のようなオークションとは違い、新車ディーラーの下取車を中古車ディーラーに転売するという…言ってみれば、同メーカー系列ディーラー同士での売買に限られていました。

この4年後の1971年に、JU(日本中古自動車販売協会連合会)が設立され、組合主催によるオークションが開催されるようになりました。

そして、さらに約10年後、1980年にUSSがオートオークションを手数料ビジネスとし参戦することになります。

フレーム修正機の誕生と修正歴表示の関係

簡単ではありますがこれがオートオークションの歴史なわけですが、トヨタがオートオークションを誕生させた頃、日本で初めて骨格修正に必要なフレーム修正機が登場しました。

それまでというのは、骨格まで損傷をしている車両の修理は、電柱にロープやチェーンを巻きつけ損傷箇所と繋いで車両を動かし引っ張りだすということをしていたそうです。

日本国内のフレーム修正機が登場したのは1966年ですが、導入できた車屋はごく一部であり、電柱を使った修正作業はその後も続けられました。

つまり、現代のような数値的根拠のない言い方は悪いですが、勘だけの修理が平然と行われていたのです。このような修理をすると、もちろん後々にいろいろな不具合が生じます。例えば、真っ直ぐ走らないなどですね。

そういった過去の事情から、骨格まで損傷が達した車両を修理している場合、中古車として再販する際は修復歴ありと表記するようになったのです。

一度世間にこういった印象を与えてしまうと、それを払拭するのは難しく、その後も骨格修正・交換をしている車両は修復歴ありと表記され敬遠されることになります。

しかし、時代は変わり、車の変化と共にフレーム修正装置も大きく変化しました。

昔は寸法など二の次で、現物が合えば良しという風潮でしたが、今は寸法が全てと言ってもいいくらいミリ単位での修正が求められるようになったおかげで、修理の精度も必然的に上がりました。

つまり、設備の整っている工場で職人が修理した車は、昔のようなものではないと認識されるようになったこと。

加えて、オークション主催側も購入する側も、「修復歴」という表記だけではどの程度の修理をしているのか判断できないということ。

これらの理由により、それまで修理の度合い関係なく「修復歴あり」としていたところを改め、修正程度によって「R」や「RA」、「R小」などと評価するようになったのです。

最終的にR点、RA点になるかの判断はオークション会場の検査員がすることになりますし、会場によっても判断基準は違いますが、こういった背景があるために、「修復歴」という表記をする人もいれば、「事故車」という人もいますし、「R点」という言い方をする人もいるというわけなのです。

非常に簡単にまとめると修復歴とはR点という評価が誕生するまでに使われた表現ということです。

「修復歴」と判断されないケース

修復歴と判断するかしないかは、担当する査定士や検査員によって変わるというお話はしましたが、では、どういったケースが実際に修復歴に該当するのかが気になるはずです。

基本は溶接パネルの修理・交換は「修復歴」とされていますが、「修復歴」に該当しないケースもあるので完結にまとめておきます。

リアフェンダーの交換・修理

リアタイヤ上部のパネルです。リアフェンダーは溶接で止められていますが、修復歴には入りません。なぜなら、外板パネルだからです。外板パネルの交換・修理は修復歴の定義には含まれません。

サイドシルパネルアウター(ステップ部)

こちらも修復歴の定義を当てはめた場合、修復歴には含まれません。リアフェンダーと同じく外板パネルだからです。

エンドパネル

リアバンパー取り付け部のパネルです。縦開きのバックドアであれば、バックドアの受け部になる箇所ですが、こちらも溶接してありますが修復歴とはなりません。

「修復歴」と誤判断する査定士に反論してみよう

355df064534596f189ac2474386992f9_m

上記で紹介した3つのケースは「修復歴」と安直に判断されてしまいやすい注意ポイントです。なぜなら、これら3つを交換修正しているような事故は、隣接パネル同時にも交換・修理しているケースが多いため、「修復歴」とひとくくりに判断されてしまいやすいのです。

仮に隣接パネルまで交換・修理されていなくても、オートオークションに出品した際に、検査員の独断検査で「修復歴あり」と判断されてしまう可能性が高いため、買取店の心理としては、ある意味保険をかけるために意図的に「修復歴あり」として判断している査定士もめずらしくありません。

この辺りの「修復歴」に関する解釈をしっかりとしているベテラン査定士であれば、溶接部といえども、本当にアウターパネルの交換・修正のみで止まっている(つまり「修復歴なし」)と判断してくれます。

従って、本当にアウターパネル部のみの交換・修正だけであるにも関わらず、査定時に「修復歴あり」と判断された場合は、今回のお話を参考に理論的に反論してみる余地があるでしょう。

また、反論しても納得してくれない場合は、他の買取業者に査定してもらうことも愛車を高く買い取ってもらうためには必要なことですね。

今回お話した知識を理解していただくと、単純に買取業者から言われるがままの金額で売却してしまうということが少なくなると思いますので、車検(軽自動車車検)前などにちょっと見直して頂き、是非参考にして頂ければと思います。

便利なツール


「超速」自動車の維持費シミュレーター



「超速」自動車保険料シミュレーター

※条件設定を簡易化したシミュレーションですので結果は概算価格です。



MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車を高く売る軽自動車を高く売る
専務梅川をフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較
タイトルとURLをコピーしました