【クリック】Twitter「ドラレコ記録集」開始

オートオークションへの軽自動車出品票とその内容

車を高く売る
この記事は約7分で読めます。
「継続車検」と「愛車の買換」どっちがコスパ有利?
車種や年式によっては車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。
継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 
無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。

 ※無料査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。 

◆STEP1:まず車検前に買取り価格を無料調査(査定額相場をいますぐ表示

◆STEP2:車検の最安価格を調べて車検と売却どちらが得か比較


車検が切れる前のタイミングの方が買取り査定額は高額になりますので、比較検討はお早めに済ますことをお勧めします。

これまでいくつかの記事でオートオークションの概要や仕組みなどをお話ししてきました。

オートオークションに軽自動車を出品するには
軽自動車は市場でも人気があり常に安定した需要があるため、コンパクトカーなどの普通一般自動車に比べて売りやすく、オートオークションでは高値で取引きされる傾向にあります。 もちろん車種によって変わりますが軽自動車は乗用車、貨物車問わずこの...
業者オークション(オートオークション)概要と軽自動車の出品方法
オートオークションとは厳しい条件をクリアした企業または個人が参加できる車を専門に売却する競り市場のことですが、そもそもオークション会場はどこの企業が主催しているのでしょうか?なぜ、個人での参加はできないのでしょうか?またどういった企業が参加...

まず、何度もサイト上で触れていますが、車検(軽自動車車検)の残余期間に関わらず、軽自動車は一般普通自動車と比べて落札されやすい傾向にあります。ですが、出品票の記入する内容によってその動向も変わってきます。信じられないかもしれませんが全く同じ車両でも出品票の記入する内容が違えば落札価格も変わってくるのです。

そこで今回はオートオークション出品票の記入ポイントや魅力を最大限に伝える方法、注意点を中心にご紹介したいと思います。

この記事を書いた人
専務梅川

前職は某軽自動車メーカー系列ディーラー営業マン。長年、軽自動車販売のみに携わってきた経験から、軽自動車ならではの記事執筆や、車を安く購入維持する方法の記事が得意。

専務梅川をフォローする

オートオークションでの出品票の書き方概要

オートオークション出品票が添付された車両詳細資料

オートオークション出品票が添付された車両詳細資料

一般の個人が業者オークションの会員になるのは非常に敷居が高いので、今回は現実的に代行業者が代わりに出品することを前提にお話ししていきます。

まず、出品票ですが各会場それぞれ専用用紙を使うことになります。記入内容などはほとんど同じですが記入に関しては代行業者に任せるのが無難です。

では、実際に出品票の記入に進みましょう。

記入する内容は車名・年式・などの車両明細から始まり装備品・セールスポイント・車両状態等を記入していきます。

セールスポイントに嘘の内容を記入することはやめて下さい。ここに記入した装備品と現車が一致しない、または正常に動作しない場合、原則クレーム対象になり対象部品の部品代を一部、もしくは全額を負担することになります。

高額な部品の場合目も当てられないような状態になりますので注意して下さい。

オートオークション出品票記入事項

  1. 出品する車両の明細(年式、グレード、型番等)
  2. 装備品(オプション)
  3. 車両のセールスポイント
  4. 外装と内装の状態

車両明細

車両明細には車名・年式・グレード・初度登録年月・車体番号・類別番号・型式指定番号・フル型式を記入します。年式とグレードの誤記入はクレーム対象となります。ここで嘘をついてもすぐにバレますので真実を記入して下さい。

類別番号や型式指定番号は聞きなれない言葉だと思いますが車検証で確認できます。念のため車検証の車体番号と車体側の車体番号とに違いがないか確認して下さい。

なお、車体側の車体番号(コーションプレート)は軽乗用自動車の場合エンジンルーム内か運転席側、もしくは助手席側のセンターピラー部にあります。

軽貨物は運転席、もしくは助手席シートを跳ね上げた箇所にありますので確認して下さい。わからないようであれば代行業者に確認してもらって下さい。

装備品(オプション)

装備品やオプションは純正品と社外品でわかれますのでまずは純正品からいきます。

純正品は定番の装備であれば装備品欄にすでに記載されているので◯をつけるだけです。ここに記載されていない純正品の装備はセールスポイント欄に記入することになります。

次に社外品ですが社外品もセールスポイント欄に記入します。先ほども言いましたが、必ず記入内容と現車を一致させて下さい。

そして、不具合なく動作するかも確認して下さい。通常通りの動作がしないというのであればセールスポイント欄ではなく注意事項申告欄にその旨を記入して下さい。

車輛のセールスポイント

アピールできる装備等があればどんどん記入して下さい。例えば、社外品のナビやバックカメラなどですね。社外品のアルミホイルなども記入すると良いですね。

この時にメーカー名がわかるようでしたら合わせて記入するとセールスポイントとしての魅力も上がります。もしワンオーナー車であれば大きなアピールポイントになりますのでこれも記入しましょう。

外装・内装状態

外装状態や内装状態は自己申告となります。修復歴の有無は必ず真実を記入して下さい。

修復歴がある場合は注意事項欄に修復箇所やその内容を記入しましょう。

基本として、外装、内装はオークション会場の検査員がチェックしアルファベットと数字の組み合わせで表記するので修復歴の有無、修復箇所、内容だけでOKです。

出品票にはカラー番号を記入する項目もありますが、もし色変えをしている場合は色変えと記載しておくことも大切です軽自動車の場合まずないと思いますが、事故車両を修理した際にホワイトボディーを使った場合はその旨も記入しておきましょう。

主要部品に不具合がある場合の書き方

ea6be56d996413a58aa1ccbac4808b36_m

ここからはエンジン・ミッションや電装品等の部品に不具合がある場合の上手な書き方をご紹介します。

エンジンやミッション、エアコンやステアリングなど不具合があれば必ず記載しなければいけませんが、ここで記載の方法を間違えるとその後、検査や落札側への印象も変わりますので参考にして頂ければと思います。

エンジンやミッションなどはどの程度不具合があるのかを具体的に記入しておきましょう。

例えば、わかりやすいところで言えばエアコンですが、例えば、エアコンの効きが少し悪いだけにも関わらず「エアコン」とだけしか記入されていない場合、検査する側から見ればエアコンが故障して使えないんだという判断をします。使えないのと効きが悪いとでは大きく違いますよね?

エンジンやミッションでも同じことが言えます。

例えば、エンジンをかけたなりの時だけ少し異音がするという場合に「エンジン異音」という記載をしてしまうと検査員や落札側にいい印象を与えません。できるだけ具体的に記載しないと、あっという間に評価は下がりますので気をつけて下さい。

ただし、嘘の記入はいけませんよ。エアコンが効かないのにエアコンの効きが悪いなど悪い状態を良く見せるような書き方は絶対にしないでおきましょう。

オートオークションでの「評価点」とは?

c2a70d53c018a246ca1a7d21c79409a3_m

最後に評価点です。評価点は検査員が検査後にその車両の評価を総合的に見て何点なのかを判断します。外装と内装それぞれに点数をつけそのトータルが評価点となります。単位は0.5刻みで数字が大きくなるほど評価は高いと判断できます。

如何に評価点とその具体的評価内容をご説明いたします。

〜S点〜

新車に近い状態という言い方をする人もいますが、もはや新車ですね。外装は小傷1つない状態です。

〜5点〜

こちらもほとんど無傷の状態です。

〜4.5点〜

オークション会場によっては新古車でも4.5点評価になることがあります。中古車の評価としては最高ランクと判断して頂ければいいのかなと思います。

〜4点〜

4点でも十分に程度のいい車両です。目立つ傷が数カ所あり、その中でも修理をしないと見栄えに影響する場合もあります。

〜3.5点〜

個人的には評価の中でも多いのが3.5点と4点のように思います。大小の板金や補修が必要な場合もあります。室内に関してもあまり程度がいいとは言えない車両もこの辺りから増えてきます。

〜3点〜

過走行車は必然的に3点以下の評価となります室内の程度も張り替えや交換が必要なレベルまで落ちます。腐食のひどい車両も多いのが特徴です。

〜2点〜

商品価値のないバタバタの車両です。

〜1点〜

冠水車などの災害車は必然的に1点となります。

〜R点〜

修復歴のある車両です。R点よりも程度の軽い事故(小破事故)であればRA点となります。一般的に3点の車両よりもRA点の車両の方が程度はいいとされています。

オークション評価が高い=高額買取が可能な車両の目安

80fc5381d1bd8157ed20170f2cf563e9_m

評価点の目安についてご紹介しましたがいかがでしたか?ただし、評価点も目安でしかありません。あってはならないことですがオークション会場Aの4点評価よりもオークション会場Bの3.5点評価の方が程度は良かったということもよくある話です。

この評価というのは会場によってもそれだけ変わるのであくまで目安にしかならないと思って下さい。

 

MIKI
MIKI

お願い、ちょっとまって…「継続車検」「愛車の買換え」結局どっちが本当は有利なの?

★実は…車検をやめて「車を高く売る」方が得をする?

それ…実は正解の可能性が大きいです。 なぜならば、 車検前=車を高く売る最後のチャンス でもあるからです。

車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか?
車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。
勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 

もし、愛車を高く売るなら業界最大手のかんたん査定ガイドがオススメです。

査定登録にかかる費用は一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる
愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格 が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。
入力はたったの45秒程。それだけで愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。

もちろん、日本全国どの地域も対応可能です(しかも輸入車買取にも強い!)。
さらに最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。

まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

  ※無料一括査定をしても必ず車を売却する義務はないので安心です。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をFacebookでお届け中

今の時期は車が高く売れますよ!

車を高く売る 軽自動車を高く売る
専務梅川をフォローする
車検費用110番 – 安い車検をおすすめ比較